CAPIMAのおすすめポイントは?やり方や注意点も徹底解説!

CAPIMAはスマホひとつで気軽に資産運用ができるサービスです。

プロの機関投資家しか携わることができなかった商品に対して、個人でも1口1万円〜10万円で投資できます。

しかし、CAPIMAはサービスを運営して間もないため、どのような特徴があるのかわからないでしょう。

そこでこの記事では、CAPIMAのおすすめポイントを7つ紹介します。

CAPIMAで投資する方法や注意点も解説しているので参考にしてください。

目次

CAPIMA(キャピマ)とは?基本情報を紹介

出典:CAPIMA

運営会社アバンダンティアキャピタル株式会社
サービス開始日2022年12月
所在地〒100-0006東京都千代田区有楽町1-12-1
新有楽町ビル10階
登録免許第二種金融商品取引業:関東財務局長(金商)第3347号宅地建物取引業:東京都知事 (1) 第107825号
公式サイトCAPIMA

CAPIMAは2022年12月に運営を開始した後発のサービスです。

運営歴は長くありませんが、経験豊富なベテランスタッフが案件を厳選しています。

信頼性の高い金融商品に投資できるため安心です。

さらに、CAPIMAは1口1万円〜10万円と少額からの投資にも対応しています。

投資の際はスマホからかんたんにアクセスできるため、投資初心者にとっても取り組みやすいのがCAPIMAです

CAPIMAのおすすめポイント7つ

CAPIMAには以下のおすすめポイントがあります。

  • 高利回りの案件が多い
  • スマホの画面が見やすくて投資しやすい
  • 1口1万円~10万円まで幅広く取り扱っている
  • 投資期間は基本的に12か月以下で設定されている
  • プロ投資家向けの案件に投資できる
  • 特典付きのプロジェクトもある
  • 投資したあとは待つだけで収益を得られる

では7つのポイントを詳しく解説します。

高利回りの案件が多い

CAPIMAは利回りが4%〜6%と高めに設定されています。

大手銀行の普通銀行だと、金利が0.01%ほどなので、CAPIMAの利回りが高いことがわかるでしょう。

利回りは高いほど大きな還元が期待できるため、お金が増える感覚を味わいやすいのが特徴です。

ちなみに利回りはファンドによって異なります。

4%で設定されていることもあれば、6%と高めになっていることもあるため、応募する際はチェックしておきましょう。

スマホの画面が見やすくて投資しやすい

CAPIMAはスマホに最適化されているため操作性が抜群です。

投資といえばパソコンを使って手続きするイメージもあるでしょう。

普段からパソコンを使っている人だと問題ありませんが、あまりパソコンが得意ではない人にとってはハードルが高くなります。

そのうえ、パソコンは起動するのに時間がかかるため、気軽に投資しづらいのがデメリットです。

一方でスマホなら、普段から使っている人も多いでしょう。

起動させる手間もかからないので、気軽に投資を始められます。

「投資に興味があったけどハードルが高くて挑戦できなかった」という人は、CAPIMAでチャレンジしてみましょう。

1口1万円~10万円まで幅広く取り扱っている

出典:CAPIMA

CAPIMAは最低投資額が1万円〜10万円と少額に設定されています。

個人で不動産投資しようと思ったら、100万円以上かかるケースも珍しくありません。

不動産投資に興味があっても、いきなり100万円を投資するのはリスクが高すぎるでしょう。

その点、CAPIMAなら1万円〜10万円から投資できるので、リスクも比較的少なくなります。

初めて投資に挑戦する人にとっては大きなメリットです。

ちなみに最低投資額に関しては、ファンドによって異なります。

投資対象を探す際は、1口の金額と最低投資口数を確認しておいてください。

投資期間は基本的に12か月以下で設定されている

CAPIMAは基本的に投資期間が12か月以下の短期間です。

短期ファンドへの投資を検討している人にとっては利用しやすくなっています。

そもそも不動産投資には短期と長期の2種類があって、それぞれメリット・デメリットが異なります。

投資期間メリットデメリット
短期間・短期間で利益を狙える・損失が生じるリスクを抑えられる・期間が短いので繰り返し投資する必要がある・投資効率が悪くなる可能性もある
長期間・効率的に資産を増やしやすい・比較的リスクをコントロールしやすい・すぐに利益を回収できない・投資期間が長くなると予測が難しくなる・失敗するとお金と時間のロスが大きくなる

