with(ウィズ)のブロック機能の使い方まとめ!確認はできる?非表示機能との違いは?

with ブロック アイキャッチ

「withで迷惑な人と出会ってしまった!ブロックしたいけど、使ったことがないからよくわからない」

この記事では、上記のようなお悩みを解消します。

最後まで読めば、withのブロック機能の概要や手順、ブロックされない使い方のコツなどがわかります。

「他の人気アプリの特徴や比較結果などを詳しく知りたい!」という人は、こちらの記事を参照してください。

with(ウィズ)のブロック機能とは

with(ウィズ)のブロック機能とは 見出し画像

「withのブロック機能って何?どんなことができるの?」こんな風に思う人もいるでしょう。

withでは、特定の相手とのコンタクトを遮断できるブロック機能があります。

LINEやInstagramなどのSNSと同じように、ブロックした相手と連絡が取れなくなります。

「この人とは連絡を取ることはないだろうし、関わりたくない」という場合に有用な機能です。

ブロックする効果・メリット

withでブロック機能を使う効果・メリットは、以下のとおりです。

・一切の関わりを遮断できる
・嫌な記憶を整理できる

一番大きな効果が、特定の相手との関わりを遮断できる点です。

withを使っていると、「この人とは関わりたくないな」と思う人と出会う可能性があります。

そのような人物とマッチングした状態だと、嫌な気分にさせられるかもしれません。

せっかく良い出会いを見つけるためにwithを始めたのに、嫌な気持ちには絶対になりたくないですよね。

そんな相手をブロックすれば二度とやり取りができなくなるので、嫌な思いをしなくなります。

また、withでブロックした相手は自分のアプリの画面に表示されません。

迷惑な行為を受けた相手をブロックすれば、嫌な記憶を整理する効果も期待できるでしょう。

ブロック機能を有効活用できれば、より快適にwithで出会いを楽しめるわけです。

ブロックは相手にわかる?する側・された側の見え方

withでブロックをした場合、その旨は相手に伝わるのでしょうか。

また、自分の画面にはどのように表示されるのでしょうか。

ブロックする側とブロックされた側の違いを整理します。

ブロックする側

特定の相手をブロックした場合、その相手は二度と自分のアプリ上には表示されません

なので普通にアプリを使っていれば、ブロックした相手を見ずに済みます。

ただし、ブロックした相手の情報は、以下の手順で確認可能です。

  1. 「マイページ」を開く
  2. 「各種設定」を開く
  3. 「非表示・ブロック設定」を開く
  4. 「ブロック」タブをタップする

すると、以下の画像のようにブロックした相手が一覧で確認できます。

with ブロック ブロックリスト

ブロックされた側

もしも相手からブロックされた場合、その旨は通知されません。

反対に言えば、ブロックしたことが相手にわからないので安心してください。

もしも、マッチング済みでやり取りしている相手の場合。

メッセージ画面でやり取りしていた記録が全て消えます

つまり、ブロックされた側も相手のプロフィールを完全に確認できなくなります。

ブロックと非表示の違い

ブロックと似た機能に「非表示機能」があります。

両者の違いは以下のとおりです。

【ブロック機能について】

・特定の相手が画面から消えて、連絡が取れなくなる
ブロックされた側も相手の情報を確認できなくなる
一度ブロックすると解除はできない

【非表示機能について】

・特定の相手が画面から消えて、連絡が取れなくなる
非表示された側は相手の情報を確認でき、連絡も取れる
非表示機能はいつでも解除可能

太字で強調した部分が主な違いです。

非表示機能は自分の画面から特定の相手が表示されなくなるだけで、相手には自分の情報が確認できます

なので、相手にその旨が伝わらず、メッセージも送れて通知もきます。

ブロックは一度設定すると解除できませんが、非表示機能はいつでも解除可能です。

これらの違いから、ブロック機能と非表示機能は以下のような使い分けをおすすめします。

・「二度とこの人とやり取りしたくない」⇒ブロックがおすすめ
・「やり取りする可能性もあるが、画面に表示しなくてもよい」⇒非表示がおすすめ

たくさんの人とマッチングし、メッセージ一覧画面を整理したい場合などに重宝する機能です。

ブロックと退会の見分け方

特定の相手が退会した場合も、その相手の情報が確認できなくなります。

マッチング済みの相手の場合、やり取りの記録がすべて消えます。

なので、「ブロックされたのか、退会したのか気になる!」という人もいるでしょう。

残念ながら、基本的にはブロックされたか退会したのかを確認する方法はありません

ですが例外的に、以下の方法であれば確認できます。

・友人のアカウントで相手の情報を検索する
・別のアカウントを新しく作って検索する

ただし、その事実を知ったからといって、気になる相手とのやり取りの再開はほぼ不可能です。

気になる気持ちはわかりますが、気持ちを切り替えて別の出会いを探しましょう

with(ウィズ)のブロック機能の使い方

with(ウィズ)のブロック機能の使い方 見出し画像

「この人ともう関わりたくないな」という場合、ブロック機能を活用しましょう。

特定の相手をブロックする手順は以下のとおりです。

  1. ブロックしたい相手のプロフィールを開く
  2. 「…」をタップする
  3. 「ブロックする」をタップする
  4. 再度「ブロックする」ボタンをタップする
  5. 理由を記載し「送信する」をタップする

