消費者金融は一度でも借りるとやばい・家に取り立て来る事件の真相!

消費者金融は、スムーズな審査が魅力の貸金業者です。最近はCMなどで目にすることも多くなり、利用者も増加しています。

しかし、「消費者金融で借りるとやばい取り立てがくる」「一度でも借りると人生が終わる」などの口コミがあるため、不安に思う方もいるでしょう。

安心してください、消費者金融の取り立てが家に来ることはありません。そもそもこのような行為は、法律で禁止されているのです。

本記事では、消費者金融がやばいと言われる理由と利用するメリット、うまく活用する方法について解説します。

消費者金融が「一度でも借りるとやばい」「家に取り立て来る」は違法:知恵袋など

消費者金融に対して、「やばい」「取り立てが怖い」というイメージをお持ちの方も少なくないでしょう。

Yahoo!知恵袋では下記のような投稿があります。

消費者金融って危険なんですか? もし危険なんだったらどういう所が危険なのか教えて下さい。 急に15万円ほど必要になったんで、消費者金融から借りようかと思ったんですが、親に「やめた方がいい」って言われました。 あと、消費者金融でお金を借りた事がある方は、オススメの安全な消費者金融などはありますか?

引用:Yahoo!知恵袋

このように消費者金融の利用を、親や知人に反対されることも少なくありません。身近な人から「やめた方がいい」と言われると不安になりますよね。

しかし、消費者金融は貸金業法を遵守して営業しているため、違法な取り立て行為はできません。消費者が安全に利用できるように、法律で守られています。

では、なぜ「一度借りたら終わり」と言われるような悪い印象になっているのでしょうか。本項では、噂の真相を解説していきます。

サラ金時代のイメージが強いから

かつて消費者金融は、サラ金と呼ばれた時代がありました。

2010年に貸金業法が改正される前の消費者金融は、サラリーマンを対象に過剰貸付や、強引な取り立てを行うなど、社会問題を巻き起こした時代があったのです。

この時代は、消費者金融だけではなく、クレジットカード会社や銀行も返済能力を超える貸付を行い、その結果、自己破産者や自殺者が増加しました。

自宅や店に押しかけ脅したり、暴言を吐いたり、昔のドラマで見るような恐ろしい取り立てが行われていたのです。

このような背景から、「消費者金融=やばい」と言われてしまいます。

金利が暴利で高すぎる

利息制限法では、金利の上限は15〜20%と定められています。法律に則って営業する消費者金融の金利も現在は、20%を超えることはありません。

貸金業者は一定の要件を満たすと、出資法の上限金利(29.2%:法改正前)と利息制限法の上限金利(15〜20%)の間の金利帯でもOKとなっています。

そのため、2010年法改正以前の消費者金融は、出資法の上限金利29.2%で貸付を行っていました。これがいわゆるグレーゾーン金利と呼ばれるものです。

画像:日本貸金業協会

しかし現在は、出資法の上限金利も20%に引き下げられていますので、消費者金融の金利も上限20%です。

法改正はされましたが、当時の消費者金融のイメージは払拭されておらず、今でも高金利だと思われることがあります。

闇金と勘違いされる

消費者金融に対して、「やばい」「借りたら終わり」というイメージを持っている人の中には、「消費者金融=闇金」と勘違いされているケースもあります。

しかし消費者金融は国や都道府県から許可を得て営業している、正規の貸金業者です。

貸金業法11条(無登録営業の禁止)では下記のように定められています。

第十一条 第三条第一項の登録を受けない者は、貸金業を営んではならない。

引用:貸金業法

一方で闇金は、貸金業の登録をせず、無登録営業を続ける業者です。もちろんこれは違法であり、犯罪行為です。

