ファクタリングは乗り換えできる?複数利用はばれるのか解説

ファクタリングを利用している最中に、もっと手数料が安かったり、サービス内容が良かったりする会社を見つけることがあるでしょう。

そんな時は、乗り換えや複数の利用を検討しますよね。

しかし、同時に「ファクタリングって乗り換えできる?」

「ファクタリングを複数利用するとばれる?」などの疑問が浮かび、不安になる方も多いでしょう。

結論を言ってしまうと、ファクタリングは乗り換えが可能です。

そこで本記事では、ファクタリングが乗り換え可能という事実について詳しく解説します。

また、「複数利用をしてもばれないのか?」「乗り換えるメリットはなんなのか?」「おすすめの乗り換え先は?」といった内容についてもお話します。

ファクタリングは乗り換えられる?他社利用中でもOK?

冒頭でもお伝えした通り、ファクタリングは乗り換えが可能です。

また、すでにファクタリングを利用している状態でも他社と契約できます。

ただし、すでにファクタリング会社に譲渡済みの債権に関しては乗り換えできません。

ファクタリングであれば、ローンのような厳しい審査を受ける必要がなく、簡易的な審査と条件面のすり合わせをすれば良いので、上手に活用してみると良いでしょう。

ファクタリングの複数利用はばれる?

前述の通り、新規の債権であれば他社とファクタリング契約できますが、すでに譲渡している債権を他社へ売却はできません。

万が一、同一売掛金を譲渡しようとすると、横領罪や詐欺罪が適用され、法的に罰せられる可能性があります。

なぜなら、複数業者に同一売掛金を譲渡すると、最初に契約した業者だけ売掛金の回収権利が発生し、2社目に契約した業者は売掛金が回収できず詐欺に遭ったことになるからです。

また、複数利用(二重譲渡)は、一時的に利益が倍増します。

しかし、2社目の業者は売掛金が回収できないため100%ばれます。

その後は、警察が介入したり裁判所に出廷したりと大きな代償を負う羽目になるので、同一売掛金を複数のファクタリング業者に売却するのは絶対にやめてください。

ファクタリングを乗り換えるメリット

続いては、ファクタリングを乗り換えるメリットについて解説します。

  • 手数料を抑えられる
  • 買取額が高いファクタリング会社を利用できる
  • 手続きが簡素化される

手数料を抑えられる

ファクタリングを乗り換えれば、手数料を安く抑えることができます。

そもそもファクタリングは、会社によって異なる手数料が設定されています。

そのため、複数の業者を比較すれば、より手数料の安いファクタリング会社が見つかるでしょう。

また、他社からの乗り換えで手数料の減額を保証しているファクタリング会社もあるので、そのような業者を利用すれば確実に手数料を安くできます。

買取額が高いファクタリング会社を利用できる

同じ売掛金であっても、それをいくらで買い取るかはファクタリング会社次第です。

中でも小規模なファクタリング会社は、金額の小さい売掛金を対象としていたり、限度額が1,000万円までと定められていたりして、高額の買取になりにくい傾向にあります。

一方で、大手ファクタリング会社は買取限度額に上限が無かったり、複数の売掛金をまとめて買取してくれたりします。

場合によっては、同じ売掛金であっても買取価格に数十万円〜数百万円もの差が出ます。

手続きが簡素化される

ファクタリング会社によって、手続きのやり方が異なります。

中には、手続きがしっかりと整備されていて、簡素化されているところがあります。

そのようなファクタリング会社を利用すれば、手続きの手間が省けるでしょう。

ファクタリングの手続きが楽になれば、コア業務に専念できるようになるので、大きなメリットと言えます。

乗り換えにおすすめファクタリング!他社利用中でもOK

続いては、乗り換えにおすすめのファクタリング会社を4つご紹介します。

  • アクセルファクター
  • ジャパンマネジメント
  • 日本中小企業金融サポート機構
  • ビートレーディング

アクセルファクター

画像:アクセルファクター

アクセルファクター」は、審査通過率が93%と幅広い買取依頼に対応しているファクタリング会社です。

買取限度額が30万円からと少額なうえに、手数料が他社と比べて安いため、気軽に利用できるでしょう。

また、マニュアルに縛られない柔軟な買取に対応しており、「書類不足」「税金滞納中」「当日中に現金が欲しい」など様々な悩みに対応してくれます。

運営会社株式会社アクセルファクター
利用対象者法人・個人事業主
利用限度額30万円~無制限
手数料1〜10%(売掛金が多いほど手数料が低くなる)
入金スピード最短3時間で、遅くとも翌日
契約の種類2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
債権譲渡登記審査結果によって不要の契約も可能
オンライン手続き可能

