カードローンは会社にバレる?会社に電話なし・在籍確認を会社に伝える。

「カードローンを使いたいけど会社にバレるのが怖い……」

「会社にバレずに使えるカードローンがあったらいいのに……」

カードローンを利用したいと思っていても、会社や家族にバレるのが嫌という方は多いでしょう。

確かにカードローンの審査では、在籍確認のため職場に電話が入りバレる恐れがあります。

しかし、カードローンの中には、会社にバレずに利用できるところがあるのです。

そこで本記事では、カードローンが会社にバレない方法について解説します。

バレない可能性が高い金融機関を4つご紹介するので、ぜひ最後まで一読ください。

カードローンの利用が会社にバレる可能性は?電話がかかる理由

まずは、なぜカードローンの利用が会社にバレる可能性があるのか解説します。

  • 在籍確認
  • 滞納(電話連絡がつかない)
  • 給料差し押さえ

在籍確認

まず、カードローンの利用が会社にバレる可能性がある理由の一つに在籍確認があります。

在籍確認とは、申込者の返済能力の調査のために行う審査の一つです。主に勤務先に電話をして確認を確認します。

当然、上司や同僚が電話に出る可能性があるので、不安に思う方もいるでしょう。

しかし、カードローン会社も在籍確認で迷惑をかけて、自社の評判を落とすわけにはいきません。

そのため、会社名やカードローンといった単語は使わず、担当者の個人名で電話をかけてきます。

そして、電話口の人が申込者本人だとわかるまで、具体的な要件は伝えません。結論として万が一上司や同僚が電話に出ても、カードローンを使用したことまではわからないでしょう。

滞納(電話連絡がつかない)

続いて会社にバレるきっかけは、カードローンの返済を滞納してしまい、なおかつ申込者の自宅や携帯電話に連絡がつかないときです。

この場合、金融機関は滞納者への催促のために職場に電話連絡します。

もちろん、滞納しているからといって利用者のプライバシーを侵害する言動はないでしょう。

しかし、同僚に「あの電話なんだったんだ?」と不審がられて、しつこく質問される恐れがあるわけです。

給料差し押さえ

最後に会社にバレるきっかけは、給料を差し押さえられたときです。

カードローンの返済が長期間滞り、催促されても返済せずにいると、金融機関は給料の差し押さえを行います。

当然、給料を差し押さえるには申込者の会社の協力が必要です。

この段階までくると、金融機関もカードローンの利用と滞納の事実を職場に伝えざるを得ません。

場合によっては職場に迷惑をかけたとして、仕事でも降格処分などのペナルティを受けてしまう恐れがあります。

カードローンを利用しても会社にバレない!在籍確認のごまかし方・会社に伝える

カードローンを利用すると、絶対に会社にバレてしまうのかというと、決してそうではありません。

仮に電話による在籍確認があったとしても、それをごまかす方法があります。

そこで続いては、カードローンの電話による在籍確認をごまかす方法について解説します。

  • 同僚にクレジットカードの審査だと伝えておく
  • 家族の引越し先の保証人になった
  • 名刺交換した相手から電話がかかってきた

同僚にクレジットカードの審査だと伝えておく

まず、電話に出る可能性のある同僚や上司に、「クレジットカードの審査で電話がある」と伝えておきましょう。

実際、クレジットカードの審査でも職場に電話がかかってくるケースがあります。

そのため、事前に伝えておけば仮に上司や同僚が電話に出ても、「言ってた電話か」と思ってもらえて、変な疑いをかけられる心配がありません。

また、金融機関側が会社名やカードローンといった言葉を使うことがないので、バレるリスクを大幅に軽減できるでしょう。

ちなみに、電話がかかってくる理由はクレジットカード以外に、「銀行口座の開設」や「保険の審査」などでも、実際職場に電話連絡が入るケースがあるので使えます。

家族の引越し先の保証人になった

次に、「親が引っ越す時に保証人になったから、近々確認の電話がかかってくる」と伝えるようにしてください。

実際、引越しでは契約書作成のために、連帯保証人の登録が求められます。

そして、連帯保証人になると、本人確認のために勤務先に電話をかけるのが一般的です。

そのため、連帯保証人になったと伝えておけば、それ以上追及されたり怪しまれたりする心配は少ないでしょう。

名刺交換した相手から電話がかかってきた

最後に、「名刺交換した相手から電話がかかってきた」と伝えるのも、ごまかす方法として有効です。

名刺交換なら、初対面の会社との商談や交渉のきっかけとなるため、電話がかかってきても不思議ではありません。

そのため、同僚や上司も「カードローンでは?」などと怪しんだりしないでしょう。

会社にバレないカードローン!WEB完結OK(会社に電話なし)

ここまで、電話による在籍確認があっても、それをごまかす方法についてお伝えしてきました。

しかし、最初から電話による在籍確認がなければ、バレる心配をする必要がありませんよね。

実は、電話による在籍確認がないカードローンが存在します。

そこで続いては、電話による在籍確認をなくせる可能性のある4つのカードローンをご紹介します。

  • セブン銀行カードローン
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • アコム

セブン銀行カードローン

画像:セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローン」は、電話による在籍確認を原則として行っていません。

この事実は、セブン銀行の公式サイトでも明記してあります。

Q:ローンサービスの審査にあたって、登録している電話番号や勤務先に電話連絡することはありますか。
A:審査において、原則としてご登録の電話番号および勤務先へご連絡することはありません。
当社が必要と判断した場合は、勤務先に在籍されていること、ご本人さまのお申込みであることを確認するため、お客さまの勤務先、携帯電話等にお電話いたします。
引用:セブン銀行「よくあるご質問」

