サラ金(消費者金融)の金利上限がやばい!?ヤミ金との違いや計算方法&一ヶ月の金利を解説

サラ金とは、個人に対して融資を行う消費者金融を指す言葉です。

決してヤミ金ではないため、法外な金利上限を設定しているわけではありません。

しかし、金利を用いた利息の計算方法や1ヶ月あたりの返済額等を知らずに利用すると、「お金を返せない」「負担が重すぎる」といった困った事態に陥ります。

そこで本記事では、サラ金(消費者金融)の金利上限や計算方法について解説します。

サラ金の金利負担を軽くする方法やヤミ金との差についてもお伝えするので、消費者金融について詳しく知りたい方は、ぜひ一読ください。

サラ金(消費者金融)の金利はやばい?上限や計算方法、そもそもサラ金とは

まずは、サラ金に関する基本情報について解説します。

上限金利や金利を用いた利息の計算方法についてお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

  • サラ金の由来はサラリーマン金融
  • サラ金の金利上限は利息制限法によって定められている
  • 利息の計算方法は元金・金利・返済日数を用いて行う

サラ金の由来はサラリーマン金融

冒頭でもお伝えした通り、サラ金とは消費者金融を意味します。

サラ金は「サラリーマン金融」の略です。

主にサラリーマン(会社員)を対象に融資していたため、サラ金という名前で呼ばれるようになりました。

決して違法な金融機関ではなく、貸金業者として財務局や都道府県に登録してサービスを展開しています。

サラ金の金利上限は利息制限法によって定められている

サラ金(消費者金融)の金利上限は、利息制限法によって定められています。

◯元本の金額が10万円未満のときの上限金利 → 年20%

◯元本の金額が10万円以上から100万円未満のとき上限金利 → 年18%

◯元本の金額が100万円以上のときの上限金利 → 年15%

引用:日本貸金業協会「お借入れの上限金利は、年15%~20%です」

金利上限を超えた金利が設定されている場合、利息の支払い義務等が無効となります。

また、法定金利を超えた貸付を行った金融機関は刑事罰の対象です。

5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、またはその両方が科されます(出資法5条2項)。

利息の計算方法は元金・金利・返済日数を用いて行う

利息の計算方法は、元金・金利・返済日数の3つがわかれば簡単に計算できます。

計算式は「利息=元本×金利(年利)÷365日×返済日数」です。

では、金利(実質年率)18.0%で30万円借りた場合の利息を計算してみます。

借入期間利息(計算式)支払総額(元金+利息)
7日1,035円(30万円×18%÷365日×7日)30万1,035円
10日1,479円(30万円×18%÷365日×10日)30万1,479円
15日2,219円(30万円×18%÷365日×15日)30万2,219円
30日4,438円(30万円×18%÷365日×30日)30万4,438円

このように、同じ30万円の借入でも返済期間が長くなると利息額が高くなります。

また、金利が上がっても利息は増えるため、少しでも負担を軽くしたいなら金利を下げるか返済期間を短くする必要があります。

ただし、金利は自分の意思だけで低くできるわけではありませんし、返済期間を短くすると毎月の負担は増えてしまいますので注意してください。

サラ金(消費者金融)の金利上限一覧|ヤミ金との違いは一ヶ月で歴然

サラ金(消費者金融)は、法律が定めた金利上限を守って運営しています。

しかし、この金利上限を超えた貸付を行う金融機関が存在します。

それが、いわゆるヤミ金と呼ばれる金融機関です。

一般的に年40%〜50%の金利に設定しているヤミ金が多く、その利息はサラ金(消費者金融)とは大幅に違う金額となっています。

前項と同じ30万円をヤミ金が設定する金利50%で借りた場合、利息がいくらになるのか計算してみます。

借入期間利息(計算式)支払総額(元金+利息)
7日2,876円(30万円×50%÷365日×7日)30万2,876円
10日4,109円(30万円×50%÷365日×10日)30万4,109円
15日6,164円(30万円×50%÷365日×15日)30万6,164円
30日12,328円(30万円×50%÷365日×30日)31万2,328円

先ほど算出した利息と比較すると、かなり金額に差があるとわかるでしょう。

借入期間金利18.0の利息金利50%の利息差額
7日1,035円2,876円1,841円
10日1,479円4,109円2,630円
15日2,219円6,164円3,945円
30日4,438円12,328円7,890円

借入額が多かったり借入期間が長かったりすれば、さらに請求される利息額は増えてしまいます。

また、中には法定金利の百倍を超える利息を請求するヤミ金も存在します。

ヤミ金は、「誰でも貸します」「審査なし」といった甘い言葉を使って近づいてくるので、そのような広告を掲載する金融機関は絶対に利用しないようにしてください。

金利負担が少ないサラ金(消費者金融)おすすめ4社!

続いては、金利の負担が少ないおすすめのサラ金(消費者金融)を4つご紹介します。

以下の4社は、貸金業者として財務局や都道府県に登録している正規の金融機関なので、安心して利用できます。

  • アイフル
  • プロミス
  • セントラル
  • ニチデン

アイフル

アイフル」は、実質年利3.0%〜18.0%の低金利を誇る大手消費者金融です。

また、はじめての利用に限り最大30日間の無利息期間が設けられています。

契約の翌日から30日間は利息ゼロでお金を借りられるので、返済の目処が立っている方や少額の借入を希望する方なら、負担なしで融資を受けられるでしょう。

そんなアイフルは、審査時間が最短18分(※)と業界トップクラスの対応力を誇っています。

書類の提出もネット上から行えるとあって、仕事や家事で忙しい方でも隙間時間に気軽に申し込めます。

実質年利3.0%~18.0%
借り入れ限度額800万円(※1)
審査時間最短18分(※)
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※1:ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

アイフルの貸付条件の詳細はこちらから

プロミス

プロミス」は、実質年利4.5%〜17.8%という低水準を誇る大手消費者金融です。

先に紹介したアイフルより0.2%も低い金利設定となっているため、確実に毎月の負担は他社より軽くて済みます。

また、審査時間は最短3分(※)と非常に短く、業界最速と言っても過言ではありません。

朝一に申し込めば、同日の午後を待たずして現金を手にできる可能性があります。

WEB完結申し込みなら書類提出もネット上でできるので、急ぎの方や忙しい方はプロミスを検討してみると良いでしょう。

実質年利4.5%~17.8%
借入限度額1万円〜500万円
※借入限度額は審査によって決定いたします
融資までの期間最短即日融資(※1)
WEB完結可能

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

※1申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミスの貸付条件の詳細はこちらから

セントラル

セントラル」は、限度額1万円〜300万円と少額から大口の融資まで対応している中小消費者金融です。

創業から50年以上経過している老舗の消費者金融であり、豊富な経験と実績を有しています。

また、独自審査を導入しているという強みを持っており、大手が融資を見送るような状況の方に対しても柔軟に対応してくれます。

さらに、審査時間は最短30分とスピーディーなので、緊急事態に陥っている方でも無理なく利用できるでしょう。

大手消費者金融で断られた経験がある方は、セントラルに相談してみてください。

限度額1万円~300万円
実質年利4.80%〜18.00%
審査時間最短30分(※)
申込条件20歳以上で安定した収入と返済能力がある人
担保・保証人不要

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セントラルの詳細はこちらから

ニチデン

ニチデン」は、大阪・奈良 ・和歌山・滋賀・三重・京都・兵庫の2府5県でサービスを展開している中小消費者金融です。

いわゆる地域密着型の金融機関なので、大手が断るような状況の方の受け口として利用されています。

あなたが抱える特別な事情を伝えれば、最適な借入プランがないか検討・提案してくれるでしょう。

また、業界最長クラスの無利息期間があるのも特徴の一つです。

初回利用に限り最大100日間は利息ゼロなので、「給料日が近い」「ボーナスが入る予定」といった返済の目処が立っている方は、上手に活用してみると良いでしょう。

限度額1万円~50万円
実質年利7.30%〜17.52%
審査時間最短10分(※)
申込条件満20歳以上の方会社員、自営業、パート・アルバイトなど定期的な収入のある方
担保・保証人不要

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

ニチデンの詳細はこちらから

サラ金(消費者金融)に金利が気になる方は低金利の銀行カードローン

セブン銀行カードローン」は、実質年利12.0%〜15.0%という低金利を誇るネット銀行提供のローンサービスです。

大手消費者金融と比べると3%も金利が低いため、同じ借入額でも毎月の負担は大幅に軽くて済むでしょう。

また、銀行としては珍しく以下の属性の方でも利用可能です。

  • アルバイトやパート等の非正規雇用
  • 自営業や個人事業主
  • 配偶者のみ収入がある専業主婦

「正社員ではないから」と銀行融資を諦めていた方でも、セブン銀行カードローンなら問題なく申し込めます。

さらに、原則として電話による在籍確認なしで契約できるので、周囲に内緒で利用したい方もセブン銀行カードローンを検討してみると良いでしょう。

実質年利12.0%~15.0%
限度額10万円~300万円(初回は50万円まで)
WEB完結可能
審査時間最短翌日

セブン銀行カードローンの詳細はこちらから

サラ金(消費者金融)の金利負担を下げる方法

サラ金(消費者金融)の金利負担を下げる方法は以下の通りです。

  • 低金利で借りる
  • 30日間無利息サービスを活用する
  • 最低返済額で支払わず繰り上げ返済する

やはり、金利が高いと利息の負担は大きくなります。

少しでも金利が低い金融機関を選ぶようにしてください。

次に、金融機関によっては無利息期間を設けています。

その期間内であれば利息ゼロでお金を借りられるので、上手に活用すれば毎月の負担を大幅に抑えられるでしょう。

最後に、最低返済額でお金を返していると、借入期間が長くなり合計の利息額が増えます。

お金に余裕がある時は少し多めに返済して、どんどん元金を少なくしていきましょう。

以上3点を押さえれば、サラ金(消費者金融)における金利の負担を軽減できます。

まとめ

サラ金とは消費者金融を意味しており、その由来はサラリーマン(会社員)を対象に融資していたためと言われています。

ヤミ金と混同している方も多いですが、2つは全く異なる金融機関です。

サラ金は、利息制限法に基づいて金利を設定している正規の金融機関であり、決して危険な業者ではありません。

一方ヤミ金は、法定金利を超える利息を請求するなど危険が多く潜んでいます。

金融機関からお金を借りる際は、必ず安全が確認されたところを利用するようにしてください。

今回ご紹介した金融機関なら、安心・安全に利用できるので、気になる方は詳細をチェックしてみてください。

借入先実質年利限度額審査時間
アイフル3.0%~18.0%800万円最短18分
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円最短3分
セントラル4.80%~18.00%1万円〜300万円最短30分
ニチデン7.3%~17.52%1万円〜50万円最短10分
セブン銀行カードローン12.0%~15.0%300万円最短翌日

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