個人事業主におすすめのファクタリングは?審査は甘い?提出書類少なめ5社紹介

ファクタリングは、急いでお金を用意しなければならないときに有用な資金調達方法の1つです。

ただ、申し込み時の提出書類が多く「個人事業主にはハードルが高い」「個人事業主では審査に通るのは難しい」と感じている方もいるでしょう。数多くの業者からどの業者を選んだらいいか悩みますよね。

結論からお伝えすると少ない書類で申し込み可能で、個人事業主の利用に対して積極的なファクタリングも存在します。

そこで今回は、提出書類少なめで個人事業主にもおすすめのファクタリングを紹介します。審査通過のためのコツもお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

個人事業主に緩いファクタリング業者はどこ?審査が甘いところはある?

「ファクタリングは審査が甘い」と言われることがあります。しかしこれは、ビジネスローンなどの融資に比べると審査ハードルが低いからであって「甘い」わけではありません。

例えばファクタリングの審査は、融資とは異なる基準で行われます。

融資の場合、利用者自身の信用情報や経営状況が審査において重要です。一方でファクタリングの場合は、売掛先が審査対象となります。

そのため、利用者の経営状況が良くなくても、売掛先が信頼性の高い会社であれば審査に通りやすくなります。

また、ファクタリングの返済期間が短いことも「ファクタリングの審査は甘い」と言われる理由の1つです。

融資は長期にわたる返済を前提としているため、未回収リスクが高く審査が厳しくなります。

それに対してファクタリングは数ヶ月先には売掛金の回収ができるため、未回収リスクが低く、融資ほど厳しい審査をする必要がありません。

このように、融資と比較した場合にファクタリングの審査通過は難しくないと言えます。ただ、決して甘いわけではないので注意しましょう。

個人事業主におすすめ!請求書のみOKならペイトナーファクタリング

出典:ペイトナーファクタリング

「ペイトナーファクタリング」は、累計申請件数10万件以上の実績があるファクタリングです。

営業時間内(平日10時〜19時)の申し込みであれば入金まで最短10分と驚異的なスピード対応が特徴で、一刻も早く資金調達しなければならない場合におすすめです。

必要書類は請求書、本人確認書類の2点で書類の準備に面倒な手間がかかりません。2回目以降は請求書のみでいいので、素早く申し込みができます。

また、個人間の取引でも利用できるのも特徴の1つです。取引先を法人に限っていない方にとっては大変助かるサービスと言えます。

利用可能額1万円~100万円(初回25万円)
手数料一律10%
入金スピード最短10分
提出書類・請求書・本人確認書類・実態確認書類(必要に応じて)

ペイトナーファクタリングはこちらから

提出書類が少なめ、個人事業主におすすめのファクタリング

ファクタリングの審査は、申し込み時の提出書類が重要となります。書類に漏れがあると審査が進まない、審査に通らないからです。

とはいっても、あまり手間をかけずに申し込みしたいというのが利用者の本音ですよね。

そこでここからは、個人事業主おすすめかつ提出書類が少なめのファクタリングを紹介します。

  • フリーナンス
  • ラボル
  • アクセルファクター
  • QuQuMo

フリーナンス

出典:フリーナンス

「フリーナンス」は、即日請求書の現金化が可能なファクタリングサービスです。

審査時間最短30分で即日払いに対応しているため、お金をすぐに用意しなければならないときにも安心して利用できます。

また、損害賠償保険(あんしん補償)が無料でついてくるので、万が一の事故にも備えられます。

フリーナンスは、お金の問題と保険の問題を一気に解決したい方に特におすすめです。

利用可能額1万円~買取制限なし
手数料3~10%
入金スピード最短即日
提出書類・請求書・本人確認書類・取引が確認できる書類

フリーナンスはこちらから

ラボル

出典:ラボル

「ラボル」は、最短60分で振込可能なファクタリングです。

24時間365日振込に対応しているため、土日祝日など休日に資金が必要になった場合におすすめです。

また、手数料は一律買取額の10%、振込手数料などの費用が一切かかりません。

個人事業主は信用度の低さから手数料が高くなることも少なくありませんが、事前に調達できる資金がわかるので、運用計画が立てやすく利用しやすいでしょう。

利用可能額1万円~必要な額
手数料一律10%
入金スピード最短60分
提出書類・請求書・本人確認書類・取引のエビデンス(担当者とのメール等)

ラボルはこちらから

アクセルファクター

出典:アクセルファクター

「アクセルファクター」は審査通過率93%を超えるファクタリングです。

原則即日決済をモットーとしており、実際に申し込みの半数以上が即日振込されています。

また、提出書類の簡素化やリモートでの契約等を実施しており、利用者にとって利便性の高いサービスと言えるでしょう。

さらに、手数料は売掛債権の金額によって決まり、高額債権であれば手数料が下がります。

かといって、少額債権の手数料が高いわけではありません。状況に応じて柔軟な対応をしてくれるので、資金調達で困っている方の強い味方となってくれます。

利用可能額30万円~1億円
手数料2%~
入金スピード最短即日
提出書類・請求書・通帳・直近の確定申告書・代表者の身分証明書

アクセルファクターはこちらから

QuQuMo

出典:QuQuMo

「QuQuMo」は、オンラインで申し込みから入金まで手続きがすべて完結するファクタリングです。

申し込みから最短2時間で請求書の現金化ができます。金額上限なしで少額から高額まで幅広く対応しているので、さまざまな場面で利用しやすいでしょう。

また、身分証明書のほか請求書と通帳があれば申し込みができ、面倒な書類の準備が必要ありません。

さらに、業界最低水準に抑えられた手数料も魅力の1つでしょう。最低手数料2%が多い中、QuQuMoは1%となっておりコストを抑えて利用したい方にもおすすめです。

利用可能額上限なし
手数料1%~
入金スピード最短2時間
必要書類・請求書・通帳・身分証明書

QuQuMoはこちらから

個人事業主がファクタリング審査に通過するポイント

前述しました通り、ファクタリングは融資に比べると審査に通りやすい傾向にあります。しかし、ファクタリングでも審査落ちすることはあるので注意が必要です。

ここでは、審査に通過するためのポイントを紹介します。

  • 書類を不備なくそろえる
  • 信用度の高い売掛債権を買い取ってもらう
  • 入金日が近い請求書を買い取ってもらう

書類を不備なくそろえる

申し込み前に書類を不備なくそろえましょう。書類の不備は、審査に落ちる原因や審査が長引く原因になります。

また、内容に不備があり怪しいと判断されれば請求書を買い取ってもらえません。

必要書類はファクタリング会社によって異なるため、事前の確認が必須です。

必要書類と申請内容のチェックをして、不備のない状態で申し込みをしましょう。

信用度の高い売掛債権を買い取ってもらう

ファクタリングの審査では、売掛先の信用度が重視されます。ファクタリング会社が資金を回収できるかは、売掛先が支払いをしてくれるかどうかにかかっているからです。

そのため、信用度の高い売掛先であれば審査に通りやすくなります。

信用度の高さは、以下のような情報で判断されます。

  • 会社規模が大きい
  • 経営状況が良好
  • 利用者との継続的な取引がある

複数の売掛債権がある場合は、できるだけ信用度の高い売掛先の請求書を審査に出しましょう。

入金日が近い請求書を買い取ってもらう

入金日が近い請求書を買い取ってもらうのも、審査通過のためのポイントです。

入金日が近い売掛債権は、ファクタリング会社にとってリスクが低い債権と判断されるからです。

入金日までの期間が長いと、その間に売掛先の経営状況が悪化したり、倒産したりして債権を回収できない可能性があります。

そのため、入金日まで期間が空く請求書ほど審査が厳しくなります。できるだけ入金日の近いものを買い取ってもらうようにしましょう。

まとめ

個人事業主におすすめのファクタリング会社を紹介しました。

ファクタリング会社によって手数料や現金化のスピード、買取可能額などは異なるため比較して自身のニーズにあったものを選択しましょう。

書類の準備が面倒、手間をあまりかけずに申し込みしたいとお考えの方は、今回紹介したファクタリング会社の利用をぜひ検討してみてください。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