カードローンの限度額の決め方・審査|年収200万円・500万円の人がいっぱいに引き上げたらいくら?

カードローンの限度額は、こちらの希望を踏まえたうえで、金融機関が申込情報等をもとに決定します。

また、限度額は年収に左右される傾向が強いため、年収200万円の人と500万円の人ではいっぱいに引き上げられる金額が違います。

限度額の決め方を知っておけば、「自分なら〇〇万円は希望できる」「〇〇万円は借りられる」と、ある程度の予測が立てられるでしょう。

そこで本記事では、カードローンの限度額の決め方や審査について解説します。

また、増額する際の注意点や高めの限度額が狙える金融機関についてもお伝えするので、少しでも借入額を引き上げたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

カードローンの限度額の決め方|年収200万、500万の限度額はいくらまでOK?

カードローンの限度額の決め方は、「総量規制」と呼ばれるルールがベースとなっています。

総量規制とは、過度な借り入れから利用者を守るために制定された法律です。

年収の3分の1を超える金額を借りてはならないと定められています。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。

引用:日本貸金業協会「お借入れは年収の3分の1までです」

例えば、年収500万円の人なら最大約166万円までしか借りられません。

これは、1社あたりではなく全ての借入額の合計です。

そのため、年収500万円の人がすでに他社から66万円の借入がある場合、他のカードローンで借りられるのは100万円がMAXになります。

年収限度額(年収の3分の1)
200万円66万円
300万円100万円
400万円133万円
500万円166万円
600万円200万円
700万円233万円
800万円266万円
900万円300万円
1,000万円333万円

もちろん、年収の3分の1に収まる金額であっても、過去に延滞や債務整理等の金融事故を起こして「信用情報」に傷が合ったりすれば限度額は引き下げられます。

他にも、勤続年数が短かったり、雇用形態が非正規雇用といった社会的信用度が低かったりしても、限度額いっぱいまでは引き上げられない可能性があります。

以上の点を踏まえて、利用者ごとに審査して限度額を決めるというわけです。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの限度額の決め方・審査は違う?

カードローンと言っても、銀行と消費者金融は異なるサービスです。

そのため、限度額の決め方や審査にも違いがあります。

ここでは、銀行と消費者金融の限度額の決め方や審査の違いについて解説します。

  • 銀行は銀行法に基づいて審査される
  • 消費者金融は貸金業法に基づいて審査される

銀行は銀行法に基づいて審査される

銀行は、「銀行法」と呼ばれる法律が適用されます。先ほどご紹介した「総量規制」は、銀行法では対象外です。

つまり、法律上は銀行カードローンなら年収の3分の1を借りられる可能性があるわけです。

もちろん、銀行も自主規制を設けており、年収の3分の1を目安としているところはたくさんあります。

しかし、申込情報や信用情報次第では年収の3分の1を超えていても、「この人なら大丈夫」と判断して限度額を引き上げてくれる可能性があります。

とはいえ、銀行は消費者金融より審査が厳しいとも言われているので、過度な期待感を持たない方が良いでしょう。

消費者金融は貸金業法に基づいて審査される

消費者金融は、「貸金業法」と呼ばれる法律が適用されます。

前述の通り、「総量規制」が適用されているため、年収の3分の1を目安に限度額が決められます。

ただし、銀行も消費者金融も最終的には利用者の属性や信用情報をもとに審査します。

そのため、審査結果や限度額が大きく違うという結果になりにくいというのが実情です。

カードローンの限度額がいっぱいなら引き上げられるが注意点もある

限度額は、契約後の増額審査を受けて引き上げを狙うことができます。

しかし再度審査した結果、引き下げられるリスクがあります。

増額審査を希望する場合は、以下に該当しているかチェックしてみてください。

  • 年収が大幅に増えた
  • 勤続年数が長くなった
  • 高評価となる雇用形態になった
  • 他社からの借入額が減った

上記のような好転があれば、増額申請で限度額を引き上げられる可能性があります。

反対に、転職したばかりだったり、他社からの借入が増えたりしている場合は、増額の審査によって限度額が引き下げられる恐れがあるので注意してください。

カードローンの限度額がいっぱいなら増額より新規ローン申し込みも選択肢の一つ

前述の通り、増額申請すると審査次第で限度額が引き下げられる恐れがあります。

せっかく確保した利用枠を失うリスクがあるので、利用の判断は慎重に行った方が良いでしょう。

また、すでにカードローンの限度額いっぱいに融資を受けており「お金が足りない」と感じているなら、増額ではなく新規ローンに申し込むのも一つの選択肢です。

新規申し込みなら、今の利用枠を失うリスクはありません。

加えて、他社である程度の限度額を確保しているため、新規で高額な利用枠を希望する必要はないでしょう。

低い希望額で申請できるので、審査に通りやすいというメリットがあります。

新規申し込みなら、無利息期間の恩恵を受けられる可能性もあるので、借入額に余裕がない方は、他のカードローンを検討してみると良いでしょう。

カードローンで高めの限度額を狙うなら銀行カードローン

続いては、高めの限度額を狙うのに適している銀行カードローンを2つご紹介します。

  • セブン銀行カードローン
  • 住友銀行カードローン

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローン」は、限度額が10万円〜300万円という小口から大口まで対応のサービスです。

