P
R

猫のブー(10歳)

10月10日(木)
夕食を食べていると突然ブーが後ろ足を引きずって走り回った。
びっくりした。慌ててスマホで検索してみると
後ろ脚の大動脈に血栓が詰まっているようだった。
後ろ足の肉球の色を見ると白くなっており、肉球が冷たい。
血液が流れてない。酸素と栄養が行かない。壊死する。
と頭の中で言葉が躍った。

かかりつけの動物病院が休診なので、急いで近所の動物病院に運んだ。
検査の結果、心臓肥大により血栓ができ、後ろ脚の大動脈が分かれる
ところに飛んだようだ。治療方針でこちらは血栓溶解剤による
治療を望んだが、この病院にはその薬剤がないという回答だった。
(この病院で5万円くらいかかった)

翌日、休診明けのかかりつけの動物病院にウロキナーゼによる治療の
希望を電話でした。

午後に病院へ行き、先生の説明でウロキナーゼによる治療は半分くらい
落命し、たとえ死ななくても3か月くらいの命だと言われた。
しかし、この子の生きようとする力に賭けたいと力強く言った。
ICUに入り治療となった。

10月14日(月)
4泊し、これ以上ウロキナーゼによる治療は意味がないと言われたので、
引き取った。(入院治療で8.4万円かかった)

治療中に後ろ脚に傷ができ、特に右脚が化膿していた。

11月2日(土)
ブーは元気に家の中を後ろ足を引きずりながら歩きまわっていた。
それが良くなかったと思う。治療中の右脚から出血した。
彼は血栓ができないようにするためアスピリンを服用していた。そこで
 血栓ができない→出血すると血が止まらない→死ぬ
と連想し、予め病院に電話してなるべく動かさないように運んだ。
病院で止血の注射を打ってもらい、命は助かった。その治療中、
右脚から噴水のように血液が出たので、後ろ足に血液が流れていることを
確認できた。

今は安静にするため、ほとんどケージの中でケージ外のときは人間の管理下
での生活である。
1か月となり、抗生物質と血栓ができにくい薬と心臓の薬で生きている。
そして、ごはんはしっかり食べている。取り敢えず、後ろ脚の傷が
癒えるのを待つだけである。
彼は新たな血栓が飛んだ時、突然死を起こす危険と向き合って生きている。

  • 関連ワード
  • 投稿者:さっぱりきっとさん

    投稿日:

  • カテゴリ:ペット・動物  閲覧数:1759
  • 票数:6

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。


PR 本広告はポイント獲得対象外です

みんなのコメント コメント数:4

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • さっぱりきっとさん 2019/11/13 22:33:02

    投薬は病院でやっているように乳鉢を使った方法が良い。楽天などの
    ネットで乳鉢と乳棒のセットを入手できる。
    投薬の際、スープなどのごはん関係のモノを使うと条件反射により
     ごはん=薬
    となるようなので、ごはんと関係のない味ということで液糖を使うのが
    良い。液糖は粘度が高いから水で適度に薄めて使う。薬は液糖に懸濁させ
    注射器を使って少ない回数で猫の口の奥へ押し出す。回数が多いと
    泡を吹いて出そうとするので、処方された薬の60%〜80%くらい
    飲んでくれれば良いという気持ちで投薬する。

    退院したての頃、給餌は総合栄養食の鶏の缶詰をすり鉢で擂って
    与えていたが、現在は通常通りに与えている。ドライフードも
    食べている。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • さっぱりきっとさん 2019/11/15 20:31:27

    昨晩、ブーは口呼吸し、心臓がバクバクだった。
      口呼吸→酸素を十分に取り入れられない→肺機能の低下
    と連想した。
    考えてみると、嫌がる薬を無理やり注射器で口の中へ押し込んでいる。
    誤嚥が原因と考えられた。
    誤嚥による肺の炎症。その治療は抗生物質になると考えられ、
    彼は既に抗生物質を飲んでいる。故に、翌日まで様子見にした。

    今日、彼はしっかりとこちらを見、心臓も通常で元気であった。
    注射器は角度を考えて使うことにした。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • さっぱりきっとさん 2019/12/10 12:48:53

    12月10日(火)
    ブーは発症してから今日で2か月になった。

    ブーの病気は心臓の肥大型心筋症によって心臓で血液がドロドロになることで
    血栓ができ、その血栓が後ろ脚の大動脈分岐部に飛んだ大動脈血栓塞栓症で、
    現在、抗生物質(アモキクリア)、心臓の薬(フォルテコールとピモベハートと
    アテノロール)と血栓形成抑制剤(クロピドグレル)を処方されている。
    服薬代は1日分で1,000円かかっている。投薬は手で目隠しして注射器で口へ
    注入する方が良い。ブーの病気にはナトリウムが悪いので、発病してから
    人間の食べものを一切与えてない。市販の猫用の食べ物だけを与えている。
    ブーはだいぶ元気を取り戻しているようで、20〜30センチの高さのところに
    飛び乗る。彼から目が離せない状況になっている。

    自分たちはブーが生きようとする力に力を貸してあげることしかできない。
    そして、ブーはブーしかいないのだから、ずっとこのまま投薬し続けたい。
    家には雌猫がいて彼女の存在がブーに生きる気力を与えているようだ。
    ブーが新年を迎えることができればと思っている。

    (愛猫がこのような病気になったとき、病院の治療だけでなく、その後の
    家庭でのケアが非常に重要だと思うし、他の猫がこのような病気になった
    とき、どのように向き合えば良いかの判断のために書いている。
    症例も十分に多くないのではと思うので、一例として彼が死ぬまで
    書き続けたい。)

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
PR

ペット・動物の新着コメント

猫のブー(10歳)(4)

さっぱりきっとさん2019/12/10 12:48:53

12月10日(火)

猫のブー(10歳)(4)

さっぱりきっとさん2019/11/15 20:31:27

昨晩、ブーは口呼吸し、心臓がバクバクだった。

猫のブー(10歳)(4)

さっぱりきっとさん2019/11/13 22:33:02

投薬は病院でやっているように乳鉢を使った方法が良い。楽天などの

猫のブー(10歳)(4)

さっぱりきっとさん2019/11/12 21:37:02

4泊し、これ以上→3泊し、これ以上

you tube で ペット動画を見て時...(1)

うさぎさん2019/09/03 10:54:52

私も見慣れないうちは犬にパンツはかせてほしいと思ったものの…

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る