還元率が高いおすすめクレジットカードランキング|プロ目線で1番お得なカード徹底比較

還元率が高いクレジットカードが欲しいという方のために、とにかくポイントが貯まってお得なクレジットカードをランキング形式で紹介します。さらにポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶ方も紹介するので参考にしてみて下さいね。

この記事の監修者

高橋

クレットカードメディア編集長

今までに作ったクレジットカードは楽天カードやイオンカードなど10枚に渡り、日常生活の支払いは全てクレジットカードという徹底ぶり。多くのクレジットカードを使いこなしたからこそ分かる、お得なクレジットカード情報をお伝えします!

目次

クレジットカードは1%以上なら高還元率!

h2made_ポイント還元率1.0%以上クレカ

お得なクレジットカードが欲しいなら、ポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶのがおすすめです。ずばりポイント還元率が1%以上であればポイント還元率が高いクレジットカードと言えるので、参考にしてみて下さい。

編集長

ここからは、意外と知らないポイント還元率の仕組みと基本知識を、分かりやすく説明します。

ポイント還元率の仕組み

h3made_ポイント還元率

ポイント還元率とは「利用額に対してどれだけポイントが返ってくるか」を表す数字。

クレジットカードのお得さを表すひとつの指標です。

  • ポイント数(PT)÷利用額(円)×100=ポイント還元率(%)
編集長

1ポイント=何円に値するかによってもポイント還元率は変わりますが、基本的にこの式を使えば簡単にポイント還元率が求められます。気になるカードがあれば、自分で計算してみてもいいでしょう。

ポイント還元率の基礎知識

h3made_ポイント還元率は2つ

ポイント還元率には、基本ポイント還元率と優待店でのポイント還元率の2種類が存在します。

  • 基本ポイント還元率=どのお店で使っても受けられるポイント還元率
  • 優待ポイント還元率=特定のお店や加盟店でのポイント還元率

クレジットカードを選ぶ際は、基本ポイント還元率が高く、優待店に自分がよく使うお店が含まれているクレジットカードを選びましょう。基本ポイント還元率の平均は0.5%と言われているので、1%以上のクレジットカードを選んでおけば、基本ポイント還元率に関しては合格です。

編集長

そうは言ってもカード選びは難しいですよね。クレジットカード初心者さんには、基本ポイント還元率が高いクレジットカードをまず見つけるのがおすすめです。その上でポイント加盟店に自分のよく使うお店があればラッキーぐらいの気持ちでいるといいかもしれません。

【徹底比較】ポイント還元率が高いクレジットカードランキング

h2made_還元率クレカランキング

ここからは、基本ポイント還元率が1.0%以上のクレジットカードの中からポイントが貯まりやすいクレジットカードを厳選し、ランキング形式で紹介します。

  1. JCBカードW
  2. リクルートカード
  3. 楽天カード
  4. dカード
  5. amazonカード
編集長

ポイントの貯まりやすさだけではなく、ポイントの使い道にも注目し、本当に使いやすいクレジットカードを厳選しました。是非、参考にしてみて下さいね。

①JCBカードW

JCB CARD W基本情報
年会費永年無料
ポイント還元率0.6%~10%
国際ブランドJCB
申し込み条件18歳以上39歳以下

いつでもどこでもポイント2倍

JCBカードWの基本ポイント還元率は、いつでもJCB一般カードの2倍。基本ポイント還元率が高いだけではなく、ポイント還元率がアップする加盟店が豊富で使いやすいので、メインカードを探している全ての人におすすめです。

加盟店が豊富でポイントアップしやすい

jcb_jcbカードw

具体的には、Amazonセブン-イレブンではポイント還元率は3倍に、スターバックスで利用すればポイント10倍に。上記のお店を普段使う方には、特に使ってみて欲しいカードです。

編集長

年会費が無料でポイントが貯まりやすいカードといえば、JCBカードW一択でしょう。39歳以下でないと申し込みできないという点はネックですが、一度発行してしまえば使い続けられるので、なるべく早く発行するのをおすすめします。

