ファクタリングの取り立てはやばいの?違法業者は手数料が高額で危険

ファクタリングは、未回収の売掛債権をファクタリング会社に買取してもらう資金調達の方法です。

ビジネスローンよりも審査に通りやすいとあって、法人の方だけでなく社会的信用度が低く見られがちな個人事業主やフリーランスの方も多く利用しています。

しかし、そんなファクタリングの「取り立てがやばい」との噂が、ネット上に出回っているのです。取り立てがやばいと言われると「利用するのが怖い……」と思いますよね。

そこで本記事では、ファクタリングの取り立てがやばいという事実について徹底解説します。

また、安心安全に利用できるファクタリング会社や、資金調達法についてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

ファクタリングの取り立てはやばい?手数料高い違法業者に注意

取り立てと聞くと、思い浮かぶのは消費者金融などの貸金業ですよね。

しかし、消費者金融などは貸金業法で規制されており、強引な取り立てが法律で禁止されています。

(取立て行為の規制)
第二十一条 貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。
引用:e-GOV法令検索「貸金業法|第二十一条」

ところが、ファクタリングは貸金業ではありません。

つまり、上記のような取り立てを禁止する法律はないのです。

そのため、以下のような取り立てを行ったとしても、即座に罰せられるわけではありません。

ファクタリング会社が行っても罪にならない可能性のある取り立て行為
深夜や早朝に電話をかける利用企業の事務所や営業所へ押しかけて取り立てる契約者の親族に代わりに返済するよう求める

また、近年はファクタリング会社を装って違法な貸付を行う違法業者や、高額な手数料を要求してくる悪徳業者が増えています。

そのような違法業者を利用してしまうと、強引な取り立てを行う可能性があるわけです。

ファクタリングの取り立てはやばくない!安全に利用できる理由

前述の通り、ファクタリングに強引な取り立てを禁止する法律はありません。

しかし、取り立てがやばいと言われているのは、あくまでも高額な手数料を要求したり、法外な金利で貸付をしたりする違法業者です。

真っ当なファクタリング会社であれば、決して生活を脅かすような強引な取り立ては行いません。

具体的には、次のような手順で資金の回収を試みるでしょう。

  1. 誰から回収すべきか確認する
  2. 利用会社に任意で支払いを求める
  3. 支払催促または訴訟を起こす
  4. 強制執行に着手する

このように強引な取り立ては行いませんし、契約時に決められた返済日までにお金を返せば何もやばいことはありません。

また、ファクタリング自体を危険だと考える方もいますが、これも間違いです。

ファクタリングは法律で認められたサービスで、売掛債権を売る行為は民法第466条によって認められています。

(債権の譲渡性)
第四百六十六条 債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。
引用:e-Gov「民法|第四百六十六条」

このように、ファクタリングは法律で認められた金融取引です。

やばいと言われているのは一部の違法業者に対してだけなので、安心安全に利用できるファクタリングを選べば決して危険はありません。

安全に利用できるファクタリング業者おすすめ

ファクタリングがやばいと言われている理由が、一部の違法業者の存在によるものだと

わかったところで、続いては安全に利用できるファクタリングをご紹介します。

今回ご紹介するファクタリング会社は、全て安全な業者なので、ぜひ参考にしてみてください。

  • ビートレーディング
  • アクセルファクター
  • ペイトナーファクタリング
  • 事業資金エージェント

ビートレーディング

画像:ビートレーディング

ビートレーディング」は、上限なしで売掛債権を買取してくれるファクタリング

会社です。

下限も上限も制限がないため、少額の買取を希望する個人事業主の方はもちろん、大口の資金調達を希望する法人の方でも利用できます。

また、入金スピードが最短2時間と早いので、申し込みしたその日のうちに現金を手にできます。

ただし、手数料が2%〜12%と幅があり、申し込みしてみないとコストがいくらになるのかわからないという欠点があります。

手数料は事前に知っておきたいと思う場合は、他のファクタリング会社を選ぶ方が良いでしょう。

運営会社株式会社ビートレーディング
利用対象者法人、個人事業主
買取可能額下限上限なし
手数料2社間:4%~12%3社間:2%~9%
入金スピード最短2時間
契約の種類2社間、3社間、診療報酬、介護報酬、注文書
債権譲渡登記不要
オンライン手続き可能

