P
R

入院拒否に罰則 対策の優先順位が違う

https://www.tokyo-np.co.jp/article/80909

罰則を設ければ感染拡大を抑えられるのか、疑問は膨らむ。政府は感染症法を改正し、入院勧告に従わない感染者らに罰則を導入する方針だという。強権的な手法は人権侵害の懸念が拭えない。
後手に回る菅政権の対応のまずさをごまかし、新型コロナウイルス感染症拡大による混乱の責任を国民に押し付けるつもりなのか。

感染症法は、感染症が発生した際、国や自治体、医療機関、国民が取るべき対応を定めている。行政に許される規制を定め、人権に配慮しながら感染症を抑え込むための法律である。
新型コロナの感染拡大を受け、政府が今国会への提出を予定する改正案の柱が、罰則の新設だ。
入院勧告を拒否した感染者や、保健所の疫学調査を拒んだ人に対して罰則を設ける。罰金や懲役などの刑事罰を想定している。 〜〜

かつて感染症に直面した社会はハンセン病やエイズの患者、元患者へのいわれなき差別・偏見など著しい人権侵害を生んだ。感染症法が患者らの人権尊重を明記しているのも、その反省からだ。
行政の指示に従わないからといって、刑事罰を科す発想は、人権を軽視し、法の理念に反する。

厚生労働省の審議会では、改正案の罰則創設に異論が相次いだ。厚労省は「おおむね了承された」としているが、議論が不十分だと言わざるを得ない。
無症状で検査を受けない人からの感染は問題となっているが、入院を拒否した人がどれだけ感染を広げているのか、罰則に感染拡大を防ぐ効果がどれほどあるのか、厚労省は詳細なデータを示していない。行政罰の過料にしなかった理由も明らかではない。
仕事や子育て、介護などの事情で、入院や宿泊療養ができない人もいるだろう。誰がどんな場合に罰則の対象となるのか、判断の基準づくりも容易ではない。

罰則を恐れて検査や受診を控えることになれば、逆に感染を広げかねない。入院や保健所への協力がなぜ必要かを十分に理解してもらう努力こそ欠かせない。
新型コロナ特措法も自粛要請に従わない事業者に過料などの罰則を設ける。〜〜
「未知の感染症」への対応は、国民の協力が最大の武器となるはずだ。一足飛びの罰則導入は対策の優先順位を間違えている

  • 投稿者:ムーミンママさん

    投稿日:

  • カテゴリ:今年の出来事  閲覧数:1484
  • 票数:2

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。


PR 本広告はポイント獲得対象外です

みんなのコメント コメント数:5

  • ムーミンママさん 2021/01/23 00:53:08

    一部省略アリ。

    本当に、その通りですよね。なんか、ずれているんですね。考えが。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • タクミさん 2021/01/23 01:53:36

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020120201019&g=pol
    『緊急事態宣言で知事権限強化 野党が特措法改正案、政府慎重』

    立憲民主、共産、国民民主、社民の野党4党は2日、新型コロナウイルスなどの感染拡大時に、都道府県知事が政府に緊急事態宣言の発令や解除、期間延長を要請できるようにする新型コロナ対策の特別措置法改正案を衆院に提出した。知事の権限を強化するのが狙いだが、政府は「現状の感染症対策が最優先」として、改正には慎重だ。

    改正案では、休業や施設の使用制限などの要請に応じた個人や団体への知事による給付金支給を明記。財源は国が全部または一部を負担するとした。
    また、緊急事態宣言発令時に、知事は休業要請などに応じているか、立ち入り検査ができるとも定めた。
    提出後、立憲の今井雅人衆院議員は記者団に「政府は対応が後手に回っている」と批判。「私たちの提案をしっかり受け止めて、国会を延長して成立させてほしい」と訴えた。
    一方、国民は2日、休業や使用制限などの要請に応じない場合は知事が命令に切り替え、その命令にも従わない場合は「6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金」との罰則を定めた独自の改正案も参院に提出した。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ※「懲役罰則」の火元は”国民民主党”だよw

     立憲と国民民主は一緒に成ろうってやってたよねw

     要するにダブスタ野党が、与党の出方を見てどちらでも批判出来るように

     したんでしょw

     ホラフキンも、国民民主(野党)の事は批判せずに、都合の良いように

     利用しているだけでしょw

     ブレないホラフキンの、化けの皮が剥がれていくんでしょうwww

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • takoyakiさん 2021/01/23 06:52:37

    フランスや、ドイツでは、はやくから罰則規定が、厳しいようですね。
    トピ主さん、平素から
    『ヨーロッパがサイコー、日本は、甘い』『熟成したヨーロッパ文化を見習え!』
    が、口癖でしたよね! 知らんけど。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • パパさん 2021/01/23 07:28:46

    東京新聞からの引用ですよね。
    新聞社が社説などで政策批判をする際の「常識」が「こうすべきだ」という対案的なことを示すことだと思いますが、それが一切ないと言うのはメディアとしては無責任でしょう。入院拒否などに罰則を付けないというのであるならば、感染者への対応はどうするのでしょうか。本人にすべて任すということでしょうか。ムーミンママさんも「罰則」がひどいと言う立場で東京新聞を引用したんでしょうから、こうすべきと記すべきです。また、罰則のある台湾で感染を抑え込んだことを枝野立民代表は絶賛していました(NHKクローズアップ現代)が、枝野氏は批判しないのですか?
    東京新聞は取材の自由は憲法の規定を超える権利だと考え、取材で思った回答・資料提出がなかったら暴力も行使します。また、著名な望月記者はツイッターなどで誤った情報を流したら、削除して知らんぷりということが多く、誤った情報に毎日新聞でさえ批判しています。回答・反論無しです。「中立」という立場のようですが、たまには、共産党の不祥事も書き込んでください。昨日、一部のメディアは滋賀県甲賀市が共産党市議による勤務中職員への「しんぶん赤旗」の配達・集金・勧誘の禁止を決定しました。当たり前の決定ですが、これが許されていたことが理解できません。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • いもさん 2021/01/23 15:49:06

    感染者の入院拒否で刑務者が一杯になってしまうとまた新たな問題が起こるので、
    入院拒否する感染者は焼却処分にしても良いと思う。

    棺桶に押し込め釘を打てば出られないからそのまま火葬場直行とすれば効率良し。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
PR

今年の出来事の新着トピック

今年の出来事の新着コメント

やっとだが(3) NEW

さっぱりきっとさん2021/03/03 07:06:17

トピ主は真の困窮者と思えなく、我儘な人間だ。

やっとだが(3) NEW

ふー太郎さん2021/03/03 06:52:43

総理とその周辺の国会議員さんは再度給付する気がないと国会で答弁した。

やっとだが(3) NEW

ニダさん2021/03/01 14:42:45

貰えるカネは貰いたい😊

「アベノアプリ」失敗の陰に不透明な税金の...(7)

タクミさん2021/02/26 21:51:58

>ムーミンママさん 2021/02/25 18:58:44

今年も小説、書いてます♪--2月(6)

ナトさん2021/02/26 00:35:31

>「書いてますー」言うだけなら、

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る