②リクルートカード

リクルートカード基本情報
年会費永年無料
ポイント還元率1.2%
国際ブランドMastercard・Visa
JCB・UnionPay
申し込み条件18歳以上

基本ポイント還元率が年会費無料カードの中で最も高い

リクルートカードは年会費無料カードの中で、基本ポイント還元率が1.2%と最も高いクレジットカードです。基本ポイント還元率が高いので、「ポイントUPを考えて買い物するのは嫌」という方や「光熱費公共料金を支払うためのカードが欲しい」方に打って付け。

ただしポイントの使い道は少なめ

リクルートカードの加盟店は少なく、ポイントの使い道も他のカードに比べて少なめです。リクルートカードで貯まったポイントは、「Pontaポイント」「dポイント」に交換するか「じゃらん」や「HOT PEPPER Beauty」などのリクルート系列サービスのみで利用できます。

ポイントは貯まったけど使い道が少なくて他のカードにしたい…」という方もいるので、ポイントを使う段階でも満足できるかどうかしっかり見極めましょう。

編集長

実はリクルートカードのポイントの貯まりやすさの理由は、ポイント還元率だけにありません。リクルートカードは月単位で利用額がポイントに変わり、切り捨てられるポイントがほぼ発生しないので、他のカードと比べ取りこぼしなくポイントが貯まるのです。

③dカード

dカード 通常デザイン(ホワイト)_券面
dカード基本情報
年会費永年無料
ポイント還元率1%
国際ブランドMastercard・Visa
申し込み条件18歳以上(高校生除く)

dカードは非ドコモユーザーにもおすすめ

dカードの基本ポイント還元率は1.0%。加盟店が多く使いやすいので、ドコモユーザーの方にはもちろん非ドコモユーザーにもおすすめできるクレジットカードです。

d払いでいつでもポイント1.5倍

dcard_dカードd払い

dカードをd払いと併用して利用するだけで、ポイント還元率が1.5%にアップするので電子マネーをよく使う方におすすめです。

編集長

種類豊富なdポイント加盟店で使えば、ポイント最大4倍にもなるので、下の公式サイトからdポイント加盟店を確認してみて下さいね。

④楽天カード

楽天カード基本情報
年会費永年無料
ポイント還元率1.0%〜3.0%
国際ブランドVisa,JCB,Mastercard,
Amex
申し込み条件18歳以上

楽天市場を使うなら楽天カード一択

楽天カードは、基本ポイント還元率は1.0%、楽天市場でのポイント還元率3.0%、最大ポイント還元率が14.0%と、楽天ユーザーに一番おすすめしたいカードです。

還元率はamazonカードより楽天カードの方がお得

同じネットショッピングのamazonカードはゴールドカードであってもポイント還元率2.5%。楽天カードなら一般カードでも、楽天市場での利用額からいつでも3%のポイントが還元されます。

編集長

楽天経済圏を使えば使う程、お得な楽天カード。年会費が無料なので楽天市場を使う方であれば、持っていて損のない1枚ですが、「楽天市場を全く使わない」という方であれば、楽天カードを使いこなせない可能性があるのでJCBカードWがおすすめです。

⑤amazonカード

Amazon Mastercard基本情報
年会費無料
ポイント還元率1.0%~1.5%
(Amazonではプライム会員は最大2%、
非プライム会員は最大1.5%)
国際ブランドMastercard
申し込み条件満18歳以上(高校生を除く)

amazonユーザーにイチ推しカード

amazonカードはamazonの利用で、ポイントが1.5〜2.0%還元されるクレジットカードです。貯まったポイントは自動でamazonアカウントに加算され面倒なポイント交換をしなくて済むので、amazonユーザーにおすすめです。

また、セブン-イレブンやローソンなどコンビニの利用でも1.5%、それ以外のお買い物でも1%の還元率です。

編集長

amazon以外での利用で一切ポイントアップの機会がないのでメインカードとしてはおすすめ出来ませんが、amazonユーザーのためのサブカードとしておすすめです。

使い方次第で還元率が高くなるクレジットカード5選

h2made_使い方次第ポイント還元率クレカ

これまで基本ポイント還元率が1.0%以上のおすすめクレジットカードを紹介しました。ここからは、惜しくも基本ポイント還元率は1.0%に満たないものの、使い方次第でかなりお得になるクレジットカードを5枚紹介します。

