総量規制対象外激甘!審査甘い即日はどこ?総量規制オーバーでも借りれた口コミあり。バンクイックなど

「総量規制対象外の借入で激甘審査なところはどこ?」
「そもそも総量規制対象外の借入はどんなものがある?」

このように、総量規制の影響を受けない借入先をお探しの方もいるでしょう。

結論からお伝えすると、総量規制対象外の借入で「激甘」審査はありません。しかし、柔軟な審査の借入先は存在します。

そこで本記事では、年収の3分の1以上の借入をして総量規制の壁にぶつかっている方へ、総量規制対象外、おすすめの借入先をご紹介します。

総量規制対象外激甘!審査甘い即日はどこ?抜け道はある?バンクイックなど

冒頭でもお伝えしたとおり、総量規制対象外の借入で「激甘審査」はありません。貸金業法16条(誇大広告の禁止等)では、「審査が甘い」「激甘」などの表現が禁止されています。

また、貸金業法13条で義務付けられている審査は、返済能力を調査し、過剰貸付を防止する目的があります。

このことから、激甘審査の借入先はないのです。審査を激甘にしてもらう抜け道もありません。しかし、下記でご紹介する総量規制対象外のローンなら、年収の3分の1以上の借入が可能です。

対象となる金融機関やローンの種類詳細
貸金業法適用外銀行、信用金庫、労働金庫、信用組合、クレジットカードのショッピング枠貸金業法が適用されないので総量規制対象外
除外貸付け住宅ローン、自動車ローンなどの目的別ローン、有価証券や不動産担保ローン総量規制になじまない貸付に分類される。総量規制にかかわらず借入れが可能。
例外貸付けおまとめローン、緊急性の高いローン、配偶者貸付、個人事業主への貸付顧客の利益の保護に支障を生ずることがない貸付け

参考::総量規制が適用されない場合について【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会

それぞれの貸付の詳細を下記でご紹介します。

おまとめローン:例外貸付

おまとめローンは、複数の借金を一本化して、金利負担を軽減できるため「顧客に一方的に有利となる借換え=顧客の利益の保護に支障を生ずることがない貸付」に該当します。

総量規制の例外が適用されるため、年収の3分の1以上の借入が可能です。

おまとめるすると、毎月の返済額も下がり楽になるので、現在、下記のようなことに困っている方は、新規借入ではなく借金の一本化を考えましょう。

  • 年収の3分の1以上借りて返済がつらい
  • 複数社の返済管理が難しい
  • どこからいくら借りているか把握できない
  • 金利が高くて元金が減らない

通常なら貸金業法で制限される消費者金融からの借入も、おまとめローンなら総量規制対象外となるため、利用できます。

《柔軟対応が魅力のおまとめローンならここ》

実質年率上限枠
中央リテール 年10.95~13.0%500万円
首都圏キャッシングサービス年7.3%~15.0%800万円
デイリーキャッシング年8.5%~14.5%600万円

銀行ローン・クレジットカードのショッピング枠:貸金業法の対象外。バンクイックなど

銀行、信用金庫、労働金庫、信用組合、クレジットカードのショッピング枠などは、貸金業法の適用外となるため、総量規制の影響を受けません。

銀行は銀行法、信用金庫は信用金庫法など、それぞれに適用される法律が異なります。すでに消費者金融などで、年収の3分の1以上の借入があっても、借りられる可能性があります。

しかし、最近は銀行も過剰貸付を防止する観点から、自主的に年収の3分の1以上の貸付を控えるケースが増えてきました。

銀行、信用金庫、労働金庫、信用組合などは、そもそも審査が厳しい傾向にあります。他社で多額の借入がある場合は、審査通過のハードルは高いでしょう。

個人事業者に対する貸付けや緊急用の貸付などの例外貸付

先ほどご紹介した「おまとめローン」のほかにも、例外貸付に該当するものがあります。

  1. 顧客に一方的に有利となる借換え
  2. 借入残高を段階的に減少させるための借換え
  3. 顧客やその親族などの緊急に必要と認められる医療費を支払うための資金の貸付け
  4. 社会通念上 緊急に必要と認められる費用を支払うための資金(10万円以下、3か月以内の返済などが要件)の貸付け
  5. 配偶者と併せた年収3分の1以下の貸付け(配偶者の同意が必要)
  6. 個人事業者に対する貸付け(事業計画、収支計画、資金計画により、返済能力を超えないと認められる場合)
  7. 新たに事業を営む個人事業者に対する貸付け(要件は、上記⑥と同様。)
  8. 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け(貸付けが行われることが確実であることが確認でき、1か月以内の返済であることが要件)
参考:日本貸金業協会