長期投資は長期的に分配金を受け取れるのが魅力です。

運用期間が長ければ受け取れる期間も長くなるため、投資にかかる手間も最小限で済みます。

しかし、投資したお金は原則として引き出せません。

急にお金が必要になっても引き出せないため、突然お金が必要になった場合に困ります。

一方でCAPIMAが取り扱っている短期の案件は期間が短いので、案件が終わると次の投資先を探さなければいけません。

ただし、短期間で利益を狙えたり、損失のリスクを抑えられたりします。

初心者は短期案件で投資に慣れるのがおすすめです。

CAPIMAでは魅力的な短期間の案件が用意されているため、短期案件を探している人に向いています。

プロ投資家向けの案件に投資できる

出典:CAPIMA

CAPIMAではプロ投資家を対象にした商品を一般ユーザーに提供しています。

他社をみると一般的な不動産を提供しているケースが多いです。

一方でCAPIMAでは、クリーンエネルギー発電設備といった案件も取り扱っています。

さまざまな種類の案件に投資できるため、可能性が広がるでしょう。

特典付きのプロジェクトもある

出典:CAPIMA

CAPIMAでは特別優待を用意した案件もあります。

たとえば「新宿最大級 会員制ウェルネスクラブ EXSTION 運営ファンド #1」という案件では、以下の特典がありました。

種類内容条件
特典1『EXSTION』の・プライベートサウナ・ゴルフシミュレーションの体験券と1ドリンク無料券のいずれか30万円の投資が確定した人(投資額が30万円増えるごとに特典の回数が付与される)
特典2レストラン『Italian Dining 薫 KABUKI』の・ディナーコース2名様分の食事券・シャンパンフルボトル1本無料券のいずれか100万円以上の投資が確定した人

条件を満たすことで分配金を受け取ったうえで、豪華な特典までついてきます。

特典の内容はそこまで厳しくないタイプもあるため、参加しやすいのもメリットです。

ファンドを探す際は特典があるかどうかも見ておくと失敗しません。

投資したあとは待つだけで収益を得られる

CAPIMAのようは不動産クラウドファンディングは、個人で資産運用せずに済む点もメリットです。

自分で投資しようと思ったら、値動きを気にしなければいけません。

仕事で忙しい人だと、定期的に値動きをチェックするのも困難です。

しかし、CAPIMAでは投資家から集めた資金を運営会社が運用します。

運用によって得た利益を投資家に対して分配する仕組みなので、投資家は自分で運用する必要がありません。

「ノウハウがないから自分で資産運用するのが怖い」「資産運用する時間がない」という人にCAPIMAはおすすめです。

CAPIMAを利用する際の注意点3つ

CAPIMAを利用する際は以下の注意点もチェックしておきましょう。

  • 運用中は途中で解約できない
  • 口座開設には条件がある
  • 最低投資額が高い案件もある

続いて注意点の詳細を紹介します。

運用中は途中で解約できない

CAPIMAではほかのサービスと一緒で、ファンドを運用している間はキャンセルできません。

銀行にお金を預けている場合は、好きなタイミングで引き出せます。

急な用事でお金が必要になっても慌てることがありません。

一方でCAPIMAだと、お金を預けても引き出せない仕組みです。

契約の際は「〇月〇日に金利〇パーセントでお金を貸す」という内容が盛り込まれています。

個人の都合で「返済期日より前にお金を返してほしい」といったお願いは通りません。

運用中にキャンセルできないのは他社でも同じことなので、投資する際は気を付けてください。

突然の用事で困らないためにも、CAPIMAを利用する際は余剰資金を使うのがおすすめです。

口座開設には条件がある

CAPIMAで口座開設するためには、最低でも以下の条件をクリアしなければいけません。

  • 20歳以上80歳未満の個人である
  • 日本国内に居住している
  • 外国PEPsに該当しない
  • 反社会的勢力と判断されない
  • ご登録いただいた金融資産額、投資経験等及びその他の弊社が定める投資適合条件を満たしている