  1. 三井住友カード(NL)
  2. イオンカードセレクト
  3. ライフカード
  4. VIASOカード
  5. dカード GOLD(dカードゴールド)
編集長

一枚ずつ見ていきましょう。

①三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)基本情報
年会費永年無料
ポイント還元率0.5%
国際ブランドVisa・Mastercard
申し込み条件高校生を除く18歳以上

セブン-イレブン・ローソン・マクドナルドなどでポイント還元率が最大7%に

三井住友カード(NL)はセブン-イレブンやローソン、マクドナルドなどで、スマホのタッチ決済を利用すれば、ポイント還元率が最高7%の高還元になるクレジットカード。これらの店舗をよく使うなら必ず発行しておきたい一枚です。

※スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うことが条件です。
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※通常のポイントを含みます。
※商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

申し込みから最短10秒でカードが使える

三井住友カード(NL)は、申し込み完了後からカード利用まで最短10秒。カードは翌営業日に発行されますが、申し込み後すぐにネットやiD加盟店でクレジット決済を利用できます。

今すぐクレジットカードを利用したい人におすすめです。

※即時発行ができない場合があります。
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

②イオンカードセレクト

イオンカードセレクト_券面
イオンカードセレクト基本情報
年会費無料
ポイント還元率0.5%
国際ブランドVisa/Mastercard/JCB
申し込み条件18歳以上

イオンユーザーならポイント高還元

イオンカードはイオングループの対象店舗で使うと、いつでもポイント還元率2倍。さらにイオングループ対象店舗外でも毎月10日はポイント2倍です。

イオンをよく使う人や、ポイントアップの機会を逃さずカードを上手に使いこなせる人におすすめのカード。

ポイントアップだけでなく割引も豊富

イオンカードなら、毎月20日・30日は全国のイオン系列店でのお買い物代金が5%OFFに!ポイントアップだけでなく、その場で会計が安くなるのは嬉しいですね。

編集長

さらに「イオンカード(ミニオンズ)」を選べば、イオンシネマで映画を見る際の料金がいつでも1,000円に※なります。一般料金1,800円、大学生料金1,500円が、どちらも1,000円になるので、大学生が持っていても損はなし。

【イオンシネマ特別鑑賞 注意事項】

※沖縄・鹿児島・宮崎・山陰・奈良などご利用できない地域がございます。イオン商業施設内の他社映画館は対象外です。
<イオンシネマ特別鑑賞 注意事項>
・イオンシネマ/シアタス以外の映画館および、「割引対象外」表示がある特別興行などではご利用いただけません。
・2023年10月1日(日)までに「特別鑑賞シネマチケット」 1,000円(税込)を12枚以上購入されているカード会員さまは、次回登録日まで同単価のチケットは追加購入いただけません。(例)2月1日に初回登録した場合、翌年2月1日に年間購入枚数の累積がリセットされます。
・対象カード会員さまが「暮らしのマネーサイト」専用販売サイトにて、イオンシネマで利用可能なシネマチケット(前売券)を優待料金で購入いただける特典です。劇場での直接購入は一般料金からの「イオンカード割引き」が適用されますのでご注意ください。
・「暮らしのマネーサイト」ログインには、イオンスクエアメンバーIDのご登録(無料)が必要となります。
・利用対象興行の3D/4D/IMAXなどの特殊スクリーンやアップグレードシートなどの特別席は、座席指定時に追加料金でご利用いただけます。
・シネマチケットの購入は「本人認証(3Dセキュア)」登録済みのイオンカードセレクト(ミニオンズ)、イオンカード(ミニオンズ)、TGC CARDのクレジット払いに限らせていただきます。
・本特典はイオンエンターテイメント(株)が提供いたします。販売画面の記載事項も合わせてご確認ください。
・転売・換金目的の利用が発覚した場合、本特典の利用を停止する場合がございます。
・本特典の内容が変更になる場合や予告なく終了となる場合がございます。

