【目的別】おすすめの法人・ビジネスカード15選!おすすめの選び方も徹底解説

この記事では、さまざまな種類がある法人・ビジネスカードのなかで、編集部のおすすめを目的別に紹介します。法人カードとひとくちに言っても、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。おすすめの15枚から自分に合った1枚を見つけましょう。

この記事の監修者

高橋

クレットカードメディア編集長

今までに作ったクレジットカードは楽天カードやイオンカードなど10枚に渡り、日常生活の支払いは全てクレジットカードという徹底ぶり。多くのクレジットカードを使いこなしたからこそ分かる、お得なクレジットカード情報をお伝えします!

目次

法人カードの発行前に知っておくべき事前知識2つ

h2made_法人カード_おすすめ

法人カード発行前に知っておくべき事前知識が2つあります。

  1. ビジネスカードとコーポレートカードの違い
  2. 法人・ビジネスカードと個人カードの違い

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ビジネスカードとコーポレートカードの違い

分割払いやリボ払いは利用できない場合が多くある

事業者向けのクレジットカードもコーポレートカードとビジネスカードがあります。大企業ならコーポレートカード、中小企業・個人事業主ならビジネスカードを発行しましょう。

大企業の判断基準ですが、追加カードが15~20枚以上必要になるような会社はコーポレートカードを使うのがおすすめです。

編集長

発行できるカードの枚数が多くあるため、従業員一人ひとりにカードを付与できますよ。

法人・ビジネスカードと個人カードの違い

法人・ビジネスカードと個人カードも用途が異なります。主な違いは以下のとおり。

  • 決済に使える口座
  • 申し込み対象
  • 支払い回数 など

法人・ビジネスカードは法人口座を設定できますが申し込み対象が経営者または個人事業主のみです。また、基本的に法人カードは一括払いにしか対応していません。

編集長

法人・ビジネスカードでは個人カードのように分割払いやリボ払いは利用できない場合が多くあるので、注意してください。

ここまで法人カード・ビジネスカードについて知っておきたい事前知識を紹介しました。ここからは編集部がおすすめする法人カード・ビジネスカードを目的別に紹介します。ぜひカード選びの参考にしてください。

総合力の高いおすすめ法人・ビジネスカード3選

ここではどんな人にでもおすすめできる、総合力の高い法人・ビジネスカードを3枚紹介します。

  • JCB法人カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
  • 三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①JCB法人カード

jcb_JCB一般法人カード
JCB法人カード詳細
年会費1,375円
※オンライン入会で
初年度無料
ポイント還元率0.5%
国際ブランドJCB
申し込み対象法人または個人事業主

スクロールできます

JCB法人カードはオンラインなら初年度年会費無料で発行できる法人カード。通常のポイント還元率は0.5%ですが、Amazonの利用でポイントが3倍になります。

2年目以降も年会費1,375円と維持コストがあまりかからないため、起業・開業したての事業者にも向いていますよ。

編集長

JCB法人カードはJCBが誇る定番の法人カードです。

\ 申し込みはこちら /

②アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメックスビジネスカード
アメリカン・エキスプレス
・ビジネス・カード
詳細
年会費13,200円
※初年度無料
ポイント還元率1.0%
国際ブランド
申し込み対象法人格のある法人の代表者、
または個人事業主

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは初年度年会費無料で持てる、ステータス性の高い法人カード。一般カードながら国内外の空港ラウンジも無料で利用できます。

アメックスは一律の限度額がないので、限度額の少なさに不安がある事業者には最適のカード。2年目以降は年会費が13,200円かかりますが、ステータス性を加味すればあまり気にならない金額ですね。

編集長

券面デザインも爽やかなグリーンでカッコいいですね。

\ 申し込みはこちら /

③三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド詳細
年会費5,500円(税込)
※年間100万円のご利用で翌年以降の年会費永年無料
※年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。
ポイント還元率0.5%
国際ブランドVisa・Mastercard
申し込み対象満18歳以上の会社経営者
(中小企業代表者もしくは個人事業主)の方

