P
R

「ジュゴンを殺すな」って、ホラでも良いの?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00446737-okinawat-oki
『「ジュゴンを殺すな」 辺野古ゲート前で市民ら抗議』

名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で18日午前、新基地建設に反対する市民ら約30人が座り込み、「違法工事中止せよ」「ジュゴンを殺すな」「心が折られなければ新基地は止められる」など抗議の声を上げた。警察による強制排除後、工事車両23台がゲート内に入った。海上行動は悪天候のため中止された。

時折雨が振る中、市民らは台風5号の接近に備え、テントの布を外すなどの対策をした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※台風の影響が有る日に、市民が? 自宅の台風対策を放って?
 その市民達?は、こちらの報道は見ないのかな?w
     ↓
     ↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00000007-ryu-oki
『船舶衝突の可能性は「低い」 死骸で発見のジュゴン 国、沖縄県、今帰仁村が死因調査で解剖』

環境省や沖縄県、今帰仁村は17日、同村運天漁港で今年3月に死骸で見つかった国の天然記念物ジュゴンの死因を明らかにするため、本部町の沖縄美ら島財団の施設で解剖を実施した。死因を巡っては、米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地工事との関連を指摘する声がある。県の担当者らは報道陣に対し、死因につながるような傷や骨折などは見つからなかったとし「(工事の作業船などの)船舶と衝突して死んだ可能性は低い」との見方を示した。


※この「ジュゴンの解剖」の時、腹部側に”エイ”の尾の付け根にある針が
 刺さってたという事も発表している。
 先日、ダイビングの学科講習の時に「アカエイ」には毒針があり、死に
 至る事も有ると習った。
 ジュゴンに刺さってた”エイの針”が「アカエイ」かどうかまでは発表を
 していないが、死因の可能性がある様子・・・。

  • 関連ワード
  • 投稿者:TAKUMIさん

    投稿日:

  • カテゴリ:政治・経済  閲覧数:507
  • 票数:3

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。


PR 本広告はポイント獲得対象外です

みんなのコメント コメント数:5

  • TAKUMIさん 2019/07/19 00:03:40

    ※関連として、4月に書いた事も再掲しておく。



    TAKUMIさん 2019/04/15 19:52:48 コメントを削除
    https://pds.exblog.jp/pds/1/201309/22/02/a0292602_8134577.jpg
    『ジュゴンの親子』

    この画像を「捏造」というもう一つの証拠。
    こちらの画像を見てください。
         ↓
    https://www.sankei.com/photo/daily/expand/170319/dly1703190017-p1.html
    『2005年に沖縄本島沿岸で確認されたジュゴン(環境省提供)』

    ※2つの画像を見比べると、全く同じ画像に見えませんか?
     片方は”2013年撮影”と云い、方や「2005年に撮影(提供:環境省)」と
     なっているのです。
     明らかに「2005年撮影の画像」を、2013年撮影と改ざんして沖縄で
     反対派が利用しています。(それも辺野古沖と云って)

     次の機会には自然破壊(ジュゴン)の”沖縄の責任”についてを掲載します。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • TAKUMIさん 2019/07/19 00:04:20

    TAKUMIさん 2019/04/19 05:43:26 コメントを削除

    2015年から2017年に、先島諸島の多良間島や西表島で個体Aや個体Cが確認された。
    また、2018年には波照間島で個体Aと個体Cが確認された。

    これはどういう事だろうか?
    2012年に個体Cが辺野古西岸から居なくなって、そこに”もずく養殖”が始まった。
    辺野古埋立承認を当時の仲井眞県知事が発言したのが2013年12月27日。
    つまり、埋立承認の時点で個体Cはもう居なかった事になる。
    そして、2015年には西表島に個体Cは移動していた事になる。
    これは、ジュゴン(個体C)は”辺野古埋立工事”には関係なく、辺野古西岸で”もずく養殖”の為の準備で人間が出入りを重ねた結果、個体Cは避難をしたという事になる。

    また、個体Aは2015年には辺野古沖・嘉陽海岸沖から目撃されてないという”反対派”の今迄の反対理由はひっくり返された事になる。
    2015年には、個体Aは先島諸島に移動してるという事になる。

    個体Aは「2014年8月24日」に嘉陽沖で目撃・撮影されて以来、確認されていない。
    この撮影の際、撮影隊は海に入りジュゴンに接近した。
    これでビビってジュゴンが嘉陽沖から逃げたという可能性も出て来た。
    未だ嘉陽海岸浅瀬には”アマモ”が十分にあるが、その餌場を個体Aは捨てて逃げた。
    これは、撮影隊が原因で”餌場を捨て逃げた”と考えるのが妥当・・・
    (ジュゴンは容姿の割には泳ぎが得意ではない海獣だそうだ)

    とりあえず云える事は、沖縄県生息のジュゴン(個体Aと個体C)は、沖縄県内の海に生息していたという事。(西表島も波照間島も沖縄県)
    良かったね反対派さん、辺野古埋立が原因で居なくなったんじゃない様だし、”ジュゴンを守れ”と騒いでた事も良い結果だよね?

    それより、絶滅危惧種を保護するという観点からは、反対派も沖縄県も行動を起こしてないよね?
    朱鷺が絶滅した時、回復する為に人工ふ化を繰り返し、現在は数十羽を空に離した。
    自然を回復させようという行動だね。

    ジュゴンを守れと云って、近づいたり、餌場自体を奪ったのは沖縄県や住民だよね?
    責任は回避しちゃうのかな?

