彼女が欲しいのにできない原因9つ!出会い方や女性心理を詳しく解説

彼女欲しい アイキャッチ

現代の20代男女のうち7割が独身(配偶者・恋人がいない)との調査結果が、厚労省の男女共同参画により発表されています。

本記事ではそんな彼女がいない男性に向けて、彼女ができない原因や対処法、彼女を作る具体的な方法をまとめました。

彼女を早く作るためのコツや女性の心理も解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

彼女が欲しい男性の割合

前述の男女共同参画では、独身者の結婚意思(結婚したいと思うかどうか)も調査しています。

その調査では20代男性の54.4%が「結婚意思あり」と答えました。

そのなかで「結婚の予定はあるが、現在はまだしていない」という男性はわずか4.6%。

約半数以上の独身男性が結婚意思を持っているにもかかわらず、結婚予定がないか彼女がいない状況なのです。

彼女が欲しいのにできない原因

彼女が欲しいのにできない人は、以下9つのどれかに当てはまるケースが多いです。

  • 清潔感がない
  • 活動範囲が狭い
  • 周囲に女性が少ない
  • 共感力が低い
  • 大雑把
  • お金がない
  • 女性に慣れていない
  • 流行に疎い
  • ネガティブ

当てはまる数が多いほど、彼女ができる確率は下がります。

ではなぜこれらの要素が女性を遠ざける原因となるのか、詳しく見ていきましょう。

清潔感がない

女性に最も嫌われるのが「不潔」な男性です。

不潔が嫌われる理由は衛生的な問題だけでなく、だらしない性格が透けて見えるため。

「自分の身なりさえもしっかりできないから、仕事や家庭もきちんとできない人なんだろうな…」

「この人と結婚したら、子どもとこの人の面倒を一人で見なきゃいけないのかな?」

このように嫌な想像をしてしまい、関わりを避ける女性が多いのです。

活動範囲が狭い

家と会社の往復しかしないような活動範囲の狭い人は、出会える女性の数が限られています。

女性との出会いが少ないということは、それだけ恋人を作る機会が少ないということ。

積極的に活動範囲を広めない限りは彼女ができません。

仕事で忙しい人ほど陥りやすいパターンのため、時間を上手く使って積極的に出会いを求める必要があるでしょう。

周囲に女性が少ない

周囲に女性が少ないことが原因で彼女ができず、お困りの男性も多いでしょう。

とくに肉体労働系の仕事をしている方に多いのが、このパターン。

職場の数少ない女性がすでに既婚者だったり年齢層が合わなかったりして、恋愛には発展しないケースも少なくありません。

このタイプの男性は、年齢層が合う人と出会えるとすぐに彼女ができる場合もあります。

共感力が低い

周囲に女性がいて普通に会話もできるのに恋愛に発展しないのなら、共感力の低さが原因かもしれません。

というのも、女性は共感力と包容力のある男性に惹かれるため。

共感力の高い男性は女性に安心感や信頼感を抱かせるため、女性から「もっと一緒にいたい」と思われるのです。

反対に共感力が低い男性は女性から「この人は何もわかってくれない」と思われ、距離を置かれてしまいます。

大雑把

大雑把な男性も女性からのウケが良くありません。

ここで注意したいのは、嫌われるのは「大雑把」であって「おおらか」ではありません。

たとえば、「細かいことは気にしないよ」と他人のミスを受け止められるのはおおらかな人です。

おおらかな人は女性から「包容力がある男性だな」と思われ、好感を持たれます。

一方、周囲の人に迷惑をかけても気にしない人は「大雑把」に分類されます。

たとえば洗濯物をその辺に放っていたり、無計画に動いて人を振り回したりする人ですね。

「おおらか」と「大雑把」の間には大きな違いがあると理解しておきましょう。

お金がない

お金がないのも、彼女ができない原因のひとつ。

といっても、すべての女性がお金目当てで男性と付き合っているという話ではありません。

男性自身がお金がないことで心に余裕をなくし、デートに誘えないなど恋愛に消極的になってしまうのが原因です。

もちろん無職で一切の収入がなく自由にできるお金がない場合は、別の意味で女性から引かれてしまいますが…。

お金がまったくないのは困りものですが、平均より収入が低いだけなら彼女ができる可能性は十分あります

女性に慣れていない

女性に慣れていない男性というのは、女性にモテる会話術や言動を身に着けていません。

そのため女性と仲良くなりにくく、恋愛どころか女友達を作るのにも苦労する方が多いでしょう。

