社会人におすすめの出会い方・きっかけ6選!恋人や結婚相手を探すコツを伝授

マッチングアプリ 社会人

社会人になったらどうしても出会いが少なくなってしまいます。

そこで本記事ではアンケート結果を基に、社会人がどうすれば出会いが見つけられるのかを解説しています。

※本記事では、第三者機関のクラウドワークスで調査したアンケート内容を根拠として記事を執筆しています。

アンケート結果一覧画面

社会人におすすめのマッチングアプリ
タップル アプリアイコンタップル24時間以内に出会える「おでかけ」機能
・20代の社会人が多い
with アプリアイコンwith・見た目よりも中身重視で出会える
同じ趣味を共有したい人におすすめ
ユーブライド アプリアイコンyoubride・30歳以上の仕事が落ち着いてきた人におすすめ
・婚活目的で利用しやすい
  1. 社会人の出会い方・きっかけ6選
    1. マッチングアプリ
    2. 社会人サークル
    3. 職場や仕事関係
    4. 友人・知人の紹介
    5. 合コン・街コン
    6. SNS
  2. 社会人の出会いに1番おすすめの方法は「マッチングアプリ」
    1. タップル|20代社会人におすすめ
    2. with|30代社会人におすすめ
    3. ユーブライド|40〜50代社会人におすすめ
  3. マッチングアプリは社会人の出会いに最適な理由
    1. 20〜30代が8割を占めている
    2. 利用者の約85%が最低1人と出会っている
    3. 利用者の44%が3ヶ月以内に交際している
  4. 社会人がマッチングアプリで良い出会いを実現するためのコツ
    1. 清潔感を出す
    2. 素敵に写っている顔写真を載せる
    3. 魅力的な自己紹介文にする
    4. 趣味があればアピールポイントにする
    5. 自分と目的が同じ人にアプローチする
  5. 社会人の出会いについてよくある質問(Q&A)
    1. 社会人になると出会いが少なくなるのはなぜ?
    2. 自然な出会いを求める独身の人は多いの?
    3. 新型コロナ禍の影響で出会いを求める人は増えてるの?
    4. 実家暮らしから一人暮らしになると出会いは増えるものなの?
    5. 結婚相談所とマッチングアプリではどちらが良いの?
    6. 新社会人は恋愛する余裕ってあるの?
    7. Yahoo!知恵袋にある社会人のアプリ以外での出会いのエピソードは?
  6. 社会人になると出会いは少ない!マッチングアプリできっかけを作ろう

社会人の出会い方・きっかけ6選

社会人の出会い方は主に以下6つに分けられます。

  • マッチングアプリ
  • 社会人サークル
  • 職場や仕事関係
  • 友人・知人の紹介
  • 合コン・街コン
  • SNS

それぞれ特徴と合わせて、メリット・デメリットを確認していきましょう。

マッチングアプリ

マッチングアプリは昨今流行りの出会い方です。

距離検索やコミュニティなどさまざまな機能を使い、理想の異性と出会います。

出会うための機能が詰め込まれており、大手ならほぼ確実に出会えるのがポイント。

事実、弊社の調査ではマッチングアプリ利用者で85%は1人以上と出会っていることが分かっています。

85%が最低1人と出会っている

完全無料で出会えるわけではありませんが、メッセージを送るまでは無料で利用できるため、お試し利用も可能です。

【メリット】
・好きな場所好きな時間に異性を探せる
・相性の良い相手を見つけやすい
・トラブルがないよう監視体制がバッチリ
【デメリット】
・月数千円の費用がかかる
・プロフィールやメッセージの工夫が必要
・出会えるアプリを見つけるのに時間がかかる
社会人におすすめのマッチングアプリ
タップル アプリアイコンタップル24時間以内に出会える「おでかけ」機能
・社会人1〜2年目が多い
with アプリアイコンwith・見た目よりも中身重視で出会える
同じ趣味を共有したい人におすすめ
ユーブライド アプリアイコンyoubride・30歳以上の仕事が落ち着いてきた人におすすめ
・婚活目的で利用しやすい