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • marumanさん 2019/07/19 09:26:35

    あいつらはコリアン・朝日と同じで自分たちに都合の良い事は誇大に言いふらし、都合の悪いことはしらを切るんだから。
    理屈を言っても無駄だと思うよ。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • TAKUMIさん 2019/07/19 19:33:39

    marumanさん、ありがとうございます。

    ただ、沖縄に居る立場として、現地の運動家にモノを云いたいのではなく、
    本土の人に「沖縄の事実」を知ってもらいたいと思ってる。

    本土の人の「辺野古反対」は、反政府である事。
    これを広めるために「辺野古問題」を利用してるという事。
    ”ジュゴン”を反対理由で運動、それを信じる日本国民。
    現実は、辺野古問題にジュゴンは関係ないという事。

    本土の人が”ジュゴンを・・・”と云われて、辺野古基金に寄付をしている人も居ると思う。
    でも、ジュゴンが関係ないとなったら、辺野古基金は”振り込め詐欺”じゃ無いでしょうか?
    と云う観点から、このトピックは”騙されて寄付”は・・・?
    という事です。


    また、ジュゴンの事のみで云えば、世界保護動物なんでしょ?
    日本単独でも、保護海獣になっています。
    新潟の”トキ”の時みたいに、保護と繁殖(増やす)活動は必要では?
    それをどこがやるのか?
    先頭になって対策を行い、予算請求するのは”県”となります。

    県は、ジュゴンを辺野古反対に使うのではなく、鳥獣保護課にジュゴンの
    部署を設立して、絶滅の阻止をする事です。
    ジュゴンの生息地に”もずく養殖場”を作るなど言語道断です。
    ですので、今回の『ジュゴンを殺すな!』は、県に向かって云う言葉であり、辺野古埋立工事現場で騒ぐ事ではありません。
    ジュゴンに関しては、県に有るという事を本土の人に理解をして戴きたいと
    思います。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • TAKUMIさん 2019/07/29 22:12:50

    沖縄「ジュゴンの死因」が出ましたねw
         ↓
         ↓
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190729-00000015-ryu-oki
    『沖縄・今帰仁村で見つかったジュゴンの死因はエイのとげ 環境省と県、村が調査結果を公表』

    環境省や県、今帰仁村は29日、今年3月に同村の運天漁港で見つかった国の天然記念物ジュゴンの死因について、オグロオトメエイのとげが腹部に刺さったことが原因だとする解剖結果を発表した。環境省によると、エイのとげによって腹腔(ふくくう)内が傷つけられ、腸管の内容物が漏れ出すなど、状態が悪化したことによって死亡した。明らかな骨折や外傷などは見つかっていない。

    ジュゴンの死骸は3月18日、運天漁港沖の防波堤に漂着しているのが発見された。頭部や胸びれに傷や出血があった。沖縄防衛局が沖縄近海で確認していた3頭のうち、同村沖を生息地とした「個体B」とされる。

    防衛局は6月、辺野古の新基地建設工事が環境に及ぼす影響を検討する「環境監視等委員会」で、ジュゴンの死に関し、工事の作業船による影響はないとの分析を報告している。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ※辺野古側にいた「ジュゴンA(父親)と、ジュゴンC(子供)」は、
     波照間島周辺で環境庁の調査で確認されていて、沖縄県や辺野古反対派も
     その調査結果を利用して”反対運動”をしている。
     この事からも、反対派は個体A・Cは死んでいない認識は共有している。
     今回のジュゴンは”個体B(個体Cの母親)”で、生息海域が辺野古の反対側。
     辺野古と直接関係無い事は明らかになった。(工事運搬船等も無関係)
     
     個体A・Cは、辺野古反対派の陰で訴える動物保護団体の云っている
     「辺野古西岸の浅瀬、アマモの生息域にモズク養殖場を作った事が、
     ジュゴンを他の海へ追いやった」とする主張の信憑性が高まった。

     県や”反対派動物保護団体”は、ジュゴンA・Cの環境保全や保護を怠った
     上で”辺野古反対”運動に利用してるという云い分が通りそう・・・。
     
    ※辺野古基金、騙されて無駄にならない事を・・・。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
PR

政治・経済の新着コメント

【韓国】「ノー 安倍糾弾」 釜山の日本領...(5) NEW

絶対匿名さん2019/08/18 10:51:12

国鉄時代、呼子線という計画路線があった。

【韓国】「ノー 安倍糾弾」 釜山の日本領...(5) NEW

marumanさん2019/08/18 09:21:38

顔だけじゃなく、頭の中もアヒル並みの大統領だからね。

【韓国】「ノー 安倍糾弾」 釜山の日本領...(5) NEW

TAKUMIさん2019/08/18 08:11:12

「軍事転用できる商品・薬品等」に”横流し疑惑”が有るから調査を求める。

成田空港は便利である。(3) NEW

TAKUMIさん2019/08/18 07:30:05

なんだ、また生駒が妄想披露か・・・w

【韓国】「ノー 安倍糾弾」 釜山の日本領...(5) NEW

二輪のたかさん2019/08/18 05:38:23

北朝鮮、中国に言いたい。

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る