さらに、女性のちょっとした変化にも気がつかないのが欠点。

万が一自分に好意を持っている女性がいても、それに気がつかずチャンスを潰してしまう場合もあるのです。

顔面レベルは悪くないのに彼女ができない人は、もしかしたら女性慣れしていないのが原因かもしれません。

流行に疎い

流行に敏感な女性は、疎い男性のことを「ダサい」「話が合わない」と批判することがあります。

とくに、ファッションに疎い男性は「一緒に歩きたくない」とデートを断られてしまう場合も。

インフルエンサーのように流行の最先端を行く女性が理想のタイプなら、流行に疎いのは致命的です。

ネガティブ

多くの女性から嫌われるのがネガティブな男性です。

ネガティブな男性の特徴は自己肯定感が低く、言い訳や否定的な発言が多いこと。

また、自分の言動に自信がないため失敗を恐れて消極的になりがちです。

女性の好みはさまざまですが、多くの人は「積極的で男らしい人」を好みます。

もちろん大人しい男性が好きな人もいますが、少なくともネガティブな人が好きな女性はいません

彼女が欲しい人におすすめの方法6選

彼女が欲しい男性におすすめの方法は以下の5つ。

  • 友人に紹介してもらう
  • ナンパする
  • 社会人サークルに参加する
  • 合コン・街コンに参加する
  • 結婚相談所を利用する
  • マッチングアプリを利用する

このなかで、最もおすすめなのがマッチングアプリを利用する方法です。

その理由とおすすめアプリを知りたい方は、こちらからご確認ください。

友人に紹介してもらう

女性の知り合いが多い友人がいるなら、その人に紹介してもらえる可能性があります。

友人から相手の情報を事前に入手できるのが、紹介してもらうメリット。

趣味や食の好みがわかればデートの成功率が上がり、恋人になれる可能性も高まります。

しかし、紹介された相手とうまくいかなくなったときがネック。

相手女性だけでなく、友人との関係も気まずくなる場合があります。

こうしたデメリットを踏まえて、紹介を受けるか考えましょう。

ナンパする

コミュニケーション能力が高い人は、ナンパで彼女を作るという方法もあります。

駅前やゲームセンター、複合施設などはナンパに最適なスポット。

さまざまな年齢層の女性と出会えて、好みの相手に声をかけられることがメリットです。

とはいえ、ナンパが必ず成功するわけではありません。

嫌な顔やハッキリ拒絶の言葉をかけられることもあるでしょう。

メンタルが強く、優れた話術や容姿を持っている人でないと難しい方法です。

社会人サークルに参加する

彼女を探すのと同時に趣味を楽しみたい方は、社会人サークルに参加してみましょう。

社会人サークルは同じ趣味や興味を持つ人が集まるため、気が合う人を見つけやすいのがメリット。

趣味という共通の話題があるため、仲良くなりやすいのも特徴です。

一方で、サークル内容によっては女性が少なかったり同年代の人がいなかったりするデメリットもあります。

また、恋愛対象となる女性がいても失恋した場合はサークルに居づらくなることも…。

純粋に趣味サークルとして楽しみたいのなら、恋愛は別で考えたほうがよいでしょう。

合コン・街コンに参加する

若い世代の女性と出会うなら、合コンや街コンの参加がおすすめ。

合コンや街コンにくるのは18歳から20代前半の若い世代が多く、女子大生や新社会人の女性も多く参加しています

反対にいえば、男性側もある程度若い世代でないと出会うのは難しいのが合コン・街コンの特徴。

30代以上の方は、次に紹介する結婚相談所やマッチングアプリを利用しましょう。

結婚相談所を利用する

結婚まで見据えて本気で彼女を探したいのなら、結婚相談所が適しています。

結婚相談所の会員は婚活目的の人しかいないため、相性が良い人と出会えれば結婚までスムーズに進む可能性は高いです。

そんな結婚相談所のデメリットは費用が高額なこと。

入会金・登録料・成婚料など、さまざまな名目で出費が必要となります。

成婚まで時間がかかれば100万円以上の金額がかかる場合もあるため、費用面に不安がある方は注意が必要です。

マッチングアプリを利用する

これまでに紹介した出会い方のさまざまなメリットを有しているのが、マッチングアプリです。

適したアプリを選べば、コスパよく多くの女性と出会えます。

彼女ができないとお悩みの男性にオススメなのは、以下5つのアプリ。

  • with(ウィズ)
  • タップル
  • Pairs(ペアーズ)
  • Omiai(オミアイ)
  • Tinder(ティンダー)

