セブン銀行カードローンの保証会社は?いつから?瞬殺!審査落ちた原因

セブン銀行カードローンと言えば、銀行系カードローンの中では珍しく、最短即日(※)で融資してくれる可能性があるフリーローンです。

この対応ができる理由は、セブン銀行カードローンが審査を委託している保証会社が迅速な対応をしてくれるからです。

では、セブン銀行カードローンの保証会社とはどこなのでしょうか?

利用者には一見無関係に思える保証会社ですが、実は知っておくとカードローンを選ぶ際の指針になります。

そこで本記事では、セブン銀行カードローンの保証会社について解説します。

セブン銀行カードローンの在籍確認の方法や審査に落ちやすい人の特徴についてもお伝えするので、参考にしてみてください。

金利年12.0%~年15.0%
限度額10万円~300万円
WEB完結可能
審査時間最短即日(※)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セブン銀行カードローン詳細はこちらから

セブン銀行カードローンの保証会社!審査は厳しい?在籍確認は?

セブン銀行カードローンの保証会社は、大手消費者金融の「アコム株式会社」です。

そもそも、銀行は貸金業が本業ではありません。

そのため保証会社には、貸金業のプロである消費者金融をつけるケースが多いのです。

ただし、セブン銀行カードローンとアコムにおける審査の厳しさが、同じというわけではありません。

というのも、セブン銀行カードローンではアコムが行う審査に加えて、自社でも審査基準を設けてチェックしています。

つまり、セブン銀行カードローンとアコムの2つの審査をクリアする必要があるわけです。

この点を考えると、セブン銀行カードローンの審査はそれなりに厳しいと言えます。

また、審査時間は銀行カードローンの中ではかなり短く、最短翌日から。

今すぐお金が必要な方におすすめできるカードローン です。

セブン銀行カードローン詳細はこちらから

セブン銀行カードローンの保証会社はアコム!瞬殺など審査に落ちやすい人の特徴

続いては、セブン銀行カードローンの審査で瞬殺されてしまう人の特徴について解説します。

  • 金融事故を起こした過去がある
  • 虚偽の申告をした
  • 申込条件を満たしていない

金融事故を起こした過去がある

まず、過去に金融事故を起こした経験がある人は、審査で瞬殺される可能性があります。

そもそも、カードローンなど金融取引に関する情報は、信用情報機関と呼ばれる場所で一括管理されています。

そして、申し込みを受けた金融機関は、審査するために信用情報機関に情報の照会を行うのです。

この信用情報には以下のような内容が記録されています。

  • 本人を識別するための事項(氏名、生年月日、郵便番号、住所、電話番号など)
  • 取引事実に関する事項(契約の種類、契約年月日、商品名、契約額、支払回数、入金履歴、残債額など)
  • 申込内容に関する事実
  • 本人申告コメントなど

過去に起こした金融事故の記録も一定期間残っているため、セブン銀行カードローンに申し込んでも瞬殺で審査落ちとなります。

特に、長期延滞や債務整理などの記録が残っている人は、事故を起こしてから大体5年間は事故情報扱いとなり、審査で不利になったり問答無用で審査落ちになったりするのです。

