今すぐ300万必要!至急300万貸してくれる人や個人融資は危険!

「至急300万円用意する方法を知りたい!」
「ブラックでも300万借りる方法はある?」

このように、突然300万必要になり、焦っている方も多いのではないでしょうか。300万円は大金ですから、どうやって作ればいいか困ってしまいますよね。

そんなときすぐに借りられる方法や借入先を知っていれば、落ち着いて対応できるでしょう。

そこで本記事では、ブラックのケースや至急借りたい人が300万用意するためのおすすめの方法を解説します。

ブラックでも300万円借りれるのか知りたい方や、至急300万用意する方法を知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

300万円用意する方法!審査なし、ブラックでも借りる方法はある?

結論から言えば、残念ながらブラックの場合は金融機関から借入れはできません。特に300万円という大金は、通常の会社員でも審査に通るのが難しい金額です。信用情報に問題のあるブラックでは審査通過は難しいでしょう。

その理由としては、金融機関では「賃金業法」が適用され、賃金業法では返済能力の調査が義務付けられているためです。賃金業法では消費者を多重債務から守るためのルールが設けられており、返済が困難な状況を作らないことを目的としています。

賃金業法の具体的な内容は、以下の通りです。

  • 個人が借り手の場合には、資料取得等による年収の把握や指定信用情報機関の信用情報の使用による返済能力調査の義務付け
  • 総借入残高が年収の3分の1を超える貸付けなど、返済能力を超えた貸付けを原則禁止

引用:賃金業法改正等の概要|金融庁

借入れをする際には必ず返済能力の審査が行われます。調査の結果、返済能力がないとみなされてしまった場合は金融機関もお金を簡単に貸してくれません。

ブラックリスト入りしている場合は、信用情報機関での調査によって金融機関に知られてしまうため、審査落ちする可能性が高いでしょう。

300万円用意するならこの方法

至急300万円用意したい場合であっても、安全な方法で借りることが大切です。以下の方法であれば、300万円を安全に用意できます。

  • 銀行ローン
  • 消費者金融
  • ビジネスローン
  • 法人ならGMOあおぞらネット銀行のあんしんワイド

それぞれ審査の基準や金利などは異なりますが、国に認められた金融業であるため違法な手数料などを取られる心配もなく安心です。

すぐに貸してくれるからといって、ヤミ金に手を出すのはやめましょう。

ヤミ金は「審査なし」「ブラックOK」など甘い謳い文句で契約を誘いますが、違法な高額金利であることがほとんどです。

借入額がどんどん膨らんでいく仕組みになっているため、絶対に手を出してはいけません。

300万円貸してくれる人、個人融資は危険!銀行カードローンのおすすめ

300万貸してくれる人や個人融資は危険です。

SNSや掲示板での個人融資は、犯罪などに巻き込まれるケースが多く、注意喚起がされているほどです。

300万用意する方法を探している方には、銀行カードローンがおすすめです。

通常の銀行カードローンは、金利が低い分借入れ審査の基準が厳しいことが知られています。

しかし、以下で紹介する銀行カードローンはパートやアルバイトでも利用できるものも含まれており、誰でも気軽に申し込めることが特徴です。

金利の低さと手軽さを両立させたい場合は、ぜひ検討してみてください。

セブン銀行カードローン

画像:セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンは、スマホのアプリから簡単に口座開設ができ、来店不要で契約が可能です。

申し込み受付は24時間対応しており、最短翌日で借入れできます。セブン銀行ATMが利用できるため、全国どこからでも手数料無料で借入れ・返済が可能です。

借入れ可能年齢も満70未満までと幅広い年代で申し込める他、年金受給者であっても収入が安定していれば利用できます。

返済方法を固定引き落としか任意返済で選べるため、計画的な返済計画が立てられるでしょう。ただし初回の借入金額は50万円までとなっています。審査通過後、増額などで300万円の借入相談をしましょう。

借入金利年1.9%~14.5%
利用限度額800万円
審査期間最短当日
申し込み可能年齢満20歳以上満70歳未満の方
利用条件・保証会社の保証を受けられる方
・安定した収入がある方
・セブン銀行の普通預金口座をお持ちの方
※アルバイト・パート、年金収入の方でも申込可能

※口座がない方は、申込から融資までに2週間以上かかる場合があります

※利用限度額によって借入金利が異なります。
※カードローンは計画的にご利用ください。

セブン銀行カードローンはこちら

オリックス銀行

画像:オリックス銀行

オリックスカードローンは複数のコンビニATMと提携しているため、セブン銀行・ローソン銀行・イーネットなどさまざまな場所で利用できます。

どのATMでも手数料が無料なため、まとめて借入れをする必要がなく必要な分だけその都度借りられます。。

また、オリックスカードローンにはガン保証特約プラン「Bright」を附帯させることが可能で、保証を付けた場合でも金利が変わりません。

保険料などの負担もなく、万が一のときには借入残高が0円になる保証が付いているため、病気の備えをしておきたい方にもおすすめです。

借入金利年1.7%〜14.8%
利用限度額800万円
融資までの期間1週間〜
申し込み可能年齢満20歳以上69歳未満の方

※借入金は事業性資金にはご利用いただけません。
※オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方を契約条件とします。
※一部、口座引き落としに利用できない金融機関があります。契約時にご確認ください。