初回利用は上限50万円までに限定されているものの、使い続けて実績を作れば増額ができます。

また、銀行カードローンは審査が厳しく受け口が狭いところが多い中、セブン銀行は限度額を引き下げて受け口を広くしている傾向にあります。

「契約」というハードルを乗り越えたあとで、高めの利用枠を狙うという方法に適した金融機関です。

ちなみに、他行では利用不可となりやすいアルバイトやパート等の非正規雇用、自営業(個人事業主・フリーランス)でも融資を受けられます。

配偶者のみ収入がある専業主婦の方でもお金を借りられるので、雇用形態等に不安を抱えている方は利用を検討してみてください。

実質年利12.0%~15.0%
限度額10万円~300万円(初回は50万円まで)
WEB完結可能
審査時間最短即日(※)

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セブン銀行カードローンの詳細はこちらから

住友銀行カードローン

「三井住友銀行カードローン」は、限度額が800万円という業界最高水準の高さを誇るローン商品です。

また、セブン銀行のように初回利用の利用枠が低めに設定されるといった心配もありません。

高額な年収の方や公務員のように安定した雇用形態の方なら、高めの限度額を確保できる可能性があるでしょう。

また、希望額が100万円以上200万円以下なら、金利が年10.0%〜12.0%と低い設定になります。

低金利で大口の融資を受けられるので、高めの限度額を希望する方は利用を考えてみると良いでしょう。

ちなみに、三井住友銀行なら申し込みから契約まで全てWEBで完結します。

店舗や郵便局に足を運ぶ必要がないため、忙しい方にも適したローンとなっています。

実質年利1.5%~14.5%
限度額10万円~800万円
WEB完結可能
審査時間最短当日(※)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

【三井住友銀行カードローンの詳細はこちらから】

カードローンで少額の限度額で審査スピード重視なら即日対応カードローン

続いては、「少額の限度額で良いので、とにかく早く借りたい」という方におすすめのカードローンを4つご紹介します。

  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • au PAY スマートローン

アイフル

アイフル」は、審査時間が最短18分(※)という業界最速水準のスピードを誇る大手消費者金融です。

書類提出がネット上で行えるのはもちろん、時間と手間がかかりやすい電話による在籍確認を原則として実施していません。

アイフルでは、原則として電話による在籍確認はおこないません。審査の過程で電話による確認が必要な場合でも、お客様の同意をいただかない限り実施いたしません。

引用:アイフル「カードローンの在籍確認はどのように実施される?電話連絡時の注意点も解説」

電話なしで契約できる可能性が高いため、スピーディーな借入が可能です。(※審査の結果によっては電話による在籍確認が必要となる場合があります。)

郵送物もないため家族にバレる心配もありません。

周囲に内緒でお金を借りたいなら、アイフルを検討してみると良いでしょう。

実質年利3.0%~18.0%
限度額800万円(※1)
審査時間最短18分(※)
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※1:ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

アイフルの詳細はこちらから

プロミス

プロミス」は、審査時間が最短3分という業界最速の対応力を誇る大手消費者金融です。

朝一で申し込めば、同日の午後を待たずして現金を手にできる可能性があります。

また、24時間365日いつでもWEBから申し込める点も魅力の一つです。

さらに、平日のみならず土日祝日も9:00〜21:00の間で審査を実施しています。

GWや年末年始にお金を借りたいとなっても、プロミスがあれば困る心配がありません。

限度額も500万円と高額なので、スピーディかつ大口の融資を希望しているなら、ぜひプロミスの詳細をチェックしてみてください。

実質年利4.5%~17.8%
限度額1万円〜500万円
※借入限度額は審査によって決定いたします
審査時間最短3分(※1)
WEB完結可能

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

※1申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミスの詳細はこちらから

SMBCモビット

モビット

SMBCモビット」は、WEB完結かアプリからの申し込みで、原則として電話なしで契約できる大手消費者金融です。

電話によるやり取りがない分スピーディーな借入ができるのはもちろん、家族や職場の同僚にバレるリスクが低いというメリットがあります。

また、最短即日(※)で審査結果を通知してくれる点も魅力の一つです。

公式サイトには、3つの簡単な質問に答えると10秒で審査結果を通知してくれる「10秒簡易審査」があります。

審査に不安を抱えている方でも気軽にチェックできるので、気になる方は確認してみてください。

実質年利3.0%~18.0%
限度額800万円
審査時間最短即日(※)
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの詳細はこちらから