ビートレーディング詳細はこちらから

アクセルファクター

画像:アクセルファクター

アクセルファクター」は、審査通過率が驚異の93%を誇る人気のファクタリング会社です。

法人だけでなく個人事業主の方でも利用可能というだけあって、年間の相談件数は3,000件を超えています。

また、申し込みから入金まで最短3時間と業界トップクラスのスピードを誇っています。

利用限度額も無制限なので、急ぎで大口の資金調達を希望する方は、利用を検討してみると良いでしょう。

運営会社株式会社アクセルファクター
利用対象者法人・個人
利用限度額30万円~無制限
手数料1〜10%(売掛金が多いほど手数料が低くなる)
入金スピード最短3時間で、遅くとも翌日
契約の種類2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
債権譲渡登記審査結果によって不要の契約も可能
オンライン手続き可能

アクセルファクター詳細はこちらから

ペイトナーファクタリング

画像:ペイトナーファクタリング

ペイトナーファクタリング」は、買取金額が最低1万円からと、少額の資金調達に対応したファクタリング会社です。

フリーランス・個人事業主向けを掲げているだけあって、利用者の事情を考慮した柔軟な買取を行っています。

もし、あなたがフリーランスや個人事業主なら、ペイトナーファクタリングがおすすめです。

反対に、初回利用は買取可能額が1万〜25万円と少額なので、大口の資金調達を希望する法人の方には向いていません。

買取上限がないビートレーディングや、アクセルファクターなどを利用した方が良いでしょう。

運営会社ペイトナー株式会社(旧yup株式会社)
利用対象者法人、個人事業主、フリーランス
買取可能額初回:1万~25万円2回目以降:1万~100万円
手数料10%
入金スピード最短10分
契約の種類2社間ファクタリング
債権譲渡登記不要
オンライン手続き可能

ペイトナーファクタリング詳細はこちらから

事業資金エージェント

画像:事業資金エージェント

事業資金エージェント」は、土曜日も営業している週末でも対応可能なファクタリング会社です。

入金スピードも最短3時間と迅速なので、週末に資金を必要としてる事業者の強い味方となってくれるでしょう。

また、設立して間もない企業や独立したての個人事業主、赤字決算の事業者などであっても買取してくれる可能性があります。

まだ経営が軌道に乗っていないという事業者の方は、一度事業資金エージェントに相談してみると良いでしょう。

運営会社アネックス株式会社
利用対象者法人、個人事業主、フリーランス
買取可能額10万~2億円
手数料1.5%~
入金スピード最短3時間
契約の種類2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
債権譲渡登記不要
オンライン手続き可能

事業資金エージェント詳細はこちらから

ファクタリング以外の資金改善方法

最後は、ファクタリング以外で資金を改善する方法を2つご紹介します。

  • GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド
  • 支払い.com

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド

画像:GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド」は、創業期や赤字決算でも融資してくれる可能性があるビジネスローンです。

ファクタリングではなくローン商品なので、確かにファクタリングと比べると審査が厳しい可能性があります。

しかし、実際の審査では算書や事業計画、担保・保証人などが一切いらず、直近3か月以上の連続した取引(銀行口座の入出金明細)だけで借入可能か判断してくれます。

一般的なビジネスローンと比べると、格段に利用のハードルが低いので、ファクタリングではなく融資を受けたい人は、利用を検討してみると良いでしょう。

融資対象法人
融資スピード最短2営業日
借入限度額10 万円〜1,000 万円以内
借入利率年0.9%~14.0%(固定金利・審査のうえ決定)
担保・保証人原則不要

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド詳細はこちらから

支払い.com

画像:支払い.com

支払い.com」は、銀行振込での支払いをクレジット決済にし、支払い期間を延長して資金に余裕を作るというサービスです。

支払い期限が迫っている銀行振込を遅らせるサービスなので、審査や面談を受ける必要は一切ありません。

必要な書類はクレジットカードだけです。

インターネットから申し込めるので、オフィスにいながら即座に資金調達できます。

ファクタリングやビジネスローンよりも利用のハードルが低いので、気軽に資金調達したい方にはおすすめです。

ただし、期限が迫った銀行振込による支払いがないと利用できないので、予定がない方はファクタリングかビジネスローンを検討するしかありません。

支払い.com詳細はこちらから

まとめ

今回は、ファクタリングの取り立てが本当にやばいのか解説しました。

確かに、ファクタリングは貸金業ではないため、取り立てを規制する法律はありません。

しかし、真っ当なファクタリング会社は強引な取り立てを行ったりはしませんので、会社選びを慎重に行えば危険はないと言えるでしょう。

本記事でご紹介した4つのファクタリング会社であれば、安心安全に資金調達できるので、ぜひ利用を検討してみてください。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