ANAマイルのおすすめの使い道は?使い方がわからない人にお得な交換先を紹介

「ANAマイルが何に使えるのかわからない」
「お得にANAマイルを使う方法が知りたい」

ANAマイルを貯めようと考えている人や、ANAの飛行機に搭乗する機会の多い人の中には、上記のような疑問を持つ方もいるのではないでしょうか?「ANAマイルを貯めたものの使い道がわからず、気づいたら有効期限が切れていた…」という事態になっては、もったいないですよね。

本記事では、ANAマイルの様々な使い道と、お得な使い方を紹介します。ANAマイルの使い道に困っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

ANAマイルを貯めるならポイントタウン

  • 豊富なコンテンツがありポイントが貯まりやすい!
  • 1ポイント=1円で利用可能!
  • ANAマイルや電子マネー、銀行口座などにポイント交換できる!
  • 最短2分で登録!無料で簡単に使える

ANAマイルとは

ANAマイルとは、ANAマイレージクラブというANAが運営するポイントプログラムで貯まるポイントのことです。ANAマイルは、ANAマイレージクラブに入会の上、提携しているクレジットカードを使うことで貯まります。

ANAマイルの使い道

ANAマイルの使い道はさまざまですが、何に使うかによって、1マイルあたりの価値は大きく変動します。1マイル1円を下回る場合もあれば、なんと1マイル10円を上回ることもあるのです。せっかくANAマイルを貯めたからには、お得に活用したいですよね。

ここからは、ANAマイルの多様な活用方法を具体的に紹介していきます。

フライトでマイルを使う

ANAマイルはフライトに使うことができます。それぞれのパターンについて、詳しく見ていきましょう。

  • ANA航空券に交換する
    ANAマイルを使って、ANAの国内線または国際線に搭乗することができます。

    最低限必要なマイル数は、国内線の場合は片道5,000マイル、国際線の場合は往復12,000マイルで、国際線だと片道の利用はできないので注意してください。必要なマイル数は、目的地と出発地、シーズン、搭乗クラスによって異なります。詳細は後ほど紹介します。

    ANA航空券の申込みは、ANAウェブサイトまたは電話からできます。ウェブサイトの場合は、「ANA国内線特典航空券の新規予約・申し込み」または「ANA国際線特典航空券の新規予約・申し込み」からANAマイレージクラブの会員ページにログインの上、申込みをして下さい。
  • 提携航空会社の航空券に交換する
    ANAの航空券のみならず、提携航空会社の航空券にマイルを利用することもできます。対象便は、スターアライアンス加盟航空会社とANAと提携している航空会社です。

    最低限必要なマイル数は、往復15,000マイルであり、片道の利用はできません。必要なマイル数は、目的地と出発地、搭乗クラスによって異なり、シーズンによる変動はありません。

    ANA航空券と同様、ANAウェブサイトまたは電話から申し込みできます。ウェブサイトの場合は、「提携航空会社特典航空券の予約・申し込み」からANAマイレージクラブの会員ページにログインの上、申し込みをして下さい。
  • 国際線のアップグレードに使う
    ANAマイルを使って、ANA国際線の座席をアップグレードすることができます。最低限必要なマイル数は、片道9,000マイル。必要なマイル数は、片道の距離と搭乗クラスによって異なります。

    座席アップグレードの申込みは、航空券番号が205の数字から始まる場合はANAウェブサイトから、それ以外は電話から可能です。また、申込みは搭乗便出発時刻の24時間前まで受け付けており、空きがない場合は空席待ちすることもできます。
  • ANA SKY コインに交換する
    ANA SKY コインとは、ANAウェブサイトで航空券や旅行商品の支払いに利用できる電子クーポンのことです。1マイル=1コイン相当であり、1マイルからANA SKY コインに交換することができます。また、10,000マイル以上交換する場合、交換マイル数やANAマイレージクラブの会員ステイタス、ANAカードの種類に応じて、交換率が1.2倍~1.7倍に変動します。ANA SKY コインは、10円単位(10コイン=10円分として換算した場合)で利用可能です。

