ファクタリング即日審査なし24時間即時入金はどこ?土日・個人・法人・早いスピード対応など

「早く対応してくれるファクタリングはどこ?」

「即日審査なしで利用できるところはある?」

このように急ぎで現金が必要になり、対応が早いファクタリングを探していませんか。

結論からお伝えすると、ファクタリングには必ず審査があるので、審査なしで利用できるところはありません。

ただ、即日現金化してくれるファクタリングはいくつか存在します。

そこでこの記事では、対応が早いおすすめファクタリング業者6選をご紹介します。

即日入金してもらうポイントもご紹介しますので、急いで現金が必要な方は参考にしてください。

ファクタリング即日審査なし24時間即時入金はどこ?土日・個人・法人・早いスピード対応など

先述した通り、ファクタリングは審査なしで利用することはできません。

もし審査せずに売掛債権を買い取り資金を回収できなければ、ファクタリング業者のリスクが大きくなってしまいます。

もし「審査なしで利用できる」などといった説明をしている場合、手数料を法外な割合で取られるなど、トラブルに巻き込まれる可能性もあるので注意してください。

ただ、即日で現金化できる業者はありますので、急ぎで現金化したい方はそのような業者を利用することをおすすめします。

審査が甘いファクタリング業者はない

ファクタリングの審査は誰でも通るわけではなく、主に売掛先(取引先)・売掛金・利用者の3つの項目から資金が回収できるかどうか判断します。

この審査に通らないと利用することはできないので、誰でも利用できる審査が甘い業者は存在しません。

ただファクタリングの審査は、ローンと違って利用者より売掛先の経営状態が重視されるため、通常のローンと比較すると通りやすい傾向があります。

また、手数料が高く設定されている業者や、複数回同じファクタリング業者を利用すると、未回収リスクが低いと判断され審査に通りやすくなる可能性が高まります。

早いファクタリング業者おすすめ:即日対応

ここからは比較的対応が早い、即日入金OKなおすすめファクタリング業者をご紹介します。

今すぐ現金化したい方は、ぜひ参考にしてください。

  • アクセルファクター
  • QuQuMo
  • ビートレーディング

アクセルファクター

出典:アクセルファクター

「アクセルファクター」は、最短2時間で即日入金が可能な点が魅力の業者です。

買取手数料は2.0%〜とかなりの低コストで利用でき、赤字決算や創業直後でも申し込みOK。

買取可能額は無制限なので、高額な請求書でも問題なく利用できます。

審査通過率は93.3%と高い水準をキープ、他社で審査落ちした方にもおすすめです。

取扱ファクタリング2社間・3社間ファクタリング
利用可能額30万円~無制限
手数料2%~
資金調達スピード最短即日
ご利用対象者法人・個人事業

アクセルファクターの詳細はこちらから

QuQuMo

出典:QuQuMo

「QuQuMo online」は最短2時間で入金可能なファクタリングサービスです。スマホ・PCから申し込めば、来店不要でオンライン完結での利用も可能。

手数料が1%〜と、比較的低コストで利用できるので、お得に利用したい方はQuQuMoをおすすめします。

また利用可能額に上限がなく、数万円から柔軟に利用できるのも嬉しいポイントです。

取扱ファクタリング2社間ファクタリング
利用可能額上限なし
手数料1%~
資金調達スピード最短即日
ご利用対象者法人・個人事業主

QuQuMoの詳細はこちらから

ビートレーディング

出典:ビートレーディング

「ビートレーディング」は、最短2時間での入金が可能なファクタリング業者です。

請求書と通帳のコピーの2点があれば、申し込みから契約までWeb完結で利用できます。

赤字決算や税金滞納の状況でも申し込み可能なので、他社で審査が通らない方や財務状況が不安な方にもおすすめ。

また、納品完了前の資金化にも対応しているのが特徴で、事業が始まる前でも利用できます。

取扱ファクタリング2社間・3社間ファクタリング
利用可能額上限なし
手数料2社間:4%~12%3社間:2%~9%
資金調達スピード最短即日
ご利用対象者法人・個人事業主