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドは、年間100万円以上の利用があれば翌年以降の年会費が永年無料になります。ゴールドカードながら年会費無料で持てるため、コスパ抜群ですね。
※年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。

国内外の主要空港ラウンジが使えたり、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯されていたりと、総合力に優れた1枚です。

編集長

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドは分割・リボ払いにも対応していますよ。

\ 申し込みはこちら /

ここまでどんな人にもおすすめできる、総合力の高い法人・ビジネスカードを紹介しました。次は事業者によって異なる法人カードの目的別に、おすすめのカードを紹介します!

目的別のおすすめ法人・ビジネスカード11選

h2made_法人カード_おすすめ

ここでは目的別におすすめの法人・ビジネスカードを紹介します。

  • 年会費無料のおすすめ法人カード
  • ガソリンの消費が多い事業者におすすめの法人カード
  • マイルがよく貯まるおすすめの法人カード
  • 中小企業・個人事業主におすすめの法人カード

それぞれ詳しく見ていきましょう。

年会費無料のおすすめ法人カード2選

年会費無料のおすすめ法人カードは、以下の2枚です。

  1. 三井住友カード ビジネスオーナーズ
  2. ライフカード ビジネスライト

①三井住友カード ビジネスオーナーズ

三井住友ビジネスオーナーズ
三井住友カード
ビジネスオーナーズ
詳細
年会費無料
ポイント還元率0.5%
国際ブランドVisa・Mastercard
申し込み対象満18歳以上の会社経営者
(中小企業代表者もしくは個人事業主)の方

三井住友カード ビジネスオーナーズは年会費永年無料の法人カード。大手カード会社の三井住友カードが発行しているにも関わらず、年会費は永年無料なので非常に人気です。

申し込みの際に登記簿謄本や確定申告書類の提出が不要で、運転免許証と本人確認書類だけで発行できます。

編集長

個人カードと同じように申し込めるのがうれしいですね。

\ 申し込みはこちら /

②ライフカード ビジネスライト

ライフカード ビジネスライトは年会費永年無料ながら、3種類の国際ブランドから選べます。ポイント還元はありませんが、比較的審査に挑戦しやすい1枚。

ライフカードビジネスライトを持っていれば、クラウドで簡単に経理・決算できる会計ソフトの会計freee登録時に2,000円の利用料金割引クーポンが手に入ります。これから会計ソフトの導入を検討している事業者にピッタリですね。

▼会計ソフトfreeeとは

個人向けに確定申告などができたり、法人向けの経理・決算がスムーズに行えるクラウド会計ソフト。ガイド付きだからはじめての経理でも安心して使用可能。クラウドなのでどこからでもアクセス可能で、データが消える心配もなし!20人以下の法人向けプランなら月額1980円から利用可能!

クラウド会計ソフトfreeeについてはこちらをクリック

編集長

とにかく決済機能だけで十分だという事業者は、ライフカード ビジネスライトを申し込んでみてください。

\ 申し込みはこちら /

ガソリンの消費が多い事業者におすすめの法人カード2選

ガソリンの消費が多い事業者におすすめの法人カードは、以下の2枚です。

  1. NTTファイナンスBizカード
  2. シェルビジネスカード

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①NTTファイナンスBizカード

nttbiz_NTTファイナンスBizカード
NTTファイナンスBizカード詳細
年会費無料
ポイント還元率1.0%
国際ブランドVisa
申し込み対象法人代表者・個人事業主

NTTファイナンスBizカードは、全国の出光興産系列のサービスステーションでガソリンの給油などで最大40円/リットル割引が受けられる法人カード。割引額は利用額に応じて変更されます。

