後払いで10万審査なしのアプリはある?すぐ現金化したい人は必読!

あなたは、審査なしで限度額10万円使える後払いアプリがあれば使いたいと思いますか?

後払いで10万円使えれば、現金を持っていなくても高額な買い物ができるので便利ですよね。

結論、初回から限度額10万円の後払いアプリはあります。しかし、審査なしで使えるわけではありません。

また、現金を借りることはできないため、お金が必要な方は別の方法を選ぶ必要があります。

本記事では、10万円必要なあなたに向けて、使えるアプリや審査なしが無理な理由、おすすめの借入先について解説します。

《今すぐ10万円借りるならここ》

審査時間実質年利上限金額
プロミス最短3分4.5%~17.8%500万円
SMBCモビット最短30分3.00%~18.00%800万円
セブン銀行カードローン最短翌日12.0%~15.0%300万円

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

後払いアプリで10万借りられる?審査なしや現金化を勧める業者に注意

後払いアプリで10万円借りられるのかを解説します。

また、審査なしや現金化できるサービスの危険性についてもお伝えするので、参考にしてみてください。

  • 後払いは融資ではない
  • 後払いで限度額10万円は可能
  • 後払いで審査なしは危険

後払いは融資ではない

まず、後払いは融資ではありません。

後払いとは、購入者が商品を購入した後に代金を支払う決済方法です。

一時的に決済代行業者に購入代金の支払いを立て替えてもらい、後日口座振替にて購入代金を決済代行業者に支払う仕組みです。

身近なもので例えると、クレジットカードやデビットカード、キャリア決済などが後払いに該当します。

一見すると、一時的にお金を借りているように思えますが、貸付に分類されているわけではありません。

そのため、融資のような厳しい審査を受ける必要がなく、比較的気軽に利用できるサービスです。

後払いで限度額10万円は可能

後払いのなかには、限度額が10万円以上のサービスがあります。

代表的なものは、NTTドコモ・au・ソフトバンクなど大手携帯電話会社が提供しているキャリア決済です。

審査によっては限度額が20万円設定される場合もあり、高額なものでも購入できます。ただし、利用時には必ず審査があります。

後払いで審査なしは危険

もし、後払いで審査なしを謳っている貸付業者がいた場合は危険なので、絶対に利用しないようにしましょう。

貸金業法では、現金の貸付をする際、審査が義務付けられています(貸金業法13条)。「無職OK」など、審査なしで貸付を行うのは違法です。

また、クレジットカードや後払いアプリを利用して現金化を勧めてくる業者も危険です。後払いと称して違法に貸付したり、闇バイトへ勧誘したりする恐れがあります。

自分だけでなく家族や友人にも危険が及ぶ可能性があるため、絶対に利用しないようにしてください。

後払いアプリで10万は借りられない!今すぐお金が必要ならカードローン

前述の通り、後払いは融資ではないため、現金で10万円を借りることはできません。

もし、あなたが現金を必要としているなら、カードローンなどの融資サービスを利用したほうが良いでしょう。

そこで続いては、おすすめのカードローンを4つ紹介します。

  • セブン銀行カードローン
  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット

セブン銀行カードローン

画像:セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローン」は、限度額10万円〜300万円という少額から大口の融資まで対応している銀行系カードローンです。

最低でも10万円からの融資となっているため、今すぐに10万円が必要なあなたには最適です。また、銀行系カードローンとしては珍しく、本人確認書類の提出のみで契約できます。

電話による在籍確認がないなど、他行よりもハードルが低いので、気軽に利用したい方にもおすすめです。

実質年利12.0%~15.0%
限度額10万円~300万円
WEB完結可能
審査期間最短即日(※)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セブン銀行カードローンはこちらから

アイフル

画像:アイフル

最短18分で審査結果が通知される「アイフル」は、業界でもトップクラスの融資スピードを誇るカードローンです(※)。

午前中に申し込めば、その日の午後にはお金を借りられる可能性があるので、急ぎの方には有難いでしょう。

また、限度額は1万円〜800万円と少額から大口まで対応しています。10万円ほどの少額融資ならスムーズに通過する可能性も。

「まずは少額から」と考えている方は、アイフルを検討してみると良いでしょう。

実質年利3.0%~18.0%
借入限度額800万円(※1)
融資までの期間最短即日融資(※)
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※1:ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借入金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