各アプリについておすすめな人の特徴をまとめたので、自分に最適なアプリを探す際の参考にしてください。

with(ウィズ)

withは20代の方を中心に人気を集めているマッチングアプリです。

心理学を応用したコンテンツが充実しているのが、このアプリの特徴。

簡単な心理テストに答えるだけで、自分の恋愛傾向や性格が診断できます。

その診断結果を元に相性の良い人を探せるので、内面重視で出会いたい人はぜひ活用してみましょう。

💡相性重視で選びたいあなたに

with無料インストール

タップル

タップルは18歳から20代前半の若い世代が利用しています。

「おでかけ機能」というサービスにより、効率よくデート相手を探せるのがタップルの特徴。

うまくいけば即日デートできる相手が見つかる可能性もあります。

ストイックな女性と出会いたい方、すぐに彼女が欲しい方はタップルをお試しください。

💡おでかけ機能で即デート

タップル無料インストール

Pairs(ペアーズ)

さまざまな女性と出会える機会が欲しいのならペアーズがおすすめ。

どのマッチングアプリよりも利用者数が多く、さまざまな職種・年齢・タイプの女性と出会える機会があります。

同じ趣味・興味を持つ人が集まるコミュニティは1万以上も用意されており、マニアックな人同士が出会える可能性も高いですよ。

女性のストライクゾーンが狭い男性は、ペアーズの検索機能などを駆使して探してみましょう。

💡会員数1,000万人超えの超人気アプリ!

ペアーズ無料インストール

Omiai(オミアイ)

Omiai 公式イメージ

Omiaiは真剣な恋活や婚活目的の会員が多いマッチングアプリです。

本気で結婚を考え始める20代後半から30代の女性が多いため、この年齢層に合致する男性におすすめ。

月額料金は3,980円(1か月プランの場合)と、結婚相談所よりも断然安価に利用できます。

使い方は非常にシンプルで、気になる相手に「いいね」を送ってメッセージでやり取りするだけ。

アプリで仲良くなったら、あとは機を見てデートに誘いましょう。

💡恋活・婚活OK!万能アプリOmiai

Omiai無料インストール

Tinder(ティンダー)

コスパでアプリを選ぶなら断然Tinderがおすすめです。

なぜなら、Tinderは男性も無料で利用できる珍しいマッチングアプリだから。

多くのマッチングアプリは女性のみ無料で、男性は基本機能を使うだけでも有料の場合が多いです。

その点、Tinderは女性も男性も無料だから気軽に始めやすいのがメリット。

その気軽さから、真剣な出会いよりも気軽に出会える友活・恋活目的での利用に適しています。

「彼女の前に、まずは女友達を作ってみたいな」という方はTinderで探してみましょう。

💡気軽に会える相手を探す

Tinder無料インストール

彼女を早く作るためのコツ

「仕事で忙しいから、支えてくれる彼女が欲しいな…」
「クリスマスや誕生日を一緒に過ごす彼女が欲しい!」

このように彼女を早く作りたくなったとき、あなたがすべきことは以下の2つ。

  • 外見を磨く
  • 内面を磨く

「それができれば苦労しないよ!」という人も、磨くべきポイントが分かれば改善は難しくありません。

彼女が欲しくて焦っているときこそ、一度立ち止まって以下の内容を確認してみましょう。

外見を磨く

見た目に無頓着な男性は女性にモテないため、まずは外見の改善を図りましょう。

かつて『人は見た目が9割』という本がベストセラーになりましたが、そのとおり人は見た目から受け取る情報が非常に多いです。

また、第一印象を決めるのもその見た目です。

反対にいえば外見を磨くだけで相手に与える印象は良くなるため、積極的に改善していきましょう。

清潔感を出す

外見で最も大切なことは、清潔感を身に着けることです。

先述のとおり、女性が最も嫌うのは「不潔」であること。

フケが多かったり洋服が汚れたりしていると、だらしなく不潔な印象を与えてしまいます。

清潔感を保つために、以下を実践してみましょう。

・髭や眉毛などのムダ毛を処理する
・メンズカットが得意な美容院でヘアカットしてもらう
・服は毎日洗濯し、柔軟剤も使用する
・靴の手入れを欠かさない
・口臭、体臭などの匂いもケア