通常のポイント還元率も1.0%と高還元なので、普段使いにも相性抜群ですよ。

編集長

NTTファイナンスBizカードはガソリン割引も受けられる、大きなデメリットが見当たらないカードです。

\ 申し込みはこちら /

②シェルビジネスカード

シェルビジネスカード
シェルビジネスカード詳細
年会費1,375円
ポイント還元率0.5%〜
国際ブランドJCB
申し込み対象法人代表者・個人事業主

シェルビジネスカードは利用額に応じてキャッシュバックが受けられる法人カード。キャッシュバックは利用額に応じて年間最大18万円にも及びます。

年会費が1,375円ですが、初年度は年会費が無料なので維持コストもかかりません。

編集長

シェルビジネスカードは1,375円と年会費が安いのに、年間最大18万円のキャッシュバックが受けられるのでガソリン以外の経費が多い事業者にも、おすすめできる法人カードです。

マイルがよく貯まるおすすめの法人カード2選

マイルがよく貯まるおすすめの法人カードは、以下の2枚です。

  1. セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  2. ANA JCB法人カード 一般

①セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード_券面
セゾンプラチナ・ビジネス・
アメリカン・エキスプレス・カード
詳細
年会費22,000円(税込) 
※初年度無料
ポイント還元率1.0%
※交換商品によっては
1Pの価値は5円未満になります。
国際ブランドAmex
申し込み対象法人代表者

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、プラチナカードながら年会費22,000円(税込)と比較的維持コストが安いのが特徴。

貯めたポイントはJALマイルに高還元で交換できるので、マイルを貯めたい事業者にはピッタリです。飛行機やホテル予約を代行してくれるコンシェルジュがつくのもうれしい特典ですね。

編集長

利用額が多いほどポイントが貯まるなんて、超太っ腹な法人カード。まだ法人カードを持っていない事業者は、メリットしかないセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを利用するしかないですね!

\ 申し込みはこちら /

②ANA JCB法人カード 一般

ANA JCB法人カード 一般詳細
年会費2,475円
※初年度無料
ポイント還元率0.5%
国際ブランドJCB
申し込み対象法人・個人事業主

eru

ANA JCB法人カード 一般は初年度無料の法人カード。日常の決済で貯めたポイントは、ANAのマイルに高レートで交換できます。

入会キャンペーンの充実しており、カード入会・継続で毎年1,000マイルがもらえるのも特徴。

編集長

ANA JCB法人カード 一般は、維持コストを極力抑えながらもマイルを貯めたい人にピッタリですよ。

\ 申し込みはこちら /

中小企業・個人事業主におすすめの法人カード5選

中小企業・個人事業主にもおすすめの法人カードは、以下の5枚です。

  1. セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  2. EX Gold for Biz S
  3. アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
  4. 楽天ビジネスカード
  5. ラグジュアリーカード ブラック

①セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレスカード_券面
セゾンコバルト・
ビジネス・アメリカン・
エキスプレス・カード
詳細
年会費無料
ポイント還元率0.5%
※交換商品によっては
1Pの価値は5円未満になります。
国際ブランドAmex
申し込み対象法人または個人事業主

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、個人事業主やフリーランスにおすすめの法人カード。年会費は永年無料ながら、IT事業者向けの特典が多くあります。

たとえば、クラウドワークスやYahoo!広告などの対象のWebサービスの支払いではポイントが4倍です。貯めたポイントは有効期限もありません。

編集長

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは個人事業主やフリーランスの最初の法人カードにピッタリです。

\ 申し込みはこちら /

②EX Gold for Biz S

EX Gold for Biz S
EX Gold for Biz S詳細
年会費2,200円
※初年度無料
ポイント還元率0.5%
国際ブランドVisa・Mastercard
申し込み対象個人事業主

EX Gold for Biz Sはゴールドカードながら初年度年会費無料で持てます。ポイント還元率は0.5%ですが、利用額に応じて1.2%までアップも可能。

空港ラウンジサービスも付帯されているので、利便性は抜群ですよ。

編集長

OricoにはEX Gold for Biz Mという法人向けのカードもあります。法人の人はぜひEX Gold for Biz Mをチェックしてください!