アイフルの貸し付け条件はこちら

プロミス

プロミス」は、他社の消費者金融が年利18.0%とするなか、17.8%という低金利が魅力のカードローンです。

金利差は0.2%と小さくても、支払う利息額は確実に減らせるので、少しでも負担を軽くしたい方におすすめです。

また、利用額は1万円からと少額融資にも対応しています。加えて、プロミスでは初回利用者に限り、30日間の無利息サービスが受けられます(※1)。

30日以内に返済できる目処が立っている方は負担ゼロでお金を借りられますから、活用してみてはいかがでしょうか。

実質年利4.5%~17.8%
借入限度額1〜500万円
※借入限度額は審査によって決定いたします
融資までの期間最短即日融資(※)
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※1:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス詳細はこちらから

SMBCモビット

モビット

審査時間が最短30分の「SMBCモビット」は、スピード感のある対応が人気のカードローンです(※)。

WEB完結なら24時間365日いつでも申し込みOK、原則電話連絡なしで利用可能です。

家族や職場の同僚にバレずに契約できるので、周囲に内緒で利用したい方は検討してみると良いでしょう。

実質年利3.0%~18.0%
借入限度額800万円
融資までの期間最短即日融資(※)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット詳細はこちらから

今すぐ10万円必要!審査に自信がないなら中小消費者金融もおすすめ

もし、審査通過に自信がないなら、個人の事情を考慮してくれる中小消費者金融を検討してみてください。

大手消費者金融よりも柔軟に審査してくれるので、大手で断られた方でも受け入れてくれる可能性があります。

そこで続いては、おすすめの中小消費者金融を3つ紹介します。

  • セントラル
  • ニチデン
  • スカイオフィスキャッシング

セントラル

画像:セントラル

セントラル」は、平日14時までの申し込みなら即日融資に対応してくれる中小消費者金融です。

申し込みはパソコンやスマホから24時間365日いつでも可能なので、急ぎの方でも無理なく利用できます。

また、自動契約機が全国13ヶ所に設置されており、それを利用して契約すれば、その場でローンカードを発行してくれます。

ちなみに、自動契約機も24時間365日営業しているため、パソコンやスマホが苦手な方はセントラルの自動契約機を利用してみると良いでしょう。

限度額1万円~30万円
実質年利4.80%〜18.00%
審査時間最短30分(※)
申込条件20歳以上で安定した収入と返済能力がある人
担保・保証人不要

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セントラル詳細はこちらから

ニチデン

画像:ニチデン

ニチデン」は、大阪・奈良 ・和歌山・滋賀・三重・京都・兵庫の2府5県で即日融資に対応する中小消費者金融です。

セントラル同様、14時までに申し込めば即日融資してくれる可能性があるので、急ぎの方には有難いサービスでしょう。

また、他社では審査落ちとなりやすいアルバイトやパート、自営業の方でも受け入れてもらえる可能性があります。

上記の対応エリアに住んでいる方は、ニチデンの利用を検討してみてください。

限度額1万円~50万円
実質年利7.30%〜17.52%
審査時間最短10分(※)
申込条件満20歳以上の方会社員、自営業、パート・アルバイトなど定期的な収入のある方
担保・保証人不要

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

ニチデン詳細はこちらから

スカイオフィスキャッシング

画像:スカイオフィスキャッシング

スカイオフィスキャッシング」は、1万円〜50万円までという少額融資を得意とする中小消費者金融です。

審査通過率は65%程度と高めなので、他社で審査落ちした方でも受け入れてもらえる可能性があります。

非正規雇用の方や他社からの借入がある方など、ほかのカードローンで審査落ちとなりやすい方でも借りられる見込みがあります。

審査が心配な方は、一度スカイオフィスキャッシングに相談してみてください。

限度額1万円~50万円
実質年利15.00%〜20.00%
審査時間最短30分(※)
申込条件20歳以上で安定した収入がある人
担保・保証人不要

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

スカイオフィスキャッシング詳細はこちらから

話題の後払いワイドは10万借りられる?無職は登録できない?使える店など

近年話題の「後払いワイド」というサービスを利用すれば、ネット通販などの買い物で最大30万円まで後払いにできます。

また、初回から限度額10万円なので、まとまったお金が必要なときに役立ちます。

実際、支払いが高額になりやすいエステサロンやクリニックといった施設で利用可能です。

画像:ポケットカード「後払いワイド|使えるお店」

ただし、後払いワイドの利用には「本人確認」と「信用情報機関の照会」が必要です。そのため、無職の方は利用できません。

Q.年収や勤務先に制限はありますか?A.特に制限はありませんが、無職の方はご利用いただけません。引用:ポケットカード「後払いワイド|よくあるご質問」

なお、年齢も18歳以上と定められているため、後払いサービスのなかでは比較的条件が厳しめとなっています。

しかし、一度登録すれば、後は好きなときに後払いが利用できるのでおすすめです。

申込資格18歳以上の方(高校生の方は除く)電話連絡可能かつ安定した収入のある方、またはその配偶者
利用可能枠上限30万円(要審査)※初回ご利用時の商品購入金額は上限10万円
支払手段払込票(コンビニエンスストア、銀行)口座振替
支払方法1回払い分割払いリボ払い
手数料分割払い・リボ払い手数料:実質年率15.00%

