おすすめクレジットカード比較・
ランキング情報メディア
search
マイルが貯まるクレジットカードはこれだ!最強カード17選を比較&解説
マイル系

マイルが貯まるクレジットカードはこれだ!最強カード17選を比較&解説

一度は聞いたことがあるマイル。ただ、貯め方や利用方法が、わからない方も多いはずです。この記事ではマイルが貯まりやすいクレジットカードを17枚、条件別に紹介しています。マイルを効率よく貯めて楽しい旅行へ行きましょう!

クレジットカードを使って自分に合ったマイルを貯めよう

made_マイルクレジットカード➀

日々の支払いをマイルが貯まるクレジットカードに変えることで、今よりも旅行に行けるチャンスが増えます!マイル利用の特典航空券を利用することで、無料で飛行機に乗ることが可能に。

JALマイレージバンクならJALカード、ANAマイレージクラブならANAカードのように、よく使う航空会社によって選ぶクレジットカードは異なります。まずはマイルを貯めたい航空会社を決めましょう。

どのマイルにも交換できるクレジットカードを選ぶのもアリ!

よく利用する航空会社がない場合は、アメックス・スカイ・トラベラーなどの、どのマイルにも交換できるクレジットカードを選びましょう。ただし、クレジットカードによっては貯めたポイントの交換レートが低い場合があるので、確認が必要です。

すぐ確認したい方はここをクリック

マイルには有効期限がある

マイルはマイルとして保有できる期間が決まっています。JALやANAのマイルは3年、デルタ航空は2年、ユナイテッド航空は無期限です。

JALマイル最強クレジットカード6選

JALマイルを貯めたい方必見の、最強おすすめJALカードを6枚紹介します。下の表は、一目でわかる、JALカード攻略早見表です。JALカードを作る際に参考にしてみてください。

made_JALカード攻略早見表
  1. JALカード TOKYU POINT ClubQ
  2. JALカード Suica
  3. JAL CLUB-Aゴールドカード
  4. JALダイナースカード
  5. JALカードプラチナ
  6. セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

1. 年会費が安いカード

年会費が安いJALカードを2枚紹介。これから紹介する2枚のクレジットカード「JALカード TOKYU POINT ClubQ」と「JALカード Suica」では、ボーナスマイルの特典を受けられます。特典の内容は共通で、以下の表の通りです。

ボーナスマイル マイル数
搭乗ごとのボーナス 10%プラス
毎年初回搭乗ボーナス 1,000マイル
入会搭乗ボーナス 1,000マイル

JALカード TOKYU POINT ClubQ

JALカード TOKYU POINT ClubQ
JALカード TOKYU POINT ClubQ 基本情報
年会費 2,200円(初年度無料)
還元率 0.5%
国際ブランド VISA,Mastercard
申し込み条件 18歳以上(高校生不可)

JALカード TOKYU POINT ClubQは、JALと東急グループが提携して発行しているクレジットカードで、東急線沿線に住まわれている方におすすめです。普段の利用でJALマイルが、東急百貨店や東急ストアなどのTOKYU POINT加盟店での買い物で、マイルとTOKYU POINTが貯まります。

マイルとTOKYU POINTは、相互交換が可能。さらに、PASMOのオートチャージ機能が付いているので、改札で足止めされるストレスなし&オートチャージでTOKYU POINTが貯まるお得な機能も付いています。

JALカード 公式サイト

arrow

JALカード Suica

JALカード Suica
JALカード Suica 基本情報
年会費 2,200円(初年度無料)
還元率 0.5%
国際ブランド VISA
申し込み条件 18歳以上(高校生不可)

JALカード Suicaは、JR東日本だけでなく全国のJRをよく利用するJALユーザーにおすすめです。マイルとJREポイントが貯まり、相互でポイントの交換が可能。JALタッチ&ゴーサービスと、オートチャージ機能で空港でも駅でも残高不足の心配なく、スムーズに飛行機と電車を利用できます。

JALカード 公式サイト

arrow

2. ゴールドカード

おすすめJALゴールドカードを2枚紹介。これから紹介する2枚のクレジットカード「JAL CLUB-Aゴールドカード」と「JALダイナースカード」では、ボーナスマイルの特典を受けられます。特典の内容は共通です。

