彼女の作り方6選!彼女がいない原因・対処法・女性心理も紹介

彼女 作り方 アイキャッチ

内閣府の男女共同参画による2022年度の調査によると、20代の男性の約7割が「恋人・配偶者はいない」と回答しています。

では、なぜ現代の若い男性には彼女ができないのでしょうか?

本記事では彼女ができない原因や対処法から彼女の作り方まで、詳しく紹介しています。

「彼女は欲しいけど、作り方がわからない…」
「出会いがなくて彼女を作れる気がしない…」

そんな人はぜひ最後までご覧ください。

彼女ができない原因5つ

彼女ができない主な原因は、以下の5つです。

  • ネガティブ思考
  • 過去の恋愛を引きずっている
  • 余裕がない
  • 理想が高すぎる
  • 積極性が足りない

なぜこれらが女性を遠ざける原因となるのか詳しくまとめたので、身に覚えがある人はチェックしておきましょう。

ネガティブ思考

なんでもマイナスに受け取ってしまう、ネガティブ思考は女性に嫌われる性格のひとつです。

なぜなら、女性は前向きでリードしてくれる男らしさを好むからです。

ネガティブ表現が多い男性に対する女性の評価は「頼りない」「甘えてて嫌」と散々なもの。

普段から「だって~」や「どうせ~」といったマイナス表現をすることが多い男性は注意が必要です。

過去の恋愛を引きずっている

元カノや片想いの相手とのいざこざなど、過去の恋愛を引きずっている間はなかなか彼女ができません。

女性側からみればいつまでも過去の彼女と比べられる可能性があるのですから、嫌がるのは当然ですよね。

また、過去の恋愛を引きずっているがゆえに「彼女を積極的に作りに行けない」という男性も多いでしょう

余裕がない

余裕がなく、いつもピリピリしている男性というのは女性からみて魅力的ではありません。

女性は包容力のある男性を好むため、それとは真逆の余裕がない男性には引かれないのです。

また、余裕がない男性は女性に対してスピーディーな対応を求めがち。

「2人の関係性を早く進めたい」と焦ってしまい、女性から引かれてしまうケースも少なくありません。

なかには、「金銭的な余裕のなさが嫌だ」という声もありました。

理想が高すぎる

彼女にしたい女性の理想が高すぎると、最初の「好きな人を見つける」という段階で躓いてしまいます。

たとえば、女性に対してこんな理想を持っている人は要注意。

・常に朗らかで、奥ゆかしい
・家事が得意で、料理が好き
・ムダ毛がなく、常に良い香りがする
・抜群のスタイルを維持している
・バリバリ働いている
・どんなときも男を立ててくれる

簡単にいうと、昔の奥ゆかしい女性像と現代の逞しい女性像を併せ持ったような女性ですね。

これらすべての要素を満たせる女性とはなかなか出会えません。

さらに、出会えたとしてもこれだけ素敵な女性ならすでに恋人がいる可能性が非常に高いです。

積極性が足りない

彼女を作るために積極的に動けない男性も、なかなか彼女ができないタイプです。

このタイプは臆病だったり自分に自信がなかったりする人に多い傾向が。

「積極的に声をかけて、もし嫌がられてらどうしよう…」と自分の言動をセーブしてしまいがちです。

彼女を作るための対処法

彼女を作りたい男性がすべき対処法は、以下の7つ。

  • 清潔感を身に着ける
  • ダイエットをする
  • ポジティブ思考を心がける
  • 聞き上手になる
  • 余裕を持つ
  • 理想像を考え直す
  • 積極性を持つ

これらを意識し改善するだけで、女性からの受けがずっと良くなります。

すぐに彼女ができる可能性もあるので、しっかりチェックしておきましょう。

清潔感を身に着ける

身だしなみに無頓着な男性は、まず清潔感を身に着けるところから始めましょう。

清潔感をアップするだけで、女性からの評価はぐんとアップしますよ。

いままで美容院に行ったことがない人、ファッションに無頓着な人は少し変えるだけで彼女ができる可能性も。

清潔感アップのための具体的な方法を以下にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

美容室でカットする

髪の毛は床屋さんよりも美容室で切ってもらいましょう。

なぜなら、美容室の方が女性ウケが良い髪型を得意としているためです。

輪郭を見てカットする「似合わせカット」や髪質に合わせたパーマなど、自分に合うおしゃれなヘアスタイルに仕上げてくれるのが美容室の強み。

トレンドの髪型にカットしてもらえば、それだけで垢抜け効果が期待できます。

男性 ヘアカットイメージ

写真はイメージです

美容室選びに悩んだら、メンズカットで有名なヘアサロンから選ぶと良いでしょう。

有名どころは東京都内に多いですが、全国に支店を持つサロンもあります。

「住んでいる地域 メンズ ヘアサロン」などのキーワードで検索すると、近隣のメンズカットが得意な美容室が見つかる場合も。

なかには薄毛の方を専門にヘアスタイルを提案・提供してくれるサロンもあるので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

