三菱UFJのローンは厳しい|本審査に落ちた理由は信用情報?結果通知までの日数&保証会社について解説

三菱UFJ銀行には、「バンクイック」というカードローンの取り扱いがあります。

資金使途が自由となっているため、生活費等に困っている方でも利用可能です。

しかし、利用するには厳しい審査をクリアする必要があり、「落ちたらどうしよう」と不安に感じている方も多いでしょう。

そこで本記事では、三菱UFJ銀行のローンは審査が厳しいのか、本審査に落ちた理由をもとに解説します。

また、本審査にかかる日数や保証会社についてもお伝えするので、三菱UFJ銀行のローンを検討している方は、ぜひ最後までご覧になってください。

三菱UFJカードローン「バンクイック」は厳しい?本審査に落ちた理由とは?

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」には厳しい審査があります。

そこで最初は、審査に落ちた理由について解説します。

  • 安定した収入がない
  • 他社借入が多すぎる
  • 在籍確認が取れなかった

安定した収入がない

三菱UFJ銀行のカードローンの審査では、安定した収入の有無が重要視されます。

ポイントは「安定した」という部分で、一時的に高額な収入があるだけでは審査落ちとなってしまいます。

例えば、去年の年収が1,000万円と多くても、今年の収入が200万円と少ない場合は安定しているとは見なされません。

反対に、年収が250万円と少なくても、それが3年や5年にわたり継続していれば、安定していると判断されて融資を受けられる可能性が高くなります。

就職や転職して間もない場合も、「すぐに辞めるのでは」と懸念されて不利になるので、最低でも1年以上は同じ職場で収入を得てから申し込むようにしてください。

他社借入が多すぎる

三菱UFJ銀行のローンでは、申込者の借入状況も審査の対象としています。

当然、借入額や借入件数が多すぎると「負担が大きいのでは」と思われて、融資見送りの判断を下されるリスクが高くなります。

一般的に借入額は年収の3分の1以下で、借入件数は3件以下にしないと審査で不利です。

すでに他社から借り入れがある場合は、そちらの返済を優先するようにしてください。

在籍確認が取れなかった

三菱UFJ銀行のローンでは、本審査の段階で職場への在籍確認が実施されます。

在籍確認とは、あなたが申告した勤務先に電話連絡して、本当に在籍しているのかチェックする作業です。

三菱UFJ銀行の担当者が電話をかけてくるので、あなた自身が電話に出たり、同僚からあなたが在籍しているとわかる会話があったりすればクリアとなります。

しかし、在籍確認が取れなければ審査落ちとなります。

このように、三菱UFJ銀行では必ず電話による在籍確認が実施されるので、完了しない限り融資は受けられません。

三菱UFJカードローン「バンクイック」の本審査にかかる日数|事前審査で信用情報は確認する?

三菱UFJ銀行カードローンでは、事前審査の段階でクレジットカードや各種ローン等の契約内容・支払い状況といった客観的な取引事実を登録した「信用情報」をチェックします。

そのため、クレジットカードやローンの支払いに遅れた過去がある場合、その情報が三菱UFJ銀行側に伝わり事前審査で落とされるでしょう。

反対に事前審査を通過すると、後は本審査として在籍確認や警察庁データベースの照会が行われるだけなので、「虚偽申告」や「反社」でない限り通過します。

ちなみに三菱UFJ銀行のカードローンは、仮審査と本審査を合わせても最短即日で結果を通知してくれます。

ただし、土日祝日は審査していないため、休業日に申し込むと週明け月曜日以降の対応となるので注意してください。

三菱UFJカードローン「バンクイック」の保証会社はどこ?

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の保証会社は「アコム株式会社」です。

そのため、アコムで審査落ちした方は三菱UFJ銀行のカードローンでも融資を受けるのは厳しいでしょう。

反対に、アコムからお金を借りて滞りなく返済した過去があるなら、それが実績として認められて、三菱UFJ銀行のカードローンも利用できる見込みがあります。

このように銀行は、消費者金融が保証会社として付いているケースが多いので、必ずチェックして、「申し込みが重複していないか」といった確認をした方が良いでしょう。

三菱UFJカードローン「バンクイック」の審査が厳しいと思ったらおすすめのカードローン

最後は、三菱UFJ銀行カードローンの審査が厳しい場合におすすめの融資サービスを4つご紹介します。

  • セブン銀行カードローン
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • プロミス

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローン」は、銀行が融資を見送るような社会的信用度が低い人にも貸付を行うサービスです。

セブン銀行カードローンなら、次のような属性の方でも問題なく申し込めます。

  • アルバイトやパート等の非正規雇用
  • 個人事業主やフリーランス、自営業
  • 自身に収入がない専業主婦(配偶者の収入の証明が必須)

雇用形態に自信がなくて三菱UFJ銀行のローンを諦めていた方でも、セブン銀行カードローンなら安心して申し込めるでしょう。

契約後は、全国に設置されたセブン銀行ATMを使って、24時間365日いつでも手数料無料で借入・返済が可能です。

セブン銀行カードローンで契約しておけば、深夜や早朝にお金に困っても焦る必要がないので、利用を検討してみてください。

実質年利12.0%~15.0%
限度額10万円~300万円(初回は50万円まで)
WEB完結可能
審査時間最短即日(※)

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セブン銀行カードローンの詳細はこちらから

アイフル

アイフル」は、土日・祝日も毎日9時〜21時の間で審査を行っている即日融資対応のカードローンです。

あなたの仕事が休みの日に申し込んでも、当日中に現金を受け取れる見込みがあるので、急ぎの方にはおすすめです。

即日融資を希望している場合は、余裕を持って審査終了の2時間前にあたる19時までに申し込むようにしてください。

また、アイフルにははじめての利用者を対象とした30日間の無利息サービスがあります。

契約した翌日から30日間は利息が0円になるので、「給料日までの繋ぎ」「ボーナスが入る予定」といった方ならお得にお金を借りられます。

今までアイフルと契約した経験がなければ対象なので、該当している方は無利息期間を上手に活用してみてください。

実質年利3.0%~18.0%
借り入れ限度額800万円(※1)
審査時間最短18分(※2)
WEB完結可能

※1:ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

※2:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アイフルの貸付条件の詳細はこちらから

プロミス

プロミス」は、審査時間が最短3分(※)という業界最速のスピードが強みの大手消費者金融です。

土日祝日も平日と同じ時間内(9時〜21時)で審査しているので、仕事が忙しいという方でも休みの日にゆっくり申し込んで即日融資を受けられます。

また、実質年利が他の大手消費者金融と比べて低めなのも特徴です。

他社が18.0%を上限金利とする中、プロミスは17.8%と0.2%低いため、同じ借入額でも利息の負担を抑えられます。

少しでも毎月の負担を軽くしたいなら、プロミスを検討してみると良いでしょう。

実質年利4.5%~17.8%
借入限度額1万円〜500万円
※借入限度額は審査によって決定いたします
融資までの期間最短即日融資(※1)
WEB完結可能

※1申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミスの貸付条件の詳細はこちらから

SMBCモビット

モビット

SMBCモビット」は、WEB完結申込を利用すれば原則として以下の4つがなしになるカードローンです。

  • 来店なし
  • 電話なし
  • 書類なし
  • 郵送物なし

※審査次第では必要になる場合があります。

自宅に郵送物が届いたり職場に電話かかってきたりしないので、家族や同僚にバレる心配が少なく「安心して利用できる」という方が多くなっています。

契約後は、全国に約12万台設置されている提携ATMを使って、いつでも手軽に借入や返済ができます。

また、専用のアプリをダウンロードすれば、原則24時間365日スマホ1台で借り入れができるので、急な出費が多い方にはおすすめです。

実質年利3.0%~18.0%
借入限度額800万円
審査時間最短即日(※)
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの詳細はこちらから

まとめ

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」には、厳しい審査があります。

以下に該当している場合は、審査で落とされる恐れがあるので注意してください。

  • 安定した収入がない
  • 他社借入が多すぎる
  • 在籍確認が取れなかった

しかし、三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の利用が厳しいとしても、他の金融機関のローンで同じ結果になるとは限りません。

今回ご紹介した4つのカードローンなら、三菱UFJ銀行が駄目だった方でも融資を受けられる見込みがあるので、ぜひ検討してみてください。

借入先実質年利限度額審査時間
セブン銀行カードローン12.0%~15.0%300万円最短即日
アイフル3.0%~18.0%800万円最短18分
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円最短3分
SMBCモビット3.0%~18.0%800万円最短即日

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