詳しくは社会人の出会いに1番おすすめの方法は「マッチングアプリ」で解説しています。

社会人サークル

社会人サークルとは名前のとおりですが、学生サークルのように同じ目的をもった社会人同士で活動します。

学生サークルとの違いは、学生はやりたいことや新しい体験を求めるのに対し、社会人サークルは出会いを求める比重が大きいところです。

今では誰でも気軽にサークルを作ったり入ったりできるところが多く、出会いの幅を広げづらい社会人におすすめの方法です。

【メリット】
・趣味を主体に出会える
・土日のみ参加など融通が利きやすい
・費用があまりかからない
【デメリット】
・コミュニケーション能力が必要
・無趣味だと参加しづらい
・毎回オフラインで出会う必要がある(出会いに時間を使う)

職場や仕事関係

職場での出会いが社会人の自然な出会い方ではないでしょうか。

長く一緒に過ごしているため性格も把握しやすく、自分と合う人か見極めやすいでしょう。

しかし社内恋愛だと別れた時きまずかったり、仕事の内容で喧嘩したりと悩みも増えてしまいます。

ただ株式会社ZWEIのアンケートによると、社内恋愛に対して抵抗がない、もしくは良い人がいればと考えている人は約8割もいました。

社内恋愛の考え方出典:ZWEIのプレスリリース

またマイナビニュースのアンケートによると、職場恋愛にポジティブな人は約60%と多いです。

社内恋愛アンケート出典:マイナビニュース

また恋愛相手は「半分以上が同僚」だという結果もわかりました。

社内恋愛 同僚出典:マイナビニュース

上記の結果からも職場で相手を探すのもいいでしょう。

【メリット】
・毎日会える
・出会いにコストがかからない
・どんな人か長い時間で確かめられる
【デメリット】
・別れたときにきまずい
・バレたときに冷やかされる
・出会える人数が少ない

友人・知人の紹介

友人の紹介で付き合ったり結婚したりするのも、昔からあるスタンダードな方法です。

友人と仲が良い場合はそれだけ自分の好みを知ってくれているので、ぴったりな相手と出会えるでしょう。

株式会社Diverseの調査によると、今ではマッチングアプリと友人の紹介、同じような割合で利用している人が多いです。

友人の紹介出典:株式会社Diverse

ただ共通の友人なので、喧嘩したときや別れたときにきまずい可能性は高いです。

友人に気を遣ってしまいそうな人にはあまりおすすめできません。

【メリット】
・好みを把握してくれていると上手くいきやすい
・お金がかからない
【デメリット】
・友人に愚痴られる可能性がある
・別れたときに申し訳ない気持ちになる

合コン・街コン

合コンや街コンも、社会人の出会い方として一般的でしょう。

1度に多くの異性と出会えるチャンスがあるため、効率的に出会いを探せます。

実際に結婚している人も全体の約4割、2.5人に1人が成婚しています。

合コン 結婚割合出典:ノマドマーケティング株式会社のプレスリリース

ただ会費がかかることや、どんな人がくるのか実際に行ってみないとわからないことなど、デメリットもあります。

特にZ世代の男女はマッチングアプリを使うことが多く、合コンはコスパが悪いと考えています。

――ちなみに、「合コン」ってもう古いですか?

一同 行ったことないです。

阿部 どんな人に会えるかわからないのに、時間もお金もかかって、タイパもコスパも悪い印象。この間、某大企業に行きたい友人が、その企業の男性が集まる合コンに参加していて。OB訪問感覚で合コンを利用している子はいるみたいです。

引用:Yahoo!ニュース

【メリット】
・1度に多くの人と出会える
・基本的に出会いに積極的な人しかいない
・主催者がサポートしてくれる
【デメリット】
・会場に行くまでどんな人かわからない
・コミュニケーションスキルが必要
・一般的に男性はお金がかかる

