クレジットカードから現金引き出しする方法!現金化は違法?後悔する?

手元にお金がなくても利用できる便利なクレジットカードですが、現金がどうしても必要なときもありますよね。

そのようなとき、「クレジットカードから現金が引き出せたらいいのに」「クレジットカードを現金化する方法はある?」と考えたことはありませんか?

クレジットカードから現金を手に入れる方法は、キャッシング枠の利用がおすすめです。

本記事ではキャッシングによって現金を引き出す方法を解説し、キャッシング以外で現金を手に入れる方法も紹介します。

リスクの大きいクレジットカードの現金化についても触れていますので、後悔してしまう前にぜひ本記事をチェックしてください。

クレジットカードから現金を引き出す方法は?コンビニは利用できる?

クレジットカードから現金を引き出すには、キャッシング枠を活用しましょう。

クレジットカードには、買い物など支払い時に使える「ショッピング枠」と現金を引き出せる「キャッシング枠」の2種類の機能がついています。

キャッシング枠を利用するには、クレジットカードにャッシング機能が付帯されている必要があります。付帯されていれば、コンビニなど身近なATMですぐに引き出すことが可能です。

まずは、所持しているクレジットカードにキャッシング枠が付帯されているかどうか確認してみましょう。オペレーターに電話して直接問い合わせるか、マイページにログインして照会することで確認できます。

ただし、キャッシング枠が0円だったり、設定されていなかったりするとすぐには利用できず、改めて審査が必要になるので注意してください。

クレジットカードの現金化は危険!後悔する理由とは?

手元に現金が必要な場合や、クレジットカードの利用限度額を超えてしまった場合など、クレジットカードの現金化に手を出してしまう人が増加しています。

クレジットカードの現金化とは、ショッピング枠を利用して現金を手に入れることです。しかし、この方法はカード会社の規約違反であり、金融庁や日本クレジット協会からも禁じられている行為です。

明確な違法性はありませんが、リスクが非常に大きいため後悔してしまう可能性があります。

手数料により支払った金額と受け取る金額に差額が生じるので、金銭的に損失が発生する可能性が高いことがひとつ。

次に、現金化のために業者に伝えたクレジットカード情報や個人情報が悪用され、現金が振り込まれなかったり犯罪やトラブルに巻き込まれたりするリスクもあります。

さらにはカード会社の規約違反にあたり、利用停止や強制解約させられてしまうかもしれません。強制解約になると、信用情報機関に記載されてしまうため、今後新たにクレジットカードを作成したりローンを組んだりできなくなる恐れもあります。

したがって、どれほど現金が必要でもクレジットカードの現金化だけはしないようにしましょう。下記項目で、キャッシング以外でお金を作る方法やおすすめカードローンも紹介しているので、安全な方法で現金を手に入れてください。

クレジットカードのキャッシングが使えない場合どうする?