このように、闇金と消費者金融は全く異なります。しかし、両者の違いを理解できず同じものだと思っている人がいるのです。

便利すぎて使いすぎてしまう

消費者金融は、コンビニから気軽に借入できる便利さがウリです。しかし、それゆえに使いすぎてしまうことがデメリットです。

返済能力以上の借入をすると、支払いに遅れたり生活が困窮したりするため、「やばい」と言われています。

「欲しいものを我慢できない」「自制できない」など、誘惑に負けてしまいがちな人には、多重債務に陥る恐れがあるため、注意が必要です。

消費者金融はやばいのか?お金を借りている人の割合

消費者金融でお金を借りるのは、やばい行為ではありません。JICC(日本信用情報機構)がまとめたデータによると、2022年9月末現在の消費者金融系のカードローン利用者は1,000万人を超えています。

この数字を人口全体の割合で示すと、約9%です。

引用:JICC(日本信用情報機構)

しかも、JICCのデータを見ていると、3件以上の借入がある人は124.9万人を超えています。最も多い人は5件以上の借入をしていて、その人数は11万人です。

2件以上の借入がある人の一人当たりの残高は約97.6万円、3件〜4件の借入がある人の残高は125万円を超え、5件以上で255.5万円となっています。

このように多くの人が消費者金融を利用しているのです。

ちなみに、JICCに加盟している消費者金融のうち、罰則が適用された例はありません(2019年〜2021年のデータ)

引用:JICC(日本信用情報機構)

この結果からもわかるように、消費者金融は法律に則って営業する安全な業者です。

消費者金融はやばくない!借りるメリットはこの3つ

消費者金融はやばいと言われていますが、それはあくまでも噂です。実際はやばくはありません。

ここからは、消費者金融を利用する3つのメリットを紹介します。

①審査スピードが早く、即日融資が可能

消費者金融の審査時間は、最短3分とスピーディーで、即日融資が可能です。

大手消費者金融なら、スマホやWEBから24時間365日申し込みできて、土日祝日も審査対応しているところがほとんどです。審査がスムーズに進めば、1時間ほどでお金を借りられます。

一方で銀行は、利用者の情報を警視庁のデータベースと照会する工程に1日程度時間がかかるため、即日融資に対応していません。しかも、銀行口座の開設が必要なケースも多く、実際に借入できるまで1週間を要することも。

急いでお金を借りたい場合は、即日融資可能な消費者金融が優れています。

②30日間無利息など独自のサービスが充実

各消費者金融では、顧客獲得のためにさまざまなサービスを提供しています。

  • 30日間無利息サービス
  • 返済ごとにVポイントが貯まる(SMBCモビットのみ)
  • レディース専用キャッシング
  • スマホで借入可能
  • 自動契約機でカードを受け取れる
  • カードローンとクレジットカード一体型あり

初回に限り利用できる「30日間無利息サービス」は、短期で返済すれば、金利負担を軽減できます。

また、大手消費者金融カードローンの「SMBCモビット」では、返済ごとにTポイントが貯まるサービスを提供しています。カードローンは利用額が大きい割に、クレジットカードのようにポイント還元がありませんので、Tポイントが貯まるのは嬉しい特徴です。

他にもカードレスに対応したり、自動契約機でカードを受け取れたりと利便性が高くなっています。

③在籍確認の電話を回避できる

銀行やろうきんでお金を借りる際、在籍確認は原則電話で行われます。

いくら審査に必要な工程とはいえ、職場に電話がかかることに抵抗がある方も多いでしょう。

しかし、大手消費者金融でWEB完結なら、在籍確認を書類で行うため、電話がありません。社名入りの社員証や社会保険証、直近の給与明細などをWEBからアップロードすれば、在籍確認は完了です。