au PAY スマートローン

au PAY スマートローン」は、大手スマホキャリア「au」が提供するローンサービスです。

「au ID」に登録された情報を自動反映させて申し込めるため、au ID をお持ちの方他社より少ない入力作業でお金を借りられます。

また、審査時間は最短30分(※)と業界最速水準を誇っている点も特徴の一つです。

申し込みから契約まで迅速に対応してくれるので、緊急事態に陥っている方の助けとなってくれるでしょう。

契約後は、自宅や職場の近くにあるセブン銀行ATMから、原則24時間いつでもお金を借りられます。

深夜や早朝にお金が必要になっても安心なので、急な出費が多い方はau PAY スマートローンで契約しておくと良いでしょう。

実質年率2.9%〜18.0%※2020年4月28日以前にお申し込みの方は8.0%~18.0%(実質年率)
※審査に応じてお客様ごとに適用金利を決定
利用限度額1万円〜100万円(※1)
審査までの期間最短30分(※2)
入会条件・au PAY カードをお持ちのお客さまも以下の方を除き、お申し込みいただけます。(au PAY ゴールドカードも含む)※キャッシング/カードローン枠をお申し込み中、または既に設定されている方
・ご本人さま名義のau IDをお持ちのお客さま(法人契約でご利用のau IDではお申し込みいただけません)
・入会受付時、満20歳以上70歳以下の方
・ご本人さまに定期収入のある方(会社員、公務員、個人事業主、アルバイト・パート、年金受給者(年金以外に安定した収入のある方))
・現住所が国内にある方

※1:利用限度額はお客さまごとに当社所定の審査により決定します。お客さまの状況によってはご希望に沿えない場合もございますのであらかじめご了承ください。
※2:お申し込み内容により、お手続きにお時間がかかる場合や、ご希望に沿えない場合がございます。
※auフィナンシャルサービス株式会社
 ・登録番号:関東財務局長(4)第01503号
 ・貸付条件等:①金利2.9%~18.0%(実質年率) ※2020年4月28日以前にお申し込みの方は8.0%~18.0%(実質年率)②返済方式 借入時残高スライド元利定額返済方式 ③返済回数及び返済期間:最長60回(5年) ④遅延損害金20.0%(実質年率) ⑤担保・保証人 不要 ⑥ご利用限度額:1万円~100万円⑦要審査
au PAY スマートローンの詳細はこちらから

カードローンの限度額がいっぱいで借りられない!総量規制以上ならおまとめローン

限度額いっぱいに借りていて新たな借入ができないなら、「おまとめローン」で余裕を作るという方法を検討してみると良いでしょう。

おまとめローンとは、その名の通り複数の借入を一本にまとめて、返済の手間を減らしたり、金利引き下げによって利息の負担を軽くしたりできるサービスです。

「総量規制」の対象外となっているサービスなので、すでに年収の3分の1を借り入れている方でも利用できます。

複数の借入れを一本化する、いわゆる「おまとめローン」は、法令が規定する一定の条件を満たせば、「顧客に一方的有利となる借換え」として総量規制の「例外貸付け」に該当し、貸金業者から年収の3分の1を超えて利用できる場合があります。

引用:日本貸金業協会「総量規制にかかわらず、お借入れできる貸付けの契約があります」

以下の3つの金融機関なら、多くの多重債務者を助けてきた実績があるので、あなたの悩みにも親身になって耳を傾けてくれるでしょう。

複数の借り入れがあり負担を重いと感じている方は、一度おまとめローンを提供している金融機関に相談してみてください。

借入上限枠年率特徴
中央リテール500万円年10.95~13.0%金利が低め
首都圏キャッシング800万円年7.3%~15.0%審査が柔軟
デイリーキャッシング600万円年8.5%~14.5%融通がきく

まとめ

カードローンの限度額は、「総量規制」という法律をもとに決められます。

年収の3分の1が目安となっているため、年収200万円なら66万円、300万円なら100万円、500万円なら166万円が上限になります。

ただし、総量規制は「貸金業法」で定められたルールであり、銀行カードローンが準じている「銀行法」には含まれていません。

そのため、銀行なら属性や信用情報等を踏まえたうえで、「この人なら大丈夫」と年収の3分の1を超える利用枠が適用される可能性があります。

とはいえ、銀行も自主規制によって年収の3分の1を目安としているところが大半をしめているので、過度な期待感を持たない方が良いでしょう。

しかし、金融機関によって異なる審査基準を設けているのは事実です。

ぜひ、それぞれの申込条件等を比較して、あなたに合った商品を探してみてください。

借入先実質年利限度額審査時間(※1)
セブン銀行カードローン12.0%~15.0%300万円最短翌日
三井住友銀行カードローン1.5%~14.5%800万円最短当日
アイフル3.0%~18.0%800万円最短18分
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円最短3分
SMBCモビット3.0%~18.0%800万円最短即日
au PAY スマートローン2.9%~18.0%(※2)1万円~100万円(※3)最短30分(※1)

※1:お申し込みの内容により、お手続きにお時間がかかる場合や、ご希望に沿えない場合がございます。
※2:2020年4月28日以前にお申し込みの方は8.0%~18.0%(実質年率)審査に応じてお客さまごとに適用金利を決定
※3:利用限度額はお客さまごとに当社所定の審査によりに決定します。お客さまの状況によってはご希望に沿えない場合もございますのであらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