カードローン18歳即日は可能?お金借りる方法。学生・セブン銀行カードローンなど

「18歳でもカードローンは利用できる?」

「18歳でも借りられるおすすめのカードローンはどれ?」

急な出費、どうしてもお金が必要となったとき、お金をどう工面するか悩みますよね。

2022年4月1日から成人年齢が18歳に引き下げられたことで、18歳でもカードローンを利用できるようになりました。

ただし、すべてのカードローンが利用できるわけではないので注意しなければなりません。

今回は、18歳でも申し込みができるおすすめのカードローンを紹介します。カードローン以外でお金を借りる方法や審査に通過するコツもお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

18歳即日お金借りる方法ならプロミスのカードローン!学生でもOK

プロミス

18歳の方がカードローンを利用するのであれば、「プロミス」がおすすめです。プロミスなら、学生でも申し込みができます。(※)

通常カードローンの利用には「安定した収入」が必要ですが、正社員である必要はありません。パートやアルバイト、契約社員でも借入ができます。

プロミスが18歳におすすめな理由は、以下の3つです。

  • 即日融資が受けられる
  • 30日間無利息サービスがある
  • スマホで簡単に申し込みができる

※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

プロミスはこちらから

即日融資が受けられる

プロミスは、最短即日融資可能なカードローンです。

Web申し込みは24時間受け付けており、最短3分で借入ができます。(※)

審査は土日祝も含め9時〜21時で対応しているので、お急ぎの方にもおすすめです。余裕をもって19時半までに申し込めば、即日融資の可能性が高まります。

30日間無利息期間がある

プロミスは、初めて借入をする方を対象に30日間無利息サービスを提供しています。

プロミスの無利息期間サービスの特徴は「初回借入日翌日」から適用される点です。

他にも無利息期間サービスを行っている金融機関はありますが、多くの場合「契約日翌日」から適用となっています。

プロミスであれば、無駄なく30日間の無利息期間を活用できます。

なお、30日無利息サービスの適用には、メアド登録とWeb明細利用が条件です。

スマホで簡単に申し込みができる

プロミスは、スマホで申し込みから借入まで完結するアプリローンというサービスも提供しています。

お手持ちのスマホで、いつでもどこでも申し込みができて便利です。

また、アプリローンならすべてスマホで完結するため、自宅へ郵送物が届きません。家族に利用がばれたくない方も安心です。

アプリログインや毎月の返済でVポイントが貯まります。貯まったVポイントは景品交換やお買い物時に利用できてお得です。

実質年利4.5%~17.8% 
借り入れ限度額1〜500万円
融資までの期間最短即日融資(※)
WEB完結可能


※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミスはこちらから

18歳から借りれる金融は?セブン銀行カードローンは18歳で申し込める?

セブン銀行カードローンは、銀行の中でも審査スピードが早く、アルバイトやパートでも申し込めることから、学生人気も高いカードローンです。しかし、18歳では申し込みできません。

セブン銀行カードローンの申し込みは、以下の条件をすべて満たす方に限ります。

  • セブン銀行口座をお持ちのお客さま(個人)
  • 契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満のお客さま
  • 一定の審査基準を満たし、当社指定の保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられるお客さま
  • 外国籍の方は永住者であること

このように、20歳未満は申し込みすらできません。セブン銀行カードローンの申し込みは、20歳を超えてから検討しましょう。

18歳がカードローン以外で即日お金を借りる方法は?

18歳で安定した収入がない方にとっては、カードローンの審査通過は難しいでしょう。ただ、お金を借りる方法はカードローンだけではありません。

ここからは、カードローン以外の即日お金を借りる方法を4つ紹介します。

  • 質屋
  • クレジットカードのキャッシング
  • ろうきんの無担保ローン

質屋

質屋に質入れをすれば、即日お金を借りられます。

質入れは、ブランド品やスマホ、パソコンなどの電子機器、貴金属などを質屋に預けてお金を借りることです。

品物を質屋に持ち込んで査定してもらい、その場でお金を借りられるので、すぐにお金が必要な場合に有効な方法です。

返済期限までに借りたお金と利子を返済すれば、預けた品物は返却してもらえます。万が一返済できなければ、品物は質屋のものとなり返ってこなくなるので注意しましょう。

頼れる親がいるのであれば、親に相談して借りるのも1つの方法です。

お金が必要な理由を丁寧に説明して納得してもらえれば、借りられる可能性は高いでしょう。

親にお金を借りる際には、返済期限を決めて返済する意思があることを伝えることも大切です。

「返さなくてもいい」「いつか返してくれればいい」と言ってくれたとしても、親しい関係に甘えてしまわないように気をつけましょう。

クレジットカードのキャッシング

キャッシング枠のあるクレジットカードを持っていれば、即日お金を借りられます。

クレジットカードのキャッシング枠は、借入のための審査は必要なく、すぐに借入ができます。

指定口座に振り込んでもらえるほか、ATMでの引き出しも可能なので活用しましょう。

なお、借入上限額は、利用者ごとに設定されています。18歳でクレジットカードを作ったばかりだと、上限額はそれほど大きくないので希望する金額を借りられない可能性もあります。

ろうきんの無担保ローン

ろうきんの無担保ローンは満18歳から申し込みができる場合があります。

ろうきんは営利を目的としない金融機関で、団体会員やその家族が利用できます。申し込み条件や利用条件は、お住まいの地域のろうきんによって異なるので、確認してみてください。

エリアによっては、満20歳以上でないと申し込めない場合もあります。

また、審査に時間がかかるので、即日お金が必要な場合には有効な方法ではありません。

ただ、銀行や消費者金融のカードローンよりも金利が低めに設定されているので、返済の負担を減らしたい場合にはおすすめです。

18歳がカードローン審査に通るコツと注意点

18歳でもカードローンの申し込みができるようになりましたが、実際にお金を借りるには審査に通過する必要があります。

ここでは、18歳の方がカードローンの審査に通るコツと注意点を紹介します。

  • 最低3ヶ月は勤務する
  • 信用情報に傷をつけない

最低3ヶ月は勤務する

カードローンは、最低3ヶ月以上勤務してから申し込みをしましょう。審査に通過するために重要なことは、安定した収入があることです。

しかも18歳以上は、借入金額に関係なく申し込みの際には、収入証明書が必要となります。

18歳でアルバイトを始めたばかりの方であれば、収入証明書として用意できるのは給与明細書になるでしょう。2ヶ月分の給与明細書が必要ですので、最低3ヶ月は継続して勤務する必要があります。

なお、収入があったとしても日雇いや単発バイトだと「安定した」とは言えず、審査に通る可能性が低くなります。雇用形態も審査通過の大事なポイントです。

信用情報に傷をつけない

信用情報に傷がつかないように、クレジットカードや携帯料金、公共料金などの支払いに遅れないようにしましょう。

カードローンの審査の際には、必ず信用情報がチェックされます。信用情報は、借入やクレジットカードなどの契約や申し込みに関する情報のことです。

支払いが遅れたり、滞ったりすると信用情報に傷がつき、返済能力がないと判断されて審査に通らない可能性が高くなります。

まとめ

18歳の方がお金が必要になった場合に利用できるカードローンやカードローン以外でお金を借りる方法を紹介しました。

成人年齢が引き下げられたことで、18歳でも安定した収入があり返済能力があると判断されれば、カードローンの審査に通ることは可能です。

ただし、返済できる金額を自分で見極めて、無理なく返せる金額だけ借りるようにしましょう。

また、カードローン以外にもお金を借りる方法はあるので、自分に合った方法を選んでください。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