    マイルをANA SKY コインに交換する手続きは、ANAウェブサイトからできます。ANAマイレージクラブの会員ページにログイン後、会員専用機能「ANA SKY コイン」から申込みをしてください。ちなみに、ANA SKY コインの有効期間は、交換月より12ヶ月目の末日なので注意しましょう。
  • ピーチポイントに交換する
    ピーチポイントとは、PeachAviation(ANAグループの格安航空会社)で利用可能なポイントのことです。ANAマイルをピーチポイントに交換し、PeachAviationの航空券や座席指定料金の支払いに利用することができます。

    最低限必要なマイル数は、500マイルです。ただし、500マイル=450ピーチポイントであり、交換率は9割なので注意してください。
  • ANA国際線超過手荷物料金の支払いに使用する
    ANAマイルを使って、ANA国際線の超過手荷物料金を支払うことができます。

    手続き方法はシンプルです。チェックインカウンターもしくは手荷物カウンターで荷物を預け、ANAカードもしくはANAマイレージクラブカードを提示の上、空港の係員に「超過手荷物料金をマイルで支払いたい」旨を伝えれば、係員が手続きを進めます。

旅先でマイルを使う

ANAマイルは旅先で使うこともできます。具体的にどういったシーンで活用できるのが、詳しく見ていきましょう。

  • ツアー
    ANAマイルを前述したANA SKY コインに換えると、国内外のツアーに利用することがきます。2親等以内の家族や友人との旅行にも利用でき、旅行商品の場合は株主優待割引との併用も可能です。また、シーズンや路線に関係なく、空席がある限り利用できます。
  • レンタカー
    ANAマイルを、国内外のレンタカー代に利用することができます。ANAワールドレンタカーでは、世界各国のレンタカーを予約する際の決済がマイルで行えます。1円=1マイル相当から利用でき、クレジットカードとマイルの併用も可能です。

    また、ANAマイルをANAデジタルクーポン(電子クーポン)に交換すれば、全国のニッポンレンタカーの支払いに利用することもできます。ANAデジタルクーポンの利用方法は、まず「ANAデジタルクーポンを申し込む」からANAマイレージクラブの会員ページにログインし、クーポンを発行してください。発行したら、利用したニッポンレンタカーでクーポンを提示しましょう。
  • ホテル
    ANAマイルを、国内外のホテル宿泊代に利用することができます。ANAワールドホテルでは、世界各国のホテルを予約する際の決済がマイルで行えます。1円=1マイル相当から利用でき、クレジットカードとマイルの併用も可能です。

    他にも、日本全国の温泉旅館やホテルでの支払いにマイルを利用できるANAトラベラーズホテルなどがあります。こちらも1円=1マイル相当から利用できます。
  • グルメ
    ANAマイルをANAバラエティクーポン(電子クーポン)に交換すれば、日本国内のANAが厳選したレストランで利用することができます。ANAバラエティクーポンの利用方法は、まず、「○○マイルで使えるANAバラエティクーポンを申し込む」からANAマイレージクラブの会員ページにログインし、クーポンを発行してください。発行したら、利用したレストランでクーポンを提示しましょう。
  • 空港関連サービス
    ANAマイルをANAバラエティクーポンに交換すれば、大阪国際空港一般駐車場割引券として利用できます。また、ANAマイルをANAデジタルクーポンに交換すれば、ANA FESTAや空港免税商品などにも利用可能です。
  • オンラインツアー
    ANAマイルを使って、ANAに関連する動画から観光・学び・健康など、豊富なラインナップを取り揃えた動画配信サービスを視聴することができます。利用するには、動画配信サービスであるpenguinに登録する必要があります。