虚偽の申告をした

次に、申し込みで虚偽の申告をして、嘘をついた事実がバレてしまうと審査落ちします。

もちろん、申し込み内容と提出した書類に食い違いがあったとしても、それがミスなのか故意なのかわかりません。

そのため、セブン銀行から電話などで確認が入るでしょう。

そこで入力ミスだとわかれば、修正して審査が進められます。

反対に、ミスではなく明らかに虚偽申告していると思われれば、瞬殺で審査落ちとなるでしょう。

申込条件を満たしていない

セブン銀行カードローンでは、以下の4つを申込条件としています。

  • セブン銀行口座を持っている人
  • 年齢が満20歳以上満70歳未満の人
  • アコムの保証を受けられる人
  • 外国籍の方は永住者であること

これら4つの条件のうち1つでも満たしていない項目があると、審査落ちとなります。

もちろん、セブン銀行口座を持っていないからと言って瞬殺されることはありません。

申し込みと同時に口座開設すればOKです。

ただし、年齢制限で引っかかったり外国籍で永住権がなかったりすれば、即座に審査落ちです。

また、全ての条件を満たしていても、アルバイトやパートなどで収入が不安定だと、返済能力に不安があると判断されれば審査に落ちてしまうでしょう。

セブン銀行カードローンの審査に通過しやすくするポイント

続いては、セブン銀行カードローンの審査に通過しやすくするポイントを3つご紹介します。

  • 希望額を少なめにする
  • 他社からの借入を減らす
  • 同時に複数のカードローンに申し込まない

希望額を少なめにする

まず、希望額を大きくすると、セブン銀行側も審査を慎重に行います。

当然、年収に対する借入額の割合も増えてしまうため、どうしても審査に落ちやすくなってしまうのです。

セブン銀行カードローンに申し込む際は、希望額をできるだけ少なめにしてください。

少ない金額で契約して返済を続ければ、それが認められて増額の審査に通りやすくなったり、案内が届いたりするでしょう。

セブン銀行カードローン詳細はこちらから

他社からの借入を減らす

他社からの借入があると、当然、新たな借入によって毎月の負担額が増えます。負担が増えたとしても、収入と支出のバランスが取れているなら何ら問題ありません。

しかし、負担が増えて生活が困難になると判断されれば、審査に落ちる可能性が高まります。

セブン銀行カードローンに申し込む際は、他社からの借入を減らすようにしてください。

理想は完済してから申し込むことです。

他社を完済すればそれが実績となって、セブン銀行カードローンの審査にも通りやすくなるでしょう。

同時に複数のカードローンに申し込まない

前述の通り、カードローンなどの利用履歴は、全て信用情報機関に記録されています。

ローンやクレジットカードに申し込んだ事実は6か月間は残るため、同時に複数申し込むと、その事実をセブン銀行にも知られてしまうのです。

そして、たくさん申し込んでいる事実を知ったセブン銀行は、「こんなにたくさん申し込むのはおかしい」「かなりお金に困っているのでは」と疑い、審査で不利になります。

そのため、どんなに審査落ちが不安でも、申し込む際はセブン銀行1つに絞るようにしてください。

他に気になるカードローンがある場合は、セブン銀行カードローンに申し込んでから半年は期間を空けるようにしましょう。

セブン銀行カードローンの保証会社はアコム!審査が不安な方はアコムへ申し込む

画像:アコム

前述の通り、セブン銀行カードローンの保証会社はアコムです。

そして、セブン銀行カードローンでは自社でも審査を行っているため、実質2つの審査に通過する必要があります。

つまり、セブン銀行カードローンの審査で2つの審査を受けるよりも、アコムに申し込みアコム単体で審査を受けた方が通過する可能性は高いわけです。

実際、アコムが発表している「新規貸付率」を見ると、2023年3月期のデータで41.2%(※)と4割以上の方が審査に通っています。

ちなみに、他のカードローンだと3割程度のところが多いので、アコムは審査通過率が高いと言えます。

また、在籍確認も原則として書類で行ってくれるので、会社にバレるのが心配な方でも安心して利用可能です。

※参考:アコム「データブック|2023年3月期」

Q:勤務先に在籍確認の電話がかかってきますか?
A:原則、実施しません。もし実施が必要となる場合でも、お客さまの同意を得ずに実施することはありませんので、ご安心ください。
引用:アコム「よくあるご質問」

もし、セブン銀行カードローンの審査に不安があるなら、アコムの利用を検討してみると良いでしょう。

実質年利3.0%~18.0%
利用限度額1~800万円
融資までの期間最短20分※
Web完結

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコム詳細はこちら

セブン銀行カードローンやアコムの審査に落ちた人は他のカードローンを選ぼう

最後は、セブン銀行カードローンやアコムの審査に落ちた人におすすめのカードローンを2つご紹介します。

  • アイフル
  • プロミス

アイフル

アイフル」は、安定した収入があればアルバイトやパート、学生でも申し込めるとするカードローンです。

収入が少ないアルバイトなどでも利用対象としていると考えると、セブン銀行カードローンと比べると審査に通りやすいと言えるでしょう。

また、アイフルには保証会社がついておらず、独自のノウハウを活かして自社で審査を行っています。

そのため、他社で審査に落ちた人でも、アイフルの基準ならクリアできる可能性があります。

セブン銀行カードローンやアコムで審査落ちした人は、アイフルを検討してみると良いでしょう。

実質年利年3.0%~18.0%
借り入れ限度額800万円(※1)
融資までの期間最短即日融資(※)
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※1:ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

アイフルの貸し付け条件はこちら

プロミス

プロミス」は、主婦やアルバイトの人でも安定した収入があれば利用可能としているカードローンです。

アイフル同様、収入が少ない属性の人も対象としているだけあって、比較的審査に通りやすくなっています。

実際、「2024年3月期」の新規成約率を見ると、実に42.3%(※)の人が審査に通っています。

このように、かなり高い成約率を誇っているプロミスなので、他社で審査に落ちたとしても受け入れてくれる可能性があります。

※参考:SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標|2024年3月期」

実質年利年4.5%~17.8%
借り入れ限度額1〜500万円
※借入限度額は審査によって決定いたします
融資までの期間最短即日融資(※)
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミスはこちらから

まとめ

今回は、セブン銀行カードローンの保証会社について解説しました。

セブン銀行カードローンでは、大手消費者金融のアコムを保証会社につけています。

しかし、セブン銀行側でも審査を行っているため、契約するには2つの審査に通る必要があります。

決して審査が甘いわけではないので、不安に感じている方は「アコム」や「アイフル」「プロミス」といったカードローンを利用するようにしてください。

セブン銀行カードローン詳細はこちらから

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