\ 気になった方はこちらをチェック /

③アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメックスビジネスゴールド
アメリカン・エキスプレス
・ビジネス・ゴールド・カード
詳細
年会費36,300円
ポイント還元率1.0%
国際ブランドAmex
申し込み対象法人格のある
法人の代表者・個人事業主

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは券面がチタン素材の高級感のある法人カード。持った瞬間ズッシリと重厚感があるので、ステータス性を重視したい事業者におすすめです。

対象のレストランを2名以上で利用すれば1名分が無料になる「ビジネス・ダイニング・コレクション by グルメクーポン」も魅力であり、会食で定期的に使えそうですね。

編集長

やはりステータス性を求めるなら、世界中で知名度のあるアメックスが一番! ビジネス向けの特典や旅行保険も充実しているので、万能な法人カードです。

\ 申し込みはこちら /

④楽天ビジネスカード

rakuten_楽天ビジネスカード
楽天ビジネスカード詳細
年会費2,200円
ポイント還元率1.0%
国際ブランドVisa・Mastercard
JCB・Amex
申し込み対象楽天プレミアムカードを保有している
満20歳以上の法人代表者、
および個人事業主

楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカード保有者が発行できる法人カード。楽天市場でポイント5倍になったり、プライオリティ・パスが付帯したりします。

プラチナカードレベルの特典が付帯されるのにも関わらず、年会費は2,200円とコスパ抜群ですよ。個人カードで楽天プレミアムカードを利用している人は、必見です。

編集長

法人カードを発行するタイミングで個人カードも新調したい人は、楽天プレミアムカードと同時に、楽天ビジネスカードを作るのがおすすめですよ。

\ 申し込みはこちら /

⑤ラグジュアリーカード ブラック

ラグジュアリーカードブラック
ラグジュアリーカード ブラック詳細
年会費110,000円
ポイント還元率1.25%
国際ブランドMastercard
申し込み対象法人代表者・個人事業主

ラグジュアリーカード ブラックは重厚感のある金属製素材の法人カード。券面の色もブラックなのも相まって、ステータス性はピカイチです。

ポイント還元率も常時1.25%と法人カードのなかでもとくに高還元。事前入金サービスで9,999万円までの高額決済もできるため、納税や広告費の支払いにも最適です。

編集長

年会費は110,000円と高額ですが、高級感のあるカード券面で周りを驚かせたい経営者や個人事業主にはおすすめです。

\ 申し込みはこちら /

ここまで編集部おすすめの法人・ビジネスカードを目的別に紹介してきました。しかし、まだ自分にあった法人カードの選び方がわからない人もいるのではないでしょうか?

そんな人のために、「法人カードのおすすめの選び方」を徹底解説します!参考にしてください。

法人カードのおすすめの選び方3つ

h2made_法人カード_おすすめ

法人カードのおすすめの選び方は以下の3つを参考にしてみてください。

  1. 年会費で選ぶ
  2. 限度額で選ぶ
  3. 付帯特典で選ぶ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①年会費で選ぶ

年会費は毎年かかる維持コストなので、無理しないのが鉄則。キャッシュフローに余裕がない場合は、まず年会費無料カードのなかから選びましょう。

年会費の高額なカードはステータス性の補填にもなるため、キャッシュフローに余裕がある人は以下のようなゴールドやプラチナカードもおすすめです。

  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
  • ラグジュアリーカード ブラック
編集長

特にセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、プラチナカードながら手頃な年会費で持てます。ビジネスパーソンとしてステータス性のあるカードを、気軽に持ちたい方にもおすすめです。