SNS

SNSで出会う方法も、現在にマッチした出会い方と言えるでしょう。

InstagramやTwitterを利用することで、気軽に全国の人と出会えます。

投稿写真や過去のツイートから相手をイメージしやすく、会う前の情報収集できるのはメリットです。

ウェブスターマーケティング株式会社の調査によると、実際にSNSで出会ったことがある人は全体の約34%でした。

出会い SNS出典:ウェブスターマーケティング株式会社のプレスリリース

しかしリスクも高く、中の人が本当に異性なのか、事件に巻き込まれないかなど、基本的にSNSでの出会いはおすすめできません。

【メリット】
・自分の気に入った人にのみアプローチできる
・投稿写真やツイートでアピールできる
【デメリット】
・事件に巻き込まれる可能性がある
・表示通りの性別かわからない
・住んでる場所がバラバラ

社会人の出会いに1番おすすめの方法は「マッチングアプリ」

社会人の出会い方を6つ紹介してきましたが、最もおすすめなのはマッチングアプリです。

マッチングアプリはどこでも利用できるだけでなく、さまざまな機能を使い理想の相手と出会えます。

ここからは社会人におすすめのマッチングアプリを年代別に紹介していきます。

社会人におすすめなマッチングアプリは以下です。

タップル|20代社会人におすすめ

タップル 公式画像

会員数1,500万人以上
利用目的恋活~友達探し
料金男性:3,700円/月~
※クレカ決済1カ月プランの場合
女性:無料
年齢層18歳~20代

20代の社会人におすすめのマッチングアプリはタップルです。

当サイトの調査によると、タップルは利用者の57.0%が20代と、ほとんど若い世代が利用しているのがわかりました。

タップル 年齢層

また全体の36.0%が、1年以内にタップルで交際できているデータもあります。

タップル 交際期間 アンケート

あなたはタップルで何ヶ月で交際まで至ったか
・1ヶ月~3ヶ月 23%
・3か月~6か月 11%
・6か月~12か月 2%
・12か月~ 0%
・交際経験はない 64%

上記を考慮すると、20代で積極的に恋人を作りたい人に向いているアプリと言えるでしょう。

\おでかけ機能で即日会える!/

毎月25万組のカップルが誕生!

with|30代社会人におすすめ

with 公式

会員数500万人以上
利用目的真剣な恋活~婚活
料金男性:3,600円/月~
※クレカ決済の1カ月プランの場合
女性:無料
年齢層20代~30代

30代におすすめのマッチングアプリはwithです。

withは30代の男性が34.0%、女性が31.0%と、男女ともに最も多い年齢層となっています。

with 年齢層

【with】で出会った人と交際したことがある人の数
男性
・交際経験あり 55.17%
・交際経験なし 46.43%
女性
・交際経験あり 37.93%
・交際経験なし 62.07%

またwithを使って実際に交際できた人が男性で55.17%、女性で37.93%のアンケート結果もあります。

以上のことから、積極的に交際したい30代におすすめのマッチングアプリだと言えます。

相性診断で理想の人に会える!

内面重視の恋活!

ユーブライド|40〜50代社会人におすすめ

ユーブライド 公式画像

会員数240万以上
利用目的真剣な婚活
料金男女:4,300円/月~
※クレカ決済1カ月プラン
年齢層30代~40代

ユーブライドは40〜50代におすすめのマッチングアプリです。

当社のアンケートによると、男性会員の57.9%が40歳以上とのデータがあります。

一方女性は30代の登録者が55.17%と最も多くを占めていました。

ユーブライド 年齢層

【ユーブライド】で出会った人と交際したことがある人の数
男性
・交際経験あり 34.29%
・交際経験なし 65.71%
女性
・交際経験あり 28.21%
・交際経験なし 71.79%

交際経験については男性が34.29%と女性よりも多くなっています。

婚活目的で利用する人が多いアプリですが、40〜50代の恋人がほしい男性にもおすすめです。

\婚活希望者のみ!サクラゼロ!/

↑30代~40代以上のユーザー中心!↑

マッチングアプリは社会人の出会いに最適な理由

マッチングアプリが社会人の出会いに最適な理由は以下3つです。

  • 20〜30代が8割を占めている
  • 利用者の約85%が最低1人と出会っている
  • 利用者の44%が3ヶ月以内に交際している

20〜30代が8割を占めている

マッチングアプリの年齢層も、おすすめできるポイントです。

マッチコネクトが500人に行った年齢層に関する独自アンケートでは、以下のようになりました。

・18歳~20代:219人(44%)
・30代:199人(40%)
・40代:65人(13%)
・50代以上:17人(3%)