「誰かにバレたらどうしよう」「会社の人に怪しまれるかもしれない」と不安を抱えている方に大人気のサービスです。

消費者金融が怖い方におすすめは銀行カードローン

取り立てや法外な利息を要求されることはないと説明してきましたが、消費者金融ってなんか怖いですよね。

イメージも良くないですし、躊躇する方も多いと思います。

そんな方には銀行カードローンがおすすめ。

銀行が運営しているので安心できますし、違法なことを行うと本業に悪影響が出るので、真っ当な運営を行なっています。

①セブン銀行カードローン

画像:セブン銀行カードローン

アルバイトやパートでも安定した収入があれば申し込みOKの「セブン銀行カードローン」。口座開設、申し込みから審査まで全てオンラインで完結します。

全国各地のセブン銀行で借入れできるので、急にお金が必要になった際も便利。カードがなくてもアプリがあればすぐに引き出しできます。

審査時間は最短即日OK、口座開設から融資までスピーディーに対応してくれます。

「消費者金融は不安」「カードレスで利用したい」という方におすすめです。

借入金利12.0〜15.0%
利用限度額300万円
審査時間最短当日
申し込み可能年齢満20歳以上満70歳未満の方
利用条件・保証会社の保証を受けられる方
・安定した収入がある方
・セブン銀行の普通預金口座をお持ちの方
※アルバイト・パートでも申込可能

※口座がない方は、申込から融資までに2週間以上かかる場合があります
※利用限度額によって借入金利が異なります。
※カードローンは計画的にご利用ください。

セブン銀行カードローンはこちらから

②三井住友銀行カードローン 

画像:三井住友銀行

「三井住友銀行カードローン」は、来店不要で24時間WEB申し込み可能なカードローンです。三井住友銀行の口座を持っていなくても申し込めるのがポイント。

口座を持っている人なら、申し込む際の入力項目が少なく楽に手続きできます。さらに手持ちのキャッシュカードで借入可能。

800万円まで借入でき、200万円前後の借入に対して設定される金利は8〜12%です。銀行カードローンならではの低金利なので、金利負担をできる限り減らしたい人におすすめです。

「三井住友銀行カードローン」は、返済日を5日・15日・25日・月末の4つから選択できます。給料日や都合に合わせて選べるので、毎月の返済が無理なくできるのが魅力。

提携ATMが多く、全国のコンビニATMから手数料無料で利用できます。三井住友銀行ATMであれば、時間外手数料も0円で利用可能です。

審査結果最短当日(申し込みが土日祝の場合3~5日後)
融資限度額10~800万円
金利1.5~14.5%
無利息期間なし
担保・保証人不要

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

三井住友銀行カードローンはこちら

au PAY スマートローンも知名度が高く安心

画像:au PAY スマートローン

au PAY スマートローン」は、申し込みから融資までWEB完結可能なローンサービスです。auが提供するサービスなので、消費者金融に抵抗がある方にはおすすめです。

アルバイトやパートでも申し込みOKで、自営業でも利用できます。借入金はau PAYにチャージできるため、銀行から現金を下さなくても利用できます。

審査時間は最短30分(※1)、最短即日融資(※1)に対応しています。

実質年率2.9%〜18.0%
※2020年4月28日以前にお申し込みの方は8.0%~18.0%(実質年率)
利用限度額1万円~100万円※2
審査時間最短30分※1
WEB完結可能
借入方法ご登録の口座へのお振込・au PAY 残高へのチャージ・セブン銀行ATMでの現金出金
※セブン銀行ATMのスマホによるご利用にはau PAY スマートローンアプリが必要となります。
借入可能時間口座振込: 振込先金融機関の受付対応時間
au PAY 残高へのチャージ: 原則24時間365日
※当社ならびに入金先やATMのシステムメンテナンス時間は除きます。

※1:お申し込み内容により、お手続きにお時間がかかる場合や、ご希望に沿えない場合がございます。
※2:利用限度額はお客さまごとに当社所定の審査によりに決定します。お客さまの状況によってはご希望に沿えない場合もございますのであらかじめご了承ください。
※au PAY カードをお持ちのお客さまも以下の方を除き、お申し込みいただけます。(au PAY ゴールドカードも含む)
・キャッシング/カードローン枠をお申し込み中、または既に設定されている方
※ご本人さま名義のau IDをお持ちのお客さま(法人契約でご利用のau IDではお申し込みいただけません)
※入会受付時、満20歳以上70歳以下の方
※ご本人さまに定期収入のある方
(会社員、公務員、個人事業主、アルバイト・パート、年金受給者(年金以外に安定した収入のある方))
※現住所が国内にある方