\ 申し込みはこちらから /

②限度額で選ぶ

法人カードを発行する際に限度額は重要なポイントです。税金をクレジットカードで支払う場合や、高額決済にはある程度の限度額が必要。

しかし、一般的に年会費無料カードでは限度額が10〜50万円と足りなくなる場合も少なくありません。限度額が心配な人は、以下の2枚から選んでみてください。

  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
編集長

アメックスカードには一律の限度額がありません。

\ 申し込みはこちら /

③付帯特典で選ぶ

法人カードをただ決済に利用するのもいいですが、カードを最大限お得に利用したいなら、付帯特典の充実度で選ぶのも選択肢の1つです。カードによってはコンシェルジュやプライオリティ・パスなど、魅力的な特典が付帯されています。

この記事で紹介した法人カードのなかで、とくに付帯特典が充実しているのは以下のカードです。

  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
  • 楽天ビジネスカード

\ 申し込みはこちら /

法人・ビジネスカードのメリット・デメリット

h2made_法人カード_おすすめ

ここまで法人カードの選び方や、おすすめの法人カードなどを解説してきました。しかし、そもそも法人カードを作ることで、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。詳しく解説します。

法人・ビジネスカードのメリット

h3made_法人カード_おすすめ

法人カードを持つ主なメリットは、以下の3つ。

  • 経費精算が楽になる
  • 支払いでポイントが貯まる
  • 特典や優待サービスが受けられる

経費精算が楽になるうえに支払いでお得にポイントも貯まるので、現金払いよりも優れています。

編集長

こんなにメリットがあるなら、事業者は法人カードを発行しない理由がありませんね。

法人・ビジネスカードのデメリット

h3made_法人カード_おすすめ

法人カードを利用する主なデメリットは、以下の2つ。

  • 年会費がかかる
  • 分割払いやリボ払いに対応していない場合がある

一部年会費無料のカードもありますが、法人カードは基本的に年会費がかかります。また、個人用カードと違って分割・リボ払いにも非対応の場合が多くあります。

編集長

しかし、法人カードを利用すれば現金払いよりも支払いに余裕が生まれるので、キャッシュフローが安定します。

法人・ビジネスカードに関するQ&A

ここまで法人カードに関するさまざまな情報を紹介してきました。みなさん、法人カードについての疑問はすべて解決しましたか?
最後に、ここまででカバーしきれなかった情報を、Q&A形式で3つ紹介します!

①個人事業主やフリーランスでも法人カードは作れる?

h3made_法人カード_おすすめ

個人事業主やフリーランスでも法人カードは作れます。とくにセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードなら年会費無料なうえに、登記簿謄本や確定申告書類の提出も必要ありません。

個人カードと同じ流れで発行できるので、個人事業主やフリーランスにおすすめですよ。

\ 年会費無料の法人カードはこれ /

②法人カードの審査は厳しい?

h3made_法人カード_おすすめ

法人カードの審査基準はカード会社やランクによって異なります。一概に審査が甘い・厳しいとは言えません。

基本的に20歳以上の法人代表者や個人事業主ならどのカードにでも申し込めます。法人カードは起業・開業1年目でも作れるので、審査に気負う必要はありません。

③法人カードで貯めたポイントは何に使える?

h3made_法人カード_おすすめ

貯めたポイントは、主に以下の使い道があります。

使い道は非常に豊富なのでポイントは無駄になりません。貯めたポイントを活用すれば、経費削減にもなりますよ。

法人・ビジネスカードは事業者にとってお得で便利なクレジットカード

h2made_法人カード_おすすめ

結論、法人・ビジネスカードは事業者にとって必要不可欠です!法人カードがあれば経費精算が楽になったり、キャッシュフローに余裕ができたりします。

編集部がおすすめした選び方を参考に、年会費や限度額・付帯特典などをしっかり見比べて、自分に合った1枚をぜひ申し込んでみてください。

この記事をシェアする

この記事を読んだあなたへのおすすめ