クリアルパートナーズの口コミ・評判を解説!特徴やメリットについてもご紹介

これから不動産投資を始めるとき、本当に上手く運用できるのか不安に感じることはありませんか?

初心者は自分で投資物件を選んで運用するよりも不動産投資会社に相談するのがおすすめですが、どの会社に自分の資産運用を託すべきなのか考える必要があります。

不動産投資会社の中でもおすすめなのが、「クリアルパートナーズ」です。

クリアルパートナーズは東京都を中心に中古区分マンションの販売や賃貸管理を行っている不動産投資会社で、これから不動産投資を始める方におすすめできます。

それでは、クリアルパートナーズにはどのような特徴があるのか、メリットやデメリット、口コミについて見ていきましょう。

目次

  1. クリアルパートナーズの特徴
    1. ワンルームマンションに特化した不動産投資ができる
    2. 資産運用~設計全般まで行ってくれる
    3. 保険で安定した家賃収入が得られる
    4. 空室リスクに対抗できるマスターリース契約がある
  2. メリット
    1. 税務・会計分野のプロフェッショナルが多数在籍
    2. 経営・税金に関するサポートもあり
    3. 国内だけでなく海外の売却ルートもサポート可能
    4. わかりやすく人気の不動産投資セミナーも魅力
  3. デメリット・注意点
  4. クリアルパートナーズの評判・口コミ
  5. まとめ:まずはクリアルパートナーズのプロに相談を

クリアルパートナーズの特徴

クリアルパートナーズは元々株式会社ブリッジ・シー・エステートと呼ばれるブリッジ・シー・キャピタルのグループ会社でしたが、2021年3月にクリアルパートナーズへと社名を変更しています。

メインは中古区分マンションの販売や資産管理ですが、その他にもライフプランニング支援や不動産賃貸管理業、不動産仲介業、フィナンシャルアドバイザー、不動産ファンド運用事業、資産運用サービスなどの事業を行っているのが大きな特徴です。

特に資産運用サービスや、IT・AIの技術を積極的に活用しているのが大きなポイントで、画期的でユニークなスタイルが目を引きます。

日本マーケティングリサーチ機構が行った2021年6月期におけるブランドイメージ調査では、『マンション経営投資家支持率』『知人におすすめしたいマンション投資』『資産運用のサポート体制の充実度』の3部門でNo.1を取っています。

その他にも、以下のような特徴があります。

ワンルームマンションに特化した不動産投資ができる

クリアルパートナーズは、都心5区を中心に中古のワンルームマンションに特化した不動産投資を行っているのが特徴です。

特にクリアルパートナーズではコロナ禍であるにもかかわらず、2021年6月時点で約96%という賃貸稼働率を実現させているため、需要が高いワンルームマンションならではの特徴が活かされていると言えるでしょう。

コロナ禍であっても都心への人口流入は留まることがないので、空室リスクを減らしつつ安定した運用ができます。

クリアルパートナーズが幅広いネットワークを活用して売却まで徹底サポートしてくれるため、安心して運用できるのが大きな特徴です。

これなら管理の手間が少なくなりますし、安定した利回りも期待できるでしょう。

資産運用~設計全般まで行ってくれる

本来、資産運用はどのような投資物件を購入すれば良いのかが最重要ポイントです。

購入した物件次第で得られる利益に天と地ほどの差が生まれますし、何より初心者はどんな物件を購入すれば良いのかわかりません。

しかし、多くの不動産投資会社は投資物件を購入することが目的になっているので、その後の運用はどうすれば良いのかわからないことが多くあります。

もちろん投資物件を購入して後は自分で運用するスタイルでも問題ないかもしれませんが、初心者の方の場合には、初めてのことばかりなのでトータルでサポートしてもらえる方が安心です。

その点で言えば、クリアルパートナーズは他の不動産投資会社とは違い、投資物件を購入した後も資産運用の延長線上で必ず発生する出口戦略を見据えた不動産を提案してくれます。