ボーナスマイル マイル数
搭乗ごとのボーナス 25%プラス
毎年初回搭乗ボーナス 2,000マイル
入会搭乗ボーナス 5,000マイル

JAL CLUB-Aゴールドカード

JAL CLUB-Aゴールドカード
JAL CLUB-Aゴールドカード 基本情報
年会費 17,600円
還元率 1%
国際ブランド VISA,Mastercard,JCB
申し込み条件 20歳以上(学生不可)

JAL CLUB-Aゴールドカードは、定期的にJALを利用される方におすすめです。普段の買い物で貯まるマイルが2倍になる、ショッピングマイル・プレミアムに自動入会されています。

普段の支払いをJAL CLUB-Aゴールドカードに変えるだけで、どんどんマイルが貯まっていくこと間違いなしです!

JAL CLUB-Aゴールドカード 公式サイト

arrow

JALダイナースカード

JALダイナースカード
JALダイナースカード 基本情報
年会費 30,800円
還元率 1%
国際ブランド ダイナース
申し込み条件 27歳以上

JALダイナースカードは、JAL CLUB-Aゴールドカードのサービスと、ダイナースの高品質のサービスの両方を受けられるカードになります。よく海外に行かれる方で、最上級のゴールドカードのサービスを受けたい方におすすめです。

世界中の1,000を超えるラウンジを無料で利用できるほか、グルメ、ホテル、ゴルフなどのエンターテインメントの特典がゴールドカードの中で一番充実しています。

JALダイナースカード 公式サイト

arrow

3. ステータスカード

おすすめのJALステータスカードを2枚紹介。これから紹介する2枚のクレジットカード「JALカードプラチナ」と「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」では、ボーナスマイルの特典を受けられます。特典の内容は共通です。

ボーナスマイル マイル数
搭乗ごとのボーナス 25%プラス
毎年初回搭乗ボーナス 2,000マイル
入会搭乗ボーナス 5,000マイル

JALカードプラチナ

JALカードプラチナ
JALカードプラチナ 基本情報
年会費 34,100円
還元率 34,100円
国際ブランド JCB,Amex
申し込み条件 20歳以上(学生不可)

JALカードプラチナは、海外を中心にJALを利用される方におすすめです。プラチナ会員限定で世界中の1,000を超える空港ラウンジを無料で使えるほか、プラチナ・コンシェルジュサービスも付帯しており、サービスがかなり充実。

また、JALグループ航空券など対象商品の購入で、ショッピングマイルに加えて貯まるアドオンマイルも(100円=2マイル)。ゴールドカードよりもさらにマイルが貯まりやすくなっています。

JALカードプラチナ 公式サイト

arrow

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
セゾンプラチナ・アメリカン
・エキスプレス(R)・カード
基本情報
年会費 22,000円
還元率 1%
国際ブランド Amex
申し込み条件 20歳以上(学生不可)

セゾンプラチナ・アメックスカードは、セゾンが発行しているプラチナカードです。年に1回くらいしか飛行機は利用しないけどマイルを貯めたい&非常に高いサービスを受けたい方におすすめです。

年会費無料で「SAISON MILE CLUB」に登録でき、JALマイルの還元率が最大1.125%になります。つまり、月7万円の利用で、JAL国際線特典航空券(片道)7,500マイルと交換できるくらいのマイルをゲット可能。かなりの高還元クレジットカードと言えます。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード 公式サイト

arrow

ANAマイル最強クレジットカード6選

ANAマイルを貯めたい方必見の、最強おすすめANAカードを6枚紹介します。下の表は、一目でわかる、ANAカード攻略早見表です。ANAカードを作る際に参考にしてみてください。

ANAカード攻略早見表
  1. ANA To Me CARD PASMO JCB ソラチカカード
  2. ANA JCBワイドカード
  3. ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  4. MileagePlusセゾンゴールドカード
  5. ANAダイナースプレミアムカード
  6. ANA VISAプラチナ プレミアムカード