日常生活でマイルを使う

ここからは、日常生活の延長でマイルを使える場面について紹介していきます。

  • ANA Pay
    ANA Payとは、ANAマイレージクラブアプリで使える、スマートフォン決済サービスのことです。ANAマイルを1マイル=1円相当としてチャージし、日常の買い物で利用することができます。利用するには、ANAマイレージクラブのアプリをダウンロードし、登録手続きを行う必要があります。
  • ANAショッピング A-style
    ANAショッピング A-styleとは、ANAマイルを使って買い物ができるANAのオンラインショッピングサービスのことです。1マイル=1円で買い物することができ、マイルと現金(クレジットカード)の併用も可能。便利なトラベルグッズやANAオリジナル商品、国内外から厳選された商品などを購入することができます。利用するには、ANAショッピング A-styleのウェブサイトから会員登録する必要があります。
  • ANAセレクション特典
    ANAセレクション特典とは、オリジナル商品やおしゃれ家電、グルメ、ワインなどANA厳選のオススメ商品とマイルを交換できるサービスです。ANAウェブサイト「ANAセレクション」から利用可能で、5,000マイルから利用できます。利用するには、ANAショッピング A-styleへの会員登録が必要となります。
  • 提携ポイント交換
    ANAマイルを、ANAの提携パートナーの各種ポイントに交換できます。提携パートナーはさまざまで、スターバックスやヤマダデンキ、マツモトキヨシ等があります。例えばスターバックスの場合、10,000マイルごとに10,000円分のスターバックスカードへの入金が可能です。提携パートナーのポイントに交換する際は、ANAウェブサイトの「会員専用機能」からできます。
  • グルメ
    ANAマイルを使って、国内外の本格料理や食材をお取り寄せすることが可能です。申込みは、ウェブサイト「ANAトラベラーズ アクティビティ」からできます。
  • 美容、健康
    ANAマイルをANAバラエティクーポンやANAデジタルクーポンに交換し、ヘアサロンやリラクゼーション施設等で利用することができます。

もっともお得なANAマイルの使い方は特典航空券への交換

ここまで、ANAマイルのさまざまな使い道を紹介しましたが、もっともお得なのが特典航空券への交換です。

特典航空券とはANAマイルで交換できる航空券のことで、ANAの国内線と国際線に加え、提携航空会社の航空券にも交換できます。特典航空券は、目的地までの距離が遠くなるほど、また座席のランクが高くなるほど、1マイルあたりの価値が上がります。

ANA国内線特典航空券へ交換する

ANA国内線特典航空券へ交換する場合に必要なマイル数は、以下の通りです。

対象路線 必要マイル数
0~300マイル区間 東京 秋田、庄内、仙台、新潟、八丈島、富山、小松、能登、名古屋、大阪 L…5,000 R…6,000 H…7,500
大阪 萩・石見、松山、高知、福岡、大分、熊本、宮崎 L…5,000 R…6,000 H…7,500
名古屋 新潟、松山 L…5,000 R…6,000 H…7,500
札幌 利尻、稚内、女満別、根室中標津、オホーツク紋別、釧路、函館、青森、秋田 L…5,000 R…6,000 H…7,500
仙台 小松 L…5,000 R…6,000 H…7,500
福岡 対馬、五島福江、宮崎 L…5,000 R…6,000 H…7,500
長崎 壱岐、五島福江、対馬 L…5,000 R…6,000 H…7,500
沖縄 宮古、石垣 L…5,000 R…6,000 H…7,500
301~800マイル区間 その他の発着区間
801~1,000マイル区間 東京 沖縄 L…7,000 R…9,000 H…10,500
大阪 石垣、宮古 L…7,000 R…9,000 H…10,500
静岡 沖縄 L…7,000 R…9,000 H…10,500
名古屋 沖縄、宮古 L…7,000 R…9,000 H…10,500
札幌 福岡 L…7,000 R…9,000 H…10,500
1,001~2,000マイル区間 東京 石垣、宮古 L…8,500 R…10,000 H…11,500
  名古屋 石垣 L…8,500 R…10,000 H…11,500
  札幌 沖縄 L…8,500 R…10,000 H…11,500
  沖縄 仙台、新潟 L…8,500 R…10,000 H…11,500