ビートレーディングの詳細はこちらから

早いファクタリング業者おすすめ:土日、24時間即時入金もあり

ここからは、土日や24時間即時入金も可能なファクタリング業者をご紹介します。

休日・夜間でも急ぎで現金が必要になった方は、ぜひ参考にしてください。

  • ラボル
  • えんナビ
  • 事業資金エージェント

ラボル

出典:ラボル

「ラボル」は、土日含む24時間365日振込可能なファクタリング業者です。

審査スピードも早く、場合によっては最短60分で振り込んでくれる場合もあります。

一般的に即日振り込みは平日しか対応していない業者が多いので、24時間いつでも即日入金してくれるのは大きなメリットです。

柔軟審査により、赤字決算の場合や独立直後でも利用可能。

手数料は10%固定なので、高額な手数料をとられる心配もありません。

取扱ファクタリング2社間ファクタリング
利用可能額上限なし
手数料一律10%
資金調達スピード最短即日
ご利用対象者個人事業主・フリーランス

ラボルの詳細はこちらから

えんナビ

出典:えんナビ

「えんナビ」は、24時間365日対応可能なファクタリング業者です。

ファクタリングでは珍しく、土日祝日でも最短1日で振り込み対応している点が人気のポイント。

買取金額は50万からで、少ない利用金額でも柔軟に対応してくれます。

また、赤字決算・税金滞納の状況でも申し込めるので、審査が不安な方にもおすすめ。心配な方は「30秒簡単査定」を試してみましょう。

取扱ファクタリング2社間・3社間ファクタリング
利用可能額50万~5,000万円
手数料5%〜
資金調達スピード最短即日
ご利用対象者法人・個人事業主

えんナビの詳細はこちらから

事業資金エージェント

出典:事業資金エージェント

「事業資金エージェント」は平日と土曜の9:00〜19:00に利用可能なファクタリング業者です。

入金スピードがとても早く、公式サイトによると利用者の8割以上が最短2時間で振込まれたという実績もあります。

手数料は1.5%〜となっており、業界最安水準でお得に利用できる点も人気のポイントです。

顧客満足度95%と実績も高く、安心して利用できます。

ただし、日曜・祝日は対応外なので注意しましょう。

取扱ファクタリング2社間・3社間ファクタリング
利用可能額10万~2億円
手数料1.5%〜
資金調達スピード最短即日
ご利用対象者法人・個人事業主

事業資金エージェントの詳細はこちらから

ファクタリングで即日入金してもらうためのポイント

即日対応のファクタリング業者を利用すれば、誰でも必ず即日現金化できるわけではありません。

即日入金してもらうために、以下のようなポイントを意識しておくことが重要です。

  • 必要書類は事前に準備しておく
  • 午前中までに申し込む
  • 2社間ファクタリングを選ぶ
  • 複数社に見積もり依頼する

必要書類は事前に準備しておく

即日入金してもらうためには、早めに審査・契約まで進める必要があります。

書類の準備や提出に時間がかかってしまうと時間が無駄になるので、必要書類はできるだけ事前に準備しておくようにしましょう。

基本的にファクタリングで必要になる書類は、以下のようなものがあります。

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 法人税確定申告書(決算報告書)
  • 売掛企業との契約書・売買契約書

必要書類をホームページに公開している業者も多いので、申し込み前にチェックしておくことをおすすめします。

午前中までに申し込む

午前中までに申し込むのも、即日入金してもらう大きなポイントです。

見積もりや審査時間に加え、万が一書類の不備や再提出が必要になった場合、午後では間に合わない可能性があります。

もちろん審査状況によるので、午前中に申し込んだからといって必ず即日現金化できるわけではありませんが、出来るだけ可能性を上げるために早めに申し込むようにしましょう。

申し込み可能時間は公式サイトに掲載されていることが多いので、事前にチェックするようにしてください。

2社間ファクタリングを選ぶ

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類があります。

即日入金してもらいたい場合は、2社間ファクタリングを利用しましょう。

3社間ファクタリングの場合、売掛先の合意や手続きが必要なので、契約までに時間がかかります。

2社間なら、自社とファクタリング業者だけの契約なので、スピーディに入金してもらえます。

複数社に見積もり依頼する

即日入金が可能な業者はいくつかありますが、業者によって審査スピードは様々です。

同じ売掛け債権でも、業者ごとに審査基準が異なるため、複数社見積もり依頼することをおすすめします。

A社では即日入金できないけど、B社ではしてもらえたということも多くあります。

効率を高めるため、さまざまな業者を比較してより良い条件の業者と取引するようにしましょう。

まとめ

本記事では、即日利用できるファクタリング業者のおすすめを紹介しました。

審査なしで利用できるファクタリング業者は存在しません。

出来るだけ早く現金化したい方は、必要書類を揃え早めに申し込みしましょう。

それぞれの条件やサービス内容をよく比較し、自社にあった業者を選んでください。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