上記のように、個人事業主が、事業計画、収支計画、資金計画により、返済能力を超えないと認められる場合の貸付は、例外貸付に該当し、総量規制対象外となります。

また、市役所や社会福祉協議会が窓口となる、社会通念上 緊急に必要と認められる費用を支払うための貸付も、例外貸付です。

他にも、配偶者の年収を自分の年収の合算して借入ができる「配偶者貸付」も、例外貸付です。専業主婦で無職でも、配偶者に300万円の年収があれば、年収の3分の1の100万円まで借入できます。

住宅ローンなど目的別ローンなどの除外貸付

住宅ローンやカーローンなどの目的別ローンは、総量規制になじまない貸付けとして、総量規制の対象外です。

  1. 不動産購入のための貸付け(いわゆる住宅ローン)
  2. 自動車購入時の自動車担保貸付け(いわゆる自動車ローン)
  3. 高額療養費の貸付
  4. 有価証券を担保とする貸付け
  5. 不動産(個人顧客または担保提供者の居宅などを除く)を担保とする貸付け
  6. 売却予定不動産の売却代金により返済される貸付け
参考:日本貸金業協会

住宅や車の購入では、年収以上の借入となることが多く、総量規制の対象に含めれば、ほとんどの人が利用できません。そのため、総量規制には含めない貸付と認められています。

例えば、下記のようなものです。

  • 子供の学費が足りない→教育ローン
  • 車の購入資金が足りない→マイカーローン
  • 楽器の購入費用が足りない→楽器ローン
  • 結婚式・新婚旅行の費用を借りたい→ブライダルローン

借り入れたい理由に合う目的別ローンがあれば、そちらを利用した方がいいでしょう。

激甘と噂のフクホーなら総量規制オーバーでも借りられる?

大手消費者金融と違い、比較的審査が通りやすいと噂される、「フクホー」などの中小消費者金融。審査が激甘といわれることから、「総量規制超えても借入できるのでは?」と淡い期待を抱いている方もいるでしょう。

残念ながら、消費者金融なので、貸金業法の対象となり総量規制オーバーでは借入ができません。

しかし、フクホーの「貸金業法に基づく借換えローン(おまとめローン)」なら、年収の3分の1以上の借入が可能です。

先述したとおり、おまとめローンは「例外貸付」に該当するため貸金業法の影響がありません。もし、フクホーで「総量規制以上の借り入れをしたい」と考える場合は、おまとめローンを検討しましょう。

ただ、フクホーのおまとめローンの金利は、100万円〜200万円の借入で年7.30%~15.00%となります。

おまとめローンとしては、もっと金利が低く借りやすいところがありますので、次項でご紹介する3社も含めて検討してみてください。

総量規制オーバーでも借りれた口コミあり!柔軟審査ならこの3社

総量規制以上の借入を希望している方で、「返済が苦しい」「借入残額を見ると将来に不安がある」「借入を返済に充てている」という方は、おまとめローンを検討しましょう。

これ以上新規で借入しても、今後さらに返済がきつくなります。それより、複数の借金を一本化して、毎月の返済額を下げれば、借入して返済する必要もなくなるでしょう。

下記でご紹介する3社は、低金利と柔軟な審査が魅力です。

審査に自信がない方、銀行・大手に落ちた方への融資実績も豊富ですから、チェックしてみてください。

  • 首都圏キャッシング
  • 中央リテール
  • デイリーキャッシング

中央リテール:おまとめローンの実績が豊富

「おまとめローンが気になるけど、返済できるか不安」という方は、中央リテールがおすすめです。

中央リテールは、東京都渋谷区に拠点を構えるおまとめローン専門業者です。中小消費者金融に分類され、柔軟な対応が魅力。

窓口担当者が全員「貸金業務取扱主任者」の国家資格取得者なので、無理のない返済プランを相談できます。おまとめローンに関する実績と経験が豊富、さらに年13%と低金利なので、安心して利用できる業者です。

《中央リテールの特徴》

  • WEBで申し込み可能
  • 全国対応
  • おまとめローン専用
  • 審査結果まで最短1日
  • 審査時間は最短2時間
  • 担保・保証人なし上限額500万円
  • 担保あり上限額3,000万円
  • 金利が低い
  • 窓口担当者が国家資格取得者
利用限度額500万円
貸付利率(年率)年10.95~13.0%
返済期間最長10年(120回)
審査時間受付より約2時間
担保・連帯保証人不要
対応エリア全国
必要書類免許証・保険証・所得証明

おまとめローンなら中央リテール

首都圏キャッシング:高額おまとめローンにも対応

「首都圏キャッシング」は、担保・保証人不要で、800万円まで借りられるおまとめローンを提供しています。貸金業法に基づくおまとめローンなので、年収の3分の1を超えていても問題ありません。

東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県にお住まいの方対象のサービスですが、地域を制限することで審査も対応も柔軟です。

