ろうきんカードローンの金利・返済額・返済方法を解説|申込や増額の審査は厳しい?

労働者が助け合うために誕生したろうきんは、住宅ローンや自動車ローンの他にカードローンの提供も行っています。

そんなろうきんカードローンの特徴は、金利の低さです。

しかし、低金利で借りられると聞くと、「申込条件が厳しそう」「なかなか審査に通らないのでは?」といった疑問や不安を抱くでしょう。

また、返済額や限度額、返済方法がわからないから申し込みをためらっている方もいます。

そこで本記事では、ろうきんカードローンの申込条件や審査基準、金利・返済額・限度額・返済方法について解説します。

ろうきんカードローンを利用するメリット・デメリットについてもお伝えするので、利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ろうきんカードローンの申し込み条件!金利・返済額・限度額・返済方法など

まずは、ろうきんの金利・返済額・限度額・返済方法について解説します。

  • 金利は2.7%~11.5%程度
  • 限度額は最大500万円
  • 返済方法は自動引き落としのみ
  • 返済額は毎月5,000円以上

金利は2.7%~11.5%程度

ろうきんは、労働者の助け合いを目的としているため、カードローンの金利は2.7%〜11.5%程度と高くありません。

ろうきん店舗カードローン金利
北海道ろうきん6.80%~6.98%
東北ろうきん4.00%~6.40%
中央ろうきん3.875%~8.475%
新潟ろうきん5.375%~7.775%
長野ろうきん2.70%~5.10%
静岡ろうきん4.275%~9.275%
北陸ろうきん4.8%~11.5%
東海ろうきん3.900%~8.550%
近畿ろうきん6.000%~7.900%
中国ろうきん5.375%~10.075%
四国ろうきん6.025%~8.325%
九州ろうきん6.0%~9.4%
沖縄ろうきん5.1%~9.8%

また、団体会員の構成員や生協会員の組合員は金利が優遇されるサービスがあります。

中には、金利が一般労働者より1.5%ほど低いろうきんがあるほどです。

限度額は最大500万円

ろうきんカードローンの限度額は最大500万円です。

銀行カードローンや消費者金融の中には、限度額が800万円や1,000万円という金融機関があるため、ろうきんは少し低めと言えます。

しかし、極端に限度額が低いわけではないため、よほど大口の利用でなければ困る心配はないでしょう。

返済方法は自動引き落としのみ

ろうきんカードローンの返済方法は、普通預金口座からの自動引き落としのみです。

しかし、自動引き落としは2つの方法から選択できます。

  • 定額型
  • 残高スライド型

定額型は、毎月の返済日と返済額があらかじめ決まっています。

一方で残高スライド型は、月によって返済日と返済額を変えられます。

定額型の方が返済計画が立てやすく、残高スライド型の方が自由度の高い返済ができるというわけです。

返済額は毎月5,000円以上

ろうきんカードローンの毎月の返済額は、最低5,000円以上となっています。

借入残高毎月の返済額
~30万円5,000円
30万円~50万円10,000円
50万円~70万円12,000円
70万円~80万円13,000円
80万円~100万円15,000円
100万円~150万円20,000円
150万円~180万円25,000円
180万円~200万円30,000円
200万円~250万円35,000円
250万円~300万円40,000円
300万円~350万円50,000円
350万円~400万円55,000円
400万円~450万円65,000円
450万円~500万円70,000円

参考:中央ろうきん「カードローン(マイプラン)|返済額テーブル表」

30万円以下の借入の場合は、毎月の返済額は5,000円です。30万円を超えると毎月の返済額が増える仕組みです。

ろうきんカードローンの審査は厳しい?審査基準を解説

ろうきんカードローンは、誰でも申し込めるわけではありません。

例えば、中央ろうきんなら以下の条件をクリアしていないと、申し込んでも審査落ちとなります。

当金庫に出資のある団体会員の構成員の方、またはご自宅もしくはご勤務先(事業所)が当金庫の事業エリア内(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県)にある給与所得者の方で、次の条件に全て該当する方

同一勤務先に1年以上勤務されていること(自営業者等の給与所得以外の方は3年以上)

安定継続した年収(前年税込み年収)が150万円以上であること

お申込み時の年齢が満20歳以上かつご契約時の年齢が満65歳未満であること

当金庫指定の保証機関の保証を受けられること

※契約社員・パート社員の方や、自営業者等の方も一定の条件を満たせばご利用いただけますので、 最寄りの営業店にお問い合わせください。

※当金庫は労働組合がない会社にお勤めの方でもご利用いただけますので、お気軽に最寄りの営業店にお問い合わせください(お取引きは、ご自宅またはご勤務先に近い営業店となります)。

