【プロミス】個人事業主向けカードローン!必要書類・申し込み方法・審査時間など

※アフィリエイト広告を利用しています

「プロミスで個人事業主が借りられるローンはある?」と疑問を持っていませんか。結論からお伝えすると、プロミスで個人事業主が使える借入方法は2つあります。

ただ、条件が合わない可能性もあるので、ほかの選択肢も把握しておくといいでしょう。

本記事では、プロミスで個人事業主が使える借入方法と大手・独自審査のビジネスローンに加え、第三の資金繰り改善策を紹介します。

資金繰りが厳しくて借入を検討している個人事業主の方は、ぜひ最後までご覧ください。

【プロミス】個人事業主が使える借入方法は2つ!必要書類・申し込み方法・審査時間など

プロミスで個人事業主が使える借入方法は、以下の2つです。

  • フリーキャッシング
  • 自営者カードローン(ビジネスローン)

それぞれ必要書類や申込方法などが異なるので、詳しく見ていきましょう。

①フリーキャッシング

プロミスのフリーキャッシングは担保・保証人不要で申し込めるので、気軽に利用可能です。WEB・アプリなら、24時間365日いつでも申し込めます。

個人事業主に限り、生活費だけでなく事業費に使えるのもメリットです。

審査は最短3分で完了するため、急ぎのときでもOK(※1)。郵送物がなく、家族にバレる心配もありません。プロミスのフリーキャッシングの概要は、以下のとおりです。

融資額500万円まで
実質年率4.5%~17.8%(※2)
返済期間/返済回数最終借入後原則最長6年9カ月/1~80回
資金使途生計費に限ります(ただし、個人事業主の方は、生計費および事業費に限ります)。
担保・保証人不要
必要書類本人確認書類収入証明書類
申し込み方法WEB・アプリ来店電話(0120-24-0365)
審査時間最短3分(※1)
※1:お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※2:新規契約の方が対象となります。

フリーキャッシングの詳細はこちら

②自営者カードローン(ビジネスローン)

プロミスの自営者カードローンは、個人事業主を含む自営者が対象のカードローンです。自営者カードローンは事業性資金のため、総量規制の影響を受けません

総量規制は年収の3分の1までしか借入できないというルールですが、自営者カードローンはこれに該当しないのです。最大300万円までの利用限度額内で、繰り返し使えます。

プロミスの自営者カードローンの概要は、以下のとおりです。

融資額300万円まで
実質年率6.3%~17.8%
返済期間/返済回数最終借入後原則最長6年9カ月/1~80回
資金使途生計費および事業費に限ります。
担保・保証人不要
必要書類本人確認書類収入証明書類事業実態を疎明する書類
申し込み方法自動契約機電話(0120-24-0365)
審査時間最短即日(※)
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

自営者カードローン(ビジネスローン)の詳細はこちら

【プロミス】自営者カードローンの口コミをチェック

インターネット上には、プロミスの自営者カードローンに関する口コミがありました。

“(前略)ネットなどではかなり上限が低いと言われていましたが予想していたよりは上限金額が髙くてびっくりです。(後略)

引用元:Rankroo(ランクルー)

“(前略)希望額の100万円ぐらいまで借りれると期待していたら結果は30万円。期待していただけに切なくなりました…(後略)

引用元:Rankroo(ランクルー)

実際の借入額に対し、満足した方と満足できなかった方がいたようです。プロミスの自営者カードローンは最大300万円の融資額ですが、誰でも借りられるわけではありません。

融資額は審査によって決まるため、あまり高い額を期待しすぎないほうがいいでしょう。とはいえ、審査によって融資額が決まるのはプロミスだけではなく、他社でも同様です。

融資額が足りない場合は、他社からの借入を検討してみてもいいでしょう。

大手2社の個人事業主向けビジネスローンを紹介

プロミス以外にも、個人事業主向けビジネスローンを提供している消費者金融はあります。ここでは、大手2社の個人事業主向けビジネスローンを紹介します。

  • アイフル(AGビジネスサポート)「事業者向けビジネスローン」
  • アコム「ビジネスサポートカードローン」

それぞれどのようなビジネスローンなのか、詳しく見ていきましょう。

①アイフル(AGビジネスサポート)「事業者向けビジネスローン」

アイフル(AGビジネスサポート)は、融資額最大1,000万円、最短即日融資OKの「事業者向けビジネスローン」を提供しています(※1)。

過去の財務内容だけではなく、現状も審査に入ってくるので、赤字決算でも融資してくれる可能性があります。

電話での相談、ホームページでの事前診断が可能ですから、まずは行動を起こしてみましょう。

融資額50万円〜1,000万円
実質年率3.1%〜18.0%
返済期間/返済回数元利均等返済:最長5年(60回以内)元金一括返済:最長1年(12回以内)
資金使途事業資金
担保・保証人原則不要(※2)
必要書類▶個人事業主本人を確認する書類確定申告書当社所定の事業内容確認書
▶法人代表者本人を確認する書類決算書
申し込み方法WEB電話(0120-027-120)
審査時間最短即日(※1)
※1:お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※2:ただし、法人の場合は代表者様に原則、連帯保証をお願いします。