画像と一緒に簡単に紹介していきます。

①ブロックしたい相手のプロフィールを開く

まずは、ブロックしたい相手のプロフィールを開きます

withのブロックの手順①

②「…」をタップする

プロフィールの右上にある「…」をタップします。

withのブロックの手順②

③「ブロックする」をタップする

いくつかの項目が表示されるので、「ブロックする」をタップしましょう。

withのブロックの手順③

なお、「非表示にする」をタップすることで非表示設定することも可能です。

④再度「ブロックする」ボタンをタップする

本当にブロックして問題ないかどうか、確認画面に移行します。

問題なければ、再度「ブロックする」ボタンをタップしましょう。

withのブロックの手順④

⑤理由を記載し「送信する」をタップする

ブロックする理由の記載が求められます。

上の選択式の理由は必須なので、あなたがブロックする内容に近いものを選びましょう。

特に記載したい内容があれば「具体的な理由」も記載し、「送信する」をタップします。

withのブロックの手順⑤

これで、ブロック完了です。

関わりたくない人物がいたら、トラブルへの発展を未然に防ぐためにもブロック機能を活用してください。

with(ウィズ)でブロックされる4つの原因

「仲良くなれたと思っていた相手にブロックされた!なんで?」こんな風に思っている人へ。

ブロックされる原因はいくつか考えられ、それを自覚できなければ何度も同じことを繰り返す可能性もあります。

withでブロックされる4つの原因を紹介します。

  • 知人を見つけた
  • 迷惑な態度をとった
  • 要注意人物だと勘違いされた
  • 別に好きな人ができた

ブロックされた相手と再度やり取りすることはできませんが、これからの出会いに向けて参考にしてください。

知人を見つけた

「知人に見つかった」というケースでブロックされることは少なくありません。

withに限らず、マッチングアプリを使っていることを周囲の人に知られたくない人は少なくありません。

ブロックすると、互いの画面に相手の情報が表示されなくなります。

なので、身バレ防止のためにも、ブロック機能はよく活用されます。

この場合、基本的にはマッチングしていない相手からブロックされるので、気付かないケースが多いです。

ですが、マッチングした後のやり取りで、知人だと判明しブロックされる可能性もあります。

このケースのブロックはしょうがないことなので、気にする必要はないでしょう。

迷惑な態度をとった

相手にとって迷惑な態度をとったことが原因でブロックされることも多いです。

ブロック機能の一番正しい使い方と言えるかもしれません。

迷惑な態度とは、具体的には以下のようなものを指します。

・返信を待たずに何度もメッセージを送る
・しつこくデートに誘う
・写真を送るよう強要する
・個人情報を特定しようとする

あなたが好意で行ったことでも、相手にとっては迷惑である可能性はいくらでもあります

上記の内容は特に嫌がる人が多いので、避けるのが無難でしょう。

この場合、マッチング後のやり取りを通じてブロックされることが大半で、気付くことも少なくありません。

やり取りの内容を思い出し、迷惑行為と取られる可能性のある言動に心当たりがあるなら、これから改善していきましょう。

なお、迷惑行為をして相手に通報された場合、withの利用を制限されることがあります。

場合によっては、アカウントを凍結され二度とwithを使えなくなる可能性も。