不動産投資は投資物件を購入することだけがゴールではなく、出口戦略を考えたうえで売却するまでがゴールです。

無事に売却できた時の費用で次の投資物件を購入し、売却を繰り返してこそ資産運用の価値があると言えるでしょう。

明確な出口戦略を考えてくれるからこそ、多くの投資家から好評を得ていると言えます。

保険で安定した家賃収入が得られる

投資用物件を購入する時は基本的に住宅ローンを組むケースがほとんどですが、クリアルパートナーズでは住宅ローン契約を締結する際に団体信用生命保険への加入が必須になっているのが大きな特徴です。

団体信用生命保険とは、住宅ローンの契約者に何らかのトラブルがあってローンの支払いが滞る可能性がある時、ローンの残高を保険金で完済するというものです。

団体信用生命保険に加入しておくことで、万が一の時でも対応できますし、何より家族に負担がかかることがありません。

さらに8大疾病付きのローンやガン保険付きのローン商品もあるなど、多彩な商品があるのも大きなポイントです。

クリアルパートナーズで不動産投資を始めるなら、今後必要になりそうな保険に加入しておくと安心して家賃収入が得られるでしょう。

空室リスクに対抗できるマスターリース契約がある

不動産投資を行う上で最も避けたいデメリットとして挙げられるのが、『空室リスク』です。

入居者がいる限り家賃収入を得られますが、空室になると家賃収入が一切得られなくなります。ワンルームマンションとなると一室しか運用していない場合には、空室になることが最大の問題になるでしょう。

そんなリスクに対抗できるのが、クリアルパートナーズのマスターリース契約です。

マスターリース契約とは、オーナーとクリアルパートナーズの間で一括賃貸契約が行われるもので、万が一空室が発生したとしても家賃収入が保証されるというものです。

このマスターリース契約によって、空室が発生したとしても家賃収入がゼロになることはありません。

今までと変わりなく家賃収入が得られる仕組みになっているため、無事に家賃収入が得られるかどうか心配な方はクリアルパートナーズに相談するのがおすすめです。

メリット

クリアルパートナーズにはさまざまなメリットがあります。

不動産投資会社に資産運用の依頼をする際にどれだけ信用できるのか、ちゃんとした運用実績があるのかどうかなど気になることは多くあるでしょう。

安心して資産運用をしていくためにも、クリアルパートナーズにはどのようなメリットがあるのかを知っておくことは大切です。

それでは、クリアルパートナーズのメリットについて説明しましょう。

税務・会計分野のプロフェッショナルが多数在籍

クリアルパートナーズには税務や会計分野のプロフェッショナルが多数在籍しています。初心者から上級者まで、どんな人でも資産形成や税金対策など税務や会計分野に対する知識を身につけるには一定期間が必要になるでしょう。

また、資産形成は誰でも失敗する可能性がありますし、途中で計画が狂うこともあるので軌道修正をする必要性もあります。

特に税金対策は上級者であっても面倒だったり難しかったりする部分があるため、自分一人では対応しきれない可能性もあります。

初心者だとなおさら分からないことばかりなので、頼りになる相談相手がいた方が上手く運用していくことができます。

そこで頼りになるのが、クリアルパートナーズです。クリアルパートナーズには、不動産投資に精通した以下の専門家が在籍しているのが大きなメリットです。

  • 公認会計士
  • 税理士
  • ファイナンシャルプランナー
  • 日商簿記検定一級
  • 行政書士
  • 住宅ローンアドバイザー

専門家が多数在籍していることから、資産形成、税金対策に関する幅広いアドバイスを行ってくれます。

資産形成や税金対策、相続税問題、確定申告や節税対策、税務相談などの相談がしたい方は、ぜひとも気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

経営・税金に関するサポートもあり

クリアルパートナーズは経営や税金に関するサポートも充実しています。

単に投資物件の購入に関するサポートを行っているだけでなく、個人事業を開始して経営する際に発生するさまざまな問題に対するサポートをしてくれるのが大きな強みです。

不動産を購入した後に個人事業を始めたいと思っても、まず何から始めればいいのかわからない方も多いでしょう。
個人事業を開業するにあたって必要な書類が多く、なかには審査に通過しないといけないものもあります。