万人受けしやすい香水をつける

女性は匂いにも敏感なので、香水をつけるのも効果的。

人によって好き嫌いはありますが、万人受けしやすいものを選んでおけば良いでしょう。

オススメはDior(ディオール)の「オー ソバージュ」

オーソバージュ イメージ

引用元:Instagram

柑橘系の爽やかな香りで、世代問わず使えるメンズ香水です。

Diorの香水は芸能人にもファンが多いため、身に着けるだけで男として一段上がった気分が楽しめます。

ただし、付けすぎには要注意。

濃度の高いパルファムを付ける場合はウエストあたりに1プッシュすると、全身からふわりと香る絶妙な濃度になりますよ。

靴にこだわる

女性は細部までよく見ているため、足元まで気を抜かないことが大切です。

大前提として、汚れたり擦れていたりする靴はNG

「清潔感がない人」と思われてしまうので、きちんとお手入れしてくださいね。

お手入れがきちんとできている人は、もう一歩踏み込んで靴のデザインまで気を配りましょう。

さまざまなファッションに合わせられるよう、何足か用意しておくのがベター。

フォーマルで大人な男性を印象付けるなら、「REGAL(リーガル)」などの革靴。

カジュアルファッションに大人の格好良さをプラスする、「Cole Haan(コールハーン)」のスニーカー。

防寒性もオシャレも両立できる「Buttero(ブッテロ)」のブーツなどなど。

良い靴を1足ずつ用意しておくと、デートが決まったときに足元に迷うことがありません。

ファッションセンスを磨く

ヘアスタイルや靴のセンスを磨いたら、次は全身のファッションセンスを磨いていきましょう。

とはいえ、これまでファッションに無頓着だった人は何から始めたら良いか分からないですよね。

そこでオススメなのが、清潔な服でシンプルにコーディネートする方法

「ポロシャツ×ジーンズ」や「ニット×スキニー」など、着回ししやすいシンプルなアイテムがオススメです。

モノクロコーデ

画像はイメージです

色はモノクロやグレー、カーキなどの無彩色系が無難。

ある程度コーディネートに慣れてきたら、ベルトやカバンなど小物アイテムも取り入れていきましょう。

ダイエットをする

肥満体型の人はダイエットをして、女性ウケの良い体を作りましょう。

最も女性ウケが良い体型は適度な筋肉が付いた細マッチョ

細マッチョならファッションを邪魔せず美しく着こなせるため、オシャレ感がグッとアップします。

体型を絞るために必要なものは「筋トレ」と「有酸素運動」

筋トレで筋肉を増やして基礎代謝を上げつつ、有酸素運動で体についた脂肪を燃焼しましょう。

ポジティブ思考を心がける

ネガティブ思考な人は、ポジティブシンキングができるように意識を変える必要があります。

ポジティブになる秘訣は、物事を多面的にみること。

たとえば、彼女ができずに悩んでいる方は「今のうちに自分をレベルアップするぞ!」と考えてみましょう。

腐らず自分磨きに励めば自信が湧いてきて、自然と前向きになれるはずです。

自分の短所にばかり目が行ってしまう人は、ポジティブな言葉に言い換えてみるのも手。

「頑固なタイプ」なら「自分の意思がある」、「諦めやすい」なら「気持ちの切り替えが上手」など。

マイナス面が目立っていた物事も、ほかの視点からみるとたくさんのプラス面があるものです。

聞き上手になる

女性からモテるタイプといえば、聞き上手な男性です。

男性に比べると女性はお喋り好きな方が多く、会話でストレスを発散しています。

そのため、聞き上手な男性といるとストレスが軽減し「この人といると居心地が良いなぁ」と感じるのです。

相手から聞き上手だと思われるコツは「話を遮らないこと」と「共感すること」

相手の話に相槌をうちつつ、「それは大変だったね!」「それは嬉しいね!」と共感してあげましょう。

相槌と共感の言葉をかけられた相手は「私の話をちゃんと聞いてくれてるな」と思い、さらに好感度がアップします。

余裕を持つ

女性は余裕のある男性を見ると「大人で、素敵な男性だな」と感じ、惹かれるものです。

スマートな所作や臨機応変な対応ができると、相手に余裕のある男性をアピールできますよ。

間違っても、ちょっとしたミスで慌てたり怒ったりするのはNG

何事も「それくらい問題ないよ」というスタンスでいられるのが、余裕のある大人の男性です。

また、女性に対しガツガツしたり見栄を張ったりするのもやめましょう。

女性は心の機微に敏感なので、余裕のなさがバレてしまいます。

理想像を考え直す

女性に対し事細かな理想像を持っているなら、その理想像が高すぎないか考えてみましょう。

いま思い浮かべている相手への理想は絶対に外せないものですか?

たとえば、「身長は150cm代前半が良い」という人は「自分より背が小さい人が良い」に変えてみましょう。

それだけで出会える幅が広くなるのではないでしょうか。

ほかにも「料理上手が良い」から「ある程度料理できる人が良い」など、細かく設定していた理想を大雑把にするだけでハードルが下がります。

「どうしても理想を下げたくない!」なら、理想的な女性と出会えるくらい自分を磨くというのも手ですよ。

積極性を持つ

彼女を作りたいなら、積極性は欠かせません。

なぜなら、女性は基本受け身のため男性から動かないと恋愛に発展しないためです。

積極的になるためには、自分に自信を持つことが大切。

・自分の長所を思い浮かべる
・小さな成功体験を重ねる
・人に褒められたことを思い出す

「今の自分ならできる!」というマインドを持ち続けられれば、自然と積極性が身に着きますよ。

彼女の作り方6選

彼女の作り方は以下の6つ。

  • 職場で気が合う人を探す
  • 友達に紹介してもらう
  • 街コンに参加する
  • 相席屋を利用する
  • 趣味サークルに参加する
  • マッチングアプリを利用する