これからもwithを使い続けるためにも、迷惑行為に該当しかねないものは避けましょう。

要注意人物だと勘違いされた

withを使っていると、真面目な出会い目的ではない要注意人物を見つけることがあります。

あなたの使い方次第では、そのような要注意人物だと勘違いされてブロックされることも。

要注意人物とは、具体的には以下のような人を指します。

・個人情報を盗む、お金を騙し取るなどが目的の「業者」
・肉体関係をもつことが目的の「ヤリモク」
・不純な目的で出会いを探している「既婚者」

このような人物と仲良くなってもデメリットしかないので、早い段階でブロックする人が多いです。

なので、少しでも怪しい言動をとれば、すぐにブロックされる傾向があります。

要注意人物の共通点は、真面目な目的で出会いを探していないこと

真面目に出会いを探していないと思われたため、要注意人物だと勘違いされた可能性が高いです。

誠実な気持ちで相手とやり取りを行い、真面目に出会いを探していることをアピールしていきましょう。

別に好きな人ができた

相手に別に好きな人ができた結果、ブロックされることもあります。

「わざわざブロックする必要ある?」と思う人もいるでしょう。

ですが、「この人と誠実な気持ちでやり取りするため、ほかの人とはやり取りしない」と考える人もいます。

自分の気持ちを整理するためにも、好きな人以外をブロックする人もいるようです。

メッセージでのやり取りの仕方に原因があり、相手と仲良くなれなかった可能性もあります。

メッセージのやり方を改善し、マッチングした相手とできるだけ仲良くなれるよう努力していきましょう。

with(ウィズ)でブロックされないコツ

withでブロックされる原因は理解できたと思います。

ではブロックされないためには、どのようにwithを使うべきなのでしょうか。

ブロックされるケースが減れば、その分いろんな人と仲良くなれるチャンスも広がります。

withでブロックされない使い方のコツを4つ紹介します。

  • 具体的なプロフィールを作る
  • 怪しい人物でないことをアピールする
  • 気持ちの良いやり取りを心がける
  • 適切なタイミングでデートに誘う

具体的なプロフィールを作る

一番重要なのが、プロフィールです。

具体的なプロフィールを作れば、相手に安心感を与えて真面目に出会いを探していることをアピールできます。

要注意人物を含む真面目に出会いを探していない会員は、手間を省くため簡潔なプロフィールを作る傾向があります。

ですが、プロフィールは相手がどんな人物かを判断する貴重な材料です。

そのプロフィールが手抜きであれば、相手は仲良くしようと思えないでしょう。

具体的なプロフィールを作れば、読んだ人はあなたの人物像をイメージでき、安心して仲良くなれます。

【プロフィールで意識するポイント】

・顔がわかる写真を載せる
・基本情報はなるべく埋める
・好きなものや異性のタイプを記載する
・ネガティブな印象を与える情報を載せない

プロフィールで大きな差別化になる自己紹介文の例を1つ紹介します。

はじめまして。
プロフィールをご覧いただきありがとうございます。
真面目に結婚を考えられる彼女が欲しいと思い、withをはじめました。

東京都内に住む28歳の公務員です。
仕事は土日休みで、比較的休みも合わせやすいかと思います。

趣味は映画鑑賞で、毎月1回は映画館に足を運んでいます。
おすすめの映画があれば、ぜひ教えてください!