CAPIMAを利用するためには、個人ユーザーでなければいけません。

今のところ、法人の利用には対応していないので気を付けてください。

また、20歳以上80歳未満の個人であったとしても、CAPIMAの審査によって落される可能性もあります。

CAPIMAは誰でも利用できるわけではないので注意が必要です。

最低投資額が高い案件もある

CAPIMAは最低1万円から投資できますが、中には最低投資額が50万円といった高額なファンドもあります。

投資額が大きいとリターンの金額も増えますが、いきなり50万円を出すのは抵抗があるでしょう。

いきなりリスクを負いたくない場合は、最低投資額が低いファンドを探しましょう。

CAPIMAには1口1万円のファンドもあるため、まずは経験を積んでから投資額を増やすと安心です。

CAPIMAを利用している人の口コミ

CAPIMAを利用している人の口コミを紹介します。

CAPIMAは運営を開始したばかりなので、そこまで口コミも集まっていません。

今なら利用者がそこまで多くないので、投資に参加できる可能性が高いです。

CAPIMAは最低投資額が引き下げられて参加しやすくなったため、興味がある人は少額から投資してみましょう。

CAPIMAがおすすめな人の特徴

CAPIMAは以下の特徴を持つ人におすすめです。

  • 金利が高い案件に投資して効率的に稼ぎたい
  • 不動産以外の案件に分散投資したい
  • スマホで気軽に投資したい

では向いている人の特徴を詳しく紹介します。

金利が高い案件に投資して効率的に稼ぎたい

金利の高い案件を探している人にCAPIMAはおすすめです。

CAPIMAでは利回りが4%〜6%までのファンドをメインに取り扱っています。

銀行の金利に比べると40倍以上もあるため、銀行に預けるより効率的にお金が貯まります。

CAPIMAの金利はファンドによって異なるので、より効率的に稼ぎたい場合は利回りを重視するのも良いでしょう。

不動産以外の案件に分散投資したい

一般住居以外の案件以外に投資したい場合もCAPIMAがおすすめです。

CAPIMAでは再生エネルギーやコーポレートローン、海外事業などに投資することもできます。

不動産一本に絞って投資すると、何かあったときに損するリスクがあるので怖いです。

しかし、不動産以外にも分散投資しておくと、不動産がダメになってもほかの案件で利益を得られます。

「不動産業界一本に絞るのが怖い」という場合は、CAPIMAで不動産以外の案件に投資しておきましょう。

スマホで気軽に投資したい

CAPIMAはスマホで投資できるのが魅力のひとつです。

スマホからファンドの詳細を確認できて、そのまま応募することもできます。

口座への入出金もスマホで完結するため、わざわざパソコンを開く必要はありません。

「投資にあまり時間をかけられない」という人は、スキマ時間で作業できるCAPIMAがおすすめです。

CAPIMAのやり方

CAPIMAは以下の流れで利用できます。

  1. CAPIMAで口座開設の手続きを進める
  2. 会員情報入力と書類のアップロードをする
  3. 審査結果を受け取る
  4. マイページから出金銀行口座を登録する
  5. 銀行口座に入金する
  6. 投資先を選択する
  7. 抽選募集の場合は抽選の結果を受け取る
  8. 口数を入力して申し込む
  9. 投資終了後に配当を受け取る

では具体的なやり方を8つのステップに分けて見ていきましょう。

CAPIMAで口座開設の手続きを進める

CAPIMAを利用するためには、まず公式サイトへアクセスしましょう。

公式サイトでは現在運用している案件を無料で閲覧できます。

CAPIMAで取り扱っている案件が気になる場合は、ひと通りチェックしておきましょう。

公式サイトの確認が終わったら「投資を始める」というボタンを押してください。

出典:CAPIMA

続いてメールアドレスを入力して会員登録の手続きを進めましょう。

手続きが完了するとCAPIMAからメールが届くため、メール内にあるURLリンクを押して、会員情報の入力へ移りましょう。

会員情報入力と書類のアップロードをする

CAPIMAの会員登録では以下の情報が必要です。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 職業
  • 年収
  • 金融資産
  • 投資経験情報
  • セキュリティ情報