書類による在籍確認を行っている銀行系カードローンは、非常に珍しく貴重です。

もし、あなたが銀行系カードローンの中で、会社にバレないところを探しているなら、セブン銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。

金利年12.0%~年15.0%
限度額10万円~300万円
WEB完結可能
審査時間最短即日(※)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セブン銀行カードローン詳細はこちらから

プロミス

プロミス」は、原則として電話による在籍確認を行っていません(※1)。

この事実については、プロミスの公式サイトにも明記してあります。

プロミスでは、原則、電話での在籍確認は行っていません。
引用:プロミス「カードローンは在籍確認なしにできる?勤務先への在籍確認の必要性」

ちなみに、在籍確認そのものがないわけではなく、書類を使って在籍確認を行います。

有効となる書類は、社員証や源泉徴収票、保険証など、会社名がわかるものが有効なので、あらかじめ用意しておくと良いでしょう。

実質年利4.5%~17.8%
借り入れ限度額1〜500万円
※借入限度額は審査によって決定いたします
融資までの期間最短即日融資(※)
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※1​​審査の結果によっては電話による在籍確認が必要となる場合がございます。

プロミス詳細はこちらから

SMBCモビット

モビット

SMBCモビット」は、WEB完結なら原則として電話による在籍確認がありません。

これについては、SMBCモビットの公式サイトにも明記してあります。

SMBCモビットなら、原則として電話・書類手続きが発生しないため、電話による在籍確認なしでご利用できます。
引用:SMBCモビット「カードローンの在籍確認とは|実施の流れ~電話・書類の場合を解説」

在籍確認では、社員証や源泉徴収票、保険証といった会社名がわかる書類を使って行うため、会社にバレる心配がありません。

ただし、電話による在籍確認がないのは、あくまでWEB完結を利用した時のみです。

電話や郵送を利用する場合は、電話による在籍確認があるので注意してください。

実質年利3.0%~18.0%
借り入れ限度額800万円
融資までの期間最短即日融資(※)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット詳細はこちらから

アコム

画像:アコム

アコム」は、原則として電話による在籍確認を行わないカードローンです。

その事実については、アコムの公式サイトでも明記してあります。

Q:勤務先に在籍確認の電話がかかってきますか?
A:原則、実施しません。もし実施が必要となる場合でも、お客さまの同意を得ずに実施することはありませんので、ご安心ください。
引用:アコム「よくあるご質問」

審査状況によって電話による在籍確認が必要になった場合でも、必ずあなたの同意を得てから行うので、急に会社に電話がかかってくる心配はありません。

また、自宅への郵送物も原則としてありませんので、家族にバレたくない方にもおすすめのカードローンです。

実質年利3.0%~18.0% 
利用限度額1~800万円
融資までの期間最短20分※
Web完結

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
アコム詳細はこちら

会社にバレる可能性のあるローンの特徴

最後は、会社にバレる可能性があるローン商品の特徴をご紹介します。

  • 電話による在籍確認がある
  • 電話がかかってくるタイミングを指定できない
  • 個人的な事情を考慮してくれない

電話による在籍確認がある

カードローンの利用がバレる最大の理由と言っても過言ではないのが、電話による在籍確認です。

今回、会社に電話がかかってきてもごまかす方法についてお伝えしました。

しかし、ごまかす方法を使っても職場に電話がかかってくる以上、上司や同僚に怪しまれるリスクはゼロになりません。

一方で、電話による在籍確認なしのカードローンなら、会社の人にバレるどころか疑われる心配も無用です。

絶対にバレたくないのであれば、やはりごまかす方法を試すより、書類による在籍確認を行ってくれるカードローンを選んだ方が良いでしょう。

電話がかかってくるタイミングを指定できない

電話による在籍確認を行っているカードローンの中には、会社への連絡なく時間を指定できるところがあります。

あなたが電話に出られる可能性が高い日時を指定できるので、他の社員が電話に出て疑われるリスクを低くできます。

しかし、全てのカードローン会社が連絡のある日時を決められるわけではありません。

当然、日にちと時間を指定できないカードローンの方が、他の社員が電話に出る可能性が高くなります。

このように、同じ電話による在籍確認を行っているカードローンであっても、いつ連絡してくるか相談できる方がバレるリスクは低いでしょう。

個人的な事情を考慮してくれない

中小の消費者金融など一部のカードローンでは、「会社に電話をかけてほしくない」といった個人的な事情を考慮してくれるところがあります。

そのようなカードローンを利用すれば、電話をかける日時を調整してくれたり、書類による在籍確認に切り替えてくれたりします。

反対に、そのような個人的な事情を考慮してくれないカードローンの方が、会社の人に利用がバレやすいでしょう。

個人的な事情を考慮してくれるのはプロミス

まとめ

今回は、カードローンの利用が会社にバレるのかを解説しました。

多くのカードローンでは、電話による在籍確認を行っています。

その際、会社の上司や同僚が電話に出てしまい、利用がバレるケースがあります。

しかし、近年は在籍確認を書類で行うカードローンが増えているので、そのような金融機関を利用すればバレるリスクはほとんどありません。

また、「クレジットカードの審査で電話がかかってくる」などのごまかし方もあるので、過度にバレる心配をする必要はないでしょう。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