これら6つが女性を作るオーソドックスな方法です。

ただし、それぞれ向いている人・向いていない人がいます。

自分にはどの彼女の作り方が適しているのか、詳しく見ていきましょう。

職場で気が合う人を探す

職場に女性が多いなら、いつでも出会いのチャンスが転がっていると言っても過言ではありません。

とはいえ、恋愛に発展させるためにはきっかけが必要です。

自分から声をかけたり、一緒に過ごす時間で自分をアピールしたりと能動的になることが大切。

また、職場恋愛は周囲や仕事に影響を及ぼすこともあります。

なかでも相手との関係が悪化し別れることになった場合、仕事と恋人の両方を失う恐れもあります。

職場で出会いを探すなら、そうしたデメリットにも注意しましょう。

友達に紹介してもらう

友人に女性の知り合いがいるなら、その人に紹介してもらうのも手です。

友達の紹介なら、相手の情報がある程度は事前に入手できます。

その人の趣味や食の好み、年齢、職種などの情報を知っておけば話のきっかけを掴みやすいですよね。

また、相手方にも「友達の知り合い」という安心感があるため警戒されずに出会えます。

ただし、女性との関係が上手くいかないと紹介者との関係にも影響を及ぼす危険性が…。

さらに紹介してもらえる人数にも限りがあるため、友人の紹介は慎重に受けましょう。

街コンに参加する

身近に女性がいない20代の男性は街コンを利用してみましょう。

街コンは、商店街などの地域で行われる合コン形式のイベントです。

さまざまな女性が参加するため、普段は出会えない刺激的なタイプの女性とも出会えるのがメリット。

一方で、男性の参加料は5,000円から8,000円が相場とやや高額なのがデメリットです。

男性に比べて女性は500円から参加できる街コンもあるため、真剣な出会い目的でない女性もいます。

利用者の年齢層も若い人が多いため、真剣に彼女を作りたい30代以上の人には向いていません。

相席屋を利用する

相席屋は飲食店で初対面の異性が相席をして、食事と出会いを楽しむ場です。

本格料理を提供している店舗も多いため、食事自体を楽しむ目的で利用する男性もいます。

出会ってすぐに食事デートの雰囲気を楽しめるのも相席屋の特徴。

相手の食事マナーや食の好みが実際に見てわかるのも、相席屋ならではですね。

しかし、相席屋を利用している女性のなかには食事だけを目的にしている人もいます。

明らかに出会う気がない女性と相席してしまった場合は、店舗スタッフに伝えるかすぐに店舗を出ましょう。

趣味サークルに参加する

気が合う彼女を作りたいのなら、趣味サークルに参加するのがオススメです。

同じ趣味を持つ人が集まるため、その中から気が合う人を見つけるのは難しくないでしょう。

世代問わず参加できるサークルも多く、街コンや相席屋より参加費が安く済むのもメリット。

ただし、趣味によっては女性の参加者が少ない場合もあります。

たとえばスポーツ系は男性比率が高いうえ、男性・女性でサークルが分かれているケースも少なくないです。

