市役所で即日お金を借りる方法|一時生活再建費の条件・審査&ハローワークでどうにかして相談できるのか解説

急な怪我や病気、冠婚葬祭等で即日お金を借りたいと考える方は多いでしょう。

その際に助けとなるのが、市役所が提供する公的支援制度です。

特定の条件をクリアした生活困窮者に対して、融資等の支援を行っています。とはいえ、利用には条件があり、誰でも借りられるわけではありません。

また申し込みから融資まで時間がかかるので、状況によっては公的支援が合わない場合もあります。

そこで本記事では、市役所でお金を借りる公的制度の「一時生活再建費」について詳しく解説します。

また、ハローワークに相談してお金を借りる方法があるのかお話するので、現在金銭に困っていて公的支援を利用したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

《お急ぎならこちら!アルバイトやパートでもOKなカードローン》

審査時間実質年利上限金額
セブン銀行カードローン最短翌日12.0%~15.0%300万円
プロミス最短3分4.5%~17.8%500万円
SMBCモビット最短30分3.00%~18.00%800万円

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

市役所・区役所で即日お金を借りる方法はある?ハローワークは相談できる?

冒頭でもお伝えした通り、市役所や区役所でお金を借りる方法はあります。

ただし、「即日」でお金を借りられるわけではありません。

市役所・区役所でお金を借りる制度に申し込んでも、実際に現金を手にできるのは数週間〜数ヶ月先です。

ちなみに、ハローワークでも下記の通りお金を借りる相談や手続きができます。

支援制度概要
失業保険離職後から再就職までの間、安定した生活を送りながら再就職活動を進められるよう、給付や職業紹介を通じて求職者を支援する制度。
職業訓練受講給付金雇用保険を受給できない求職者が、公的職業訓練を受講している期間中に受けられる給付金。
求職者支援金融資求職者支援制度で職業訓練受講給付金を受給する予定の方を対象とした貸付制度。
生活福祉資金貸付制度低所得者、高齢者、障害者等が安定した生活を送れるよう、都道府県の社会福祉協議会が資金の貸付けと必要な相談・支援を行う制度。
住居確保給付金住居を喪失した又は住居を喪失するおそれのある者に対し、家賃相当分の金銭を支給する制度。
臨時特例つなぎ資金住居のない離職者で、公的給付制度などの申請を受理されている人を対象に、給付や貸付が開始されるまでのつなぎとして生活費を貸し付ける制度

上記の内、「生活福祉資金貸付制度」が市役所でお金を借りる方法です。

次の項目で詳しく解説していくので、気になる方はチェックしてみてください。

市役所で即日申し込みできる公的融資制度「一時生活再建費」とは?

市役所で即日申し込みができる公的融資制度「一時生活再建費」とは、前の項目でご紹介した「生活福祉資金貸付制度」の種類の一つです。

そもそも、生活福祉資金貸付制度には次の4つの種類があります。

種類目的
総合支援資金生活支援費住宅入居費一時生活再建費
福祉資金緊急小口資金福祉費
教育支援資金教育支援費就学支度費
不動産担保型生活資金不動産担保型生活資金要保護世帯向け不動産担保型生活資金

このうちの一つに、一時生活再建費が含まれているというわけです。

ちなみに、これらの生活福祉資金貸付制度は、無利息もしくは低金利でお金を借りられます。

ただし、誰でも利用できるわけではなく、条件や審査をクリアする必要があります。

市役所で一時生活再建費を借りる条件!審査は厳しい?

続いては、生活福祉資金貸付制度の一種である一時生活再建費でお金を借りる条件と審査基準について解説します。

  • 一時生活再建費の貸付条件
  • 生活福祉資金貸付制度の審査基準

一時生活再建費の貸付条件

一時生活再建費の貸付条件は以下の通りです。


制度名
貸付条件
限度額据置期間償還期限貸付利子連帯保証人
一時生活再建費60万円以内貸付けの日(生活支援費とあわせて貸し付けている場合は、生活支援費の最終貸付日)から6月以内据置期間経過後10年以内連帯保証人あり:無利子
連帯保証人なし:年1.5%
原則必要
ただし、連帯保証人なしでも貸付可