③ライフカード

ライフカード基本情報
年会費永年無料
ポイント還元率0.50%
国際ブランドVisa・Mastercard・JCB
申し込み条件18歳以上

ポイントアッププログラムが豊富

ライフカードの基本ポイント還元率は0.5%と低めですが、ポイントプログラムが豊富なので、使い方によっては簡単にポイントアップできます。

life_ライフカードポイントプログラム①
life_ライフカードポイントプログラム②
lide_ライフカードポイントプログラム③
ライフカードポイントアッププログラム
1. 入会初年度ポイント1.5倍/お誕生月ポイント3倍
2. 利用額に応じてポイント最大2倍!年間50万円の利用で300ptプレゼント
3. 「L-Mall」利用でポイント最大25倍

お誕生月のポイントアップなどは簡単に出来るので、特定のお店でのポイントアップよりも期間限定でポイントがアップするクレジットカードを利用したい人におすすめ。

編集長

家具や、電化製品などの大きな買い物を一時的にしたい人にもおすすめです。

④VIASOカード

VIASOカード基本情報
年会費永年無料
ポイント還元率0.5%
国際ブランドMastercard
申し込み条件18歳以上

ポイントが自動でキャッシュバックされる!

viaso_viasoカード

VIASOカード最大の強みは、貯まったポイントが自動でキャッシュバックされること。

通常のクレジットカードなら貯まったポイントには有効期限があるので、「ポイント交換忘れで知らないうちに有効期限が切れていた…」なんてことも。VIASOカードなら自動でキャッシュバックされるので、ポイント交換先に迷うこともなく使い切れます。

固定費などのポイント還元率は2倍にアップ

viaso_viasoカード

VIASOカードのポイント還元率は通常0.5%なので、1.0%のクレジットカードと比べると見劣りしますね。しかしVIASOカードを携帯電話・インターネット・ETC利用に活用すれば、ポイント2倍の1.0%までアップ

編集長

1.0%であれば高還元と言えるので、携帯電話・インターネット・ETC利用する方には特におすすめのクレジットカードです。

⑤dカード GOLD(dカードゴールド)

dカード GOLD_券面
dカード GOLD基本情報
年会費11,000円(税込)
ポイント還元率1%
国際ブランドVisa、Mastercard
申し込み条件20歳以上(学生を除く)

ドコモユーザーなら年会費のモトが取れる!

dカード GOLDの年会費は11,000円と少しお高め。ただし、ドコモユーザーであれば毎月のドコモケータイ/「ドコモ光」利用料金が10%ポイント還元されます。

dカードgold_年会費の元が取れる

毎月ケータイ料金などに10,000円(税抜)以上利用すれば、1,000ポイント×12ヶ月=12,000円分のポイントが貯まり、ドコモサービス利用料金だけで年会費の元が取れる計算です。dカード ゴールドは、ドコモケータイ/「ドコモ光」利用料金が月10,000円以上になる人におすすめです!

編集長

dカードゴールドの基本ポイント還元率は、一般カードと変わりませんが、モトが取れるドコモユーザーであれば、実質年会費無料で空港ラウンジなどゴールドカードならではのサービスを利用できるのでかなりお得です。

ポイント還元率の高いクレジットカードの選び方6つ

h2made_ポイント還元率クレカ選び方

ここまでポイント還元率の高いクレジットカードを紹介してきました。ここからは、ポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶ時に見るべきポイントを6つお伝えします。

  1. ポイント還元率アップのチャンスに注目
  2. ポイントの使い道は豊富か
  3. ポイントの有効期限をチェック
  4. ポイント還元率は永遠か期間限定か
  5. 年会費は無料の一般カードで十分
  6. リボ払いのカードに注意

どれもカード選びに欠かせないポイントです。ひとつずつ見ていきましょう。

①ポイント還元率アップのチャンスに注目

ポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶためには、基本ポイント還元率の高さだけではなく、ポイントがアップするポイント優待店にも注目しましょう。

ポイント優待店の中に自分がよく使うお店があれば、ポイントの貯まるスピードが段違いになりますよ。

②ポイントの使い道は豊富か

クレジットカードを選ぶ際には、ポイントの貯まりやすさだけではなくポイントの使いやすさ、使い道にも注目しましょう。いくらポイントを沢山貯められても、使い道が少なくてはせっかくポイントを貯めた意味がありませんね。

ポイントの使い道は、現金・マイル・ギフト券・限定商品などカードによって様々。自分に合った使い道のあるクレジットカードを選びましょう!