出典:ANA|シーズン・必要マイルチャート
※L(ローシーズン)、R(レギュラーシーズン)、H(ハイシーズン)
※2023年6月現在

ハイシーズンに東京から沖縄に行く場合の一例を紹介します。
マイルの価値は以下の通りです。

発着区間 特典航空券 現金購入した場合 マイルの価値
東京→沖縄 10,500マイル 55,610円 1マイル=約5.3円

ANA国際線特典航空券

ANA国際線特典航空券へ交換する場合に必要なマイル数は、以下の通りです。

目的地 利用クラス 出発地:日本
L R H
韓国・ロシア1 Y 12,000 15,000 18,000
PY 設定なし 設定なし 設定なし
C 25,000 30,000 33,000
F 設定なし 設定なし 設定なし
アジア1 Y 17,000 20,000 23,000
PY 30,000 33,000 36,000
C 35,000 40,000 43,000
F 設定なし 設定なし 設定なし
アジア2 Y 30,000 35,000 38,000
PY 46,000 51,000 54,000
C 55,000 60,000 63,000
F 105,000 105,000 114,000
ハワイ Y 35,000 40,000 43,000
PY 53,000 58,000 61,000
C 60,000 65,000 68,000
F 120,000            120,000 129,000
欧州・ロシア2 Y 45,000 55,000 60,000
PY 67,000 77,000 82,000
C 80,000 90,000 95,000
F 165,000 165,000 180,000
オセアニア Y 37,000 45,000 50,000
PY 54,000 62,000 67,000
C 65,000 75,000 80,000
F 設定なし 設定なし 設定なし
出典:ANA|シーズン・必要マイルチャート
※Y…エコノミー、PY…プレミアムエコノミー、C…ビジネスクラス、F…ファーストクラス
※L…ローシーズン、R…レギュラーシーズン、H…ハイシーズン
※2023年6月現在

ハイシーズンにエコノミークラスで日本からハワイに行く場合の一例を紹介します。

マイルの価値は以下の通りです。

発着区間 特典航空券 現金購入した場合 マイルの価値
日本→ハワイ 43,000マイル 572,940円 1マイル=約13.3円

おすすめ!お得なマイル交換先の例

ANAマイルを無駄なく使うために、おすすめの方法を紹介します。

10,000マイル以下のおすすめの交換先

まずは、10,000マイル以下のおすすめの交換先を紹介します。

  • 今週のトクたびマイル
    まず、おすすめなのが今週のトクたびマイルです。通常、ANA国内線特典航空券は片道5,000マイルが最低限必要ですが、今週のトクたびマイルでは対象路線が片道3,000マイルから利用することができます。

    今週のトクたびマイルの対象となる路線の告知は毎週火曜日の12:00に行われ、対象路線の予約発券期間は毎週水曜日から翌週の火曜日まで、対象搭乗期間は毎週木曜日から翌週の水曜日までです。

    今週のトクたびマイルを利用すれば、通常の半分程度のマイルでANA国内線特典航空券を利用できる可能性があるのでお得ですが、航空券の予約は搭乗日直前にならないとできないので、「急に休みが取れたから、一人でふらっと旅行に行きたい」という場合などにはとても魅力的なサービスです。
  • ANA FESTAクーポン(eギフトカード)に交換する
    「マイルが余ってるけど、特典航空券に交換するにはマイルが少ない」「今月中にマイルの有効期限が切れる」という場合におすすめなのが、ANA FESTAで使えるクーポン(eギフトカード)に交換するという方法です。ANA FESTAとは、全国の就航空港で旅行グッズの販売や食事の提供を行うショップを指します。