上記の項目は審査の際にチェックされるため事実を入力しましょう。

また、会員登録の際には本人確認の手続きも必要です。

本人確認の際は、顔写真付きの書類を用意しましょう。

  • パスポート
  • 運転免許書
  • 在留者カード
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード

上記の中から1種類だけ用意して撮影すれば問題ありません。

すべての項目を入力したら、最終確認して確定ボタンを押しましょう。

審査結果を受け取る

会員登録の手続きを終えると審査が始まります。

入力した内容をもとに審査され、数日後に結果がメールで届きます。

審査に通った場合は、受信されたメールに記載されているURLからパスワードを設定しましょう。

残念ながら審査落ちした場合は、ほかのサービスに登録してみてください。

マイページから出金銀行口座を登録する

パスワードを設定してマイページにログインしたあとは、出金先の銀行口座を登録しましょう。

先に銀行口座を登録しておくと、投資前に資金を安全に預けることができるデポジット口座から出金できます。

ちなみに口座開設に手数料や維持費はかからないので安心してください。

銀行口座に入金する

CAPIMAではファンドを選ぶ前に、デポジット口座に資金を入金しておく必要があります。

入金手続きはマイページの「入出金管理」にある「入金申請」からです。

出典:CAPIMA

入金が完了したら投資する案件を選びましょう。

投資先を選択する

CAPIMAへ投資する際はファンド一覧から募集されている案件をチェックしましょう。

投資先を選ぶ際は以下のポイントを確認しておいてください。

  • 想定利回り
  • 運用期間
  • 募集方法
  • 最低投資額
  • 募集期間
  • 投資実行日
  • 案件の特徴

上記の項目をチェックして、気になる案件を見つけたら投資しましょう。

ちなみにCAPIMAでは、約2か月に1回おきに新しい案件が登場します。

希望の案件が見つからない場合は、次回の更新を待ちましょう。

抽選募集の場合は抽選の結果を受け取る

抽選募集の案件を選択した場合は、投資したあとに抽選結果を確認する必要があります。

そもそもCAPIMAでは以下の募集形式を採用しています。

募集形式特徴
先着募集先に応募した人から投資に参加できる
抽選募集期間内に投資したい人を募集し、抽選で合格した人だけが参加できる

先着募集はほかの人より早めに応募すれば参加できます。

一方で抽選募集は参加できるかどうかが抽選で決まるため、場合によっては応募しても投資に参加できません。

募集形式は各ファンドに記載されているため確認しておきましょう。

口数を入力して申し込む

投資したい場合は口数を入力して手続きを進めましょう。

最低口数に関しては、ファンドによって異なるため注意が必要です。

募集申込期限が終わるまでは、口数の変更やキャンセルができます。

投資が開始すると特にすべきことはありません。

CAPIMAの運用経過を把握して、どのように進んでいるのか確かめておきましょう。

投資終了後に配当を受け取る

投資が終了すると分配金が発表されます。

出金は申請手続きを進めた2営業日後に手続きが行われます。

投資が終了したあとは、別の案件を探して投資するのも良いでしょう。

CAPIMAのプロジェクト例

CAPIMAで過去に紹介されたプロジェクトを3つ紹介します。

どのようなファンドを提供しているのか確認してみてください。

Propcap Technologies: 不動産担保付ローンファンド #1

出典:CAPIMA

募集方式先着募集
募集金額10,000,000円
応募金額23,780,000円
不動産評価額14,200,000円
口数10,000円/1口
想定利回り5%
運用期間6か月