彼女を作るためサークルに参加するのなら、男女比率は事前に確認しておきましょう。

マッチングアプリを利用する

どのようなタイプの男性にもおすすめなのが、マッチングアプリの利用です。

異性との出会いを目的として開発されたアプリなので、彼女を作りたい人にはピッタリ。

現代ではさまざまなマッチングアプリが開発されていますが、恋活に最適なのがこちらの5つ。

・with(ウィズ)
・タップル
・Pairs(ペアーズ)
・Omiai(オミアイ)
・Tinder(ティンダー)

各アプリの特徴とおすすめポイントをまとめたので、自分に最も合いそうなものを選びましょう。

with(ウィズ)

withは恋活や婚活目的の20代から30代が多く利用するマッチングアプリです。

心理テストを導入しているのが特徴で、コンテンツを利用するだけで相性の良い人と出会えます。

男性の利用料金は月額3,600円

街コンや趣味サークルで気が合う人を探すよりも、圧倒的にコスパよく出会いが探せます。

内面の相性が合う20代女性と出会いたい男性はwithを利用してみましょう。

💡相性重視で選びたいあなたに

with無料インストール

タップル

タップルは数あるマッチングアプリのなかでも、18歳から20代の若い男女から特に人気を博しています。

若い人が多いぶん出会いにストイックな人が多く、「その日すぐにデートできる相手を探したい」という人も少なくありません。

タップルにはそんな会員のニーズに合わせた「おでかけ機能」が存在します。

これはデート内容・日時・場所を指定して、その日にデートできる相手を募集する機能のこと。

おでかけ機能でマッチングすれば即日デートも可能なので、早く彼女を作りたい人にオススメです。

💡おでかけ機能で即デート

タップル無料インストール

Pairs(ペアーズ)

多くの異性と出会いたいのなら、利用者数No.1を誇るペアーズがオススメ。

2,000万人以上が登録しているため、バラエティに富んだ出会いが期待できます。

会員の年齢層は20代後半から30代前半、恋活・婚活目的の人が中心です。

そんなペアーズでは、自分にピッタリな人を見つけるための検索機能が充実しています。

34種の検索条件で理想的な相手を探せるので、好みの女性像がある人はぜひ活用してくださいね。

💡会員数1,000万人超えの超人気アプリ!

ペアーズ無料インストール

Omiai(オミアイ)

Omiai 公式イメージ

結婚を見据えて彼女を作りたい男性には、婚活目的のユーザーが多いOmiaiがオススメです。

月額料金は3,980円と、結婚相談所や街コンより安価なのがメリット。

ほかのアプリと比べるとやや高めの設定ですが、真面目に出会いを求めている人が多いため出会いの確率は高いでしょう。

マッチ度が高いアクティブユーザーだけを絞り込めるのも、スムーズに出会えそうな相手を探しやすいポイントです。

シンプルな機能のみだから分かりやすく、アプリ初心者の方でも安心して利用できるでしょう。

💡恋活・婚活OK!万能アプリOmiai

Omiai無料インストール

Tinder(ティンダー)