・auフィナンシャルサービス株式会社
 ・登録番号:関東財務局長(4)第01503号
 ・貸付条件等:①金利2.9%~18.0%(実質年率) ※2020年4月28日以前にお申し込みの方は8.0%~18.0%(実質
年率)②返済方式 借入時残高スライド元利定額返済方式 ③返済回数及び返済期間:最長60回(5年) ④遅延損害金
20.0%(実質年率) ⑤担保・保証人 不要 ⑥ご利用限度額:1万円~100万円⑦要審査

au PAY スマートローンはこちら

おすすめの大手消費者金融一覧

消費者金融を利用したいと思っても、どこがいいか迷う方もいるでしょう。そこでまずは、下記の大手消費者金融5社から選びましょう。

どの会社もスピード審査、即日融資、カードレスに対応しています。

詳細プロミスSMBCモビットアイフルレイクアコム
借入限度額最大500万円最大800万円最大800万円最大500万円最大800万円
金利年4.5%~17.8%年3.0%~18.0%年3.0%~18.0%年4.5%~18.0%年3.0%~18.0%
融資までの時間最短3分※1最短即日※2最短18分※3最短1時間Webで最短60分も可能※4
審査通過率38.0%38.4%29.4%42.1%
カードレスOKOKOKOKOK
無利息期間初回「借入日」翌日から30日間無利息なし初回契約日の翌日から30日間無利息・初回契約日の翌日から60日間無利息
・初回契約日の翌日から借入金額の5万円まで180日間無利息 ※5
初回契約日の翌日から30日間無利息
パート・アルバイト×
最小返済額※61,000円4,000円残高に一定割合を掛けた金額4,000円4,000円
おすすめポイントスマホアプリが優秀返済でVポイントが貯まる土日祝日も審査が早い無利息期間が他社より長めクレジットカードの展開もある
公式サイトプロミスSMBCモビットアイフルレイクアコム

※1:スマホ・WEBからの申込
※2:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※3:お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※4:21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
※5:契約額(極度額)が200万円超の方は30日間無利息のみ利用可能となります。
※6:借入残高により異なるため、実際の借入金額によってこれよりも多くなる場合があります。

アイフルの貸し付け条件はこちら

大手の審査に通らない!やばいと思ったら中小消費者金融へ

続いて、何らかの理由で「大手の審査に通らない」「審査に自信がない」という方におすすめなのが、中小消費者金融です。

大手と違い、柔軟な審査と対応が魅力。他社の審査に落ちた人への融資実績も豊富です。

日本全国さまざまな業者が存在しますが、利便性やサービスが充実しているのは下記の3社です。初めての方でも利用しやすく、全国対応しています。

セントラル:審査に融通がきく!

「セントラル」は、自動契約機の数が全国17店舗(東京・神奈川・埼玉・岡山・愛媛・香川・高知など)もある中小消費者金融です。セブン銀行ATMと提携したカードローンを提供しています。

《セントラルの特徴》

  • カードローン
  • 自動契約機でカードを受け取れる
  • 14時までの申し込みで即日融資OK
  • 柔軟な審査

カードの発行は郵送または自動契約機から可能。セブン銀行ATMで借入・返済できるため便利です。上限額まで何度も借入できて、さらに増額も申し込みできます。

実質年利100万円未満:4.80%~18.00% 100万〜300万円:4.80%~18.00% 
借り入れ限度額300万円
融資までの期間最短当日中
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

