年収の3分の1を超える新たな借入!年収の三分の一以上借りる方法。知恵袋など

「年収の3分1以上を超える新たな借入がしたい」

「総量規制オーバーでも借りるにはどうしたらいい?」

このように、総量規制を超えた借入を希望している方も多いのではないでしょうか。

すでに年収の3分の1を超えていても「生活費が足りない」「返済に充てたい」など、新たな借入を余儀なくされている方もいるでしょう。

結論からお伝えすると、総量規制をオーバーしても借入は可能です。

本記事では、年収の3分の1を超える新たな借入をする方法とおすすめの借入先をご紹介します。

年収の3分の1を超える新たな借入をしたい!年収の三分の一以上借りる方法

年収の3分の1を超える新たな借入をしたい場合は、総量規制の影響を受けない方法を選びましょう。

下記の表にある「貸金業法適用外」「除外貸付」「例外貸付」は、総量規制をオーバーしていても借入が可能です。

対象となる金融機関やローンの種類詳細
貸金業法適用外銀行、信用金庫、労働金庫、信用組合、クレジットカードのショッピング枠貸金業法が適用されないので総量規制対象外
除外貸付住宅ローン、自動車ローンなどの目的別ローン、有価証券や不動産担保ローン総量規制になじまない貸付に分類される。総量規制にかかわらず借入れが可能。
例外貸付おまとめローン、緊急性の高いローン、配偶者貸付、個人事業主への貸付顧客の利益の保護に支障を生ずることがない貸付け

参考::総量規制が適用されない場合について【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会

中でもおすすめの方法をいくつかピックアップしてご紹介します。

おまとめローンで返済を楽にする【例外貸付】

年収の3分の1を超える新たな借入の理由が、「他社の返済に充てる」「借金が多くて返済がきつい」という理由なら、おまとめローンがおすすめです。

おまとめローンは、複数ある借金を金利の低いところで1つにまとめるものです。金利が下がれば利息も軽減できるため、月の返済額も低くなります。

例えば今返済が多く、「毎月生活費が3万円足りない…」という場合、おまとめローンで毎月の返済額が3万円下がれば解決しますよね。借入先が1つになるので、管理も楽です。

貸金業法に基づくおまとめローンなら、総量規制オーバーでも借入可能ですから、おすすめです。

《柔軟審査が魅力のおまとめローンならここ》

実質年率上限枠
中央リテール 年10.95~13.0%500万円
首都圏キャッシングサービス年7.3%~15.0%800万円

おまとめローンのような例外貸付は「顧客の利益の保護に支障を生ずることがない貸付け」と認められるため、総量規制の影響を受けません。

他には下記のような借入があります。

  1. 顧客に一方的に有利となる借換え
  2. 借入残高を段階的に減少させるための借換え
  3. 顧客やその親族などの緊急に必要と認められる医療費を支払うための資金の貸付け
  4. 社会通念上 緊急に必要と認められる費用を支払うための資金(10万円以下、3か月以内の返済などが要件)の貸付け
  5. 配偶者と併せた年収3分の1以下の貸付け(配偶者の同意が必要)
  6. 個人事業者に対する貸付け(事業計画、収支計画、資金計画により、返済能力を超えないと認められる場合)
  7. 新たに事業を営む個人事業者に対する貸付け(要件は、上記⑥と同様。)
  8. 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け(貸付けが行われることが確実であることが確認でき、1か月以内の返済であることが要件)
参考:日本貸金業協会

個人事業主の事業に関する貸付や、社会福祉協議会などで借りる緊急の貸付、後ほど紹介する配偶者貸付も、年収の3分の1以上の借入が可能です。

銀行・信用金庫・クレジットカードのショッピング枠など【貸金業法対象外】を狙う

銀行・信用金庫・クレジットカードのショッピング枠などは、貸金業法の対象外となりますので、総量規制オーバーの借入ができます。

ただ、銀行では、過剰貸付を防止する目的で、年収の3分の1以上の借入がある人への貸付は慎重になります。すでに多くの借入がある場合、貸倒リスクも高いことから、審査に落ちやすくなるでしょう。

現金を借りる必要がない方は、クレジットカードのショッピング枠がおすすめです。

使い道が決まっている人は目的別ローンを利用する【除外貸付】

車の購入や家のリフォーム、教育費など借りるお金の使い道が決まっている場合は、目的別ローンを利用しましょう。

住宅ローンやカーローンなどの目的別ローンは、「総量規制になじまない貸付」に分類されるため、年収の3分の1以上の借入が可能です。

目的ローンの多くが、年収以上の借入であるため、総量規制の対象にするとほとんどの人が利用できません。そこで、住宅ローンなどの高額な借入は、総量規制の影響を受けないのです。

このような貸付は「除外貸付」とよび、下記のような借入も含みます。

  1. ①不動産購入のための貸付け(いわゆる住宅ローン)
  2. ②自動車購入時の自動車担保貸付け(いわゆる自動車ローン)
  3. ③高額療養費の貸付け
  4. ④有価証券を担保とする貸付け
  5. ⑤不動産(個人顧客または担保提供者の居宅などを除く)を担保とする貸付け
  6. ⑥売却予定不動産の売却代金により返済される貸付け

参考:日本貸金業協会

無職の専業主婦は配偶者貸付【例外貸付】

先ほどおまとめローンでご紹介した「例外貸付」には、専業主婦(主夫)が利用できる配偶者貸付が含まれます。

配偶者貸付は、配偶者の年収を合算して申し込めるローンです。このローンなら、専業主婦で年収0円だとしても、配偶者の年収が300万円あれば「自分の年収0円+配偶者の年収300万円=年収300万円」として申し込めます。

配偶者貸付を展開する金融機関は少ないのですが、専業主婦でも借りられる方法の1つです。

総量規制オーバーでも借りれた口コミある業者。知恵袋など

上述したように、年収3分の1を超える借入で返済に困っている場合は、おまとめローンがおすすめです。

下記の2社なら柔軟な審査が魅力ですから、審査が通りづらいと言われているおまとめローンでも通過する可能性が高めです。

  • 中央リテール
  • 首都圏キャッシングサービス

それぞれの特徴をご紹介します。

中央リテール:おまとめローンの実績が豊富

「中央リテール」は、無理のない返済を目指せるおまとめローンです。窓口担当者が全員「貸金業務取扱主任者」の国家資格取得者という徹底ぶり。

おまとめローン専門業者として20年以上の運営実績がありますので、安心して利用できます。さらに消費者金融の中では低めの金利、年13%で借りられるのも魅力です。

審査結果まで最短2時間〜とスピーディーな対応も助かります。

利用限度額500万円
貸付利率(年率)年10.95~13.0%
返済期間最長10年(120回)
審査時間受付より約2時間
担保・連帯保証人不要
対応エリア全国
必要書類免許証・保険証・所得証明

おまとめローンなら中央リテール

首都圏キャッシング:高額おまとめローンにも対応

「首都圏キャッシング」は、他社の審査に落ちた方にも柔軟に対応してくれるおまとめローン専用業者です。

担保・保証人不要で、上限額は800万円まで用意されています。高額なおまとめローンにも対応しているため、多額の借入で困っている人にも最適です。

しかも、WEB申し込みなら来店不要で借入できるところもメリット。東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県にお住まいの方対象のサービスですが、地域を制限することで審査も対応も柔軟です。

利用限度額100万円~800万円
貸付利率(年率)年7.3%~15.0%
返済期間30年以内、360回以内(1ヶ月単位)
担保・連帯保証人不要
対応エリア東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県
必要書類免許証・保険証・所得証明

首都圏キャッシングサービスはこちらから

年収の3分の1を超える新たな借入で審査が厳しくなる理由

年収の3分の1を超える新たな借入を考えても、審査が厳しく通過できない人も少なくありません。

総量規制オーバーで審査が厳しくなるのは、多重債務による貸倒リスクが高いからです。そもそも、年収の3分の1までしか借りられないように制限している理由は、返済能力以上の借入をして、返済不可能になることを防ぐためです。

借金を安易に重ねると、返済がつらくなり生活が困窮します。返済できなければ、債務整理などを選ぶ必要が出てくるでしょう。

総量規制を設ける前は、借りすぎによる自己破産者や借金苦による自殺者が増加し、社会問題となりました。このような事態を避ける目的で総量規制が設定されたため、年収の3分の1以上の貸付は、どの金融機関も慎重になるのです。

年収の3分の1を超える新たな借入の審査に通過するための注意点

厳しい審査となる総量規制オーバーの借入ですが、審査に通過するためにはどのような点に注意すればいいでしょうか。

下記のポイントを確認しましょう。

  • 借入総額は年収以下に抑える
  • 収入証明を準備しておく
  • 他社の延滞や滞納はしないこと

借入総額は年収以下に抑える

住宅ローンやカーローン、教育ローンなどの目的別ローン以外の借入は、総量規制以上借りられるとしても、年収を超えると危険です。

そもそも年収の3分の1を超えると返済が苦しくなることから、総量規制を設けていますので、新規の借入を続けるのは破綻の道を進んでいるようなものです。

返済プランを立てながら、無理のない借入を心がけましょう。

収入証明を準備しておく

総量規制を超える借入審査では、収入証明を求められることが多いため、準備しておきましょう。

収入を証明できる書類は、直近の給与明細や源泉徴収票、確定申告書などです。

スムーズな審査を希望するなら用意しておくと安心です。

他社の延滞や滞納はしないこと

2ヶ月以上の延滞・滞納は、信用情報に記録され、どこの審査にも通らなくなるため注意しましょう。

延滞や滞納をすれば、今の状況よりもっと悪くなります。もし返済がつらいと思ったらおまとめローンを検討しましょう。

まとめ

年収の3分の1を超える新たな借入には、銀行ローンや目的別ローン、おまとめローンなど、さまざまな方法があります。それぞれ条件が異なるため、目的に合わせて選びましょう。

現状、複数の借入があり返済が苦しい状況なら、おまとめローンがおすすめです。「首都圏キャッシングサービス」と「中央リテール 」なら、即日〜翌日融資可能と審査スピードも早く問題解決に最適です。

返済と生活が楽になる可能性が高いため、返済に悩みを抱えている方は検討してみてください。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