引用:中央ろうきん「マイプラン|お申込みいただける方」

また、中央ろうきんのカードローンでは、申し込む際に以下の書類を用意する必要があります。

本人確認書類(運転免許証/個人番号カードなど)

収入確認資料(給与(在籍)証明書/源泉徴収票など)

勤続年数確認資料(健康保険証(写)/給与(在籍)証明書)

普通預金口座のお届け出印

引用:中央ろうきん「お申込みに必要な書類」

以上の条件をクリアした方のみが、「信用情報」を用いた審査へと進みます。

審査の過程で、勤務先に電話にて在籍確認が行われます。

これら全ての工程を経て、ようやくろうきんカードローンが使えるというわけです。そもそもろうきんは営利目的で運営されているわけではないため、銀行よりも審査難易度が高いと言われています。

スムーズな借入を希望する方は、カードローンなど他の方法も検討しましょう。

ろうきんカードローンのメリット・デメリットを口コミからチェック

続いては、ろうきんカードローンを利用するメリット・デメリットについて、口コミを参考にチェックしていきます。

  • 【メリット】審査に通りやすく利息の負担も軽い
  • 【デメリット】審査に時間がかかる

【メリット】審査に通りやすく利息の負担も軽い

最初は、審査に通りやすく利息の負担が軽いという点がメリットだと語る口コミをご紹介します。

労金は、基本的に、他の金融機関と比べると、審査が通りやすいように感じた。

また、利子も、他の金融機関と比べても、低い方だと思う。

あと、職場の組合を経由しての申し込みだったため、安心感もあり、説明も丁寧だった。

引用:価格.com「近畿労働金庫 カードローン マイプラン」

前述の通り、ろうきんカードローンは申込条件が細かく設定されています。

そのため、申込条件をクリアするのが難しいだけであり、条件を満たせば審査に通るのは難しくないというわけです。

また、金利は銀行カードローンや消費者金融と比べて低いのは明確です。

かなり利息の負担を抑えられるので、少しでも毎月の返済額を少なくしたいなら、ろうきんカードローンを検討してみると良いでしょう。

【デメリット】審査に時間がかかる

続いては、審査に時間がかかるという点がデメリットだと語る口コミをご紹介します。

かなり時間かかるので余裕を持って申し込みしたほうがいいとおもいます、それでも待つ価値はあると思います、色々付き合いをすると金利が引き下げをしてくれるんですよね、そういうのっていいとおもいますよ

審査時間は郵送で結果来るので長いです

金利は最初から結構低いです

借入は収入あれば結構誰でも大丈夫だと思いますよ

返済金額も少額でいいので便利です

引用:価格.com「近畿労働金庫 カードローン マイプラン」

このように、ろうきんカードローンの審査結果は郵送で通知されます。

そのため、結果が出るまで大体1週間程度かかります。

また、契約してからローンカードが手元に届くまでさらに数日かかるため、申込から利用まで10日くらいは必要となる計算です。

ろうきんカードローンを利用する際は、時間に余裕を持って申し込むようにしてください。

ろうきんカードローンは即日融資不可!お急ぎ&低金利なら銀行カードローン

ろうきんカードローンは即日融資に対応していません。

申し込みから借入まで10日程度かかるので、急ぎの方は他のカードローンを選ぶ方が良いでしょう。

ここでは、即日融資に対応しており、なおかつ低金利で借りられる銀行カードローンを2つご紹介します。

  • セブン銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローン」は、24時間365日いつでも申し込めるオンライン完結のローンサービスです。

書類の送付がネット上で行えるほか、カードレスによる借入・返済にも対応しています。

さらに、手間と時間がかかりやすい電話による在籍確認が原則としてありません。

そのため、スムーズな手続きが進めば最短即日(※)で融資を受けられる可能性があります。

家族や職場の同僚にバレるリスクも低いため、周囲に内緒でお金を借りたい方にはピッタリのサービスです。

実質年利12.0%~15.0%
限度額10万円~300万円(初回は50万円まで)
WEB完結可能
審査時間最短即日(※)

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セブン銀行カードローンの詳細はこちらから

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン」は、WEB完結申込によって自宅に居ながら契約まで進める、利便性が高いローンサービスです。