1. 年会費が安いカード

ANAの年会費が安いクレジットカードを2枚紹介。「ANA To Me CARD PASMO JCB ソラチカカード」と「ANA ワイドカード」は、どちらも年会費が安いのに、マイルが貯まりやすいのでおすすめです。

ANA To Me CARD PASMO JCB ソラチカカード

ana_ソラチカカード_PASMO
ソラチカカード 基本情報
年会費 2,200円(初年度無料)
還元率 0.5% or 1%
国際ブランド JCB
申し込み条件 18歳以上(高校生不可)

ソラチカカードは、年に1度くらいANAを利用される方におすすめです。メトロポイント、Oki Dokiポイント、ANAマイルの3つのポイントが貯まる上に、相互にポイントを交換できるので、一般カードの中では特にマイルが貯まりやすいカードとなっています。

また、東京メトロを普段から利用されている方は特におすすめで、メトロポイントPlusに申し込めばチャージではなく乗車するだけでメトロポイントがもらえます。交換レートも100メトロポイント→90マイルと悪くないです。

Oki Dokiポイントの交換レートは2種類あり、5マイルコースだと1ポイント→5マイル、10マイルコース(年会費5,500円)だと1ポイント→10マイルで交換できます。月に2万円以上の利用だと、10マイルコースがおすすめです。

▼クレジットカードを利用してもらえるボーナスマイル

ボーナスマイル マイル数
搭乗ごとのボーナス 10%プラス
ANA航空券の購入 100円=1.5マイル
入会・継続ボーナス 1,000マイル

ANA to Me CARD PASMO JCB CARD(ソラチカカード)

arrow

ANA ワイドカード

ANAワイドカード_jcb
ANA ワイドカード 基本情報
年会費 7,975円
還元率 0.5%
国際ブランド VISA,Mastercard
申し込み条件 18歳以上(学生不可)

ANA ワイドカードは、定期的にANAを利用される方におすすめです。利点は何と言っても搭乗ごとのボーナスマイルが25%プラスされる点。ANAを利用すればするほどマイルがどんどん貯まっていきます。

さらに多くのマイルを貯める方法として、ワイドカードのVポイントからのマイル移行を2倍コースにできますが、カードの年会費7,975円+手数料6,600円=14,575円が年間発生します。一方、ANA VISAワイドゴールドカードは、2倍コースもついてくる上に年会費15,400円。より多くのマイルを貯めたい方は、ANA VISAワイドゴールドカードがおすすめです。

▼クレジットカードを利用してもらえるボーナスマイル

ボーナスマイル マイル数
搭乗ごとのボーナス 25%プラス
ANA航空券の購入 100円=1.5マイル
入会・継続ボーナス 2,000マイル

ANA ワイドカード 公式サイト

arrow

2. ゴールドカード

おすすめのANAゴールドカード、「ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」と「MileagePlusセゾンゴールドカード」の2枚を紹介します。ANAゴールドカードはマイルが貯まりやすい上に、保険や旅行特典が一般カードより充実しています。

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANA アメックスゴールド
ANA アメックスゴールドカード 基本情報
年会費 34,100円
還元率 1%
国際ブランド Amex
申し込み条件 20歳以上(学生不可)

ANA アメックスゴールドカードは、年に1度は海外旅行に行かれる方におすすめ。アメックスで貯まるポイントは有効期限がないのに加え、1,000ポイント=1,000マイルでいつでも交換できます。日々の支払いをしていくだけで、マイルがどんどん貯まっていくも同然です。

アメックスのゴールドカードの海外旅行の特典は、他のクレジットカードに比べて非常に手厚く準備されており、ANA アメックスゴールドを持つだけで海外旅行が楽しくなります。

▼クレジットカードを利用してもらえるボーナスマイル

ボーナスマイル マイル数
搭乗ごとのボーナス 25%プラス
ANA航空券のご購入 100円=3マイル
入会・継続ボーナス 2,000マイル

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード・公式サイト

arrow

MileagePlusセゾンゴールドカード

MileagePlusセゾンゴールドカード
MileagePlusセゾンゴールドカード 基本情報
年会費 22,000円
還元率 1.5%
国際ブランド VISA,Mastercard,Amex
申し込み条件 18歳以上(高校生不可)