好きなタイプは気遣いができる女性です。
優しい雰囲気のある女性に惹かれるようです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
少しでも興味をもっていただけたら、いいねをいただけると嬉しいです!

上記を参考に、あなたがどんな人物かが伝わる具体的なプロフィールを作りましょう。

自己紹介文と同じぐらい重要なプロフィール写真の選び方については、下記の記事で詳しく紹介しています。

怪しい人物でないことをアピールする

プロフィール以外の部分でも、怪しい人物でないことのアピールは重要です。

下記のように、怪しい人物ではないアピールはいくらでもできます。

・仲良くなるまで個人情報を聞かない
・自分から顔写真を見せる
・メッセージの返信のペースを相手に合わせる
・通話を提案する

怪しい人物に対して、必要以上に警戒している人は多いです。

要注意人物に間違われてしまえば、まず出会いには繋がらないでしょう。

積極的に怪しい人物はないことをアピールし、出会いのチャンスを広げていきましょう。

気持ちの良いやり取りを心がける

ブロックされないためには、メッセージでのやり取りも重要です。

相手に違和感を与えるやり取りでは、「なんとなくつまらない」という理由でブロックされることも

気持ちよくやり取りしてもらうためにも、メッセージを盛り上げる必要があります。

誰でも簡単にメッセージのやり取りを盛り上げるコツが、共通点を話題にすること

共通点には初対面の相手に親近感を与える効果があり、それは心理学でも有名な話です。

自分と共通点を持つ人に親近感を覚える心理作用を、心理学では「類似性の法則」といいます。類似性の法則は、相手との共通点が多くなるほど強力に作用します。

引用:マケフリ

親近感をもってもらえれば、相手は安心してあなたとやり取りできるでしょう。

そうなれば、自然とやり取りは盛り上がり、少しずつ仲が深まっていくはずです。

【共通点を話題にする例】

・近所に住んでいる相手と、最近駅前にできたおしゃれなバーの話をする
・アイドル好きが共通する相手と、推しにハマったきっかけを話す

どんな相手だとしても、共通点は必ずあるはずです。

共通点を話題にして、相手が気持ちよく快適にやり取りできるよう意識しましょう。

その他、マッチングアプリのメッセージのコツについては、こちらの記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

