ろうきんフリーローンの仮審査を解説!結果連絡の日数・落ちる確率・必要書類など

「ろうきんフリーローンの仮審査の結果がわかる日数は?連絡こないのはなぜ?」

「ろうきんフリーローンの審査がゆるいって本当?」

全国どこにでもあって、低金利なろうきんのフリーローン。スムーズに審査通過したいからこそ、仮審査の内容を知りたい人も多いでしょう。

そこで本記事では、ろうきんフリーローンの仮審査について、詳しく解説していきます。必要書類や結果連絡の日数、審査の難易度など、気になる部分をまとめました。

あわせて、ろうきんが難しいと思ったときにおすすめのカードローンも紹介していますので、スムーズにお金を借りたい人はぜひ最後までお付き合いください。

【ろうきん】フリーローンの仮審査について解説

ろうきんのフリーローンは、地域によって少々異なるので気を付けましょう。

ここでは、関東1都7県を営業エリアとしている「中央労働金庫(中央ろうきん)」を例に解説します。それぞれの詳細は、公式サイトをチェックしてみてください。

営業エリア都道府県
北海道ろうきん北海道
東北ろうきん青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
中央ろうきん茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県千葉県・東京都・神奈川県・山梨県
新潟ろうきん新潟県
長野ろうきん長野県
静岡ろうきん静岡県
北陸ろうきん富山県・石川県・福井県
東海ろうきん愛知県・岐阜県・三重県
近畿ろうきん滋賀県・奈良県・京都府・大阪府・和歌山県・兵庫県
中国ろうきん鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県
四国ろうきん徳島県・香川県・愛媛県・高知県
九州ろうきん福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県
沖縄ろうきん沖縄県

必要書類

画像引用:中央ろうきん

中央ろうきんの必要書類は以下のとおりです。

<中央ろうきんより渡されるもの>

  • 借入申込書
  • 個人情報の収集・保有・利用・提供に関する同意書

<自分で用意するもの>

  • 本人確認書類(運転免許証/個人番号カードなど)
  • 収入確認資料(給与(在籍)証明書/源泉徴収票など)
  • 勤続年数確認資料(健康保険証(写)/給与(在籍)証明書)
  • 普通預金口座のお届け出印
  • 資金使途確認資料(売買契約書/見積書など)

上記で紹介した必要書類以外にも、追加で提出を依頼される場合があります。

結果が出るまでの日数

中央ろうきんの仮審査結果が出るまでの日数は、およそ1週間です。

しかし、これは連休を挟まない場合であって、ゴールデンウィーク・年末年始等にかかればさらに遅くなります

また、人によって審査に時間がかかる場合もあるので、気長に待ちましょう。

信用情報は見られる

中央ろうきんでは、仮審査の際に信用情報を確認します。これは、中央ろうきんに限った話ではなく、ほかのろうきんやローン会社も同様です。

信用情報の記録からも申込者の支払能力を調査しているので、確認せずに審査するろうきんはありません。

信用情報には、ローンやクレジットカードの申込・契約・延滞情報といった、今までの履歴が記録されています。

ローンやクレジットカードの支払いを延滞してしまうと、信用情報機関に記録され、すぐには消えないので気を付けましょう。

もし、自分の信用情報が気になる場合、以下に開示請求すれば記録を確認できます。

  • CIC・・クレジットカードを中心に消費者金融などの情報
  • JICC・・消費者金融やクレジットカードなどの情報
  • KSC・・銀行や信用金庫などの情報

延滞記録等の審査に不利な情報が載っていれば、ろうきんを利用するのは難しいと考えていいでしょう。

連絡こない理由

審査状況は個人で異なるので、連絡がすぐにこない理由は人それぞれです。上述したとおり、状況によっては1週間で連絡がこない場合もあります。

また、ろうきんは土日祝日も申し込みは受け付けているものの、保証機関が休みなので審査は進みません

ゴールデンウィークやお盆、年末年始にかかると、連絡は遅くなるでしょう。

2月・9月・11月にも祝日が2回あるため、土日と重なるとさらに審査結果が遅くなる可能性があるので注意してください。

審査状況が気になる場合は、ろうきんに直接連絡してみるといいでしょう。

【ろうきん】フリーローンの仮審査はゆるい?落ちる確率は?