参考:全国社会福祉協議会「(別表1)生活福祉資金一覧」

このように、連帯保証人を用意すれば無利子でお金を借りられます。

また、連帯保証人が用意できなくても、金利1.5%に設定すれば借入は可能です。

ちなみに、相談・手続きは市区町村の社会福祉協議会が窓口となっています。

市役所やハローワーク等で手続きの説明と用紙の交付を受けた後、申請書に下記の書類を添えて提出すれば申し込めます。

生活福祉資金貸付制度の審査基準

一時生活再建費を含む生活福祉資金貸付制度は、以下のいずれかに該当する世帯が利用できます。

  • 低所得者世帯:必要な資金を他から借りることが困難な世帯
  • 障害者世帯:障害者手帳などの交付を受けた人が属する世帯
  • 高齢者世帯:65歳以上の高齢者が属する世帯

低所得者とは、市町村民税非課税程度を意味しており、どの程度の世帯年収を指すかは市区町村によって異なります。

例えば、東京都大田区の場合は以下を住民税が課税されない方としています。

同一生計配偶者+扶養親族数合計所得金額
0人45万円以下
1人101万円以下
2人136万円以下
3人171万円以下
4人206万円以下

引用:大田区ホームページ「特別区民税・都民税(住民税)が課税されない方」

このように、住んでいる市区町村によって低所得者の定義が異なるので、お住いの地域の基準をチェックするようにしてください。

障害者世帯とは、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方がいる世帯です。

最後の高齢者世帯とは、65歳以上の高齢者がいる世帯を指しており、住民税非課税世帯に該当していない場合でもお金を借りられます。

以上3つの世帯のいずれかに該当しているか審査されて、支援が必要だと判断されれば貸付してくれます。

市役所で即日借りる方法はない!低金利なら銀行カードローン!

市役所では即日でお金を借りることはできません。

どうしても即日で現金を手にしたいなら、銀行や消費者金融のカードローンを利用した方が良いでしょう。

ここでは、低金利で借りられる銀行カードローンを2つご紹介します。

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローン」は、実質年利12.0%〜15.0%という低金利が売りの銀行カードローンです。

大手消費者金融の金利上限は大半が18.0%なので、3%も低い金利でお金を借りられます。

また、正規雇用者や公務員のみを貸付対象とする銀行が多い中、セブン銀行カードローンはアルバイトやパート等の非正規労働者も利用可能としています。

さらに、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦の方でも借りられるので、該当している方はセブン銀行カードローンの詳細をチェックしてみてください。

実質年利12.0%~15.0%
限度額10万円~300万円
WEB完結可能
審査時間最短即日(※)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セブン銀行カードローンの詳細はこちらから

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン」は、実質年利1.5%〜14.5%の業界最低水準を強みとする人気の銀行カードローンです。

セブン銀行よりさらに0.5%金利が低いので、とにかく利息の負担を軽くしたい方におすすめです。

また、数ある銀行の中でも特に審査スピードが早く、スムーズに手続きが進めば最短即日(※)で現金を手にできます。

公式サイトには、「年齢」「税込年収」「他社カードローン借入金額」の3つを入力するだけで、即座に借入の可否を診断してくれる「お借り入れ10秒診断」があります。

誰でも無料でチェックできるので、審査に不安を抱えている方は利用してみてください。

実質年利1.5%~14.5%
限度額10万円~800万円
WEB完結可能
審査時間最短当日(※)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

三井住友銀行カードローンの詳細はこちらから

市役所で即日借りる方法はない!今日中なら消費者金融カードローン!個人事業主OK

続いては、今日中にお金を借りられる可能性がある大手消費者金融を3つご紹介します。

以下の消費者金融であれば、個人事業主の方でも利用できるので、参考にしてみてください。

  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット

アイフル

アイフル」は、審査時間が最短18分(※)という業界最速水準を誇る大手消費者金融です。

午前中に申し込みを済ませれば、同日の午後には現金を手にできる可能性があります。

また、アルバイトやパート等の非正規労働者はもちろん、社会的信用度が低いとされる個人事業主の方でも安定した収入があれば利用可能です。

来店不要で全ての手続きが完了するので、仕事が忙しい方でも無理なく申し込めるでしょう。

実質年利年3.0%~18.0%
借り入れ限度額800万円(※1)
融資までの期間最短即日融資(※)
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※1:ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