アクセルファクター詳細はこちらから

ジャパンマネジメント

画像:ジャパンマネジメント

ジャパンマネジメント」は、他社からの乗り換え率が93%と、多くの乗り換え希望者を受け入れてきたファクタリング会社です。

実際、ジャパンマネジメントの公式サイトでは、他社から乗り換えた方の口コミが掲載されています。

インターネットでジャパンマネジメントさんを知りました。他社を利用してましたが、手数料に不満が有ったので、相談すると他社より低い手数料を提示してもらえたので、他社から乗り換えました。電話対応も丁寧で、必要書類などもわかり易く説明して頂けました。
引用:ジャパンマネジメント「お客様の声」

このように、明確に他社からの乗り換えについて触れています。

当然、乗り換えを検討している方の悩み相談に乗ってくれるので、検討してみると良いでしょう。

運営会社株式会社ラインオフィスサービス
利用対象者法人・個人事業主
利用限度額20万円~5,000万円
手数料3%〜
入金スピード最短即日
契約の種類2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
債権譲渡登記不要
オンライン手続き可能

ジャパンマネジメント詳細はこちらから

日本中小企業金融サポート機構

画像:日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構」は、業界では珍しい「非営利団体」が運営するファクタリングサービスです。

印鑑証明・登記簿謄本が一切不要で、請求書があれば最短3時間という早さで現金化してくれます。

また、手数料は1.5%と業界最低水準を誇っているので、乗り換えれば今より安いコストで売掛金を買取してもらえるでしょう。

運営会社日本中小企業金融サポート機構
利用対象者法人・個人事業主
利用限度額下限上限なし
手数料1.5%~10%
入金スピード最短3時間
契約の種類2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
債権譲渡登記売掛金の額によっては必要
オンライン手続き可能

日本中小企業金融サポート機構詳細はこちらから

ビートレーディング

画像:ビートレーディング

ビートレーディング」は、月間800件以上もの契約をしている人気のファクタリング会社です。

申し込みから契約まで全てオンライン上で行えて、入金まで最短2時間と利用しやすい環境が整っています。

また、Web状の無料見積もりサービスを利用すれば、「買取希望額」や「契約希望方法」などを指定するだけで調達可能額を調べてくれます。

ただし、手数料に関しては2%〜12%と幅があるため、事前に相談してから利用するか検討した方が良いでしょう。

運営会社株式会社ビートレーディング
利用対象者法人、個人事業主
買取可能額下限上限なし
手数料2社間:4%~12%3社間:2%~9%
入金スピード最短2時間
契約の種類2社間、3社間、診療報酬、介護報酬、注文書
債権譲渡登記不要
オンライン手続き可能

ビートレーディング詳細はこちらから

ファクタリングを乗り換える際の注意点

ファクタリングを乗り換える場合、以下の2点に注意してください。

  • 悪質な業者に注意
  • 二重譲渡に注意

まず、ファクタリングサービスと名乗って、高額な金利を設定して貸金業を営む悪質な業者がいます。

そもそも、ファクタリングは貸金業ではないため、金利の設定はなく手数料があるだけです。

もし、金利を設定しているファクタリング会社を見つけたら、悪質な業者の可能性が高いので注意してください。

そして、先の項目でお伝えした通り、二重譲渡すると詐欺や横領の罪になります。

詐欺罪なら懲役10年以下、横領罪なら懲役5年以下の刑に処されるので、絶対に行わないようにしてください。

まとめ

今回は、ファクタリングの乗り換えについて解説しました。

ファクタリングの乗り換えは問題ありませんし、別の売掛金であれば複数のファクタリング会社を利用してもOKです。

手数料や買取価格に大きな違いがあるので、色々なファクタリング会社を比較・検討してみてください。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