後払いワイドはこちらから

審査なしで10万円借りる&作る方法

審査なしで10万円借りる、もしくは作る方法について解説します。

  • クレジットカードのキャッシング
  • 質屋
  • 保険の契約者貸付
  • 火災保険申請サポート

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシングを利用すれば、審査なしで10万円借りられる可能性があります。

クレジットカードには、ショッピング機能とキャッシング機能の2つが備わっています。

ショッピング機能限度枠の範囲内で後払い決済ができる機能
キャッシング機能限度枠の範囲内で現金を借りられる機能

このうち、キャッシング機能が付帯されたカードを持っていれば、お金を借りる際に審査を受ける必要はありません。

ただし、キャッシングOKのカードを持っていない場合は、以下の2つから選択する必要があります。

  • 手持ちのクレジットカードにキャッシング機能を付ける
  • 新規でクレジットカードを作り、その際にキャッシング機能を付ける

どちらを選ぶにしても、キャッシング機能をクレジットカードに付帯させる際には審査が必要です。

場合によっては、キャッシング機能を付けられなかったり、限度額が希望に届かなかったりします。

とはいっても、カードローンなどで10万円借りるよりは審査が優しいので、検討してみる価値は十分にあるでしょう。

質屋

質屋を利用すれば、審査なしで10万円借りられる可能性があります。

質屋とは、ブランド品など価値のある品物を担保に、お金を借りられるサービスです。当然、品物を担保にしているため、厳しい審査を受ける必要はありません。

また、期日までに返済できなかったとしても、質屋側は品物を売ってお金に変えるため、催促や取り立てを受ける心配もないのです。

ちなみに、返済期日までに「元金+利息」を支払えば、担保にしていた品物はあなたの手元に戻ってきます。

保険の契約者貸付

生命保険の契約者貸付制度を利用すれば、審査なしで10万円借りられる可能性があります。

契約者貸付とは、生命保険を解約した際に戻ってくる「解約返戻金」を担保に、一定の範囲内で貸付する制度です。

借りられるお金の上限は、解約返戻金の7割〜8割とされています。

もし、あなたが解約返戻金15万円程度の生命保険に加入していれば、希望する10万円の借入が可能です。

また、契約者貸付を利用しても保険のサポートはなくならないため、安心して利用できます。

火災保険申請サポート

火災保険申請サポート「住まいる申請」を利用すれば、審査なしで10万円が手に入る可能性があります。

火災保険とは、火災や台風などの風災、雪の重みでの雪災、フェンスに何かが当たって破損した場合の補償をしてくれるサービスです。

本来、災害があった際は、国が保険会社に対して被保険者に保険活用を案内する要請を出しています。ところが、実際はほとんどの保険会社が対応していません。

つまり、受け取れるはずの保険金を貰っていないケースがあるわけです。

そんな火災保険申請をサポートしてくれるのが「火災保険申請サポート」。プロの調査員が火災保険を申請できる箇所がないかどうか、無料で調べてくれます。

そして、申請できる箇所が見つかったら、火災保険申請の手続きをサポートしてくれます。

サポート会社へ手数料を支払う必要はあるものの、それは保険金を受け取ってからなので、調査して保険金が下りないとわかった場合は費用がかかりません。

火災保険の対象かどうかを素人が判断するのは難しく、本来受け取れるはずのお金を無駄にしている可能性があるため、気になる方は検討してみると良いでしょう。

住まいる申請はこちらから

まとめ

後払いは融資ではないため、それほど厳しい審査を受ける必要はありません。

しかし、一時的に決済代行会社に立て替えてもらう仕組みなので、現金を借りることはできません。

もし、10万円借りたいという場合は、カードローンや中小消費者金融を利用しましょう。

《今すぐ10万円借りるならここ》

審査時間実質年利上限金額
プロミス最短3分4.5%~17.8%500万円
SMBCモビット最短30分3.00%~18.00%800万円
セブン銀行カードローン最短翌日12.0%~15.0%300万円

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