アイフルの貸し付け条件はこちら

プロミス

プロミス」は、審査時間が最短3分(※)と、業界で最も早いサービスと言っても過言ではないカードローンです。

しかも、WEBなら24時間365日いつでも申し込みが可能で、審査は平日・土日・祝日の9時〜21時で実施しています。

スピード感が売りのプロミスなので、即日でお金を借りたい方の強い味方となってくれるでしょう。

また、大手消費者金融が上限金利を18.0%とする中、プロミスは17.8%と低めの設定です。

たった0.2%でも毎月の負担が軽くなるのは事実なので、少しでも支払いを少なくしたいならプロミスを検討してみると良いでしょう。

実質年利4.5%~17.8%
借り入れ限度額1万円〜500万円
※借入限度額は審査によって決定いたします
融資までの期間最短即日融資(※)
WEB完結可能

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミスの詳細はこちらから

SMBCモビット

モビット

SMBCモビット」は、簡単な3つの質問に答えるだけで審査してくれる「10秒簡易審査」が人気の大手消費者金融です。

その後は本審査を受ける必要があるものの、それでも気軽かつ素早く審査結果がわかるのは有難いでしょう。

また、WEB完結申込なら原則として電話なしで申し込めます。

家族や職場の同僚に知られずお金を借りられるので、周囲に内緒にしておきたい方はSMBCモビットをチェックしてみてください。

実質年利3.0%~18.0%
借入限度額800万円
融資までの期間最短即日融資(※)
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの詳細はこちらから

大手消費者金融の審査が厳しい方は、中小消費者金融

大手消費者金融は比較的厳しい審査基準を設けています。

また、明確な基準があるため、個別で事情を聞いたり柔軟に借入プランを立ててくれたりはしません。

一方で中小消費者金融では、個人の事情を考慮した柔軟な審査を実施しています。

あなたが抱える特別な事情を伝えれば、それにあった最適な借入プランを立ててくれる可能性があります。

ここでは、独自審査を設けている柔軟性ある中小消費者金融を3つご紹介します。

  • セントラル
  • スカイオフィスキャッシング
  • ニチデン

セントラル

セントラル」は、創業50年という長い歴史と実績を持つ老舗の中小消費者金融です。

長年培った経験とノウハウを駆使して、他社が借入不可とした条件の方にも最適なプランを提案しています。

また、審査スピードが最短30分(※)と早いのも人気の秘訣です。

平日14時までの申し込みで最短即日融資(※)に対応してくれるので、緊急事態に陥っている方はセントラルに相談してみてください。

限度額1万円~30万円
実質年利4.80%〜18.00%
審査時間最短30分(※)
申込条件20歳以上で安定した収入と返済能力がある人
担保・保証人不要

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セントラルの詳細はこちらから

スカイオフィスキャッシング

スカイオフィスキャッシング」は、来店不要で申し込める全国対応の中小消費者金融です。

24時間365日いつでもWEBから申し込めるので、仕事や家事で忙しい方でも無理なく利用できます。

また、審査時間は最短30分(※)と業界最速水準を誇っているのも注目ポイントです。

午前中に申し込みを完了させれば、その日の午後には現金を手にできる可能性があります。

スカイオフィスキャッシングなら、忙しくて店舗に足を運ぶ時間がない方や即日融資を希望している方の悩みを解決へと導いてくれるでしょう。

限度額1万円~50万円
実質年利15.00%〜20.00%
審査時間最短30分(※)
申込条件20歳以上で安定した収入がある人
担保・保証人不要

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

スカイオフィスキャッシングの詳細はこちらから

ニチデン

ニチデン」は、大阪府・奈良県 ・和歌山県・滋賀県・三重県・京都府・兵庫県を拠点にサービスを展開している地域密着型の中小消費者金融です。

地域の活性化に力を入れている会社なので、大手が融資を見送るような条件の方に対しても、最適な借入プランを立ててくれる可能性があります。

また、アルバイトやパート等の非正規労働者に対する貸付や、社会的信用度が低い個人事業主に対する融資も実行しています。

そんなニチデンには、審査時間が最短10分というスピード感と最大100日の無利息期間という利便性があるので、気になる方は詳細をチェックしてみてください。

限度額1万円~50万円
実質年利7.30%〜17.52%
審査時間最短10分(※)
申込条件満20歳以上の方会社員、自営業、パート・アルバイトなど定期的な収入のある方
担保・保証人不要

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

ニチデンの詳細はこちらから

市役所でお金を借りることができない場合はこの3つ

最後は、市役所やカードローンでお金を借りられない場合の対処法を3つご紹介します。

  • 不用品を売る
  • 質屋
  • 保険の契約者貸付

不用品を売る

自宅にある不用品をリサイクルショップ等で売却すれば、即日で現金を手にできる可能性があります。

近年は査定士の方が自宅に足を運んでくれる出張買取が人気です。

査定料金・出張費・キャンセル料金が無料の出張買取も多いので、そのようなサービスなら負担額ゼロで利用できます。

以下の買取サービスなら様々な品物を査定してくれて、しっかりと買取価格を付けてくれるでしょう。

それぞれ得意とする商品に違いがあるので、詳細をチェックして最適な店舗を選んでみてください。

業者名対応エリア査定・出張料特徴
グッドディール全国無料15年以上の実績を誇る買取店。幅広いジャンルを取り扱っており、切手や記念硬貨等の珍しい品の買取も可能。
ザ・ゴールド全国無料創業58年以上の老舗買取店。金属・時計・ブランド品・着物・切手・遺品・宝石を中心に質の高い買取を実施している。
ティファナ東京・神奈川・埼玉無料創業20年以上の歴史を誇るリサイクルショップ。1点からでも丁寧・親切に買取してくれる。

質屋

質屋とは、品物を担保として預ける代わりに、査定額の7割〜8割の金額を借りられるサービスです。

担保を用意しているため、申し込みは本人確認書類の提示だけと簡単な内容です。

審査を受ける必要がないので、価値のある品物を持っている方なら誰でも利用できます。

また、返済期日に間に合わなかったとしても、質屋側は品物を売ってお金に換えるため損害はなく、取り立てや催促も行いません。

返済期日までに「借入額+利息」を支払えば、預けた品物はあなたの手元に戻ってきます。

保険の契約者貸付

契約者貸付とは、生命保険の解約返戻金(生命保険の解約時に払い戻されるお金)を担保にお金を借りられる制度です。

担保は現在加入している保険なので、審査を受ける必要はありません。

積み立てた解約返戻金の8割〜9割のお金を、実質年利2%〜8%程度で借りられます。

また、契約者貸付を利用しても保険のサポートは継続します。

万が一の事態が起きても心配ありませんので、生命保険に加入している方は検討してみると良いでしょう。

まとめ

市役所でお金を借りる方法はあります。

しかし、一時生活再建費等の生活福祉資金貸付制度に申し込んでも、実際に現金を手にできるのは数週間〜数ヶ月先です。

即日でお金を借りられるわけではなく、緊急事態に陥っている方の助けとはなりません。

もし、どうしても即日でお金を借りたいなら、市役所ではなく銀行や消費者金融を利用した方が良いでしょう。

今回ご紹介した金融機関なら、申し込んだその日に現金を手にできる可能性があります。

あなたの抱える特別な事情を考慮してくれる業者も多数いるので、気になる方は詳細をチェックしてみてください。

借入先実質年利限度額
セブン銀行カードローン12.0%~15.0%10万円~300万円
三井住友銀行カードローン1.5%~14.5%10万円~800万円
アイフル3.0%~18.0%800万円
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円
SMBCモビット3.0%~18.0%800万円
セントラル4.80%~18.00%1万円〜300万円
スカイオフィスキャッシング15.0%~20.0%1万円〜50万円
ニチデン7.3%~17.52%1万円〜50万円

アイフルの貸し付け条件はこちら

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