    1,000マイルにつき、1,000円のANA FESTAクーポン(eギフトカード)に交換できるので、余ったマイルも有効活用できます。また、ANA FESTAクーポン(eギフトカード)の有効期限は、クーポンの申込み月より12ヶ月目の末日までなので、マイルの有効期限が切れそうなときにも便利ですね。
  • 提携ポイントに交換する
    また、「使い道が特に決まっていないけど、余ったマイルを有効活用したい」という場合におすすめなのが、提携パートナーのポイントに交換するという方法です。交換できる提携パートナーのポイントはさまざまですが、楽天ポイントやTポイント、nanacoポイントなど汎用性の高いポイントが多いというのが魅力でしょう。例えば、ANAマイルをTポイントに交換する場合、10,000マイルごとにTポイント10,000ポイントとなります。

    日常生活でも使いやすい提携パートナーのポイントに交換すれば、使い道が決まってないマイルも無駄なく有効活用できますね。

1,000マイル以下のおすすめの交換先

続いて、1,000マイル以下のおすすめの交換先を紹介します。

  • ANA SKYコインに交換する
    「少しだけ余ったマイルを無駄なく使いたい」という場合におすすめなのが、ANA SKYコインに交換するという方法です。ANA SKYコインは、1マイルから交換可能で、1マイル=1コインで、1コインは1円相当の価値があります。

    ANA SKYコインは、ANAの航空券や旅行商品の支払いに使うことができ、10コイン単位で利用可能です。また、ANA SKY コインで購入した航空券や旅行商品でもマイルが貯まるというのも魅力です。
  • ANAショッピング A-styleでオンラインショッピングに使う
    また、少しだけ余ったマイルは、ANAショッピング A-styleでのお買い物に使うのもおすすめです。ANAショッピング A-styleでは、1マイル=1円からオンラインショッピングができます。

    ANAショッピング A-styleは品揃えも豊富。旅行グッズやANAオリジナル商品のほか、ファッションや食品など日常生活で使える商品もたくさんあります。商品購入の際は、マイルと現金(クレジットカード)の併用も可能なので、1マイルも無駄にすることなく使い切ることができます。

ANAマイルを効率よく貯めるならポイントタウンがおすすめ!

本記事で紹介してきたように、ANAマイルの活用方法は、航空券の交換のみならず、オンラインショッピングや提携ポイントへの交換などさまざまです。中でも一番お得なANAマイルの使い道は、航空券への交換になります。もし飛行機に乗る機会が少ないという場合でも、ANAマイルには多様な活用方法があるので、A貯めておいて損はないですよね。

普段のお買い物や公共料金をANAのクレジットカードで支払うことでANAマイルは貯まりますが、さらに

効率的にANAマイルを貯めるには、ポイントタウンを活用する方法がおすすめです。ポイントタウンでは、普段のオンラインショッピングをポイントタウン経由にするだけでポイントを貯めることができ、さらに簡単なアンケートへの回答やゲームで遊ぶだけでもポイントを稼ぐことができます。ポイントタウンで貯めたポイントはANAマイルに交換することができるので、効率的にANAマイルを貯められるでしょう。

ポイントタウンは、登録料や利用料は一切かからず簡単に始められるので、ぜひ会員登録してみて下さい!

ANAマイルを貯めるならポイントタウン

  • 豊富なコンテンツがありポイントが貯まりやすい!
  • 1ポイント=1円で利用可能!
  • ANAマイルや電子マネー、銀行口座などにポイント交換できる!
  • 最短2分で登録!無料で簡単に使える

この記事をシェアする

この記事を書いた人

クロちゃん

Webライター兼編集者。金融系から不動産系、ライフハックまで多様なジャンルの記事を執筆しています。記事をとおして、読む人の暮らしが少しでも明るくなるような情報をお届けできれば幸いです。

この記事を読んだあなたへのおすすめ