Propcap Technologiesは1口1万円から参加できる案件です。

CAPIMAの中でも気軽に参加できるため、募集金額の2倍以上も応募がありました。

運用期間も6か月と超短期なので、資金を回収しやすいのも特徴です。

MUSASHI RESORT:伊豆 Luxury Resort ファンド

出典:CAPIMA

募集方式抽選募集
募集金額40,000,000円
応募金額42,500,000円
不動産評価額277,000,000円
口数500,000円/1口
想定利回り4%
運用期間12か月

MUSASHI RESORTはCAPIMAで最初に提案されたファンドです。

当初は1口50万円という高額な設定でしたが、募集金額は満たしています。

CAPIMAが新規サービスとして、いかに注目を集めていたのかわかるでしょう。

再生可能エネルギー(太陽光)発電設備 取得ファンド #1

出典:CAPIMA

募集方式抽選募集
募集金額40,000,000円
応募金額41,600,000円
口数100,000円/1口
想定利回り6%
運用期間12か月

こちらは再生可能エネルギーを対象にしたファンドです。

CAPIMAには珍しい案件もあるため、リスクを下げるために分散投資しておくのも良いでしょう。

CAPIMAのよくある質問4つ

CAPIMAに関するよくある質問を4つ紹介します。

CAPIMAにキャンペーンはあるの?

CAPIMAでは過去に「お友達紹介キャンペーン」を実施していました。

出典:CAPIMA

お友達紹介キャンペーンとは、招待コードを使って誰かにCAPIMAを紹介すると適用される特典です。

条件を満たすことで、紹介者と新規登録者に2,000円ずつがプレゼントされます。

CAPIMAでは期間限定でキャンペーンを開催していることもあるため、登録前にはチェックしておきましょう。

CAPIMAで稼ぐと確定申告が必要になるの?

CAPIMAで選べる分配金は雑所得にあたるため、確定申告が必要です。

ただし、以下の条件を満たさなければ確定申告は必要ありません。

  • 給与所得者:20万円を超える年間所得を得ている
  • 専業投資家:48万円を超える年間所得を得ている

会社員の場合は年間でCAPIMAからの分配金が20万円未満であれば、確定申告が不要です。

確定申告を防ぎたい場合は年間所得の量を調整しましょう。

CAPIMAでは手数料がかかるの?

CAPIMAではデポジット口座から銀行口座へ出金する際に300円の手数料がかかります。

出資金以外は完全無料で利用できるわけではないので気を付けてください。

ちなみに手数料に関しては、金融機関によって金額が異なるので注意が必要です。

CAPIMAは元本保証があるの?

CAPIMAは元本が保証されていません。

少なからずリスクは発生するので、リスクを踏まえたうえで投資しましょう。

なお、元本保証がないのは他社も同様です。

不動産クラウドファンディングは元本保証がないのが当たり前なので覚えておきましょう。

【まとめ】CAPIMAは不動産以外に投資したい場合におすすめ!

CAPIMAには以下のおすすめポイントがあります。

  • 高利回りの案件が多い
  • スマホの画面が見やすくて投資しやすい
  • 1口1万円~10万円まで幅広く取り扱っている
  • 投資期間は基本的に12か月以下で設定されている
  • プロ投資家向けの案件に投資できる
  • 特典付きのプロジェクトもある
  • 投資したあとは待つだけで収益を得られる

CAPIMAの大きな魅力は、不動産以外に投資できる点と、利回りの高さです。

不動産以外の案件に分散投資しておけば、リスクを軽減できるメリットがあります。

利回りは4%〜6%と全体的に高い水準です。

CAPIMAは1万円〜10万円で投資できるので、興味がある場合は少額から投資してみましょう。

☆この記事を読んだ人にオススメ!
ポイントタウン人気案件の紹介・解説記事をチェックしてね!

DARWIN fundingの使い方とは?魅力や口コミも徹底解説!

2023.01.11

TSON FUNDINGのおすすめポイントとは?やり方や注意点も徹底解説!

2023.01.11

この記事をシェアする

この記事を書いた人

ポイントタウン公式

ポイントタウン公式です。お得情報やおすすめサービスの情報を公開していきます。サービスの魅力や利用方法などを解説していますので是非ご利用時の参考にしてください!

この記事を読んだあなたへのおすすめ