おすすめクレジットカード比較・
ランキング情報メディア
search
学生におすすめのゴールドカード7選!メリット&注意点を徹底解説
学生向け

学生におすすめのゴールドカード7選!メリット&注意点を徹底解説

結論から言います。学生でも、ゴールドカードを持てます!この記事では、学生でも持てる、おすすめゴールドカードを7つ、メリット&デメリットを紹介しています。支払い時に、ゴールドカードを提示して、カッコつけれるのは、大人だけではありません!

ゴールドカードは学生でも持てる

made_学生ゴールドカード➀

学生の皆さん、条件はあるものの、ゴールドカードを作れます。ここで、キーとなるのが「条件」です。この条件を把握し、クリアしなければ、学生でゴールドカードを作れません。編集部が伝えたい、学生でゴールドカードがを持つための条件は、以下の3点です。

  1. 自分自身に収入がある
  2. 学生でも申し込めるゴールドカードを選ぶ
  3. 支払いをきちんとしている

➀自分自身に収入がある

made_学生ゴールドカード➀-1

学生でゴールドカードを持つためには、アルバイトでもいいので、本人に収入がある必要があります。収入がなければ、発行は難しいです。

学生でも発行可能なクレジットカードはたくさんあります。しかし、ゴールドカードを発行となると話は別です。ゴールドカードは、収入がなければ審査を通過することはできません。

➁学生でも申し込めるゴールドカードを選ぶ

made_学生ゴールドカード➀-2

一般的なゴールドカードは、学生の申し込みは不可となっています。ゴールドカードは基本的に収入が安定している人に発行されるカードです。学生だと、就職しておらず、収入が安定していない方が大半です。

しかし、中には20歳以上で、学生でも申し込みができるゴールドカードがあります。申し込む前に、申し込み条件をよく確認して、学生でも申し込めるゴールドカードを選びましょう。

③支払いをきちんとしている

made_学生ゴールドカード➀-3

学生の方で、本人名義で携帯料金や、端末料金の支払いをしている方は、注意が必要です。携帯料金や、端末料金の支払いを滞納や、支払い遅れなく、きちんと支払っていないと、ゴールドカードを作るのは難しくなります。

個人のクレジットカードや 、ローンの利用履歴が、まとめて掲載されているページがあり(クレジットヒストリー)、このページに傷がつくと、審査の時に、非常に不利になります。注意しましょう。

学生におすすめゴールドカード3選

編集部が、学生のみなさんへおすすめする、ゴールドカードを3つ紹介します。

  1. 三井住友カード プライムゴールド
  2. Orico Card PREMIUM GOLD
  3. セディナ ゴールドカード

➀三井住友カード プライムゴールド

mitsui_三井住友カード プライムゴールド
項目 内容
年会費 5,500円(初年度年会費無料)
貯まるポイント Vポイント
基本還元率 0.5%
国際ブランド VISA・MasterCard
申し込み条件 20歳以上30歳未満

三井住友カード プライムゴールドは、20代限定のゴールドカードで、使用し続けていると、30歳の誕生日を迎えた後の最初のカード更新時に、三井住友ゴールドカードに、自動でランクアップします。

申し込み条件に、「ご本人に安定継続収入のある方」とあるので、学生でも働いていて、そこそこの収入がある方におすすめです。

三井住友カード プライムゴールド 公式サイト

arrow

➁Orico Card PREMIUM GOLD

orico_oricocardthepointpremiumgold
項目 内容
年会費 1,986円
貯まるポイント オリコポイント
基本還元率 1%
国際ブランド MasterCard、JCB
申し込み条件 20歳以上

一見、ゴールドカードではないと、思われるかもしれませんが、れっきとしたOricoカードが発行する、ゴールドカードの1つです。特徴としては、年会費が安いにもかかわらず、ポイント還元率が高いところです。

もちろん、ゴールドカードなので、豪華なサービスが付いています。海外旅行保険は自動付帯ですし、ホテルや遊園地といった、旅行に関する特典があります。編集部が、学生に1番おすすめするゴールドカードです。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD 公式サイト

arrow

③セディナ ゴールドカード

cedyna_セディナゴールドカード
JCB GOLDカード
cedyna_セディナゴールドカード
JCB GOLDカード
項目 内容
年会費 6,600円
基本還元率 わくわくポイント
国際ブランド MasterCard、VISA、JCB
申し込み条件 18歳以上

セディナ ゴールドカードは、旅行好きな学生におすすめの、ゴールドカードです。年会費が6,600円と高めですが、その分特典も豪華です。ラウンジを無料で使えますし、海外旅行傷害保険だと、最高1億円まで補償してくれます。

また、プレミアムクラブオフというスポーツやレジャー、リラクゼーション、ショッピング、国内宿泊、海外宿泊などのサービスを特別価格で利用できる会員様限定のサービスもあり、旅行好きの学生は作って損はないでしょう。

セディナゴールドカード 公式サイト

arrow

将来ゴールドカードに昇格できるカード4選

クレジットカードの中には、一定期間使用し続けていると、一つ上のランクのカードへの招待が届くカード(インビテーションが届く)カードがあります。この制度を使って、将来的にゴールドカードへ切り替えられるカードを4つ紹介します。

  1. 三井住友カード デビュープラス
  2. エポスカード
  3. イオンカード
  4. セブンカード・プラス

➀三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス
項目 内容
年会費 初年度年会費無料、次年度以降1,375円 
※年1回以上の利用で年会費無料
貯まるポイント Vポイント
基本還元率 1%
国際ブランド Visa
申し込み条件 18〜25歳の学生