カードローン・キャッシング・ご融資なら創業41年のセントラルへ

消費者金融・ローンのフクホー

「フクホー」は、大阪浪速区で50年以上も愛される老舗消費者金融です。特徴は、関西圏にお住まいの方なら審査が優遇されること。審査に自信がない方にも柔軟に対応してくれます。

《フクホーの特徴》

  • 実績ある老舗企業
  • 即日融資OK
  • WEBで受付可能
  • 年利は18%
  • 女性専用キャッシングあり
  • 利息は利用日数分だけ

借入可能かすぐにわかる「簡単診断」や女性専用キャッシング、借り換えローンなどサービスも充実しています。

商品名フリーキャッシング
融資額200万円まで
使途自由
貸付利率7.30%~18.00%(実質年率)
遅延利率20.00%(実質年率)
返済方式・期間・回数元金自由返済方式または元利均等返済方式
担保・保証人原則不要

キャッシング・ローンのことならフクホーへ!

キャレントキャッシング(ビジネスローン)

「キャレントキャッシング」は利便性重視の完全非対応型キャッシングサービスを提供しています。15時までに契約まで終了すれば、当日振込みも可能。申し込みから融資までWEB完結です。

《キャレントキャッシングがおすすめな理由》

  • ネット完結
  • 担保、保証人不要
  • 会社経営者のためのビジネスローン
  • 申し込み24時間365日OK
  • 金利18%
  • 申し込みフォームの項目が少ない

カードの発行がなく、口座に振り込んでくれる振込型。誰にもバレずに借入できます。

商品名フリーキャッシング
融資額500万円まで
使途自由
貸付利率7.8%~18.0%(実質年率)
遅延利率20.00%(実質年率)
返済方式・期間・回数元金均等返済方式
担保・保証人原則不要

全国対応のローン、キャレント!

上手に活用すれば消費者金融はやばくない!うまく利用する方法

消費者金融は利便性が高いため上手に活用すれば、やばくはありません。

ここからは、消費者金融をうまく利用する方法を紹介します。

借りすぎない

まずは、借りすぎないことを意識しましょう。手軽に借入できるとはいえ、借金です。利息もかかりますし、返済しなければなりません。

借りすぎてしまうと生活がままならなくなったり、他のローンに影響を与えたりとデメリットしかありません。

自分が返済できる金額は、収入のどれくらいかを計算し、計画的に利用しましょう。

無利息期間を利用する

消費者金融は初めての借入に限り無利息期間のサービスがあるため、大いに活用しましょう。

無利息期間中に返済すれば、利息は0円です。全額返済しなくてもいいため、できるだけ多めに返済しておくと利息負担を軽減できます。

繰上げ返済する

繰上げ返済とは、通常の返済日とは別で返済することです。例えば、毎月4,000円が返済額としたら、追加で1万円を返済します。これが繰上げ返済です。

消費者金融で借り入れたお金は、最低金額での返済となります。最低金額で返済すると、長期間借りることになり、利息負担が増加します。

早めに返済するためにも、繰上げ返済を利用しましょう。

返済日に遅れないこと

消費者金融の借入状況は、信用情報に記録されます。そのため、返済に遅れないことは絶対条件です。たった1回1〜2ヶ月以上滞納すると、その後5年間は審査に通りません。

返済できずに任意整理などの債務整理を行えば、完済から5〜8年は信用情報に記録されます。

信用情報は、住宅ローンやカーローンなど大きな買い物をする際に重要視されるものなので、滞納などの履歴で傷をつけると今後の人生に不利益が生じます。

借入は計画的に行い、返済日は必ず守りましょう。

まとめ

消費者金融は、貸金業法を遵守しているためやばいサービスではありません。むしろ、法律に守られているので、安全に利用できます。

審査がスムーズ、利便性が高い、即日借りられるなどメリットも多く、急いでいる方に最適です。

本記事を参考に、うまく活用すればデメリットも回避できるでしょう。ご利用は計画的に、無理のない返済を心がけてください。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