おすすめクレジットカード比較・
ランキング情報メディア
search
ステータスカードのアメックスとダイナースを徹底比較!どちらが合うか詳しく解説
おすすめクレジットカード比較

ステータスカードのアメックスとダイナースを徹底比較!どちらが合うか詳しく解説

ステータスカードと言えばアメックスとダイナース。「どちらかを作ってみたいけれど、2つの違いが分からない」という方も多いのではないでしょうか。この記事ではアメックスとダイナースを徹底比較。あなたにぴったりなカードが見つけられます。

アメックスもダイナースも持っているだけでステータス

h2_アメックス_ダイナース_比較

よく比較されがちなアメリカン・エキスプレス・カードとダイナースクラブカード。どちらも年会費が高く、多くの特典が付いている一流のステータスカードです。

この記事では、ゴールドカードのステータスにあるアメックスゴールドと、ダイナースクラブカードを比較しています。共通点や相違点、どのような人に向いているかを解説しているので、あなたにぴったりなカードが見つかります!

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

amex_アメックスゴールド
アメックスゴールド 基本情報
年会費 31,900円
ポイント還元率 1%
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
申し込み条件 20歳以上の定職がある方

アメックスゴールドは一流のゴールドカードとして人気です。ゴールドの背景にすきっりとしたシンプルなデザイン。圧倒的な存在感があり、見ただけで高級なカードだとわかります。

年会費も31,900円とかなり高め。「そんなにするの」と思う方もいるかもしれませんが、アメックスゴールドを持っていることによる社会的信頼と、様々な特典を考えると、31,900円という年会費にも納得がいくでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード公式サイト

arrow

ダイナースクラブカード

diners_ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカード 基本情報
年会費 24,200円
ポイント還元率 1%
国際ブランド ダイナースクラブ
申し込み条件 27歳以上の方

ダイナースクラブカードもアメックスゴールドと同じく、一流のステータスを感じられるカードです。アメックスの背景が金なのに対し、ダイナースの背景は銀。ダイナースもとても高級感を感じられるデザインになっています。

年会費は24,200円と、アメックスよりは安くなっていますが、クレジットカードとして考えるとかなり高めの値段設定です。ダイナースも多くの特典が付くので、年会費の高さには納得できるカードです。

ダイナースクラブカード 公式サイト

arrow

2枚のカードを比較!知名度重視ならアメックス、キャッシング重視ならダイナース

h2_アメックス_ダイナース_比較3

アメックスゴールドとダイナースカードを比較した結果、知名度重視の方にはアメックスゴールド、キャッシング機能を利用したい方にはダイナースカードがおすすめです。それでは2つのカードを次の項目ごとに比較していきましょう。

  1. 知名度・ステータス
  2. ポイントの貯めやすさ
  3. 利用可能店舗
  4. 海外旅行保険
  5. 利用できるサービス
  6. 審査の通りやすさ
  7. 限度額
  8. キャッシング異能の有無

①知名度・ステータスで比較

h3_アメックス_ダイナース_比較

まず最初に知名度・ステータスで比較していきます。知名度が高いのはズバリ「アメックスゴールド」。アメックスは積極的に広告を出しているため、多くの人に知られている一方、ダイナースクラブカードは「知る人ぞ知るカード」という感じです。

知名度があり他の人に認知されてこそのステータスなので、ステータスもアメックスゴールドの方が上と言えるでしょう。「持っていることでみんなにすごいと思われたい」という方には、圧倒的にアメックスゴールドがおすすめです。

②ポイントの貯めやすさで比較

h3_アメックス_ダイナース_比較2

次にポイントの貯めやすさで比較していきます。どちらのカードも基本的な還元率は1%と引き分け。アメックスは年会費3,300円を支払い、「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入することで、対象加盟店でのポイントが通常の3倍(還元率3%)になります。

ダイナースにはアメックスのような年会費を払い加入するポイントプログラムはありませんが、250以上ものダイナースクラブポイントモールの提携店で買い物をすることで店舗ごとに異なるボーナスポイントがもらえます。