「学生におすすめゴールドカード3選」で紹介した、三井住友カード プライムゴールドの一つ下のランクのカードになります。26歳になると自動で三井住友カード プライムゴールドに切り替えれます。三井住友カード デビュープラスの利点は、申し込みできる人が、学生に限定されている点です。

よって、他のカードよりは審査に通過しやすいと考えられます。また、年会費無料であるのにもかかわらず、還元率が1%と高いです。ゴールドカードに切り替えるタイミングも、26歳と早めですし、学生が初めて作るクレジットカードに最適です。

三井住友カード デビュープラス 公式サイト

arrow

➁エポスカード

epos_エポス
項目 内容
年会費 永年無料
貯まるポイント エポスポイント
基本還元率 0.5%
国際ブランド VISA
申し込み条件 18歳以上

エポスカードの、インビテーションの条件は公開されていませんが、学生のうちにゴールドカードを持てるチャンスがある、クレジットカードの一つです。ゴールドカードの申し込み条件が、20歳以上となっているので、最低でもインビテーションが届くのは、20歳以降であると考えられます。

インビテーションで発行できるエポスゴールドカードの最大の利点は、年会費が無料になる点です。通常発行すると、年会費が5,000円かかります。今、学生に大人気のクレジットカードとなっています。

エポスカード 公式

arrow

③イオンカード

aeon_イオンカードセレクト
項目 内容
年会費 永年無料
貯まるポイント ときめきポイント
基本還元率 0.5%
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
申し込み条件 18歳以上

イオンカードは、100万円以上の利用で、イオンカードゴールドのインビテーションが届きます。年間100万円の利用は学生にとって厳しいと思われますが、光熱費や税金の支払いをイオンカードですることで、コツコツと利用していくと、イオンカードゴールドが手に入ります。

ただし、イオンカードミニオンズを発行してしまうと、ゴールドカードへのインビテーションは届かないので、注意してください。

イオンカードセレクト 公式サイト

arrow

④セブンカード・プラス

seven_セブンカード・プラス
項目 内容
年会費 初年度無料 次年度以降:500円
※ただし、年間5万円の利用で翌年も無料
貯まるポイント nanacoポイント
基本還元率 0.5%
国際ブランド JCB・VISA
申し込み条件 18歳以上(高校生除く)

セブンカード・プラスは、年間100万円の利用で、セブンカード・プラス(ゴールド)にアップグレードできます。ゴールドにアップグレードすると、年会費は永年無料になります。

貯まるポイントがnanacoポイントと、普段の買い物で貯まりやすいポイントなので、学生でもどんどんポイントが貯まっていくでしょう。

セブンカード・プラス 公式サイト

arrow

家族カードを使ってゴールドカードを手に入れる方法も

made_学生ゴールドカード➁-1

ゴールドカードに限らず、家族が契約しているクレジットカードの、家族カードを発行することで、ゴールドカードを持てます。大抵の場合、ゴールドカードの家族カード発行する場合は、1枚目は無料、2枚目からは年会費がかかります。

家族カード利用者が高校生の場合は、家族カードでも発行できません。家族カードの場合、支払いは本カードの契約者が支払うことになります。なので、ご家族と要相談して、家族カードの発行を検討してください。

学生でもゴールドカードを持っておくべき理由

made_学生ゴールドカード③

学生のうちからゴールドカードを持っていると、様々なメリットがあります。編集部が考える、特に大きなメリットを3つ紹介します。

  1. 豪華な特典を受けられる
  2. 社会的ステータスを得られる
  3. 将来的に早くランクの高いカードを持てる可能性が

➀豪華な特典を受けられる

made_学生ゴールドカード③-1

一般的に、学生が発行できるクレジットカードに比べて、受けられるサービスが全然違います。

ほとんどのゴールドカードで、空港ラウンジに無料で入れますし、保険の補償金額が比べものにならないくらい違います。ポイント還元率も高いので、支払い額が少なくても、どんどんポイントが貯まっていきます。

➁社会的ステータスを得られる

made_学生ゴールドカード③-2

ゴールドカードを持っていることは、一種の社会的ステータスと言えます。信用にも繋がりますし、何より学生でゴールドカードを持っているとかっこいいですよね。

③将来的に早くランクの高いカードを持てる可能性が

made_学生ゴールドカード③-3

学生のうちから、ゴールドカードを正しく使用していると、ますます信用度が上がって、将来的にもっと高いステータスカードを、早くから持つことができるかもしれません。

高いステータスのクレジットカードは、年会費は高くなりますが、サービスも充実していきます。誰でも作れるカードではないので、作れる人は限られます。将来的に、その限られた人たちの中に、入れるかもしれません。

学生がゴールドカードを持つ場合のデメリット

made_学生ゴールドカード④

学生でゴールドカードを持つことは、いいことばかりではありません。気を付けなければいけない点を2点紹介します。

➀利用上限が高い

ゴールドカードなので、もちろんカードの利用上限額も、普通のクレジットカードより高く設定されています。

メリットとも言えるのですが、くれぐれもカードの使いすぎで、支払い期限に間に合わなかったり、滞納してしまうと、ゴールドカードを持っていても、信用を無くしてしまうので、注意してください。

➁持っているだけで年会費がかかる

基本的にゴールドカードは、年会費を払う必要があります。カード利用額によっては、ゴールドカードを発行せず、一般カードを発行した方が経済的な場合があります。

学生のうちからゴールドカード!

made_学生ゴールドカード⑤

学生でもゴールドカードを作れますし、使い方さえ気を付けていれば、いいことばかりです。ゴールドカードは、学生にとって、とてもうれしい旅行の特典が、ほとんどのカードについています。

学生のうちから自分に合ったゴールドカードを見つけて、発行してみてはいかがでしょうか。

クレカタウン編集部

クレカタウン編集部