ろうきんのフリーローンの仮審査はゆるくありません。上述したとおり、ろうきんは信用情報を確認しているので、内容が悪ければ審査通過は難しいでしょう。

「審査がゆるい」と言っている人たちは審査通過したから言えるのであり、主観でしかありません。

たとえば、ろうきんの審査には落ちたけれど、銀行に融資してもらえたという人もいます。

それぞれの審査基準は異なるので、自分にあっていれば融資を受けられると考えるべきでしょう。

また、ろうきんのフリーローンに落ちる確率は公表されていません。大手消費者金融カードローンの審査通過率(成約率)なら公表されているので、こちらを参考にしてみましょう。

  • レイク・・26.6%
  • アコム・・42.3%

ほかにも、審査通過率を公表しているカードローンはありますが、どこも似たような数字です。つまり、60%〜70%程度の人は審査落ちしていることになります。

ろうきんは消費者金融よりも低金利で融資してくれますから、さらに慎重な審査が行われている可能性が高いでしょう。

※審査通過率参照
SBI新生銀行:四半期データブック2023年6月末
アコム:Monthly Report2023年9月末

ろうきん以外もおすすめ!人気の銀行カードローン2選

ろうきん以外なら、ネット契約できる銀行カードローンもおすすめです。

  • セブン銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン

①セブン銀行カードローン

「セブン銀行カードローン」は、セブン銀行口座を持っていると最短翌日に融資可能なカードローンです。

事業性資金以外なら使途も自由なので、生活費はもちろん、学費や娯楽費にも利用できます。セブン銀行ATMは1,000円単位、ダイレクトバンキングは1円単位で借入可能です。

また、曜日や時間帯にかかわらず手数料はいつでも無料とお得。とても便利に利用できますから、ぜひ申し込んでみてください。

実質年利12.0%~15.0%
借入限度額10~300万円(初回は50万円まで)
WEB完結可能
融資までの期間最短翌日

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セブン銀行カードローンの詳細はこちらから

②三井住友銀行カードローン

借入限度額が800万円と高額融資もOKな「三井住友銀行カードローン」。三井住友銀行の普通預金口座がなくても、インターネットで簡単に手続き可能です。

三井住友銀行のほか、セブン銀行やローソン銀行でも手数料無料で利用できます。カードレスで契約できるのもうれしいですね。

普通預金口座を持っているなら、24時間WEB完結もできます。入力内容も少なくて済みますから、スムーズに借り入れできるでしょう。

実質年利1.5%~14.5%
借入限度額10~800万円
WEB完結可能
融資までの期間最短当日(※)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

三井住友銀行カードローンの詳細はこちらから

審査重視!柔軟対応を希望するなら消費者金融カードローン!おすすめ3選

ろうきんや銀行の審査に不安があるなら、柔軟対応に定評のある消費者金融カードローンがおすすめです。使いやすい大手の消費者金融カードローンを3つ紹介します。

  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット

①アイフル

ユニークなCMを数多く生み出し、利用したことのない人にも知名度が高い「アイフル」。はじめてのカードローンとして使いやすいと人気の消費者金融です。

24時間365日振込対応してくれるのはもちろん、コンビニでもカードレスでお金を借り入れできます。早朝や夜間でも利用できるのがうれしいですね。

はじめてなら30日間利息0円と負担なく利用できますから、ぜひ検討してみてください。

実質年利3.0%~18.0%
借入限度額800万円(※1)
融資までの期間最短即日融資
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※1:ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

アイフルの詳細はこちら

②プロミス

どこよりも早くお金を融資してほしいなら「プロミス」がおすすめです。最短3分で融資可能なので、急ぎでお金が必要な人に支持されています(※1)。

原則として、勤務先に電話連絡をしないと明言しているのもポイントです(※2)。

プロミスでは、実際に98%のお客さまには電話での在籍確認を実施しておりません。

引用:プロミス

プロミスでの融資を希望しているなら、まずは「お借入診断」をしてみるといいでしょう。

実質年利4.5%~17.8%
借入限度額1〜500万円
※借入限度額は審査によって決定いたします
融資までの期間最短即日融資(※)
WEB完結可能

※1:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2:​​審査の結果によっては電話による在籍確認が必要となる場合がございます。

プロミスの詳細はこちら

③SMBCモビット

申込手続きがしやすいと評判なのが「SMBCモビット」。カードレスで契約すればWEB完結できるので、誰にも知られずにお金を借りられます。

ネットキャッシングができるのはもちろん、提携ATMの多さも使いやすい理由の一つ。

三井住友銀行のほか、セブン銀行、ローソン銀行、イオン銀行等の全国にある使いやすいATMが揃っています。

最短即日融資も可能ですから、気になる人はぜひ詳細をチェックしてみてください。

実質年利3.0%~18.0%
借入限度額800万円
融資までの期間最短即日融資(※)
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの詳細はこちら

まとめ

ろうきんのフリーローンでは、仮審査の結果連絡まで1週間程度かかります。審査もゆるくはありませんから、必要書類等をよくチェックしてから申し込みましょう。

ろうきん以外での借り入れを検討するなら、ぜひ以下のカードローンを候補にいれてみてください。

本記事を参考に、スムーズにお金を借りましょう。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