WEB申し込みなら来店する必要なく借りられます。スピード審査が魅力で、最短即日融資も期待できる業者です。

《首都圏キャッシングの特徴》

  • 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県対象
  • 柔軟審査
  • WEB申し込みなら来店不要
  • パート・アルバイトでも借入OK
  • 担保・保証人なし
  • 融資額最大800万円
  • 貸金業法に基づくおまとめローン
利用限度額100万円~800万円
貸付利率(年率)年7.3%~15.0%
返済期間30年以内、360回以内(1ヶ月単位)
担保・連帯保証人不要
対応エリア東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県
必要書類免許証・保険証・所得証明

首都圏キャッシングサービスはこちらから

デイリーキャッシング:低金利&独自審査が魅力

年率8.5%~14.5%、担保・保証人なしのおまとめローンを提供する「デイリーキャッシング」。他社で断られた方へも積極的に融資してくれる柔軟さが魅力です。

融資枠は50〜600万円、WEB申し込み可能なので、全国どこからでも利用できます。少額から高額まで、幅広いおまとめローンに対応していることも特徴です。

不動産担保ローンなら上限額8,000万となり、大口の借入にも対応可能です。

《デイリーキャッシング》

  • 融資上限額600万円まで
  • 不動産担保ローンあり
  • 50万円〜少額にも対応
  • 対象年齢は20才〜
  • 自営業でもOK
  • アルバイト・パートもOK
利用限度額600万円
貸付利率8.5%~14.5%(実質年率)
返済方式元利均等
返済期間及び返済回数最長10年(120回)
貸付対象者満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で基準を満たす方
担保・連帯保証人不要

デイリーキャッシングはこちらから

総量規制オーバーでもお金を借りられた口コミ!

「総量規制オーバーでも借入ができる」と聞いても、実際にピンと来ない方もいるでしょう。そこで、年収3分の1超えでもお金を借りられた人の口コミをご紹介します。

おまとめローンが通った!

総量規制対象外のおまとめローンは、複数の借金の返済がつらい状況から抜け出す人気のサービスです。

利用を検討される方も多い反面、審査が厳しいことがデメリットです。しかし口コミでは、「通った」「返済が楽になった」という声も少なくありません。

しかも、ここ最近審査に通過した声が多いため、年度末など時期的なものも関係している可能性があります。

返済がつらいと思ったら、早めに申し込みしましょう。

《柔軟審査が魅力のおまとめローン》

実質年率上限枠
中央リテール 年10.95~13.0%500万円
首都圏キャッシングサービス年7.3%~15.0%800万円
デイリーキャッシング年8.5%~14.5%600万円

目的別ローン通った!

住宅ローンや教育ローンも総量規制の対象外なので、年収の3分の1超えでも借入できたという声が多く見られます。

フリーローンより金利が低めなのでメリットですから、使い道が決まっている借入は、目的別ローンを利用しましょう。

総量規制対象外審査甘い即日ならおまとめローンがおすすめな理由

ここまでご紹介してきたように、総量規制オーバーでも借り入れる方法はたくさんあります。しかし、教育のための資金や住居購入に伴い借入などではなく、「返済のために借りる」「借金の支払いきついから借りる」という場合は、おまとめローンを検討しましょう。

おまとめローンなら、下記のようなメリットがあります。

  • 金利の低いところで借り換えて利息負担を軽減できる
  • 利息が減るため毎月の返済額も下がる
  • 下がった分だけ生活に余裕が生まれる
  • 無理のない返済計画のおかげで完済までの目処がたつ
  • 複数社の借入が1つにまとまるため、返済管理が楽になる
  • おまとめした借入先は解約するため借金が増える可能性が低い

複数社の借入がある場合、金利負担が大きく「いつ完済できるかわからない」という不安を抱えている方も少なくありません。

金利が低いところで一本化できれば、利息負担を軽減でき毎月の返済額が下がります。

上記のように、毎月の返済額が5万円近くから1万6千円まで下がる事例もあります。ローンだけではなく、クレジットカードのリボ払いもおまとめできる場合がありますから、返済がつらい方におすすめです。

クレジットカードのリボ払いもおまとめローンは中央リテール

まとめ

本記事では、総量規制対象外となるさまざまな借入について解説しました。総量規制の対象外となる借入は下記のようなものです。

貸金業法適用外銀行、信用金庫、労働金庫、信用組合、クレジットカードのショッピング枠
除外貸付け住宅ローン、自動車ローンなどの目的別ローン、有価証券や不動産担保ローン
例外貸付けおまとめローン、緊急性の高いローン、配偶者貸付、個人事業主への貸付

銀行は貸金業法の適用外ですから、総量規制の影響がありません。ただし、審査が厳しい傾向にあるため、借入が容易ではないことを理解しておきましょう。

もし使い道が決まっている借入なら、金利の安い目的別ローンがおすすめです。また、返済がつらくなっている方は、新規借入よりおまとめローンを検討しましょう。

このように条件や目的に合わせたローンを選び、無理のない借入を心がけてくださいね。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