MileagePlusセゾンゴールドカードは、ユナイテッド航空のマイルが貯まるクレジットカードですが、ANAとユナイテッド航空は提携しているので、ユナイテッド航空のマイル=ANAのマイルと考えてOK。ANAユーザーなおかつアメリカによく行かれる方におすすめです。

航空会社が発行しているクレジットカードではないので、搭乗のボーナスマイルはありません。しかし、1ヶ月の利用額1,000円につき15マイル(1.5%)と、日常での支払いでもらえるマイルが多いのが特徴。さらに、毎年の年会費請求の2ヶ月後には、1,500マイルのボーナスも。

MileagePlusセゾンゴールドカード 公式サイト

arrow

3. ステータスカード

おすすめのANAステータスカードを2枚紹介。「ANAダイナース プレミアムカード」と「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」です。ANAが発行するステータスカードはマイル、保険、旅行特典といったサービスが、すべて最上級のものが用意されています。

ANAダイナース プレミアムカード

ANAダイナース プレミアムカード
ANAダイナース プレミアムカード 基本情報
年会費 170,500円
還元率 1%
国際ブランド ダイナース
申し込み条件 27歳以上

ANAダイナース プレミアムカードは、ANAカードの最上位のクレジットカードです。完全招待制(ANAダイナースカードを最低でも1年間利用)なので、発行できると非常に高品質のサービスを受けられます。

簡単に言うと、ANAマイルが最も貯まるクレジットカードです。毎年利用継続するだけで10,000マイルもらえます。搭乗のボーナスも50%と高く、ショッピングでも通常ポイントに加えてプレミアム・ボーナスポイントをゲット。

年会費が170,500円と高いですが、よくANA利用する方であれば、ANAダイナース プレミアムカードを手に入れて損はありません。ANAダイナース プレミアムカードを発行するためには、ANAダイナースカードの発行が必須。

▼クレジットカードを利用してもらえるボーナスマイル

ボーナスマイル マイル数
搭乗ごとのボーナス 50%プラス
ANA航空券のご購入 100円=4.5マイル
入会・継続ボーナス 10,000マイル

ANAダイナースカード 公式サイト

arrow

ANA VISAプラチナ プレミアムカード

ANA VISA プラチナ プレミアムカード
ANA VISAプラチナ プレミアムカード 基本情報
年会費 88,000円
還元率 1.5%
国際ブランド VISA
申し込み条件 30歳以上

ANA VISAプラチナ プレミアムカードは、国内外を問わずANAを利用する方におすすめです。ANAを利用すればするほどマイルが貯まる点は、ANAダイナース プレミアムカードと変わりません。

ANAダイナースカードの利点は、マイル還元率が高い上に、電子マネー「楽天Edy」チャージで200円ごとに1マイル貯まり、交換した楽天Edyでのお支払いでもマイルが貯まること。楽天をよく利用している方に非常にうれしい特典ですね。

▼クレジットカードを利用してもらえるボーナスマイル

ボーナスマイル マイル数
搭乗ごとのボーナス 50%プラス
ANA航空券のご購入 100円=3.5マイル
入会・継続ボーナス 10,000マイル

ANA VISAプラチナ プレミアムカード 公式サイト

arrow

【番外編】デルタマイル(スカイチーム)

デルタ航空を使って貯められるマイルは、日本ではあまり使われていませんが、海外ではJAL系マイルやANA系マイルと並んで人気があるマイルです。編集部がおすすめするデルタマイルが貯まるクレジットカードを2枚紹介します。

  1. デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
  2. デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
デルタ アメックスカード 基本情報
年会費 13,200円
還元率 1%
国際ブランド Amex
申し込み条件 20歳以上(学生不可)

デルタ アメックスカードはスカイチーム系の航空会社、特にデルタ航空を利用される方におすすめです。スカイマイルは、JALやANAなどのマイルよりも貯めやすいのが特徴。海外の利用でマイルが1.3倍、デルタ航空でのクレジットカード利用で通常の2倍のマイルを獲得できます。

デルタ アメックスカードを申し込む際は、事前にデルタ航空スカイマイル会員番号が必要なので注意しましょう。

▼クレジットカードを利用してもらえるボーナスマイル

ボーナスマイル マイル数
最初のフライトボーナス エコノミー10,000マイル
ビジネス25,000マイル
入会ボーナス 5,000マイル
継続ボーナス 2,000マイル

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス®・ カード 公式サイト

arrow

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード
デルタ スカイマイル
ダイナースクラブカード
基本情報
年会費 30,800円
還元率 1.5%
国際ブランド ダイナースクラブ
申し込み条件 27歳以上

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードは、ダイナースの豪華な特典を受けながら、デルタ航空のマイルを貯められます。最大の利点は還元率が高い点。100円の利用で1.5マイルが貯まります。

また、入会や最初のフライトで最大35,000マイルがもらえます。デルタ ダイナースカードはデルタ航空を利用してアメリカへ行かれる方におすすめです。

▼クレジットカードを利用してもらえるボーナスマイル

ボーナスマイル マイル数
最初のフライトボーナス エコノミー10,000マイル
ビジネス25,000マイル
入会ボーナス 10,000マイル
継続ボーナス 3,000マイル

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード 公式サイト

arrow

マイル全般におすすめアメックスカード3選

JALマイルや、ANAマイルといった特定の航空会社を利用していない方はアメックスカードがおすすめです。貯めたポイントを世界各国17の航空会社のマイルと交換できます。

  1. アメックス・スカイ・トラベラーカード
  2. アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  3. SPG アメリカン・エキスプレス・カード

ただし、特定の航空会社が発行するクレジットカードではないので、マイルの貯まりやすさでいうと、航空会社が発行するクレジットカードの方がおすすめです。

アメックス・スカイ・トラベラー・カード

amex_アメックススカイトラベラー
アメックススカイトラベラー 基本情報
年会費 11,000円
還元率 1%
国際ブランド Amex
申し込み条件 20歳以上(学生不可)

アメックススカイトラベラーは、飛行機をたくさん利用する&様々な航空会社を利用する方におすすめです。最大の利点は「スカイ・トラベラー3倍ボーナス」。対象の27の航空会社の航空券をアメックススカイトラベラーで購入すると、還元率が3倍(100円=3ポイント)になります。

貯めたポイントは、提携航空会社16社のマイルに1,000ポイント=1,000マイルでいつでも交換可能。ポイントに有効期限がないので、期限を気にせずクレジットカードを利用できます。

▼クレジットカードを利用してもらえるボーナスマイル

ボーナスマイル マイル数
入会ボーナス 3,000ポイント
航空券初回購入ボーナス 5,000ポイント
継続ボーナス 1,000ボーナス

アメリカン・エキスプレス ・スカイ・トラベラー・カード 公式サイト

arrow

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

amex_アメックスゴールド
アメックスゴールドカード 基本情報
年会費 31,900円
還元率 1%
国際ブランド Amex
申し込み条件 20歳以上(学生不可)

アメックスゴールドは、豊富な旅行特典に加えて、ポイント還元率も高くポイントが貯まりやすいので、旅行用のサブカードとしての利用がおすすめ。ただし、年会費が31,900円とゴールドカードにしては高いので、注意が必要です。

アメックスゴールドでは、入会後3ヶ月間のクレジットカード利用に応じて、最大50,000ポイント獲得可能な入会キャンペーンが常時開催されています。

2,000ポイント=1,000マイルで移行可能。年会費3,300円の「メンバーシップ・リワード・プラス」に入会すると、1,250ポイント=1,000マイルに交換レートがアップします。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード公式サイト

arrow

SPG アメリカン・エキスプレス®・ カード

S.P.G. アメリカン・エキスプレス®・ カード
SPG アメリカン・
エキスプレス®・ カード
基本情報
年会費 34,100円
還元率 1%
国際ブランド Amex
申し込み条件 20歳以上

SPGアメックスカードは、Marriott Bonvoyポイントを100円=3ポイントで貯まっていき、ポイントを世界40社以上の、航空会社のマイルに交換できるクレジットカードです。多くの航空会社のマイルと、3ポイント=1マイルで交換できます。

入会後3ヶ月以内に10万円以上のカード利用すると、30,000Marriott Bonvoyポイントがもらえます。また、継続ボーナスで無料宿泊プレゼント。SPGアメックスカードは、ホテルと航空会社でリッチな旅をしたい方におすすめです。

S.P.G. アメリカン・エキスプレス®・ カード 公式サイト

arrow

【おすすめ】毎日マイルを貯める5つの方法

made_マイルクレジットカード④

編集部がおすすめする、クレジットカードのマイルの貯め方を5種類紹介します。

  1. クレジットカードで航空券を支払う
  2. 日頃の支払いをクレジットカードにする
  3. ポイントサイトを利用
  4. 交通電子カードと提携カードを使う
  5. 地方の人はイオンカード

➀クレジットカードで航空券を支払う

made_マイルクレジットカード④-1

航空会社が発行するクレジットカードで航空券の支払いをすると、通常マイルに加えてボーナスマイルがもらえます。飛行機に乗らないとマイルが貯まりませんが、裏を返せば飛行機に乗れば必ず貯まります。

➁日頃の支払いをクレジットカードにする

made_マイルクレジットカード④-2

クレジットカードで支払い、貯まったポイントをマイルに交換しましょう。着実にマイルが貯まっていきます。

ポイント還元率や交換レートで多少の差が生まれますが、家賃の支払いや光熱費などの生活費をクレジットカード支払いに変えるだけで、今より確実にお得になります。

③ポイントサイトを利用

made_マイルクレジットカード④-3

ポイントサイトを経由すると、高い交換レートで移行できます。 JALマイルを貯めている人は「モッピー」を、ANAマイルを貯めている人は「ハピタス」をメインに運用している人が一般的。

④交通電子カードと提携カードを使う

made_マイルクレジットカード④-4

都市部の人はSuicaやPASMOと提携しているクレジットカードを選ぶと、チャージや定期券を買うだけでポイントが貯まります。日常生活で貯めた、より多くのポイントをマイルと交換可能。

⑤地方の人はイオンカード

made_マイルクレジットカード④-5

イオンが近くにある人はイオンカードを使うことで、マイルが着々と貯まっていきます。

交換レートは、ANAマイルが25%(WAON2,000ポイント=500マイル)、JALマイルが50%(WAON3,000ポイント=1,500マイル)とそれほど高くはありませんが、貯まりやすさがピカイチのWAONポイント。地方の方には、特にWAONポイントをマイルに交換することをおすすめします。

クレジットカードで貯めたマイルの使用方法

made_マイルクレジットカード⑤

貯めたマイルは、様々な活用方法があります。

  1. 飛行機に無料で乗る
  2. 座席のグレードアップ
  3. 国際線で預け荷物の超過料金の支払い

➀飛行機に無料で乗る

made_マイルクレジットカード⑤-1

マイルと引き換えに交換した特典航空券を使えば、飛行機を無料で利用できます。片道の国内航空券であれば、JALは6,000マイル、ANAは5,000マイルで交換可能です。

➁座席のグレードアップ

made_マイルクレジットカード⑤-2

国際線利用時の座席を、プレミアムエコノミーやビジネスクラスにアップグレードできます。また、マイルを利用しなくても、マイレージクラブのランクが高いだけでアップグレードされる場合も。

③国際線で預け荷物の超過料金の支払い

made_マイルクレジットカード⑤-3

国際線利用時に、預け荷物の重さが既定の重量を超えてしまった場合や、規定の個数以上のを預けたい場合、超過料金がかかりますよね。なんと超過料金もマイルで支払えます。ただし、航空会社によって支払わなければならないマイル数は異なります。

クレジットカードでマイルを貯めて楽しい旅行へ

made_マイルクレジットカード⑥

自分に合ったマイルとクレジットカードを見つけて、今より旅行や出張をお得にできます!飛行機利用&日々の買い物で、マイルをどんどん貯まっていくはずです。

クレカタウン編集部

クレカタウン編集部