最低限、これら5つはクリアしておくこと。

清潔感が得られるだけで女性からの印象がグッと良くなり、話せる機会も増えるでしょう。

ダイエットや筋トレをする

肥満体系や痩せすぎの人は、ダイエットや筋トレをして健康的な体を作りましょう。

女性のモテを意識するなら細マッチョが一番。

スタイリッシュに服を着こなせるようになり、男らしい力強さもある体型のため女性人気が高いです。

ダイエットや筋トレの方法が分からない方はYouTubeで検索してみましょう。

自宅でできる有酸素運動や筋トレ動画が多数アップされていますよ。

ファッションセンスを磨く

女性は男性の服までしっかりチェックしているため、ファッションセンスも磨きたいところ。

とはいえ、服の種類が多すぎて「何を着ればいいんだ?」とお悩みの方も多いでしょう。

そんな方におすすめなのが、「Tシャツ×ジーンズ」や「シャツ×チノパン」などのシンプルコーデ。

シンプルコーデ 例

画像はイメージです

万人受けしやすく着る人を選ばないため、ファッション初心者の方でも安心です。

シンプルコーデに慣れたら、少しずつ自分に合うファッションを模索していきましょう。

小物にも気を使う

細かなことに気がつく女性に好印象を与えるため、小物にも気を配りましょう。

男性の小物といえば靴・ベルト・腕時計などがあります。

メンズ 腕時計

画像はイメージです

小物を上手く取り入れることで、無骨なシンプルコーデが一気にハイセンスになります。

小さなものだからこそ、高品質なものを取り入れておきたいところ。

しっかりお手入れすれば長年使えるものでもあるので、ここはケチらず良いものを購入しておきましょう。

内面を磨く

外見だけ良くても、それに伴う内面の良さがないと彼女はできません。

ただし、人間的な内面の良さと女性にモテる内面の良さはやや異なります。

「〇〇君は優しいけど、恋愛対象じゃないんだよね」と言われた経験がある方もいるのでは。

では女性にモテる内面(性格)とは何なのか、詳しく見ていきましょう。

自分に自信を持つ

女性にモテる男性は自分に自信があり、ポジティブな性格をしています。

自信があるからこそ女性にも積極的になり、容姿に関わらずすぐに彼女ができるのです。

自分に自信を持つには、たとえば以下のような方法があります。

・これまでの成功体験を思い浮かべる
・小さな成功を繰り返す
・人から褒められたことを思い出す
・他人と自分を比べない

今現在、自分に自信がない人は以上の4つを実践してみましょう。

何度も繰り返すことで少しずつ自信がついていきますよ。

ポジティブ思考に切り替える

ネガティブ思考な人は、ポジティブに考える癖をつけてみましょう。

物事を前向きに捉えるようにしていると、他人に対しても寛容で明るく接せるようになります。

どうしてもネガティブに考えてしまう人は、否定的な言葉を控えてみてください。

「どうせ」や「だって」という言葉を避けるだけで、ネガティブな表現をする機会が減りますよ。

身近にポジティブな人がいるなら、その人の口癖や考え方を参考にするのも手。

その人が面倒なことや厄介な人に対し、どう反応して対処しているのかを参考にしてみましょう。

積極的になる

彼女が欲しい男性は、積極的に女性に働きかける必要があります。

なぜなら女性は受動的なタイプが多く、男性から積極的に動かないと恋愛に発展しにくいためです。

とはいえ、誰彼かまわず声をかけたりデートに誘ったりするわけではありません。

社会人サークルに入ったり街コンに参加したりと、彼女を作るために動く積極性が大事。

仕事で忙しい人やどうしても外に出るのが億劫な人は、マッチングアプリがおすすめです。

女性への気配りを忘れない

女性に好かれるためには、常に優しさと気配りを忘れないようにしましょう。

たとえば、具合が悪そうな女性がいた場合「大丈夫?何か手伝おうか?」と声をかけてみてください。

相手は「気づいて心配してくれたんだ」と嬉しくなります。

ほかにも、重いものを持ったり落ち込んでいるとき励ましの言葉をかけたり…。

ちょっとした優しさと気配りを忘れずにいれば、「良い人だな」と好印象を与えられます。

共感力を高める

男性に対し共感力を求める女性の数は少なくありません。

これは、女性が自分の意見に共感してもらうことでストレスを発散するため。

大変だったことや理不尽なトラブルなどを愚痴ったとき、「それは大変だったね」と言ってもらいたいのが女性心理なのです。

男性は理論的な会話を好む人が多く、女性の愚痴に対しても解決するためのアドバイスをしがちです。

しかし、彼女が欲しいのであれば解決策よりも共感の言葉をかけるのが正解。

女性と話すときはYESマンになったつもりで、愚痴や相談事に頷いてあげましょう。

仕事や趣味を楽しむ

彼女作りに集中しすぎると余裕がなくなり、女性からも警戒されてしまいます。