20代~30代で全体の8割以上を占めており、社会人がかなり多いことがわかります。

他にもアプリを変えれば簡単に年齢層を変えられるため、同世代が多いサービスを利用しやすいのもメリットです。

利用者の約85%が最低1人と出会っている

マッチングアプリで出会えた人数が多いのも、おすすめポイントです。

マッチコネクト独自のアンケートによると、実際にマッチングアプリで1人以上と出会えた人は全体の8割を超えていました。

85%が最低1人と出会っている

【マッチングアプリで何人と出会えたか】
・0人:15%
・1人:13%
・2人:15%
・3人:16%
・4人:6%
・5人~10人:26%
・11人~20人:5.5%
・21人以上:3.5%

マッチングアプリを使ったけどまったく出会えない、という人はかなりの少数派です。

利用者の44%が3ヶ月以内に交際している

マッチングアプリでの出会いから交際までの期間が短いのも、おすすめポイントです。

こちらもマッチコネクト独自のアンケートによると、会員の約半数が出会いから交際につながっていないのがわかります。

しかし一方で、半数以上が3ヵ月以内に交際しているのがわかります。

【登録から交際までの期間はどのくらいか】
・交際したことはない::47%
・1ヶ月以内:15%
・2ヶ月以内:15%
・3ヶ月以内:14%
・4ヶ月以内:3%
・5ヶ月以上:6%

マッチングアプリ 交際期間

つまり理想の相手とさえきちんと出会えれば、交際までが最短で行えるということです。

社会人がマッチングアプリで良い出会いを実現するためのコツ

社会人がマッチングアプリで良い出会いを実現するには、いくつかのコツを把握しておく必要があります。

  • 清潔感を出す
  • 素敵に写っている顔写真を載せる
  • 魅力的な自己紹介文にする
  • 趣味があればアピールポイントにする
  • 自分と目的が同じ人にアプローチする

清潔感を出す

「清潔感を出す」とはいろいろな場面で言われますが、具体的には下記に気をつけましょう。

①髪型を整える
②ぼさぼさ眉毛を整える
③鼻毛を整える
④髪にフケがないようにする
⑤肌のニキビや脂は手入れする
⑥メンズメイクをする
⑦爪を切る
⑧口臭が臭くないようにする
⑨髭を剃る
⑩唇はリップクリームを塗り乾燥させない
⑪体重は標準体重
⑫体毛は剃る(腕毛と胸毛は最低限)
⑬制汗剤で最低限無臭にする
⑭服はアイロンをかけておきサイズが合った服
⑮筋トレをる

大きくは、髪型や眉毛など第一印象に関わる部分と、口臭や体型など付き合うために必要な部分の2つにわかれます。

特に第一印象に関する部分はすぐにできる内容も多く、マッチングに大きく影響を及ぼすため今日から意識していきましょう。

以下は株式会社日本機能性コスメ研究所による、清潔感に関するアンケートの結果です。

男性の清潔感のポイント出典:株式会社日本機能性コスメ研究所のプレスリリース

上記調査によると、男性に対して清潔感を抱くポイントは下記になりました。

・肌(ニキビやシミ)
・髪の毛(フケやセット)
・体型
・服装
・香り(体臭や口臭)

