2社間ファクタリングは違法?メリット・デメリット、3社間との違いについて徹底解説

2社間ファクタリングは、売掛先企業にばれずに素早く資金調達できることから人気が高まっています。

しかしインターネットなどで検索すると偽装ファクタリングという言葉もあり「2社間ファクタリングは違法なのではないか?」と不安に思う方もいるのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、2社間ファクタリングは違法ではなく、安全に資金調達できる便利な手段の一つです。

この記事では、2社間ファクタリングが違法と言われる理由をはじめ、利用するメリット・デメリットについて徹底紹介します。

2社間ファクタリングは違法?3社間ファクタリングとの違い

2社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社の間で契約締結し、資金調達を実施します。

売掛先の同意や承諾が必要ないため、ファクタリングサービスを利用している事を知られる心配がありません。

売掛先の同意が不要なことから違法性を疑われやすいですが、先述した通り、合法で安全に資金調達できる方法の一つです。

2社間ファクタリングは、1998年に「債権譲渡登記制度」の成立により可能になった仕組みで、民法第466条1項により売掛先の承諾や同意なしで売掛債権を売却しても問題ないとされています。

民法第466条「債権の譲渡性」1項債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない

一方、3社間ファクタリングとは、利用者とファクタリング会社に加え、売掛先(取引先)を含めて契約締結するファクタリングのことを指します。

売掛先との契約も必要となるため、ファクタリングの利用が売掛先に知られることになります。

また、取引先との契約のやりとりが発生することで現金化まで時間がかかるなどのデメリットもありますが、比較的手数料は低い傾向にあります。

売掛先にバレずに利用したい方や、早く資金調達したい方には2社間ファクタリングがおすすめです。

2社間ファクタリングのメリット!手数料は高い?

一般的に、2社間ファクタリングは手数料が高いと言われています。

実際に2社間ファクタリングの場合、3社間と比較して未回収リスクが増加するため、手数料が高くなる傾向があります。

しかし、中には安い手数料で利用できる業者も存在します。

例えば、QuQuMoであれば1%〜、アクセルファクターは2%〜の手数料で利用できます。

一見手数料が高めに感じるファクタリングですが、ビジネスローンと比べると低めです。資金調達の1つとしては、有効な方法でしょう。

また2社間ファクタリングには以下のようにさまざまなメリットがあります。

  • 売掛先にバレずに利用できる
  • 現金化が早い
  • 償還請求権がない

売掛先にバレずに利用できる

2社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社のみの契約の為、売掛先に利用がバレる心配がありません。

一方で3社間ファクタリングの場合、売掛先を交えた契約が必要になるので、売掛先への通知が必須となります。

売掛先に知られることなく、今後の取引や関係性に影響を与えずに資金調達したい方は2社間ファクタリングがおすすめです。

現金化が早い

2社間ファクタリングは、3社間ファクタリングと比較して現金化が早いのが特徴です。

3社間ファクタリングは売掛先を巻き込んでの契約が必要なため、コミュニケーションや審査、契約手続きに時間を要します。

そのため、即日現金化が可能なファクタリング業者は、ほとんどが2社間ファクタリングで提供しています。

償還請求権が無い

2社間ファクタリングには、償還請求権がありません。

償還請求権とは、取引先の倒産などにより売掛先から売掛金を回収できない場合、利用者に費用の返還を求める権利のことです。

償還請求権があると利用者にとって大きなリスクとなりますが、2社間ファクタリングにはないので安心して資金調達できます。 

2社間ファクタリングのデメリットと注意点

ここまでご説明した通り、ファクタリングには様々なメリットがありますが、一方でいくつかのデメリットも存在します。

これから説明する注意点に十分気を付けて、利用するようにしてください。

  • 手数料が高い
  • 審査が厳しい
  • 悪質な業者が潜んでいる可能性もある

手数料が高い

2社間ファクタリングの手数料相場は「8%〜18%」となっており、3社間ファクタリングの相場「2%〜9%」と比較してやや高めの設定になっています。

3者間ファクタリングの場合、売掛先を含めて契約締結するため、架空債権や二重譲渡になる心配がありません。

そのため、売掛金の未回収リスクが低くなるので、手数料を安く設定できます。

ただ2社間ファクタリングの中にも手数料が安い業者はありますので、少しでもお得に利用したい方はしっかり厳選することをおすすめします。

審査が厳しい

2社間ファクタリングは、ファクタリング会社が直接売掛債権を回収できないので、未回収リスクが高い傾向にあります。

そのため、審査をしっかり実施し、確実に現金回収ができそうな売掛債権かを見極めなければなりません。

よって、3社間ファクタリングよりも、2社間ファクタリングの方が厳しく審査されることがあります。

悪質な業者が潜んでいる可能性もある

ほとんどのファクタリング業者は安心安全に利用することが出来ますが、中には悪徳業者が潜んでいる場合もあります。

法外な手数料を請求されたり、契約後に追加で費用を請求されるなど、トラブルに巻き込まれる可能性もあるので注意が必要です。

口コミやWebサイトでしっかりリサーチを行い、信頼できる業者を利用するようにしてください。 

2社間ファクタリングのおすすめ業者

ここからは、安心して利用できるおすすめ優良ファクタリング業者をご紹介します。

トラブルに巻き込まれないために、下記のような信頼できる業者を利用するようにしてください。

  • ビートレーディング
  • アクセルファクター
  • ペイトナーファクタリング
  • QuQuMo
  • ラボル

ビートレーディング

出典:ビートレーディング

「ビートレーディング」は、2社間ファクタリングで契約可能なファクタリングサービスです。

最短2時間で振込してくれ、請求書と通帳のコピーの2点さえあれば利用できるのが特徴。

申し込みから利用までWEB完結OKで、来店する手間もかかりません。

税金滞納や赤字決算時でも申し込めるので、他社で審査落ちした方も試してみてはいかがでしょうか。

専任の女性オペレータ制度を導入しており、初めてのファクタリングでも安心です。

入金スピード最短2時間
利用可能額無制限
手数料2社間:4%~12%3社間:2%~9%
利用対象者個人事業主・法人
取り扱いファクタリング2社間ファクタリング

ビートレーディングの詳細はこちらから

アクセルファクター

出典:アクセルファクター

「アクセルファクター」は、最短2時間振込が特徴の、2社間ファクタリングを提供するファクタリングサービスです。

他社と比較して審査が柔軟で、赤字決算や創業直後でも申し込むことができます。審査通過率は93.3%以上を誇るため、審査に不安を抱えている方にもおすすめです。

利用可能額は無制限なので、多額の売掛債権であっても取り扱い可能。

累計契約数は18,000件、申し込み総額は350億円超えの実績があるため、安心して利用できます。

入金スピード最短2時間
利用可能額30万円~無制限
手数料2%~
利用対象者個人事業主・法人
取り扱いファクタリング2社間ファクタリング

アクセルファクターの詳細はこちら

ペイトナーファクタリング

出典:ペイトナーファクタリング

「ペイトナーファクタリング」は、最短10分での着金が特徴のファクタリングサービスです。

2社間ファクタリングサービスを取り扱っており、売掛先にばれる心配もありません。

請求書、本人確認書類の2点のみで申し込みできるため提出書類の準備に手間がかかりません。

一刻も早く資金調達しなければならない方は、ペイトナーファクタリングをおすすめします。

入金スピード最短10分
利用可能額1万円~100万円(初回25万円)
手数料一律10%
利用対象者フリーランス・個人事業主・法人
取り扱いファクタリング2社間ファクタリング

ペイトナーファクタリングはこちらから

QuQuMo

出典:QuQuMo

「QuQuMo」は、手数料1%〜で利用可能な、2社間ファクタリングを展開するファクタリング業者です。

一般的に、2社間ファクタリングの手数料相場は「8%〜18%」と言われているため、比較的安価に利用することができます。

申し込みから契約までPCやスマホからWEB完結可能、忙しくて店舗に行く時間がない方にもおすすめ。

また、少額から柔軟に対応してくれるので、利用金額の自由度が高いのも人気のポイントです。

入金スピード最短2時間
利用可能額無制限
手数料1%~
利用対象者個人事業主・法人
取り扱いファクタリング2社間ファクタリング

QuQuMoの詳細はこちら

ラボル

出典:ラボル

「ラボル」は、2社間ファクタリングを採用しているフリーランス・個人事業主向けのファクタリングサービスです。

他社では珍しい24時間365日振込を実現しており、土日祝でも最短60分での振り込みが可能。

通常、土日祝は営業時間外のため即日入金の対象外となる場合が多いですが、ラボルは24時間いつでも即日対応してくれます。

入金スピード最短60分
利用可能額無制限
手数料一律10%
利用対象者個人事業主・フリーランス
取り扱いファクタリング2社間ファクタリング

ラボルはの詳細はこちらから

まとめ

この記事では、2社間ファクタリングが違法と言われる理由や、利用するメリット・デメリットについてご紹介しました。

2社間ファクタリングは違法ではなく、安心安全に素早く資金調達できる、便利な手段の一つです。

また、売掛先にバレずに資金調達できるなどメリットもたくさんあります。

トラブルに巻き込まれないために、しっかりとリサーチし、自分に合った業者を選ぶようにしてください。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