ファクタリングに決算書不要?必要書類を確認。確定申告なし・決算書なしなど

「ファクタリングは決算書なしで利用できる?必要な書類はなに?」

「決算書なしで利用できるファクタリング業者を知りたい!」

決算書を紛失してしまった、開業したばかりで用意できないなどの理由から、決算書なしで利用できるファクタリング業者を探していませんか?

結論からお伝えすると、決算書はほとんどのファクタリング業者で提出を求められますが、決算書なしでも利用できる業者はあります

そこで本記事では、決算書なしでもOKな必要書類の少ないおすすめのファクタリング業者6選を紹介します。

ファクタリングを利用する際に必要な書類や決算書なしの注意点も解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

【決算書なしでもOK!必要書類が少ないおすすめ業者6選】

手数料必要書類
QuQuMo1%~請求書、通帳
ビートレーディング2%~12%債権に関する資料(請求書、注文書など)、通帳のコピー
アクティブサポート2%〜14.8%請求書、通帳のコピー
トップ・マネジメント0.5%~12.5%【基本サービス】
本人確認書類、請求書、決算書、通帳のコピー(7ヶ月分)
【ペイブリッジ】
申込書、請求書・見積書・発注書のいずれか1点、通帳のコピー
【見積書・受注書・発注書ファクタリング】
見積書・受注書・発注書のいずれか1点、通帳のコピー
ペイトナーファクタリング10%請求書、本人確認書類(必要に応じて入出金明細)

ファクタリングに決算書不要?必要書類を確認。確定申告なし・決算書なしなど

冒頭でもお伝えした通り、ファクタリングにおいて決算書は必要書類に含まれる場合がほとんどですが、決算書なしでもファクタリングは利用できます

まずは、ファクタリングを申し込む際に必要となる書類を確認してみましょう。一般的に、決算書を含めた下表の書類提出を求められます。

必要書類
身分証明書申込者本人であることを確認するために、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードの提示を求められる
商業登記簿謄本(法人のみ)会社の存在を確認するため
決算書または確定申告書業績を確認するため、法人は決算書、個人事業主は確定申告書の提出を求められる(過去2~3期分)開業したばかりで提出できない場合は、ファクタリング業者に要相談
印鑑証明書契約書に押印する印鑑が本物であることを証明するため
取引履歴が確認できる通帳のコピー売掛先との取引関係を確認するため過去3ヶ月分の振込履歴を確認できるように用意しておくと安心
売掛債権を証明する書類売掛債権が実在することを証明するため契約書・請求書・発注書・納品書などの提出を求められることもある
納税証明書税金を正しく納めているか確認するため

ファクタリングは融資とは異なり、銀行法貸金業法利息制限法などの融資に関する特別法が適用されないため、必要書類が法律で決まっているわけではありません。

必要な書類は各ファクタリング業者によって異なります。決算書なしでファクタリングを利用したい方は、ファクタリング業者の必要書類をチェックしてから契約しましょう。

【ファクタリング】決算書なしでもOK!必要書類が少ないおすすめ業者6選

必要書類が少なければ、書類準備の手間がかからずスピーディーに取り引きできるため、即日に資金調達できる可能性も高いでしょう。

ここでは、決算書なしでもOKな必要書類が少ないファクタリング業者を6社紹介します。

  • QuQuMo
  • ビートレーディング
  • アクティブサポート
  • トップ・マネジメント
  • ペイトナーファクタリング

①QuQuMo

QuQuMoは、面談不要・オンラインで簡単に手続きができ、申し込みから入金まで最短2時間のスピード対応が魅力のファクタリングサービスです(※)。

必要書類は「請求書」と「通帳」の2点のみ、面倒な書類は不要です。時間・手間をかけずスピーディーに資金調達したい方に最適でしょう。

買取可能額に上限はなく、少額から高額まで柔軟に対応してくれるので、法人だけでなく個人事業主でも利用しやすいのがポイントです。

事務手数料は不要、手数料は1%〜と業界トップクラスの低水準を誇るため、手数料や無駄な経費を抑えたい方も検討してみてはいかがでしょうか。

手数料1%~
買取可能額制限なし
入金スピード最短2時間(※)
必要書類請求書、通帳
利用対象者法人・個人事業主・フリーランス

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

QuQuMoの詳細はこちら

②ビートレーディング

取引実績5.2万社以上、月間契約数1,000件と豊富な実績を持つビートレーディングは、信頼性のあるファクタリング業者です。

利用者に寄り添ったサービスを提供しており、最大買取率は98%を誇ります。個人事業主や創業1年未満、赤字・税金滞納があっても柔軟に対応してくれるでしょう。

必要書類は「債権に関する資料(請求書、注文書など)」と「通帳のコピー」の2点。書類の準備に手間取ることなく、スピーディーに手続きできます。

必要書類の少なさと、面談不要・オンライン完結により、申し込みから入金まで最短2時間と素早い資金調達が可能なため、急ぎで資金調達したい方におすすめです(※)。

手数料2%〜12%
買取可能額3万円〜上限なし
入金スピード最短2時間(※)
必要書類債権に関する資料(請求書、注文書など)、通帳のコピー
利用対象者法人・個人事業主

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

ビートレーディングの詳細はこちら

③アクティブサポート

アクティブサポートは来店不要のオンライン完結により、自宅や会社にいながら利用でき、300万円なら即日の資金調達が可能です(※)。

必要書類は買取査定希望の「請求書」と「通帳のコピー」の2点のみ。多くの書類を準備する手間がなく審査もスムーズですし、申し込みから最短30分で手続きが完了します。

審査通過率90%以上を誇っていることから柔軟な対応が期待でき、税金滞納等が原因で銀行・ビジネスローンから融資してもらえない方、起業して間もない方でも利用できます。

少額買取専門なので、より金額の少ない契約や小規模のファクタリング業者を利用したい方に最適でしょう。

手数料2%〜14.8%
買取可能額原則300万円まで
入金スピード最短即日(※)
必要書類請求書、通帳のコピー
利用対象者法人・個人事業主

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アクティブサポートの詳細はこちら

④トップ・マネジメント

2009年創業の実績豊富なトップ・マネジメントは、対面での面談実施、公式サイトで営業スタッフの顔を公開するなど、安心と信頼性の高い老舗のファクタリング業者です。

申し込みから面談・入金までオンライン完結できますが、直接対面での面談も行っているため、はじめての方やファクタリングに不安がある方でも安心でしょう。

「対応・アフターフォローも丁寧で継続して利用したい」「入金までのスピードが早い」といった対応の良さ・スピード感にも定評があり、即日の資金化が可能です(※1)。

基本のサービスでは決算書の提出が必要になりますが「ペイブリッジ」「見積書・受注書・発注書ファクタリング」なら、決算書なしで利用できます(※2)。

ただし、月商500万円以上・設立半年以上の法人限定のサービスとなるため、個人事業主・フリーランスは利用できません

手数料0.5%~12.5%
買取可能額30万円~3億円
入金スピード最短即日(※1)
必要書類【基本サービス】
本人確認書類、請求書、決算書、通帳のコピー(7ヶ月分)
【ペイブリッジ】
申込書、請求書・見積書・発注書のいずれか1点、通帳のコピー
【見積書・受注書・発注書ファクタリング】
見積書・受注書・発注書のいずれか1点、通帳のコピー
利用対象者法人・個人事業主・フリーランス(※2)

※1:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2:「ペイブリッジ」「見積書・受注書・発注書ファクタリング」の利用は、月商500万円以上設立半年以上の法人限定です。

トップ・マネジメントの詳細はこちら

⑤ペイトナーファクタリング

業界最速クラスの最短10分で資金調達できるペイトナーファクタリングは、急な資金調達に迫られたときに頼りになるファクタリングサービスです(※1)。

必要書類は「請求書」と「本人確認書類」の2点、2回目以降は請求書のみの提出になっており、申請完了までスムーズかつ手軽に利用できるでしょう(※2)。

面談や電話・ メールでのやりとりが必要ないオンライン完結に対応しているため、手続きが簡単なうえに、初期費用や月額費用もかかりません。

1万円の少額から利用できるので、個人事業主・フリーランス、売掛金が少なく他サービスで断られてしまった方にもおすすめです。

手数料10%
買取可能額初回:1万円~25万円2回目以降:1万円~100万円
入金スピード最短10分(※1)
必要書類(※2)請求書、本人確認書類(2回目以降は請求書のみ)
利用対象者法人・個人事業主・フリーランス

※1:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2:必要に応じて入出金明細の提出を求められることがあります。

ペイトナーファクタリングの詳細はこちら

ファクタリングは決算書なしでも申し込めるが注意点も要チェック

ファクタリングは決算書なしでも申し込めます。ただ、決算書なしで申し込む場合にはいくつか注意点があるので、事前にチェックしておきましょう。

注意点
決算書なしのファクタリングサービスを提供している業者を選ぶ決算書なしのファクタリングに対応している業者は限られているため、公式サイトや電話・メールなどで事前に確認する
決算書以外の書類の不備をなくす決算書なしの場合、決算書以外の書類の重要度が高いと予想されるため、書類に不備が一つあるだけで審査に落ちる可能性がある
決算書がない理由を問われた際に嘘をつかない決算書がない理由を問われた際に「開業したばかりで用意できない」「(赤字続きで)公開したくない」「紛失してしまった」など、嘘をつかず正直にその旨を使えることが大切
正直に伝えることで、決算書がなくても正当な理由があると判断されれば審査に通る可能性がある。
しかし、嘘をついてしまうと今後の取り引きや審査にも影響を与える危険性がある

上表の3点に注意することで、決算書なしでもファクタリングを利用しやすくなるでしょう。

まとめ

ほとんどのファクタリングでは決算書の提出を求められますが、決算書なしでもファクタリングは利用できます。

しかし、決算書なしで利用する際は注意点もあるため、事前のチェックが重要です。

また、必要書類はファクタリング業者ごとに異なります。本記事で紹介したファクタリング業者は必要書類が2〜4点と少なく、スピーディーな対応で即日の資金調達も可能です。

決算書なしで必要書類も少ないファクタリングサービスを利用したい方は、本記事を参考にして自分に合ったファクタリング業者を選んでみてください。

【決算書なしでもOK!必要書類が少ないおすすめ業者6選】

手数料必要書類
QuQuMo1%~請求書、通帳
ビートレーディング2%~12%債権に関する資料(請求書、注文書など)、通帳のコピー
アクティブサポート2%〜14.8%請求書、通帳のコピー
トップ・マネジメント0.5%~12.5%【基本サービス】
本人確認書類、請求書、決算書、通帳のコピー(7ヶ月分)
【ペイブリッジ】
申込書、請求書・見積書・発注書のいずれか1点、通帳のコピー
【見積書・受注書・発注書ファクタリング】
見積書・受注書・発注書のいずれか1点、通帳のコピー
ペイトナーファクタリング10%請求書、本人確認書類(必要に応じて入出金明細)
うりかけ堂2%~本人確認書類、入出金の通帳(WEB通帳含む)、取引先との契約関連書類(請求書、見積書、基本契約書など)

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