P
R

猫のブー(10歳)

10月10日(木)
夕食を食べていると突然ブーが後ろ足を引きずって走り回った。
びっくりした。慌ててスマホで検索してみると
後ろ脚の大動脈に血栓が詰まっているようだった。
後ろ足の肉球の色を見ると白くなっており、肉球が冷たい。
血液が流れてない。酸素と栄養が行かない。壊死する。
と頭の中で言葉が躍った。

かかりつけの動物病院が休診なので、急いで近所の動物病院に運んだ。
検査の結果、心臓肥大により血栓ができ、後ろ脚の大動脈が分かれる
ところに飛んだようだ。治療方針でこちらは血栓溶解剤による
治療を望んだが、この病院にはその薬剤がないという回答だった。
(この病院で5万円くらいかかった)

翌日、休診明けのかかりつけの動物病院にウロキナーゼによる治療の
希望を電話でした。

午後に病院へ行き、先生の説明でウロキナーゼによる治療は半分くらい
落命し、たとえ死ななくても3か月くらいの命だと言われた。
しかし、この子の生きようとする力に賭けたいと力強く言った。
ICUに入り治療となった。

10月14日(月)
4泊し、これ以上ウロキナーゼによる治療は意味がないと言われたので、
引き取った。(入院治療で8.4万円かかった)

治療中に後ろ脚に傷ができ、特に右脚が化膿していた。

11月2日(土)
ブーは元気に家の中を後ろ足を引きずりながら歩きまわっていた。
それが良くなかったと思う。治療中の右脚から出血した。
彼は血栓ができないようにするためアスピリンを服用していた。そこで
 血栓ができない→出血すると血が止まらない→死ぬ
と連想し、予め病院に電話してなるべく動かさないように運んだ。
病院で止血の注射を打ってもらい、命は助かった。その治療中、
右脚から噴水のように血液が出たので、後ろ足に血液が流れていることを
確認できた。

今は安静にするため、ほとんどケージの中でケージ外のときは人間の管理下
での生活である。
1か月となり、抗生物質と血栓ができにくい薬と心臓の薬で生きている。
そして、ごはんはしっかり食べている。取り敢えず、後ろ脚の傷が
癒えるのを待つだけである。
彼は新たな血栓が飛んだ時、突然死を起こす危険と向き合って生きている。

  • 投稿者:さっぱりきっとさん

    投稿日:

  • カテゴリ:ペット・動物  閲覧数:3376
  • 票数:7

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。


PR 本広告はポイント獲得対象外です

みんなのコメント コメント数:21

  • さっぱりきっとさん 2020/05/13 20:05:28

    5月13日(水)
    ブーを定期通院で動物病院へ連れて行った。体重測定で4.64kgあり、脚と
    膝に負担がかかるので、これ以上体重を増やさないように助言された。
    ブーは食欲が十分すぎるくらいあって、雌の分まで欲しがる貪欲さだ。
    右脚の壊死の部分は素人目にもかなり良くなっているのが窺える。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • さっぱりきっとさん 2020/05/28 06:47:40

    5月28日(木)
    昨日、ブーを動物病院へ連れて行った。
    獣医師は右脚の状態を診て、もう大丈夫ですね。ということで、何の処置も
    しなかった。内服薬は抗生物質を抜くことになった。
    心臓の状態を確認するので、月に1回心臓音を聴かせるように言われた。
    彼は壊死した両脚の部分を自力で回復した。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • さっぱりきっとさん 2020/06/21 08:27:36

    6月21日(日)
    最近、ブーは問題行動を引き起こすようになっている。どうもこちらに不満を
    持っているようだ。
    だから、なるべく、ブーの反応を見ながら心を込めて声掛けし、スキンシップ
    するように心掛けている。
    動物と一緒に暮らしていると学ぶことが多い。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • さっぱりきっとさん 2020/06/26 04:15:16

    6月26日(金)
    一昨日、ブーを動物病院へ連れて行った。
    ブーはお腹が張って元気がなく、また下痢の症状を示している。

    検査で心臓病の影響で腹水と胸水が溜まっていた。腹水を抜いてもらった。700cc
    (700g)の水が出た。その成分は心臓系のものということだ。胸水の方は麻酔を
    かけないとできないということで断念した。

    水を尿として排泄してくれればということで利尿剤(トラセミド)を処方された。

    下痢の方は抗生物質を止めてから現れているので、お腹の悪い細菌が暴れ出して
    いると思われる。再度、抗生物質(アモキクリア)を処方してもらった。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • さっぱりきっとさん 2020/07/04 14:21:42