口臭や体型は日々の努力が必要なので、この記事を読んだ日から少しずつでも努力していきましょう。

素敵に写っている顔写真を載せる

プロフィール写真はなるべく素敵に写っている顔写真を使いましょう。

「素敵」の基準ですが、主に以下のような点に気をつけてください。

・清潔感があるのは大前提
・自撮りは避ける
・無表情ではなく笑顔

実際上記3つを意識するだけでも、マッチング率は大きく変わるでしょう。

特に自撮りを使っている人は、可能なら友人に撮ってもらってください。

もし友人に頼みにくければ、プロのカメラマンに撮影してもらうのがおすすめです。

プロフィール写真 例出典:Instagram

より詳しい写真のコツは、下記リンクで詳しく解説しています。

またプロに写真撮影を依頼するときは、マッチングアプリ専門撮影サービス「フォトジョイ」がおすすめです。

魅力的な自己紹介文にする

自己紹介文にいかにこだわるかで、実際に会ってみようと異性に思わせられます。

実は有料の添削サービスがあるくらい、自己紹介文は大事な要素です。

どれだけ顔写真が合格でも、自己紹介文で「合わないかも」と思われるケースは少なくありません。

ポイントはテンプレではなく、きちんと人間味が感じられ、あなたについて理解できる内容であることです。

具体例を下記にまとめておくので、参考にしつつ、丸パクリではなく自分の言葉に置き換えて使ってみてください。

はじめまして!
プロフィールご覧になっていただきありがとうございます。かずきと言います!

withは、3ヶ月前に彼女と別れてしまい、新しい出会いを探そうと思い始めました。

・仕事
不動産の営業職です!営業って苦手でしたが、最近割と件数取れるようになってきました笑

・趣味
趣味は意外と読書です!
あとは体を動かすことも好きなので、インドア・アウトドア両方いけちゃうのが長所と言えるでしょう!笑

・性格
「優しい」とかよりも「おおらか」ってよく言われます笑
クラスに1人はいる「男女から人気で相談とかもされるポジションにいるのになんか彼女はいない」みたいな人です(自分で言う笑)

年齢が近い人と会いたいです!でも仕事では年上の人と話すことが多いので、良き後輩としてよいしょできる自信あるのでぜひ人生の先輩もお声掛けを!

気軽にいいねしてくれたら嬉しいです!

ちょっと長かったかもですが、最後まで読んでいただきありがとうございました!

上記のように、仕事や趣味などあなたの人柄を紹介しつつ、メッセージやデート時に話題を尽きないように配慮するのがポイントです。

また、自分の実績などを間接的に伝えることもポイント。

海外で行われた、「出会い系における魅力的なプロフィールに関する研究」では、間接的に自己アピールすることがベストだと判明しました。(例:ブログや勤務先のURLを載せるなど)

直接的な自慢はかえって低評価になりやすいので注意しましょう。

趣味があればアピールポイントにする

趣味は多ければ多いほどいいです。

マッチングアプリは条件を指定して検索できるため、趣味が同じ人とも出会えます

また趣味が同じだと、メッセージのやりとりが盛り上がります。

ただ趣味を登録するときにいい加減に登録してしまうと、会話が盛り下がるため、知識のある趣味だけにしておきましょう。

自分と目的が同じ人にアプローチする

恋活や婚活など、自分と同じ目的の人にアプローチしましょう。

結婚願望が薄い人が婚活目的の人と出会っても、遅かれ早かれ結婚観の違いで関係がダメになる可能性が高いです。

【利用目的別おすすめマッチングアプリ】
・遊び→Tinder
・恋活→タップル
・婚活→Omiai

当たり前ですが、恋活目的の人が遊び目的の人と出会うのも避けなければいけません。

自分の目的に合ったマッチングアプリを選ぶことで、失敗のない出会いを見つけられます。

社会人の出会いについてよくある質問(Q&A)

社会人の出会いについてのよくある質問は以下です。

  • 社会人になると出会いが少なくなるのはなぜ?
  • 自然な出会いを求める独身の人は多いの?
  • 新型コロナ禍の影響で出会いを求める人は増えてるの?
  • 実家暮らしから一人暮らしになると出会いは増えるものなの?
  • 結婚相談所とマッチングアプリではどちらが良いの?
  • 新社会人は恋愛する余裕ってあるの?
  • Yahoo!知恵袋にある社会人のアプリ以外での出会いのエピソードは?

社会人になると出会いが少なくなるのはなぜ?

社会人の出会いが少なくなってしまう理由は主に以下です。

・とにかく仕事が忙しい
・恋愛よりも仕事が楽しい
・テレワークで出会う機会が急減した
・行動範囲が限られてくる
・趣味や習い事がない
・休日に家にこもっている
・自然な出会いにこだわりすぎている

どうしても学生時代とは環境が変わってしまい、出会いの数が減ってしまいます。

自然な出会いを求める独身の人は多いの?