セブン銀行と同様にネット上で書類を送付できるため、店舗や郵便局に足を運ぶ必要がありません。

また、早ければ最短即日(※)で審査結果を通知してくれます。

ろうきんのように申し込みから借入まで10日もかからないので、急ぎの方は三井住友銀行カードローンを検討してみると良いでしょう。

ただし、審査結果の通知は平日の9時〜20時までとなっています。

時間外に申し込むと翌営業日の対応となるため借入が遅くなるため、平日の午前中に申し込むのが理想的です。

実質年利1.5%~14.5%
限度額10万円~800万円
WEB完結可能
審査時間最短当日(※)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

三井住友銀行カードローンの詳細はこちらから

ろうきんカードローンが合わない場合はコンビニOKの消費者金融カードローン

銀行カードローンは、最短即日で審査結果を通知してくれます。

しかし、消費者金融ならさらに素早い借入が可能です。

そこで最後は、緊急事態に直面している方の助けとなってくれる大手消費者金融を3つご紹介します。

  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット

アイフル

アイフル」は、審査時間が最短18分(※)という業界トップクラスの早さを誇る大手消費者金融です。

書類の送付もネット上でできるなどWEB完結にも対応しています。

また手間と時間がかかるうえに、周囲にバレるリスクがある電話による在籍確認が原則としてありません。(※審査の結果によっては電話による在籍確認が必要となる場合があります。)

アイフルでは、原則として電話による在籍確認はおこないません。審査の過程で電話による確認が必要な場合でも、お客様の同意をいただかない限り実施いたしません。

引用:アイフル「カードローンの在籍確認はどのように実施される?電話連絡時の注意点も解説」

午前中に申し込みスムーズに審査が進めば、同日の午後を待たずにお金を手にできる可能性があります。

さらに、アイフルには初回利用に限り30日間の無利息期間が適用されます。

30日以内に返済すれば利息の負担はゼロなので、少しでもお得にお金を借りたい方は上手に活用してみてください。

実質年利3.0%~18.0%
借り入れ限度額800万円(※1)
審査時間最短18分(※)
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※1:ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

アイフルの貸し付け条件はこちら

プロミス

プロミス」は、審査時間が最短3分(※)という業界最速のスピードが強みの大手消費者金融です。

申し込みは、インターネットや専用のスマホアプリを使えば24時間365日いつでもできます。

また、本人確認も「金融機関口座でかんたん本人確認」または「アプリでかんたん本人確認」を選べば、書類の郵送なしで契約可能です。

さらにカードレスにも対応しているため、ローンカード受け取りという手間と時間がかかりません。

ちなみに、審査時間は9時〜21時まで実施しています。

余裕を持って19時までに申し込めば、同日中に現金を受け取れる可能性があります。

営業は平日だけでなく土日・祝日も行っているので、仕事が休みの日でも安心して申し込めるでしょう。

実質年利4.5%~17.8%
借入限度額1万円〜500万円
※借入限度額は審査によって決定いたします
審査時間最短3分(※1)
WEB完結可能

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

※1申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミスの詳細はこちらから

SMBCモビット

モビット

SMBCモビット」は、WEB完結申込の利用で原則として電話なしで申し込める大手消費者金融です。

自宅や職場に電話がかかってくる心配がないため、周囲に内緒で資金難を解決へと導くことができます。

また、専用のスマホアプリがあるので、それを使えば「申込」「借入」「返済」がスマホ1台で行えます。

審査時間に関しては、最初に10秒で結果が通知される「10秒簡易審査」を受け、そのあとで本審査に進むといった流れです。

最短即日で結果が通知されるので、ろうきんより素早い借入ができます。

利便性の高さとスピード感の両方を重要視したい方は、SMBCモビットを検討してみると良いでしょう。

実質年利3.0%~18.0%
借入限度額800万円
審査時間最短即日(※)
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの詳細はこちらから

まとめ

ろうきんカードローンは金利が低く、条件に該当している方であれば非常に利用しやすいという特徴があります。

しかし、申し込める方が限定的であり、なおかつ審査に時間がかかるという欠点があるのも事実です。

もし、ろうきんを利用できない、もしくは早くお金を借りたいというなら、銀行カードローンや消費者金融を選択した方が良いでしょう。

今回ご紹介した金融機関であれば、ろうきんより申込条件が広めに設定されており、審査と融資もスピーディーなのでおすすめです。

借入先実質年利限度額審査時間
セブン銀行カードローン12.0%~15.0%300万円最短翌日
三井住友銀行カードローン1.5%~14.5%800万円最短当日
アイフル3.0%~18.0%800万円最短18分
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円最短3分
SMBCモビット3.0%~18.0%800万円最短即日

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アイフルの貸し付け条件はこちら

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