お金をかけずに彼女を作りたい人にはTinderがオススメ。

数あるマッチングアプリのなかでも珍しい、男性も女性も無料で利用可能なアプリです。

利用料がかからないため気軽な気持ちで登録している会員が多く、友活や恋活目的で利用されています。

真剣な出会いよりも、友達から始められる彼女を作りたい方に適したアプリと言えるでしょう。

💡気軽に会える相手を探す

Tinder無料インストール

彼女の作り方と女性心理

最後に、彼女の作り方と密接にかかわる女性心理について解説していきます。

女性心理が分かれば、彼女ができる確率は一気に上がります。

なぜなら、女性の複雑な気持ちを理解できる男性はそれほど多くないから。

女性の心理を理解し、それに適した対応をするだけで女性からの好感度が得られます。

では、男性が知っておくべき女性心理について詳しく見ていきましょう。

心理:グイグイ来ると怖い

女性は男性よりも体の小さい人が多く、力も強くありません。

そのため、自分より強い存在である男性からグイグイ近づいてこられると恐怖心を抱きます。

一度恐怖を感じた相手には、距離を置きたくなるのが人間として当然の感情です。

対処法:一気に距離を縮めない

彼女を作ろうと焦るあまりに一気に距離を縮めるのは、相手に距離を取られてしまうため逆効果。

女性と仲良くなるためには、じっくり関係性を築くよう意識しましょう。

距離の取り方が分からない人は、相手のスピード感に合わせるのがベスト。

・まずは日常的な短い会話から始める
・連絡先交換は相手との会話が盛り上がってから
・デートは相手から「行ってみたい」の言葉を引き出してから

このように、相手の気持ちを主体にして行動するとうまく行くでしょう。

心理:連絡が多いと疲れる

LINEやマッチングアプリのメッセージなど、頻繁なやり取りで疲れてしまう女性は少なくありません。

とくに短期間でさまざまな質問文が届くと詰問されているような気分になるため、不快感を覚えます。

「この人とやり取りしてると疲れるから、もう返事するのはやめようかな」

女性側がこのように思ってしまうのも無理はないでしょう。

対処法:LINEの返信頻度・文字量を合わせる

相手に負担をかけない連絡のコツは、返信頻度と文字量を相手に合わせることです。

たとえば、相手が返信に1時間かかるのなら、自分も同じように1時間明けてから返信をします。

相手が短時間で短文LINEを繰り返すタイプなら、自分も同じように短文でテンポよく返すようにしましょう。

相手のスピード感に合わせるだけという簡単なテクニックなので、ぜひ実践してください。

心理:誰にでも優しくしてて不安

多くの女性とやり取りする男性を見ると、女性は不安感と不信感を覚えます。

「この人、女性の扱いに慣れててちょっとチャラそう…」

「誰にでも優しいのって下心があるから?」

このように感じる女性は多く、一度不信感を持ったら距離を取ろうとします。

仲の良い女性はいるのに彼女が作れない男性は、このケースが多いでしょう。

対処法:自然に特別扱い・女性扱いする

女性に不信感を抱かれないためのコツは、好きな相手だけ特別扱いや女性扱いをすること。

相手に「自分はほかの人より好かれてる気がする」と感じさせられればOKです。

ただし、あからさまな特別扱いは周囲との軋轢を生む危険性があるため注意しましょう。

・重いものを持ってあげる
・コンビニのお菓子や飲み物を差し入れる
・名前で呼ぶ(相手の許可を得てから)
・共感して味方になる

このように、ちょっとした言動だけで相手に好印象を与えられます。

実践するときには、自分の好きな相手にだけ特別扱いすることを忘れないようにしてくださいね。

心理:一緒の時間が楽しくない

会話が盛り上がらない場合、「一緒にいても楽しくない」と思われているのかもしれません。

女性は基本受け身のため、男性に盛り上げてほしいという気持ちがあります。

そのため、男性側の話術が不足していると相手の恋心を盛り下げてしまうのです。

対処法:相手の話をよく聞き、共感する

女性が喜ぶ会話をするためには、聞き上手になり共感力を高めましょう。

聞き上手になるためには、相手の話に興味を持ち自分の意見を抑えるのがコツ。

話を聞くときの姿勢は相手の目を見て、適度に相槌を打てばOK。

相槌を打つときには「それは大変だったね」「うんうん、そういうことあるよね」と共感しましょう。

これだけで、女性は「自分のことを分かってくれて嬉しい」「味方でいてくれるんだ」と好印象を持ってくれますよ。

彼女の作り方は出会い方と意識が大事

彼女の作り方を調べている男性は、女性との出会いがなかったり関係がうまくいかなかったりで悩んでいる方が多いでしょう。

そんなときには、本記事で紹介した彼女の作り方や女性心理を思い出してください。

出会い方と自分の意識さえ変われば、彼女を作るのは難しいことではありません。

前向きに女性との出会いを求めれば、素敵な女性ときっと出会えることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました