今すぐ200万必要!200万借りる方法は?消費者金融・アコム・銀行カードローン・融資など。今すぐ150万必要

病気や事故などさまざまな事情によって「今すぐ200万円必要」となるケースもあるでしょう。

もちろん、しっかり貯金していれば問題ありませんが、上がらない給料や高騰する物価などの影響によって思うような貯蓄ができず、困っている方もいるのでは?

そこで本記事では、今すぐ200万円必要なあなたに向けて、お金を貸してくれる人や借りる方法について解説します。

加えて、無職でも借りる方法があるのかお伝えするので、ぜひ最後まで読んでみてください。

今すぐ200万必要!200万借りる方法。消費者金融・アコム・銀行カードローン・融資など。今すぐ150万必要

続いては、今すぐ200万円必要な人におすすめのカードローンを4つご紹介します。

  • アイフル
  • セブン銀行カードローン
  • プロミス
  • アコム

アイフル

アイフル」は、限度額が最大800万円のカードローンです。審査時間は最短18分(※)と業界トップクラスのスピードを誇ります。

午前中に思い立って申し込んでも、審査がスムーズに進めば、同日の午後にはお金を受け取れる可能性があるわけです。

今すぐ200万円必要という方にとっては、心強い味方になってくれるかもしれません。

実質年利3.0%~18.0%
借り入れ限度額800万円(※1)
融資までの期間最短即日融資(※)
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※1:ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です

アイフルの貸し付け条件はこちら

セブン銀行カードローン

画像:セブン銀行カードローン

満70歳未満まで利用可能な、セブン銀行カードローンは、銀行カードローンの中でも審査スピードが早く、最短即日審査にも対応しています。

申し込みには口座開設が必要ですが、全てオンラインで完結でき10分ほどで開設できるので手間がかかりません。また、安定した収入があれば、アルバイトやパートでも申込みできます。

契約後はカードの到着を待たずにスマホから借入できます。

借入金利12.0〜15.0%
利用限度額300万円
審査期間最短即日
申し込み可能年齢満20歳以上満70歳未満の方
利用条件・保証会社の保証を受けられる方
・安定した収入がある方
・セブン銀行の普通預金口座をお持ちの方
※アルバイト・パートでも申込可能

※口座がない方は、申込から融資までに2週間以上かかる場合があります
※利用限度額によって借入金利が異なります。
※カードローンは計画的にご利用ください。

セブン銀行カードローンはこちらから

プロミス

プロミス」は、借入限度額が最大500万円のカードローンです。今すぐ200万円必要な方でも、条件を満たしていればプロミスだけで希望額に届くでしょう。

また、審査時間はアイフル同様に最短3分(※)と業界トップクラスの早さです。

まさに、今すぐ200万円必要な時に役立つカードローンと言えるでしょう。

実質年利年4.5%~17.8%
借り入れ限度額1〜500万円
※借入限度額は審査によって決定いたします
融資までの期間最短即日融資(※)
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミスはこちらから

アコム

画像:アコム

アコム」は、審査時間が最短20分(※)のカードローンです。アコムならカードレスでの契約OK。

ローンカードの受け取りに時間を取られる心配がないため、お急ぎの方には最適です。限度額は最大800万円と高額なので、今すぐ200万円必要な方でも問題なく利用できます。

カードローンのほか、事業者をサポートするビジネスローンや複数のローンを一本化できる借り換えローンも提供。目的や状況に合う商品を選べます。

実質年利3.0%~18.0%
利用限度額1~800万円
融資までの期間最短20分※
Web完結

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムはこちらから

今すぐ200万必要!貸してくれる人、借りる方法は?

まずは、今すぐ200万円必要なあなたに向けて、お金を貸してくれる人、借りる方法をご紹介します。

今回ご紹介する3つの方法は、ヤミ金などの危険な方法ではありません。

安心して利用できるので、参考にしてみてください。

  • カードローン
  • 目的別ローン
  • おまとめローン

カードローン

お金を借りる方法1つ目は「カードローン」です。

カードローンとは、銀行や消費者金融等の金融機関が提供する、個人向け融資サービスの一種です。

一度契約すれば、限度額の範囲内で何度でもATMなどからお金を引き出せます。

また、資金使途は原則自由なので、どのような理由で200万円必要だとしても問題なく利用できます。

ただし、契約するには「安定した収入があるか?」などの審査を受ける必要があり、無職の方は利用できません。

ちなみに、専業主婦で配偶者に安定した収入があれば、一部のカードローンで契約が可能です。

<今すぐ200万円借りるのにおすすめのカードローン>

実質年率融資限度額
アコム3.0%~18.0%最大800万円
プロミス4.5%~17.8%最大500万円

※借入限度額は審査によって決定いたします。

目的別ローン

お金を借りる方法2つ目は「目的別ローン」です。

目的別ローンとは、その名の通り、決められた目的のみに利用可能なローンです。具体的には、以下のような商品があります。

  • ビジネスローン
  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • 医療ローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン
  • 美容ローン
  • ペットローン

このように、様々な目的に合わせたローン商品です。

カードローンのようなフリーローンではないため、金利が低く審査にも通りやすいといった点が特徴です。

もし、あなたが200万円必要な理由が明確で、なおかつ目的にあったローン商品がある場合は、利用を検討してみるといいでしょう。目的別ローンは、主に銀行や信販会社が提供しています。

おまとめローン

お金を借りる方法3つ目は「おまとめローン」です。

おまとめローンとは、複数の借入れを1つにまとめるローン商品です。

借入れをまとめることで、金利を引き下げたり返済期間を調整したりして、今より良い条件での借入に切り替えられる可能性があります。

もし、「複数の借入れがあって返済できない」という理由から200万円必要なら、おまとめローンを検討してみましょう。

以下におすすめのおまとめローンを3つ掲載しておくので、参考にしてみてください。

金融機関名借入上限枠年率特徴
中央リテール500万円年10.95~13.0%金利が低め
首都圏キャッシング800万円年7.3%~15.0%審査が柔軟
デイリーキャッシング600万円年8.5%~14.5%融通がきく

今すぐ200万円必要ならカードローン|借りるときの注意点

前の項目で、3つのお金を借りる方法をご紹介しました。

どの方法も、200万円必要なあなたの役に立つ可能性があるでしょう。

しかし、目的別ローンは資金使途が限定されているので、該当する商品がないという方もいるでしょう。また、おまとめローンはすでに複数の借入れがある方しか利用できません。

そのため、今すぐ200万円必要ならおすすめはカードローンです。

ただし、カードローンで200万円借りる際も注意すべき点があるので解説します。

  • 総量規制に引っかからないようにする
  • 利息がいくらかシミュレーションしておく
  • 融資に時間がかかる可能性を頭に入れておく

総量規制に引っかからないようにする

まず、総量規制に引っかからないように注意しましょう。

総量規制とは、年収の3分の1までしか借り入れられないと定められた法律です。利用者を、過度な借入による破産などから守るために制定されました。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)
引用:日本貸金業協会「お借入れは年収の3分の1までです」

つまり、あなたの年収が300万円なら借りられるのはその3分の1の100万円までです。

今すぐ200万円必要であっても、年収によっては借りられないため注意してください。

ちなみに、カードローンで200万円借りるには、最低でも600万円の年収が必要です。

ただ、銀行は銀行法に基づいて運営されているため、総量規制の対象外となっています。もちろん、銀行でも過剰貸付防止の観点から、年収3分の1以上の貸付に積極的ではありません。

しかし、以下の記事で書かれている通り、住信SBIネット銀行のカードローンを利用して400万円の借入に成功した人が存在するのも事実です。

銀行であれば、個人の事情を考慮して200万円貸してくれる可能性があるので、一度相談してみると良いでしょう。

利息がいくらかシミュレーションしておく

次に、利息がいくらになるのか返済計画をシミュレーションしてみましょう。

シミュレーションすれば、毎月の返済額やトータルの利息額が詳細にわかります。

自身の収入とあわせて考えれば、きちんと返済できるのか、無理のない借入額なのかを把握できるでしょう。

シミュレーションサイトに関しては、インターネットの検索エンジンで「返済シミュレーション」などと入力して調べれば簡単に見つかります。

ここでは、試しに「知るぽると」というシミュレーションを使って、200万円借りると利息がいくらになるのか計算してみましょう。

ちなみに、借入額200万円の場合は金利が最大15.0%で、返済期間は一般的に5年程度とされています。

画像:知るぽると

シミュレーションの結果は次の通りです。

毎月返済額4万7,579円
年間返済額57万948円
総返済額285万4,740円
合計利息額85万4,740円

このように、利息だけでも85万円の支払いが必要です。

もちろん、返済期間をもっと短くすれば合計の利息額は減ります。

しかし、毎月の負担は大きくなるので、月々の支出と収支のバランスを考えて、最適な期間を選ぶようにしましょう。

ちなみに、金利を下げれば毎月の負担を増やさずに合計の利息額を減らせます。

融資に時間がかかる可能性を頭に入れておく

最後に、借入先によっては融資に時間がかかる可能性があると頭に入れておきましょう。

確かに、近年はWEB申し込みに対応したカードローンが増え、即日融資してくれる金融機関も多くなりました。

しかし、即日融資というのはあくまで最短での話です。

審査状況や混雑状況によっては2〜3日かかる可能性があります。

また、銀行系カードローンはそもそも即日融資に対応しておらず、1週間〜10日程度かかります。

今すぐ200万円必要だからといって、必ずしも即日でお金を手に入れられるわけではないと理解しておきましょう

今すぐ200万円必要!無職でも借りる方法はある?

ここまで、今すぐ200万円必要な方に向けて、お金を借りる方法を解説しました。しかし、どの方法も安定した収入がある方が対象ですから、無職の人は利用できません。

そこで最後は、無職の人でも200万円借りられる方法について解説します。

  • 質屋
  • 家族や友人
  • 契約者貸付

質屋

まず、質屋であれば無職でもお金を貸してくれます。

質屋とは、品物を担保として預けてお金を貸してもらうサービスです。

品物が担保になっているので、審査は不要、無職でも問題なく利用できます。

また、期日までに返済できなかったとしても、質屋側は品物を売ってお金に変えるため、返済を催促してきません。

ただし、200万円借りるには、当然200万円の価値がある品物を用意する必要があります。高価なブランド品などを持っていない方は、お金を借りるのは難しいというのが実情です。

家族や友人

次に、家族や友人であれば無職でもお金を貸してくれる可能性があります。

しかも、無利息や返済期日を決めずに貸してくれる可能性があるでしょう。

ただし、お金の貸し借りは人間関係に大きなひびを入れる恐れがあります。

そのため、この方法は医療費や学費など、やむを得ない理由の時だけ利用するようにしてください。

また、借りる際は相手と返済期日をしっかり決めたり、利息の有無を話し合ったりするようにしましょう。

契約者貸付

最後に、契約者貸付という制度を利用しても200万円借りられる可能性があります。

契約者貸付とは、生命保険を解約した際に戻ってくる「解約返戻金」を担保に、一定の範囲内で貸付する制度です。

借りられる金額の上限は、解約返戻金の7割〜8割とされています。

そのため、あなたが解約返戻金300万円の生命保険に加入していれば、200万円のお金が借りられます。

また、契約者貸付を利用しても保険のサポートはなくならないので、安心して利用してみてください。

まとめ

今回は、今すぐ200万円必要になった時、お金を貸してくれる人や借りる方法があるのか解説しました。

200万円は高額なお金なので、なかなか今すぐ貸してくれる人を探すのは難しいのが実情です。

しかし、近年は最短即日で融資してくれるカードローンが増えているので、審査状況などによっては今すぐ200万円借りられる可能性があります。

ただし、審査があるので、スムーズな借入を希望する方は必要書類などの準備を済ませておきましょう。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