「還元率が3倍になる」と聞くとすごくお得に感じますが、2%アップの還元率で年会費3,300円の元を取ろうとすると、年間165,000円の買い物が必要になります。一方ダイナースは無料でボーナスポイントがもらえるので、ポイントに関してはどちらのカードを使っても大きな差はありません。

③利用可能店舗で比較

h3_アメックス_ダイナース_比較3

次に利用可能店舗で比較していきます。アメックスもダイナースもJCBと提携しているため、日本国内では問題なく使えます。海外では、欧州ではアメックスが、ハワイとアメリカではダイナースが有利です。自分のよく行く国に合わせて選ぶのも良いですね。

④海外旅行保険で比較

h3_アメックス_ダイナース_比較4
項目 アメックスゴールド ダイナース
傷害死亡・
後遺障害
利用:最高1億円 最高1億円
自動:5,000万円
利用:5,000万円
傷害・疾病
治療費用
利用:最高300万円 自動:最高300万円
賠償責任 利用:最高4,000万円 自動:最高1億円
携行品障害 利用:最高50万円 自動:最高50万円
救援者費用 利用:最高400万円 自動:最高300万円
航空便遅延
費用補償
家族特約

次に海外旅行保険で比較していきます。「海外旅行をよくする」という方にとっては海外旅行保険の充実度も、カードを選ぶうえでの大切なポイントですよね。

保険金額を重視するならダイナース、オプションの有無を重視するならアメックスがおすすめです。

アメックスとダイナースの海外旅行保険を比較した表を見るとわかる通り、ダイナースは自動付帯の保険金額がアメックスよりも高くなっています。一方アメックスは、航空便遅延費用補償や家族特約といったオプションが付いています。自分の旅行のスタイルに合わせて選んでみてください。

⑤利用できるサービスで比較

h3_アメックス_ダイナース_比較5

次に利用できるサービスで比較していきます。アメックスは海外旅行系に、ダイナースは食事系に強いカードです。アメックスは海外旅行時の手荷物配送や、ホテル優待サービスが充実しています。一方、ダイナースはレストランでの優待サービスが充実しています。

自分がどちらのサービスを主に利用したいかも、選考基準に入れてみましょう。

⑥審査の通りやすさで比較

h3_アメックス_ダイナース_比較6

次に審査の通りやすさで比較していきます。どちらもはっきりとした審査基準を明記しているわけではありません。公式で発表されている応募資格は、アメックスが20歳以上、ダイナースが27歳以上ということ。

参考程度ではありますが、審査に通る年収は、アメックスが200万円以上、ダイナースが300万円以上と言われています。審査の通りやすさではアメックスの方に軍配が上がります。

⑦限度額で比較

h3_アメックス_ダイナース_比較7

次に限度額で比較していきます。アメックスもダイナースも、最初から一定の限度額が設定されているわけではありません。どちらも会員それぞれの限度額が適時設定されていきます。つまり一口に「どちらの方が高い」とは言えません。選考基準に限度額は入れなくてよいです。

⑧キャッシング機能で比較

h3_アメックス_ダイナース_比較8

最後にキャッシング機能の有無で比較していきます。ダイナースにはキャッシング機能がありますが、アメックスにはありません。キャッシング機能を利用したい方はダイナース一択ですね。

キャッシング機能の有無こそがアメックスとダイナースの一番大きな違いなので、どちらか迷ったときはぜひ参考にしてください。

アメックスとダイナースを比較して合う方を選ぼう!

h2_アメックス_ダイナース_比較3 4

ステータス性のある国際ブランドカードのアメックスとダイナース。様々な観点から比較してみると、それぞれのメリット、デメリットが見えてきましたね。どちらを選ぶかはあなた次第です。じっくり比較して、あなたにぴったりのカードを選んでください!

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード公式サイト

arrow

ダイナースクラブカード 公式サイト

arrow
クレカタウン編集部

クレカタウン編集部