オーネットのアンケートによると、そもそも出会いを求めていないという人が多いようです。

【出会いに対する現在の気持ちは?】
・特に出会いは求めていない:41.3%
・自然な出会いでなくても良いので出会いがほしい:23.8%
・自然に出会うまで待ちたい:20.4%
・出会いを求めて活動している:7.2%
・答えたくない:5.2%
・その他:2.1%

あくまで自然に出会いたいという人は、全体のたった約2割でした。

なお上記は「自然な出会いがなかった」という人を対象にしています。

新型コロナ禍の影響で出会いを求める人は増えてるの?

ナイル株式会のアンケートによると、マッチングアプリを利用したことがある人の割合は、自粛期間によって急速に増えたのがわかります。

自粛期間前(2020年2月以前):40.5%
自粛期間後(2020年3月以降):85.3%

テレワークなどでそもそも出会いすらなくなってしまい、「自然な出会いに期待している場合じゃない」と考える人が多くなったと推測できます。

実家暮らしから一人暮らしになると出会いは増えるものなの?

一人暮らしになったからといって、出会いが増える可能性は低いです。

そもそも出会いがない状況は、仕事環境が作っているからです。

しかし一人暮らしにするメリットはあります。

実家を出たことでいよいよ出会いに対して前向きに取り組むようになるのと、いい雰囲気になったとき家に呼べることです。

結婚相談所とマッチングアプリではどちらが良いの?

マッチングアプリ結婚相談所
料金相場・初期費用0円
・月3,000〜5,000円
・初期費用3〜10万円
・年間30〜50万円
交際までの時間2〜3ヶ月3〜6ヶ月
おすすめポイント・低価格で利用できる
・自分のペースでアプローチできる
・登録者が多く色々な人に出会える

結婚相談所の最大のメリットは、1年以内の結婚を目指せることです。

しかし初期費用で10万円以上、年間で30〜50万円かかることも珍しくありません。

時間をお金で購入するイメージですが、実際結婚できるかは本人次第です。

一方マッチングアプリはサポートがありませんが、例えばwithなら年間で5万円程度です。

予算だけでなく、じっくり相手を見つけていきたいのか、サクッと行動したいのかでも選ぶといいでしょう。

新社会人は恋愛する余裕ってあるの?

仕事を覚えるのに必死で、恋愛をする余裕がない人は多いです。

学生時代から付き合っていても、社会人になって別れるという人も少なくありません。

転勤や県外への就職も重なることがあります。

Yahoo!知恵袋にある社会人のアプリ以外での出会いのエピソードは?

Yahoo!知恵袋でアプリ以外で見つかった出会いのエピソードには、居酒屋や合コンでの出会いもありました。

バイト先での出会いも有りだと思いますよ。
私がバイトした居酒屋は、キッチンは男性が多かったですよ。ホールや接客するのは女性が多かったです。
元気よく笑顔で挨拶しスタッフさんと仲良くなれれば良いですね^^
従業員さん同士、従業員さんとお客様というカップルも実在してましたよ~♪
引用:Yahoo!知恵袋

すごく分かります。職場に同性が多い社会人って出会いがないですよね(T_T)
私は女性しかいない職場でしか働いた事がないので、学生から社会人になった途端、出会いのなさに淋しくなった事があります。
習い事とかはどうですか?結構お稽古で仲良くなって付き合うって友人から聞きます♪後は合コンとかいかがですか?私は以前合コンで出会った人と半年ほど友人をつづけてお付き合いに発展した事がありましたよ。

引用:Yahoo!知恵袋

習い事などもあろうようで、行動してみると意外と出会いはすぐに見つかるかもしれません。

社会人になると出会いは少ない!マッチングアプリできっかけを作ろう

社会人になると出会いの数は圧倒的に少なくなってしまいます。

しかしマッチングアプリを上手く使うことで、きっかけを作れて出会いにもっていけます。

ただマッチングアプリをダウンロードするだけでなく、本記事で紹介しているアプリで出会うコツもきちんと読み込んで利用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました