フリーローンの金利はどうやって決まる?マイカーローン・住宅ローン・カードローンの金利相場・決め方を解説

あなたは、フリーローンの金利がどうやって決まるか知っていますか?

このように聞かれても、明確に回答できる方は少ないでしょう。

しかし、フリーローンの金利がどうやって決まるのか知っておけば、自分が利用する際に適切な利率になっているのかわかるようになります。

ひいては、より利息を抑えた契約にも繋がってくるので、利用する前に理解を深めておいた方が良いでしょう。

そこで本記事では、フリーローンの金利がどうやって決まるのか、「利息制限法」を参考に解説していきます。

また、マイカーローン・住宅ローン・カードローンの金利相場やカードローンとの違いについてもお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

フリーローンの金利はどうやって決まる?マイカーローン・住宅ローン・カードローンの金利相場は?

フリーローンの金利がどうやって決まるか知るために参考となるのが「利息制限法」です。

利息制限法とは、お金の貸し借りに伴う利息や遅延損害金などの上限を定める法律で、借入額に応じて以下のような上限が設定されています。

◯元本の金額が10万円未満のときの上限金利 → 年20%

◯元本の金額が10万円以上から100万円未満のとき上限金利 → 年18%

◯元本の金額が100万円以上のときの上限金利 → 年15%

引用:日本貸金業協会「お借入れの上限金利は、年15%~20%です」

つまり、どんなに少額の借入でも実質年率が20%を超えることはなく、もし法定金利を超える利息の請求をした場合は超過部分が無効になります。

また、借入額が高ければ高いほど金利は下がっていきます。

そのため、融資額が高額になりがちな自動車ローンや住宅ローンは、フリーローンやカードローンよりも金利相場が低めです。

  • カードローン:1.5%~18.0%
  • 自動車ローン:1.0%~10.0%
  • 住宅ローン:1.0%~1.4%

このように、ローンの金利は利息制限法で定められたルールの下、限度額に応じて設定されるというわけです。

フリーローンとカードローンの違いは?どっちがいい?

フリーローンとカードローンは、どちらも資金使途が自由の商品です。

しかし、異なるサービスとなっているため様々な違いがあります。

では、フリーローンとカードローンの違いを見てみましょう。

カードローンフリーローン
提供会社銀行消費者金融信販会社クレジット会社 等銀行信販会社クレジット会社 等
資金使途自由(使い道の申告は不要)自由(使い道の申告が必要)
借入回数限度額の範囲内で何度でも可能最初に一括で借り入れる
返済期間決まっていない決まっている
返済計画利用者が自由に決められる返済計画表に基づいて返す
カードの有無あり(カードレスもある)なし
融資までの期間最短即日数日~数週間

最大の違いは借入回数。

フリーローンは希望額を一括で借りて、その後は返済していくだけです。

それに対してカードローンは、限度額の範囲内で何度でも借入ができます。

そのため少額の借入を希望している方には、フリーローンよりもカードローンの方が適しているでしょう。

また、他にもカードローンは融資までの時間が最短即日と短かったり、返済計画を自由に決められたりと利便性の高さが伺えます。

もし、強いこだわりがないならカードローンの利用も検討してみると良いでしょう。

低金利の使い道フリーローンなら銀行カードローンがおすすめ

使い道が自由な低金利のローンを探しているなら、銀行カードローンも選択肢に入れると良いでしょう。

ここでは、おすすめの銀行カードローンを2つご紹介します。

  • セブン銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローン」は、実質年率12.0%〜15.0%の低金利が売りの銀行カードローンです。

受け口が非常に広く、他行なら申し込めない次のような属性の方でも融資を受けられます。

  • アルバイトやパート等の非正規雇用の人
  • 個人事業主や自営業の人
  • 自身に収入がない専業主婦の人(配偶者の収入の証明が必須)

また、職場への電話連絡が原則としてないのも利用しやすいポイントの一つです。

職場の同僚に内緒でお金を借りたい方でも、セブン銀行カードローンなら安心して申し込めるでしょう。

ちなみに、審査時間は最短即日と銀行カードローンとしてはトップクラスの早さです。

雇用形態等に自信がなくて銀行融資を諦めていた方はもちろん、安全かつ急ぎでお金を借りたい方にもおすすめできるカードローンです。

実質年利12.0%~15.0%
限度額10万円~300万円(初回は50万円まで)
WEB完結可能
審査時間最短即日(※)

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セブン銀行カードローンの詳細はこちらから

三井住友銀行カードローン

「三井住友銀行カードローン」は、実質年利1.5%〜14.5%という低金利の銀行カードローンです。

しかも、限度額が上がるほどに金利は低くなる設定です。

例えば、あなたの希望額が100万円超200万円以下なら年10.0%〜12.0%で、500万円超600万円以下なら年5.0%〜6.0%になります。

大口の融資を希望している方なら、かなり低金利でお金を借りられるでしょう。

また契約後は、三井住友銀行やコンビニのATMを使い手数料無料で借入・返済が可能です。

特にコンビニATMなら原則として24時間利用できるので、深夜や早朝にお金が必要になってもコストをかけずに問題を解決できます。

利息や手数料といったコストを抑えた借入を希望しているなら、三井住友銀行があなたの願いを叶えてくれるかもしれません。

実質年利1.5%~14.5%
限度額10万円~800万円
WEB完結可能
審査時間最短当日(※)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

【三井住友銀行カードローンの詳細はこちらから】

即日融資ならフリーローンより金利低めの消費者金融カードローン

あなたが今すぐ金銭問題を解決したいと望むなら、即日融資に対応している消費者金融カードローンを検討してみてください。

ここでは、数ある消費者金融の中でも特におすすめの業者を3つご紹介します。

  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット

アイフル

アイフル」は、審査時間が最短18分という迅速な対応が強みの大手消費者金融です。

審査は、平日だけでなく土日・祝日も9時〜21時の間で行っています。

そのため、あなたの仕事が休みの日やGW・年末年始といった大型連休の時期でも、即日でお金を借りられる可能性があります。

また、優れた点の一つに無利息サービスが挙げられます。

初回利用者を対象に、契約翌日から30日間は利息が0円になるというサービスです。

アイフルの利用経験がない方で、なおかつ「給料日までの繋ぎ」や「1万円程度の少額を借りたい」という方なら、利息の負担なしで融資を受けられるでしょう。

契約後は、借入がなくても無利息期間を消化していくので、その点に注意しながら上手に活用してみてください。

実質年利3.0%~18.0%
借り入れ限度額800万円(※1)
審査時間最短18分(※)
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※1:ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

アイフルの貸付条件の詳細はこちらから

プロミス

プロミス」は、審査時間が最短3分(※)という業界最速のスピードを誇る大手消費者金融です。

しかも、WEB完結申込に対応しているため、面談や電話を受けたり書類提出で店舗に足を運んだりする必要がありません。

自宅に居ながら全ての手続きができるので、手軽かつ大至急お金を借りたいという方にはピッタリのカードローンです。

ちなみに、審査はアイフルと同様に平日・土日・祝日にかかわらず9時〜21時の間で実施しています。

仕事や家事が忙しくて手続きができないという方でも、プロミスなら時間が空いた時にゆっくりと申し込めるでしょう。

実質年利4.5%~17.8%
借入限度額1万円〜500万円
※借入限度額は審査によって決定いたします
融資までの期間最短即日融資(※1)
WEB完結可能

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

※1申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミスの貸付条件の詳細はこちらから

SMBCモビット

モビット

SMBCモビット」は、WEB完結で原則電話連絡なしで契約できる大手消費者金融です。

自宅はもちろん職場にも電話がかかってこないため、家族や同僚に内緒で金銭問題を解決できます。

また、契約後は全国に12万台ある提携ATMからお金を借りられます。

セブン銀行ATMなら原則として24時間いつでも融資を受けられるので、銀行の営業時間外でも安心です。

そんなSMBCモビットなら、わずか10秒で借入の可否がわかります。

公式サイトにある無料の「お借入診断」を使えば、審査に不安がある方でも気軽にチェックできるので、ぜひ確認してみてください。

実質年利3.0%~18.0%
借入限度額800万円
審査時間最短即日(※)
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの詳細はこちらから

まとめ

フリーローンの金利は、「利息制限法」が定めるルールに従って決められています。

限度額が低ければ低いほど金利は下がる傾向にあるため、大口の融資を希望している場合は低金利の借入ができるでしょう。

しかし、フリーローンは初回に一括で借りたら、その後は返済していくだけです。

追加での借入はできないので、何度も融資を受けたい方には向いていないと言わざるを得ません。

もし、あなたが何度もお金を借りたいなら、同じく資金使途が自由のサービスであるカードローンを利用してみてください。

今回ご紹介した5つのカードローンなら、低金利かつスピーディーな借入が可能です。

借入先実質年利限度額審査時間
セブン銀行カードローン12.0%~15.0%300万円最短翌日
三井住友銀行カードローン1.5%~14.5%800万円最短当日
アイフル3.0%~18.0%800万円最短18分
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円最短3分
SMBCモビット3.0%~18.0%800万円最短即日

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