事業者向けビジネスローンの詳細はこちら

②アコム「ビジネスサポートカードローン」

業歴1年以上の個人事業主が申し込めるアコムの「ビジネスサポートカードローン」。最高300万円までの利用限度額内なら、繰り返し借入可能です。

すでにアコムのカードローンを利用している場合でも、ビジネスサポートカードローンに切り替えられます。

返済期間は最長8年7カ月なので、余裕を持った返済計画を立てたい方は、チェックしておきましょう。

融資額1万円~300万円
実質年率12.0%~18.0%
返済期間/返済回数最終借入日から最長8年7カ月・1~89回
資金使途自由
担保・保証人不要
必要書類直近1期分の「確定申告書(第一表)(写し)」(収受日付印が押印されたもの)(※1)
申し込み方法WEB電話(0120-07-1000)
審査時間最短即日(※2)
※1:ただし契約極度額が100万円超の場合、青色申告の場合は直近1期分の「青色申告決算書(写し)」、白色申告の場合は直近1期分の「収支内訳書(写し)」が必要です。
※2:お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

ビジネスサポートカードローンの詳細はこちら

独自審査の2社!大手が難しい人におすすめのビジネスローン

大手からの融資が難しい場合は、独自審査の以下2社がおすすめです。

  • MRF
  • デイリーキャッシング

大手がダメでも、独自審査のローンなら融資してくれる可能性があります。一つずつ見ていきましょう。

①MRF

MRFは、主に西日本を対象としてビジネスローンを提供しています(※)。2023年12月末時点で融資残高は343億円に上っており、実績は申し分ありません。

「貸金業務取扱主任者」等の資格を持ったスタッフが多く在籍しているため、安心して相談可能です。ぜひ、ホームページから資料請求や相談をしてみてください。

借入限度額10万円~3,000万円
実質年利7.00%~15.00%
融資までの期間数日程度
※融資対象は大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、広島県、山口県、香川県、愛媛県、九州各県(沖縄県を除く)に在住または事業拠点を構えている事業者です。

MRFの詳細はこちら

②デイリーキャッシング

24時間申し込めて最短即日融資に対応しているデイリーキャッシング(※)。全国対応なので、どこにお住まいでも利用できます。

返済期間は最長30年のため、大きな額を借りても返済計画を立てやすいでしょう。まずは、ホームページから気軽に相談してみてください。

融資額200万円~5,000万円
実質年率5.2%~14.5%
返済期間最長30年(36~360回)
融資までの時間最短即日(※)
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

デイリーキャッシングの詳細はこちら

個人事業主に限らず審査が通りやすいカードローンはない

個人事業主に限らず、審査が通りやすいカードローンはありません。

どうしても「審査甘い」「審査なし」のようなカードローンを求めてしまいますが、違法の可能性が高いので絶対に利用しないでください。

また、このような甘い言葉をちらつかせるカードローンを利用すると、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

法外な利息を請求されたり、個人情報を悪用されたりするかもしれません。取り返しがつかなくなる可能性があるため、必ず正規のカードローンを借りるようにしてください。

審査が難しいなら「ファクタリング」や「支払い.com」の利用も検討しよう

もし、ビジネスローンの審査に通るのが難しい場合は「ファクタリング」や「支払い.com」もおすすめです。

どちらも、融資ではない方法で資金繰りを改善できる可能性があります。

ファクタリングは、売掛債権を買い取ってもらって資金を調達する方法です。個人事業主向けのファクタリングなら「ラボル」や「ペイトナーファクタリング」がおすすめです。

ファクタリング会社によっては、独立直後でも大丈夫ですし、手数料が一定なので、個人事業主でも使いやすい設計になっています。

また、支払い.comでは、クレジットカードで請求書払いの期限を先延ばしにできます。審査なしで資金繰りを改善できるので、チェックしておきましょう。

まとめ

プロミスで個人事業主が使える借入方法は「フリーキャッシング」と「自営者カードローン(ビジネスローン)」の2つです。

プロミス以外にも、アイフル(AGビジネスサポート)の「事業者向けビジネスローン」やアコムの「ビジネスサポートカードローン」などがあるので、チェックしておきましょう。

大手の審査に通らない場合は、独自審査のローンを検討するのも手です。大手の審査がダメだった場合や不安なときは、試してみてください。

実質年利融資限度額
MRF4.0%〜15.0%〜3億円
デイリーキャッシング5.2%~14.5%200万円~5,000万円

また、そもそも審査を受けるのが難しい場合は、融資を受けずに資金繰りを改善できる「ファクタリング」や「支払い.com」を検討してみましょう。

手数料買取可能額
ラボル10%1万円~
ペイトナーファクタリング10%初回:1万円~25万円(最大100万円)

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