    7月4日(土)
    1日の水曜日に動物病院へ連れて行った。体重にほとんど増減がないので、
    今のところは水のことを気にする必要はない。気を付けることとして、
    1. 利尿剤で腎臓が悪くなる可能性がある。悪くなると食欲がなくなる。
    2. 胸水が貯まると呼吸し難くなる。
    この2つに注目しておく必要がある。様子見だが、次回は3週間後の予定だ。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • さっぱりきっとさん 2020/07/12 21:49:47

    7月12日(日)
    ブーは発症から9か月を経過し、食欲は十分にあり、とても元気だ。
    彼はどこまで生き続けるかは分からない。一般的に塞栓症を罹患すると
    断脚とか安楽死の選択肢を迫られる。しかし、それ以外の選択をした。
    この選択をしても生き延びる確率はとても低いとされた。しかし、彼は
    ここまで生き続けている。もちろん、飼い主側の病後のケアがとても
    重要だ。

    以前、猫は幼稚園児並みの言語理解力があると書いた。つまり、言語を
    理解する仕組みは猫も人間の赤ん坊と同じで、猫に話しかけることで
    猫も人間の言葉を理解する。ただし、猫は話せない。

    かなり以前の話であるが、東北出身の夫婦がいて、彼らは自身の訛りを
    気にしていた。そこで、生まれた子供に本人たちのような苦しみを味わせ
    たくないと思い、テレビをつけっぱなしにして赤ん坊に話しかけなかった
    そうである。その結果、その子は言葉を話せなかったそうである。

    だから、猫も幼いころから話しかけてやることにより、人間の言葉を
    幼稚園児並みに理解できるようになる。猫の傍でひそひそ話をしていても
    ちゃんと聞いているから気を付けるように!

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • さっぱりきっとさん 2020/07/25 10:44:44

    7月25日(土)
    3日前、ブーは動物病院へ健診に行った。体重が4.16kgで横の筋肉が落ちて
    いた。獣医師と相談の上、彼に総合栄養食の動物性たんぱく質を中心に
    多めに食べさせることにした。その結果、彼はゴミ箱漁りをしなくなった。
    人間も動物も食べることが第一だと思った。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • さっぱりきっとさん 2020/08/10 20:19:47

    8月10日(月)
    ブーは大動脈血栓塞栓症を発症してから今日で10か月になった。食べる
    ようになってから、更に元気になり、テーブルの上に飛び乗ったり、飛び
    降りたりするようになっている。しかし、階段上りはまだ難しいようだ。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • さっぱりきっとさん 2020/08/28 06:07:52

    8月28日(金)
    ブーは昨夜まで元気に動き、ごはんもしっかりと食べていましたが、今朝、
    5時半頃安らかに永眠しました。死に顔はとても穏やかでした。私たちは
    ブーに沢山の思い出を‘ありがとう’と声をかけてあげました。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • さっぱりきっとさん 2021/06/01 11:06:20

    ブーは旅立つまでにお別れのための十分な時間を私たちに
    与えてくれた。しかし、寂しかったので、亡くなった
    当日にペットショップを覗きに行った。2軒目でブーと
    同じ猫種で同じ毛色でオスの猫に出会った。即、購入した。
    ブーが彼に会わせてくれたと思っている。

    だから、ブーと比較しながら、彼を見て育てている。
    彼は体育会系の猫で走り回るのが好きだ。ケージの中で
    よくストレッチをしていた。彼は冬の時期に教えてもいないのに
    毛布で身を包んで寒さを凌ぐことを考え出していた。
    彼はかなり賢い。

    彼に愛情を注ぎながら、遊んだり、人間の言葉を教え、
    こちらが話すことはかなり理解できるようになっている。
    甘噛みをしようとすると、かむのではなく、優しく舐めてと
    言うとそのようにする。彼は我が家にはいなくてはならない
    存在になっている。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント

PR

ペット・動物の新着トピック

ペット・動物の新着コメント

眼のうつろな「たぬき」に「二階から目薬」...(4)

ゆうきちゃんさん2021/07/06 22:26:45

緑のたぬきの大風呂敷は、東京1区、9区のどっちで広げるんだろう?

眼のうつろな「たぬき」に「二階から目薬」...(4)

Pタウン被害者連絡会web支部さん2021/07/06 22:04:57

本当の恐怖はクラスターより【スーパー・スプレッダー】第五波 日本侵略可能性大!

眼のうつろな「たぬき」に「二階から目薬」...(4)

ニダさん2021/07/06 15:30:29

目をつぶって口を開けてるから口に入る

眼のうつろな「たぬき」に「二階から目薬」...(4)

ニックネーム未設定さん2021/07/06 14:08:49

効くと思います

猫のブー(10歳)(21)

さっぱりきっとさん2021/06/01 11:06:20

ブーは旅立つまでにお別れのための十分な時間を私たちに

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る