③ポイントの有効期限をチェック

多くの場合クレジットカードで貯められるポイントには、有効期限が存在します。特にポイントをゆっくり貯めたいと思っている人なら、ポイントの有効期限は必ずチェックしておきましょう。

有効期限が切れるとポイントは全て帳消しになるので、今までの苦労が水の泡になってしまいます。また、ポイント有効期限が極端に短いカードを選んでしまうと、まとまったポイントを貯められず、思ったような商品やサービスとポイント交換できないなんてことも。

④ポイント還元率は永遠か期間限定か

ポイントの有効期限だけではなく、ポイント還元率自体の有効期限にも注意が必要です。極端にポイント還元率が高い場合、期間限定であることが多いので特に気をつけましょう。

ただし、「期間限定でポイント還元率が高くなる場合に合わせて大きな買い物をする」なんてこともできるので、一概に期間限定ポイント還元率が悪いとは言えません。

編集長

ただし、期間限定のポイント還元率に合わせて家電製品など大きな買い物をすればお得になるので、高額商品の購入予定がある人は検討してみてもいいでしょう。

⑤年会費は無料の一般カードで十分

クレジットカードを選ぶ際には、年会費にも注意が必要。年会費が高いカードを選ぶと、使いこなせかった場合かえって損をすることも。

ポイント還元率だけを重視したい方なら、年会費無料の一般カードで十分です。

編集長

正直、ゴールドカードと一般カードのポイント還元率は変わりません。ゴールドカードの年会費の高さは、空港ラウンジなどの旅行特典から来ているのです。ポイントだけを貯めたいのならい年会費無料クレジットカードで十分です。

⑥リボ払いのカードに注意

ポイント還元率が高いカードの中には、自動的にリボ払い設定になるクレジットカードもあるので、注意しましょう。リボ払いとは、毎月の支払額を一定額に設定し、高い金利とともに支払う制度のこと。

リボ払いは金利が高く、知らないうちに多額の借金を抱えるリボ払い地獄に陥る可能性があります。余程のことがない限り、リボ払いのカードは選ばないようにしましょう。

ポイント還元率の高いクレジットカードについてよくある質問3つ

h2made_よくある質問

ここからはポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶとき、利用するときによくある質問をQ&A式でご紹介します。

  1. ポイント還元率の計算方法は?
  2. 貯まったポイントの確認方法は?
  3. ポイント還元率を高くするには?

①ポイント還元率の計算方法は?

ポイント還元率は、そのポイントが何円に値するかによってもポイント還元率は変わりますが、基本的にこの式を使えば簡単にポイント還元率が求められます。

  • ポイント数(PT)÷利用額(円)×100=ポイント還元率(%)

②貯まったポイントの確認方法は?

貯まったポイントは、専用の会員サイトなどで確認できます。確認方法はカード会社によって異なるので、一度、公式サイトを確認してみて下さい。

編集長

公式アプリなどでポイント確認できるカードもあります!ポイント確認が簡単にできるかも重要視してみて下さいね。

③ポイント還元率を高くするには?

「ポイントを最大限貯めたい」という方には、2〜3枚のカードを使い分けることをおすすめします。ポイント還元率が大幅にアップする優待店はカードによって異なるので、2〜3枚のカードを優待店に合わせて利用すれば、ポイント還元率が常に最大の状況を作れます。

ただし、無闇やたらにカードを何枚も発行しても使いこなせず、ポイントも分散されてしまうので、カードは2〜3枚までに厳選し抑えておきましょう。

還元率を重視してお得なクレジットカードライフを手に入れよう!

還元率が高いクレジットカードを選べば、毎日の生活のお支払い方法をクレジットカードに変えるだけで節約できます。

ポイント還元率が高いクレジットカードの選び方のコツは、基本ポイント還元率優待店の2点に着目すること。是非、あなたにぴったりのポイント高還元カードを見つけてみて下さいね。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

クレカタウン編集部員

クレジットカードのプロ「クレカタウン編集部員」です!様々な角度からクレジットカードを徹底解説します。

この記事を読んだあなたへのおすすめ