そこで、個人事業を開業するにあたって何が必要で何に注意しなければならないのか、青色申告承認申請書や減価償却資産の償却方法の届出書、確定申告書などさまざまな書類の作成などに対してサポートしてくれるのが、クリアルパートナーズです。

複雑な手続きも面倒な書類作成などの税務・法務手続きをクリアルパートナーズが代わりにやってくれるので、本業に集中したい方や初心者などにおすすめできると言えるでしょう。

国内だけでなく海外の売却ルートもサポート可能

投資物件を購入するのは良いですが、売却する時のことも考えなければなりません。クリアルパートナーズは投資物件の購入のみだけでなく出口戦略を考えた売却のことまで考えてくれます。

しかし、問題なのはどうやって投資物件を売却するかです。投資物件を売却する場合には、基本的に築年数が経過している物件を売却するケースが多くなります。

国内のみだとすぐに売却されるとは限らず、無事に売却できるまで数ヶ月以上かかることもあるでしょう。

ですが、クリアルパートナーズは国内での売却ルート以外にも、海外の売却ルートを視野に入れたサポートを行ってくれるのが大きなメリットです。

国内だけではスムーズに売却できないこともありますが、国内よりも圧倒的に広い海外における売却ルートを含めればかなりの確率で売却できる可能性があります。

海外の売却ルートを駆使してサポートしてくれるというのは、非常に頼りになると言えるでしょう。

わかりやすく人気の不動産投資セミナーも魅力

クリアルパートナーズでは、わかりやすく人気のある不動産投資セミナーを開催しています。開催は不定期ですが、セミナーの内容は誰でも理解しやすく、将来的に不動産投資を考えている方に役立つ内容になっています。

直接会場に行ってセミナーに参加したり、オンラインセミナーで自宅からセミナーが受けられるようになっています。参加費は無料ですが、先着十数名しか参加できないこともあります。

セミナー特典がもらえることもあるので、まずは開催中のセミナーがないかをチェックしてみましょう。

デメリット・注意点

クリアルパートナーズにはさまざまなメリットがありますが、何かデメリットや注意点があるのではないかと心配に思う方も多いでしょう。

しかし、結論から言えば現時点で特筆すべきデメリットや注意点はありません。まだ目立った情報がないというのもありますが、基本的に利用するにあたってのデメリットや注意点はないので、今のところは安心して利用できると言えるでしょう。

特に迷う理由がなければ、まずはクリアルパートナーズに相談してみることをおすすめします。

クリアルパートナーズの評判・口コミ

ここからは実際にクリアルパートナーズに相談した方の評判・口コミをみていきましょう。

  • 不動産投資セミナーに参加
  • 営業のゴリ押しもなく好感が持てた

現状、口コミ情報は多くはありませんが、悪い口コミなどはほぼなく、信頼のおける会社だと言えるでしょう。

まとめ:まずはクリアルパートナーズのプロに相談を

クリアルパートナーズには多くのメリットや特徴があるので、これから不動産投資を始める方はクリアルパートナーズに一度相談してみることをおすすめします。

公認会計士や税理士など不動産投資に関するプロフェッショナルが在籍しているので、不動産投資を始める際に本当にスムーズに運用できるのか心配な方にもおすすめです。

団体信用生命保険によって自分の身に何かあったとしても保険金でローンが完済できるので家族に負担をかけることもありませんし、マスターリース契約によって万が一空室が発生したとしても家賃収入がゼロになることもありません。

ここまでのメリットや特徴があるからこそ、クリアルパートナーズは非常に信頼できる不動産投資会社だと言えるでしょう。

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

Hero

「将来、安心して暮らすための資産運用」を始めたいと考え、Webやセミナーで情報収集をスタート。自己資金が少額で始められ、長期的に運用ができる不動産投資にメリットを感じ興味を持つ。現在は、大家として家賃収入を得ながら、そこから得た知識を広めるために初心者向けの記事を執筆中。