オリックス銀行はこちら

きらぼし銀行

画像:きらぼし銀行

きらぼし銀行は、東京都民銀行、八千代銀行、新銀行東京の3社が合併して新設されました。

WEB完結で申し込め、最短当日での融資にも対応しているため、至急300万必要になった場合でも入金がスムーズです。

保証人や担保も原則不要で、融資された資金は用途を問わず自由に利用できます。

10万円からの融資が可能で、月々2,000円〜の小額返済もできるため、まとまった金額での返済が厳しい方でも利用しやすいでしょう。

借入金利年1.6%〜14.8%
利用限度額10万円〜1,000万円
融資までの期間最短当日
申し込み可能年齢満20歳以上満64歳以下の方

(※1)お取引内容によって、ご来店いただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。
(注)金利は7種類となります。
(注)無理なくご返済いただける範囲で計画的にご利用ください。
(注)表記金利は保証料を含めた金利となります。
(注)ご融資限度額および金利は、審査のうえで決定させていただきます。
(注)適用期間中でも、金利情勢により変更する場合がございますので、あらかじめご了承ください。
(注)実際のご融資利率はお申込み時ではなくお借入れいただく日の利率が適用されますのでご注意ください。
(注)毎月のご返済金額は、前月の約定返済日の最終残高に応じて、異なります。

きらぼし銀行はこちら

至急300万円用意する方法!消費者金融ならこの2社

消費者金融を利用して300万円用意する場合は、こちらの2社がおすすめです。

審査時間実質年利上限金額
プロミス最短3分4.5%~17.8%500万円
SMBCモビット最短30分3.00%~18.00%800万円

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミスでは9:00~21:00までの審査回答可能時間に申し込むことで、最短即日で借入れが可能です。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

スマホのアプリローンにも対応しており、カードレスでも入出金できます。

アプリローンを使用した場合は、返済額に合わせてVポイントが貯められるため買い物などにも利用できる他、楽天ポイントに変換することも可能です。

SMBCモビットはパソコンやスマホでWEB完結での契約も可能で、最短30分で審査が終わります。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

公式スマホアプリを使用することで、セブン銀行やローソン銀行で24時間入出金が可能です。アプリの利用でTポイントが貯まるため、幅広い店舗で貯まったポイントを利用できます。

郵送物もなく(※審査内容によっては郵送物が発生する場合もあります)、家族に内緒で利用できることも嬉しい点です。

ただし、消費者金融を利用する際には総量規制の対象となることに注意しましょう。総量規制とは、借入金の限度額を年収の3分の1までとするルールです。

たとえば、300万円借りる場合には年収が900万円必要になります。

300万円用意する方法!複数の借金に困ったらおまとめローン

おまとめローンは複数の金融機関で借入金がある場合に、一本にまとめられるローンです。

借入金を一本化することで返済額が明瞭になることはもちろん、返済日を減らすことや金利の引き下げにもつながります。

おまとめローンを利用する場合は、以下の2社がおすすめです。

借入上限枠年率特徴
中央リテール500万円年10.95~13.0%金利が低め
首都圏キャッシング800万円年7.3%~15.0%審査が柔軟

中央リテールは金利が低めではあるものの、WEB申し込みの場合でも来店が必要です。

首都圏キャッシングではWEB申し込みの際には来店が不要なため、金利と手軽さを比較して検討するとよいでしょう。

300万円用意する方法!事業者ならビジネスローン

法人または個人事業主で300万円用意する方法を探している方は、ビジネスローンを利用するのも1つの方法です。

ビジネスローンは基本的に無担保での借入れが可能な上、通常のフリーローンでは不可とされている事業資金として利用できます。

大手の銀行を利用した場合、金利が1%台〜と低めに設定されている傾向があるため、事業者の方は大手銀行に相談してみるとよいでしょう。

ニチデン

画像:ニチデン

ニチデンは、関西圏を中心に事業を行っている中小消費者金融です。

ニチデンの事業者ローンでは1億円までの融資が可能なことが特徴で、多額の事業資金が必要なときでも相談できます。

済期間は最長20年と長期返済にも対応できるため、事業に負担のないペースで返済計画を立てられます。

また、事業計画書を元に専門知識を持ったスタッフが親身にプランニングしてくれるため、必要な額を算出できることも魅力です。

実質年率実質年率/4.8%~17.52%
利用限度額1億円迄(要審査)※1億円以上もご相談に応じます。
融資までの期間最短当日
申し込み可能年齢満20歳以上

ニチデンはこちら

法人ならGMOあおぞらネット銀行のあんしんワイド

画像:GMOあおぞらネット銀行

法人で事業用の資金を用意する場合は「GMOあおぞらネット銀行のあんしんワイド」の利用がおすすめです。

あんしんワイドでは最大で1%以下に金利を抑えられるだけでなく、決算書などの提出が必要ないため起業したばかりの会社でも利用できます。

限度額が1,000万と高額なため、まとまった資金の融資を受けることも可能です。

契約期間中は限度額まで何度でも借入できることから、資金繰りにも利用しやすく事業の安定にも役立つでしょう。

実質年率年0.9%〜14.0%
利用限度額1,000万円
融資までの期間最短2営業日

GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイドはこちら

まとめ

300万円用意する方法を探している場合は、自分に合った借入先を探すことが大切です。

個人や法人などでも選択肢が変わってくる他、300万円は返済にも時間がかかる場合があるため、しっかり調べて納得できる金融機関を選びましょう。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

マネ子

ファクタリング・金融系の発信をするWEBライターです。お金にまつわる情報をWEBメディアで執筆しています。

この記事を読んだあなたへのおすすめ