ここまでクレジットカードから現金を引き出すには、キャッシング機能の利用がおすすめであることを解説してきました。

しかし、手持ちのクレジットカードにはキャッシング枠が付帯されておらず、すぐには引き出せない状況の場合や、審査に通らなかった場合どうしたらよいか困りますよね。

ここでは、クレジットカードのキャッシングが使えなかった際の対処法を3つ紹介します。

  • 質屋で借りる
  • 保険の契約者貸付
  • カードローンを利用する

質屋で借りる

質屋では品物を売るだけでなく、預けることで現金を借りることが可能です。品物を担保にして預けると、その価値次第で決まる融資金額を受け取れます。

品物を返してもらうには元金と利息を返済する必要がありますが、所有権を完全放棄すれば返済する必要がありません。

また、信用情報に関する審査がおこなわれることはないため、誰でも即日融資を受けられる可能性があります。

預けられるブランド品や貴金属、ジュエリーなどがある人は、質屋からお金を借りることを検討してみましょう。

保険の契約者貸付

生命保険に加入している場合、契約者貸付を利用できる可能性があります。契約者貸付とは、保険金を担保または返済保証にすることで貸付金を受け取れる制度のことです。

比較的、金利が低いことと返済期間が長期であることがメリットで、信用情報にかかわらず手続きできるので生命保険に加入していれば誰でも利用できます。

ただし、契約者貸付を利用すると死亡保険金や満期保険金が減額される可能性があります。条件や契約内容をよく確認してから、手続きをおこなうようにしましょう。

カードローンを利用する

クレジットカードのキャッシングを利用できなかったけれど、今すぐ現金が必要な場合はカードローンに申し込んでみましょう。

カードローンは、カードローン会社にもよりますが審査が20〜30分で完了し、最短即日融資を受けられる可能性があります。

数あるカードローン会社のなかでも、おすすめのカードローンを以下項目で紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

しかし、カードローンの利用は計画的におこなうことが大切です。翌月以降に返済が発生するので、無理のない借入を検討しましょう。

クレジットカードから現金を引き出せない場合におすすめのカードローン

前述したように、クレジットカードから現金を引き出せなかった場合は、カードローンがおすすめです。

カードローン会社は法律にも則って営業しており、金融庁からも認可が降りた上で営業しているので、安心してお金を借りられる金融機関です。

最短当日には現金を引き出せる状態になるため、今すぐお金が必要な人は一度審査に申し込んでみましょう。

おすすめのカードローンを3つ紹介します。

  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット

プロミス

「プロミス」は、最短3分で融資を受けられるのが最大の魅力である大手消費者金融です。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

WEBまたはアプリから365日24時間申込が可能なので、クレジットカードのキャッシングが利用できず困っている人も、今すぐお金を手に入れられる可能性があります。

初めての利用に限り30日間の無利息期間がついてくるので、少額の借入をする場合や短期間で返済可能な場合は「プロミス」を利用してみましょう。

※メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要です。

融資を受けられるまで最短3分
融資限度額1~500万円
金利4.5%~17.8%
無利息期間30日間
担保・保証人不要

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミス詳細はこちら

アイフル

「アイフル」は、融資まで最短18分という早さで手続きが完了します。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

さらに早く融資を受けたい場合は、WEB申込後にオペレーターに直接電話することで審査時間が短縮される可能性があります。

初めて利用する人は、30日間金利ゼロで融資を受けられるのも魅力です。契約日翌日からスタートするため、すぐに借入を希望する人におすすめ。

1,000円単位から借入可能で、コンビニATMなど身近なATMで借入・返済できるので手軽さがメリットです。

融資を受けられるまで最短18分(※1)
融資限度額1~800万円(※2)
金利3.0%~18.0%
無利息期間30日間
担保・保証人不要

(※1)申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

(※2)ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

アイフルの貸し付け条件はこちら

SMBCモビット

モビット

「SMBCモビット」は、最短30分で審査が完了し即日融資が受けられるのが魅力の大手消費者金融カードローンです。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アプリひとつでキャッシング可能で最短3分で振り込まれるため、今すぐ現金が必要な人も安心です。

返済期間が最長10年間設けられているのがメリット。少額からの借り入れも可能なので、無理のない返済計画を立てられます。

提携ATMが多く、いつでも気軽に利用できます。セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMなら借り入れ・返済によってTポイントを貯められるのがポイント。三井住友銀行ATMなら、手数料無料で利用できます。

融資を受けられるまで最短30分で審査完了
融資限度額1~800万円
実質年率3.0%~18.0%
無利息期間なし
担保・保証人不要

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット詳細はこちらから

まとめ

クレジットカードは手元に現金がない状態でも買い物できたり、ATMから現金を引き出せたりととても便利ですよね。

しかし、クレジットカード自体を現金化するのは大きなリスクを伴う可能性もあるため、十分な注意が必要です。

安全に利用するには、キャッシング枠の利用がおすすめであることを本記事では解説しました。また、カードローンのおすすめも紹介しているので、お金が必要になったときはぜひこの記事を振り返って参考にしてください。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