適切なタイミングでデートに誘う

メッセージを通じてある程度仲良くなれたら、適切なタイミングでデートに誘いましょう。

あまりにもデートに誘うのが遅ければ、相手を飽きさせてしまいブロックされる可能性もあるからです。

会うことを目的としてwithを使う人が多いため、会いたい気持ちを示すことは意外に重要ですよ。

デートに誘う目安としては、10~15通程度やり取りしたタイミングがベスト。

ある程度互いを理解しているはずなので、デートの誘いに対して前向きに検討してもらえるはずです。

デートに誘う際は、食べ物の話題から誘うことをおすすめします。

例えば、相手がお肉の写真を設定していた場合。

「〇〇さんはお肉が好きなんですね!最近〇〇駅付近にできた焼き肉のお店が気になっていたのですが、今度一緒にどうですか?」

このように、スムーズにデートに誘えます。

食べ物に関する情報をプロフィールに記載している人は多いです。

ある程度仲が深まった段階で食べ物の話題を振り、デートに誘い仲を深めるきっかけを作りましょう。

with(ウィズ)でブロックを検討すべき人物の特徴

なんとなく、ブロックを使うことに対して抵抗感を抱く人もいるでしょう。

ですが、ブロック機能は安全に出会いを楽しむために便利な機能です。

withでブロックを検討すべき人物の特徴を紹介します。

  • 要注意人物の可能性がある
  • 迷惑な行為をしてくる
  • 知人の可能性がある

これらに該当する人物をブロックすれば、より快適に出会いを楽しめるでしょう。

要注意人物の可能性がある

先ほど紹介した通り、withには真面目な目的で出会いを探していない要注意人物がいます。

主な要注意人物の特徴がこちら。

【業者の特徴】

・写真がモデル級の美男美女
・怪しいサイトのURLを送ってくる
・プロフィールに連絡先を記載している

【ヤリモクの特徴】

・すぐに会おうとする
・やたら外見を褒めてくる
・自分の都合のよい時だけ連絡してくる

【既婚者の特徴】

・通話を頑なに嫌がる
・顔写真を載せていない
・身バレを過度に気にしている

これらの特徴を理解しておくだけでも、高確率で見分けられるでしょう。

要注意人物と仲良くなってもメリットは1つもありません。

怪しい人物を見つけたら、上記を参考に要注意人物だと判断した場合はブロック機能を活用しましょう。

マッチングアプリで特に注意すべきサクラ・業者の特徴と見分け方は、下記の記事で詳しく紹介しています。

迷惑な行為をしてくる

迷惑な行為をしてくる相手も、積極的にブロックを検討すべき相手です。

withでは、主に以下のような行為が「禁止行為」として利用規約でも禁止されています。

・第三者になりすます
・深い感や精神的な損害を与える
・会う約束をした後、一方的にキャンセルする

このような行為は、with上でのルール違反です。

ルール違反をする相手をブロックして、嫌な気持ちにならずに快適にwithを活用しましょう

知人の可能性がある

知人の場合がある人物も、場合によってはブロックを検討すべき相手です。

紹介した通り、withを使っていることを知人に知られたくない、と考える人は少なくありません。

自分からブロックすれば、相手から自分のプロフィールを見られなくなります。

なので、プロフィールややり取りの内容から、知人の可能性がある相手をブロックするのは有効です。

「なんとなくブロックするのは気が引ける」と遠慮せず、気を遣わずにブロックしましょう。

もちろん、知人にバレても問題がない人は、無理にブロックする必要はありません

with(ウィズ)のブロック機能に関するよくある質問

最後に、withのブロック機能に関するよくある質問を紹介します。

これを参考にすれば、疑問0でブロック機能を有効活用できるでしょう。

ブロックされた場合いいね数に変動はある?

withでは、いいねをもらった数がプロフィールに表示されます。

いいね数が多ければ人気会員の証にもなり、気にする人もいるでしょう。

ですが、withではマッチングした相手にブロックされても、いいね数に変動はありません

あくまでも、もらったいいね数でカウントされるからです。

とはいっても、ブロックされかねないような失礼な言動をとらないよう注意しましょう。

ブロックしすぎるとどうなる?

短期間で不特定多数の相手をブロックしすぎると、アプリの利用を制限される可能性があります。

たくさんブロックすることが、迷惑行為と取られる可能性があるからです。

なので、ブロックしたい相手がたくさんいるとしても、間隔を空けて少しずつ行っていきましょう

ブロックされた会員とはもう二度とやり取りできない?

「ブロックされた人と、やっぱりもう一度やり取りしたい!」と思うこともあるでしょう。

繰り返しになりますが、ブロックされた相手とは二度とやり取りできません

アカウントを作り直せば、新しいアカウントでやり取りを再開できる可能性もあります。

ですが、ブロックするほど不快に思った相手は、あなたを覚えている可能性が高いです。

新しいアカウントを作ってもマッチングできるケースは考えにくいので、気持ちを切り替えた方が良いでしょう。

with(ウィズ)のブロック機能で快適な出会いを楽しもう

withには、特定の相手との関りを遮断できるブロック機能があります。

有効活用することで、より快適にwithでの出会いを楽しめます。

ここで紹介したことを参考に、withのブロック機能を使って安全に出会いを楽しんでください

「もっと詳しくwithについて知りたい!」人は、こちらをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました