【個人事業主】融資通りやすい銀行は?必ず借りれるビジネスローンや即日ブラックOKはある?運転資金など

個人事業主は法人よりも信用度が低いため、ビジネスローンの審査に通りにくいとされています。しかし、個人事業主だからといって絶対に融資してもらえないわけではありません。

なかには審査に通りやすいビジネスローンもあるので、そのような金融機関を選べば融資してもらうことは可能です。

そこで本記事では、個人事業主でも審査に通りやすい融資を3つ紹介します。

審査通過率を少しでも上げるポイントとビジネスローン以外の資金調達方法についてもお伝えしますので、ぜひ最後までお付き合いください。

【個人事業主】融資通りやすい銀行は?必ず借りれるビジネスローンや即日ブラックOKはある?運転資金など

基本的に銀行融資は赤字決算や創業期不可など審査が厳しいところが多いので、審査に自信がない方は、ビジネスローンを検討しましょう。

ビジネスローンのなかには、審査に通りやすいところがあります。しかし、必ず借りられるわけではなく、審査落ちする方が一定数いるのは事実です。

まずは、ビジネスローン審査の必要性や「必ず借りられる」と謳う銀行などがない理由を解説します。

  • 返済能力の確認が義務付けられている
  • 必ず借りれるなどの誇大広告が禁止されている

返済能力の確認が義務付けられている

ビジネスローンに限らず、金融機関がお金を融資する際は、必ず利用者の返済能力などを調査する必要があると法律で定められています。

(返済能力の調査)
第十三条 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。
引用:e-GOV法令検索「貸金業法|第十三条」

調査は形式的な内容ではなく、信用情報を用いて厳正に行われます。

信用情報とは、個人の年収や住宅情報、勤務先等の属性情報、ローンやクレジットカードの支払い内容を記録したものです。

申し込みを受けた金融機関は、信用情報を照会して融資の可否を判断します。

返済能力の調査がなければ、金融機関は貸し倒れのリスクが高くなるため、審査なしで誰でも借りられるローンは存在しないのです。

必ず借りれるなどの誇大広告が禁止されている

貸金業法では「誰でも借りられる」「ブラックでもOK」といった文言を使用した勧誘が禁じられています。

なぜなら、利用者が簡単に融資を受けられると勘違いする恐れがあるからです。

(誇大広告の禁止等)
第十六条 貸金業者は、その貸金業の業務に関して広告又は勧誘をするときは、貸付けの利率その他の貸付けの条件について、著しく事実に相違する表示若しくは説明をし、又は実際のものよりも著しく有利であると人を誤認させるような表示若しくは説明をしてはならない。
引用:e-GOV法令検索「貸金業法|第十六条」

また、前述の通り、無審査や激甘審査は金融機関の貸し倒れリスクを高めます。

誰でも借りられるサービスを提供しているわけではないため「ブラックでもOK」などの広告を出さないのです。

個人事業主が審査通りやすい融資で甘いところはない!審査激甘な事業者ローンがやばい理由

前述の通り、審査が甘いビジネスローンは存在しません。しかし、インターネット上には「審査激甘」のような広告を出す業者が存在します。

誇大広告を出している金融機関の正体は、違法業者です。利用してしまうと、以下のように危険な目に遭う恐れがあります。

  • 強引な取り立て
  • 法定金利を超えた利息の請求
  • 闇バイトなど違法行為への勧誘

また、金融庁でも違法な金融機関への注意を呼びかけています。

違法な金融業者から借入れをすると、違法な高金利のため、返済請求額は雪だるま式に膨れ上がり、あっという間に返済不能となります。そして、少しでも返済が遅れた場合には、勤務先や親兄弟・親類まで脅迫まがいの厳しい取立てにあい、精神的に追い詰められてしまいます。
このような被害にあわないためには、甘い融資話に惑わされることなく、無登録業者、高金利業者といった違法な金融業者を利用しないことが一番の防衛策です。
引用:金融庁「違法な金融業者にご注意!」

金融庁が注意を促している通り「誰でも借りられる」といった甘い話に惑わされないことが大切です。

業者の安全性をチェックする場合は、金融機関の公式サイトを使って「登録番号」を確認し、財務局長または都道府県知事の登録を受けているかどうかを調べると良いでしょう。

個人事業主が審査通りやすい融資を狙うならノンバンク系がおすすめ!即日対応あり

個人事業主の場合、銀行系融資では審査に通りにくい傾向です。

しかし、ノンバンク系であれば独自審査を設けているため、個人の事業を考慮した柔軟な審査を実施してくれます。

銀行で断られた個人事業主の方でも、融資を受けられる可能性があるでしょう。

ここでは、個人事業主でも審査に通りやすいノンバンク系の業者を3つ紹介します。

  • ファンドワン
  • MRF
  • デイリーキャッシング

ファンドワン

出典:ファンドワン

ファンドワン」は融資限度額が30万円〜5,000万円と、小口から大口まで対応しているノンバンク系のビジネスローンです。

希望額が少なくなりがちな個人事業主であっても、30万円から借りられるファンドワンなら問題なく申し込めます。

また、審査時間が最短40分と業界最速水準を誇っています。スムーズに審査が進めば最短即日に融資してくれるので、急ぎの方でも安心して利用できるでしょう。

ちなみに、税金未納や赤字決算の事業者の相談にも乗ってくれます。財政状況が悪く、他社で融資を断られた個人事業主の方は、申し込んでみてください。

融資対象法人、個人事業主
融資額30万円~5,000万円
借入利率年2.5%~18.0%
融資スピード最短40分
返済期間(回数)最長10年(120回)
担保・保証人500万円までは原則不要(※)
登録番号東京都知事(2)第31816号日本貸金業協会会員 第006140号

※法人代表者が連帯保証人となる必要があります。

ファンドワンの詳細はこちらから

MRF

出典:MRF

MRF」は以下の6つのプランを用意しており、自由度の高い借入をサポートするノンバンク系のビジネスローンです。

  • 長期間元金据置
  • オーダーメイド
  • ブリッジ
  • バリエーション
  • 不動産事業向け
  • 不動産事業向け(3ヶ月償還型)

オーダーメイドプランなら「借換」「おまとめ」「つなぎ資金」「設備投資」「赤字補填資金」「税金支払い」など、あなたの目的に合わせた最適な借入が可能です。

また、限度額も最低50万円と比較的少額に対応しているため、希望額が少なくなりがちな個人事業主の方でも問題なく申し込めます。

加えて、MRFは連帯保証人が原則不要なので、1人で事業を展開する個人事業主の方にとっては有難い存在でしょう。

ちなみに、営業エリアが大阪・神戸・岡山・広島・福岡・鹿児島の西日本に限定されています。該当エリアに住んでいる個人事業主の方は、MRFの利用を検討してみてください。

融資対象法人、個人事業主
融資額50万円~3億円
借入利率年6%~15%
融資スピード数日程度(土日祝日を除く)
返済期間(回数)最長35年(420回)
担保・保証人原則不要
登録番号福岡財務支局長(4)第00173号日本貸金業協会会員 第005731号

MRFの詳細はこちらから

デイリーキャッシング

出典:デイリーキャッシング

審査時間が最短30分の「デイリーキャッシング」は、業界トップクラスのスピードを誇るノンバンク系のビジネスローンです。

申し込み〜融資までの時間も最短即日なので、急を要する財政状況に陥っている個人事業主の強い味方となってくれるでしょう。

また、返済期間が最長30年と長めの設定となっており、自由度の高い返済計画が立てられる特徴もあります。

資金使途は「設備投資」「つなぎ資金」「新事業への投資資金」などと幅広いため、あなたの目的に合わせた利用が可能です。

融資対象法人代表者、個人事業主
融資額200万円~5,000万円
融資利率5.2%~14.5%
審査時間最短30分(商品や審査の状況によって異なる)
返済期間(回数)~最長30年(36~360回)
担保・保証人不要
登録番号東京都知事(2)第31698号日本貸金業協会会員 第005977号

デイリーキャッシングの詳細はこちらから

法人ビジネスローンならGMOあおぞらネット銀行のあんしんワイド!赤字でもOK

法人の方におすすめなのは、GMOあおぞらネット銀行の融資枠型ビジネスローン「あんしんワイド」です。大きな特徴は、申し込み時に決算書や事業計画書の提出を求められないこと。銀行の取引明細2ヶ月分だけで申し込みできます。

さらに審査時間は最短2日と、ビジネスローンの中では最速。急いで資金繰りを改善したい方にも重宝される商品です。

限度額の枠内であれば、いつでも好きな時間に借入できるのも大きな魅力。面倒な手続きもいらないので、手間を省きたい法人にも適しています。

融資対象法人
融資スピード最短2営業日
借入限度額10万円〜1,000万円以内
借入利率年0.9%~14.0%(固定金利・審査のうえ決定)
担保・保証人原則不要

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイドはこちらから

個人事業主が運転資金をスムーズに借りるためのポイント

個人事業主が運転資金をスムーズに借りるためのポイントを解説します。

  • 事業計画書や決算書類を準備する
  • 信用情報に傷がない
  • 使途や事業内容を明確にする
  • 自己資金を用意する
  • 税金滞納や赤字は避ける

事業計画書や決算書類を準備する

ビジネスローンの審査では、事業計画書や決算書類の提出を求められるケースがあります。

金融機関は、これらの書類を用いて事業の将来性などを判断するため、提出の有無は審査結果に大きな影響を及ぼします。

なかには、事業計画書や決算書類の提出が必須のビジネスローンもあるので、融資を希望している個人事業主の方は準備を進めるようにしましょう。

信用情報に傷がない

ビジネスローンでは、展開する事業の経営状況だけでなく、個人の信用度も審査の対象です。

個人の年収や家族構成、住居形態、ローン・クレジットカードの支払い状況といった信用情報を用いて、返済能力の有無や信用度を確認します。

そのため、あなたが過去にローンやクレジットカードの支払いで滞納などの金融事故を起こしていると、ビジネスローンの審査で不利です。

反対に、金融事故を起こした経歴がない場合は「信用できる」と判断してもらえるため、融資を受けられる可能性が高くなります。

使途や事業内容を明確にする

ビジネスローンは「事業資金としての利用であれば使途は自由」というケースが多くなっています。

しかし、自由に使えるとはいえ、やはり目的が明確な人と不明瞭な人では審査の通過率が異なります。

当然、資金使途が明確になっている事業者のほうが「計画性がある」「信頼できる」と判断してもらいやすいでしょう。

また、事業内容が不明瞭だと「不正利用されるのでは」「健全な事業を行っていないのでは」と疑われ、審査に影響します。

事業内容は明確化して、お金をどのような目的で使うのか、説明できるようにしておきましょう。

ちなみに、主な資金使途としては以下が挙げられます。

  • 新規事業の立ち上げ資金
  • 設備投資
  • 運転資金
  • 取引先への支払い

なぜその希望額になるのか、具体的な計画書なども用意しておくと、さらに審査通過率を高められます。

自己資金を用意する

自己資金を用意すれば希望額が少なくて済むため、審査に通りやすくなります。

また、自己資金を用意できるだけの財政状況だとアピールできるため、審査ではかなり有利に働きます。

用意する自己資金は多いほど良いので、できるだけ大きな金額を準備しておきましょう。

税金滞納や赤字は避ける

税金滞納や赤字決算の状態で申し込まないのも、ビジネスローンの審査通過率を高めるポイントです。

ビジネスローンは、借りたお金に加えて利息の支払いも発生します。

そのため、税金すら支払えない財政状況では「ビジネスローンの返済など不可能」と判断されてしまいます。

また、赤字決算の場合も返済能力が低いと思われ、融資見送りとなるでしょう。

税金の滞納がある場合は支払いを終えてから、赤字決算の場合は黒字転換してから申し込むことをおすすめします。

個人事業主でもOK!融資以外の資金繰り改善なら

ビジネスローン以外で資金調達できる方法を2つ紹介します。

  • 支払い.com
  • ファクタリング

支払い.com

出典:支払い.com

支払い.com」は、銀行振込による支払いをクレジットカード決済に変更して、最長60日間の支払い猶予を作る新しい資金調達法です。

あくまで支払いを遅らせるだけなので、審査や面談、書類提出などは必要ありません。用意するのは、支払いで使うクレジットカードだけです。

オフィスにいながら最短60秒で申し込み可能、早ければ1日後にお金が入金されます。

手数料は一律4%に設定されており、必要な資金が少ない場合はビジネスローンよりも安いコストでお金を手にできるでしょう。

ちなみに、振込は支払い.comが行いますが、名義人を自由に変更できるため、取引先に知られる心配はありません。

支払い.comの詳細はこちらから

ファクタリング

ファクタリングとは、事業者が保有している売掛債権をファクタリング会社に買取してもらうことで、早期に資金調達できるサービスです。

審査通過率は平均70%前後とされており、なかには「QuQuMo」や「アクセルファクター」のように90%越えのファクタリング会社もあります。

また、審査対象は利用者ではなく売掛先企業です。そのため、ビジネスローンの審査に通りにくい個人事業主の方でも、売掛先企業の信用度が高ければ問題なく資金調達できます。

個人事業主やフリーランスを受け入れているファクタリング会社も多いので、ビジネスローンが駄目だったときはファクタリングを使ってみると良いでしょう。

最短入金スピード手数料買取可能額
QuQuMo最短2時間1%~上限なし
うりかけ堂最短2時間2%~30万円~5,000万円
アクセルファクター最短3時間1%〜10%30万円~無制限

まとめ

個人事業主は法人よりも信用度が低いため、ビジネスローンの審査に通りにくい傾向にあります。

しかし、個人事業主だから絶対に無理だというわけではありません。事業計画書や決算書類を用意したり、使途や事業内容を明確化したりすれば、審査通過が望めます。

また「ファンドワン」「MRF」「デイリーキャッシング」といったノンバンク系のビジネスローンなら個人事業主を受け入れているところが多く、審査時間も早いのでおすすめです。

銀行融資が不安な方は、ノンバンク系のビジネスローンに申し込んでみましょう。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