そんなときは、一度恋愛から頭を切り替えて仕事や趣味を楽しんでみましょう。

「女性を追いかけるのをやめたら彼女ができた」というのは、よく聞く話。

仕事や趣味に打ち込む男性はキラキラと輝いていて、女性からもよく見えるようですよ。

マメに連絡する

男性は筆不精な方が多いですが、彼女が欲しいならマメに連絡するのが吉。

なぜなら、女性は会話によるコミュニケーションを好む人が多いためです。

仕事中は無理でも、休憩時間や帰宅後のタイミングで連絡を取りましょう。

LINEは無料で気軽に連絡が取れるうえ、既読機能や無料通話もできる便利なツール。

仲の良い女性ができたらLINE交換はマストです。

相手のことをよく見る

相手のことをよく見るというのには2つの意味があります。

一つ目の意味は、文字通り相手の目を見て会話すること。

女性にジッと目を見つめられるとドキッとする男性は多いですが、それは女性も同じです。

ただし、一切目をそらさずにいると恐怖心を与えてしまうのでご注意ください。

目を見つめる時間は5秒を目安とし、5秒経ったら少し視線をずらしましょう。

もう一つの意味は、相手の変化を見逃さないこと。

詳しくは後述しますが、女性は些細な変化に気がついてくれる男性に好印象を抱きます。

小さな変化でも気が付けるよう、気になる女性がいるなら日頃の様子も確認しておきましょう。

彼女が欲しいときに役立つ女性心理

彼女が欲しいのなら、女性心理は学んでおくべきでしょう。

なぜなら「女心と秋の空」と言われるほど女心は変わりやすく、難しいものだからです。

反対にいえば、女心を理解している男性は女性にとって貴重な存在。

「この人は理解のある人だわ!」と高評価を得られること間違いなしです。

優しくしてほしい

女性の多くは、男性に優しくしてほしいと考えています。

男性から優しい言葉をかけられただけで惚れてしまう女性も少なくありません。

普段から気を張って頑張っているタイプの女性ほど、優しい男性には弱いもの。

包容力や寛大な心を持つ男性に対し、女性は頼りがいと安心感を覚えるのです。

リードしてほしい

女性は慎重な人が多いため、男性にリードしてもらうことを好む傾向があります。

とくに恋愛関係に関しては「男性にリードして欲しい」と考える女性がほとんど。

友達から恋人関係に発展させたいと考えていても、自分から告白できる女性は多くありません。

初デートでの店選びや店員さんへの声かけなど、付き合ってからもリードできそうな男性は女性にモテますよ。

話を聞いてほしい

先ほど女性は共感を求めるとお伝えしましたが、これは話を聞いてほしい女心に繋がります。

女性は会話のなかで自分を表現し、相手に理解してもらおうとします。

つまり、「話を聞いてもらうこと」=「自分を知ってもらうこと」なのです。

話を聞いてくれない男性は「自分に興味がない」と受け取るのが女心。

女性の話に飽きてスルーしたくなったら、「この子は自分のことを頑張って伝えようとしてるんだ」と考えてみましょう。

そこで共感の言葉をかければ「この人は私を理解してくれてるな」と、女性からの評価も高まります。

友達に自慢したい

彼氏ができると友達に自慢したくなり、友達に合わせたがる女性もいます。

自慢する理由はいくつかあり、女性のタイプによってその心理も異なります。

・多くの人に恋人の素晴らしさを知ってほしい
・彼氏が一番で、常に一緒にいたい
・彼氏を見せびらかして、周囲にマウントをとりたい
・ハイスぺックな男性に選ばれた自分を自慢したい

どの理由も、友達に紹介できるレベルの彼氏であることが条件。

最初に述べたような「不潔」や「お金がない」男性は、このタイプの女性からはとことん避けられます。

変化に気がついてほしい

前髪の長さや口紅の色など、小さな変化に気がついてほしいと考えるのも女心というもの。

変化に気がついてくれるということは、いつも自分を見てくれているからに他ならないからです。

女性の変化に気がついて、さりげなく褒められる男性は女性の心を掴んで離しません。

苦労を分かってほしい

責任感の強い女性は、仕事や人間関係などさまざまなシーンで苦労することがあります。

そうした苦労を理解して受け止めてくれる男性がいると、女性はホッとするのです。

気になる女性がいつも頑張っているようなら、「いつも大変なのに偉いね、よく頑張ってるよね」と伝えてみましょう。

あなたへの信頼感が生まれ、そこから仲良くなれるかもしれませんよ。

彼女が欲しいなら行動あるのみ!

彼女が欲しいのなら、とにかく行動することが大切です。

女性との出会いがないなら、積極的に出会いを探しに行くこと。

女性ウケが悪いと思うなら、女性にモテるために自分磨きをすること。

素敵な彼女と出会うために、頑張って最初の一歩を踏み出してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました