P
R

「好きでやっている人いない」 カヌーで抗議する理由 埋め立て作業続く辺野古沖

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00000019-ryu-oki

米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は2日、米軍キャンプ・シュワブ沿岸の「K8護岸」の造成を進めた。埋め立て区域(2)と(2)-1には、土砂を投入した。

 「K8護岸」付近の辺野古沖では、カヌー7艇が抗議した。カヌーに乗り抗議した竹野昇さん(71)=静岡県=は「工事で沖縄だけ差別されている。本土の人間として許してはいけない」と政府の強引な工事を批判した。芥川賞作家の目取真俊さん(58)は抗議を続ける理由を「工事を止めないともっと悪くなるから、身を粉にして抗議する。誰も好きでやっている人はいない」と話した。

 キャンプ・シュワブゲート前では午前9時半と午後0時半のトラックによる資材の搬入に合わせて、市民らが座り込み抗議した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※「竹野 昇」って、静岡県袋井市の市議会議員だろ?
 工事で沖縄だけが差別されてるとか云って”差別”を主張しているw

 沖縄では選挙の時は「ウチナーの民意」とか云って、選挙運動ではウチナーに
 だけ演説で訴えているw
 本土からの「転勤組・移住組(家族を含む)」には訴える事は無いw
 10万人前後いる”本土出身者”を無視して、選挙に関わらず”生活部分”で
 「ウチナー」のみに・・・w
 これは『差別』と云えないのか?w
 静岡の市議は”差別”という言葉を都合の良いように使い、現地の「移住者」に
 対する差別は理解をしないで売名行為w

※71歳になってカヌーで抗議って・・・w
 ひっくり返ったら溺れるぞw
 沖縄の民意の「玉城県知事」は”対話(話し合い)”と云ってるぞw
 ”身を粉にしての実力行使”は辞めるべきなんじゃないの?w
 『ジュゴン(自然を守る)』という反対理由も、そろそろホラとバレ始めている
 事だし・・・w
(過去の「とりろん」のトピック内の動画について)
https://www.pointtown.com/ptu/forum/item/5879338?shown=all
『辺野古には絶滅危惧種のジュゴンがいます。』

  • 関連ワード
  • 投稿者:TAKUMIさん

    投稿日:

  • カテゴリ:政治・経済  閲覧数:6180
  • 票数:5

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。


PR 本広告はポイント獲得対象外です

みんなのコメント コメント数:20

  • チロさん 2019/04/15 06:12:35

    (´ー`).。o( ジュゴンもモズクを食べれば良いのにね! フコイダンたっぷりで、体に良い。),

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • TAKUMIさん 2019/04/15 19:03:59

    >> チロさん

    藻類が少なくなった場合は、海草やクラゲなども食べるらしいから、もずくも食べるかもね。
    辺野古西岸の餌場を「もずく養殖場」にされたのだから、食っちゃえば良いのにね。
    でも、その場合、地元漁協の本音が出て「駆除しろ!」ってなってたかもね。,

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • TAKUMIさん 2019/04/15 19:35:18

    さて、ジュゴンの説明サイトを参考に読んで欲しい。
          ↓
    https://pz-garden.stardust31.com/kansi-yokusyu-kuzira-moku/dugong.html
    『動物図鑑ジュゴン』

    ※子育ての部分を抜粋

    ・決まった繁殖期は見られず、雌は2.5〜7年程の間隔で繁殖する。
     繁殖形態は一婦多夫で、雌は妊娠期間13〜15ヶ月程の後、1産1子を出産
     する。

    ・出産は浅場で行われ、母親はすぐに子どもを水面に押し上げ、呼吸をさせる。
     生まれたばかりの子どもの体重は20〜30kg、体長は1〜1.2m程で、14〜
     18ヵ月程の授乳期間がある。

    ・ジュゴンの子どもは、生まれたらすぐに海草を食べることができると言わ
     れているが、長い授乳期間は、成長速度を早めていると考えられている。
     母親は子どもから離れることなく、寄り添うように育児を行い、子ども
     もまた母親から遠く離れることはない。

    ・早ければ雌雄共に6年程で性成熟し、この頃には母親の元から離れていく
     が、雄で6〜12年、雌では6〜17年と性成熟には幅があり、高緯度に分布
     しているものほど遅くなると考えられている。


    ※ジュゴンの母子は、離れて過ごす事は無く、生長期間は6年以上十数年と
     書かれている。
     その上、沖縄は「ジュゴンの生息の最北端」と云われる事から、親離れは
     十数年という事だろう。

     個体Aは雄(父親)、個体Bは雌(母親)、個体Cは子供という調査結果。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • TAKUMIさん 2019/04/15 19:35:49

     そこで、この「ジュゴンの親子画像」を・・・
         ↓
    https://pds.exblog.jp/pds/1/201309/22/02/a0292602_8134577.jpg
    『ジュゴンの親子』

     この親子画像、辺野古の海を泳いでいる所を2013年に撮影という説明が
     されています。
     ”親子”という事は、父親と子供という事になります。
     母親の個体Bは古宇利島(東シナ海側)から辺野古(太平洋側)に移動をする
     事が無いのです。
     では、父親の特徴の「尻尾にV字の切れ目」が有るはずですが、親子画像の
     ジュゴンには「V字の切れ目」が有りません。
     この事から、画像は古宇利島側で撮影された個体B(母親)の親子。
     地元マスコミと反対派の”捏造”という事です。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • TAKUMIさん 2019/04/15 19:52:48

    https://pds.exblog.jp/pds/1/201309/22/02/a0292602_8134577.jpg
    『ジュゴンの親子』

    この画像を「捏造」というもう一つの証拠。
    こちらの画像を見てください。
         ↓
    https://www.sankei.com/photo/daily/expand/170319/dly1703190017-p1.html
    『2005年に沖縄本島沿岸で確認されたジュゴン(環境省提供)』

    ※2つの画像を見比べると、全く同じ画像に見えませんか?
     片方は”2013年撮影”と云い、方や「2005年に撮影(提供:環境省)」と
     なっているのです。
     明らかに「2005年撮影の画像」を、2013年撮影と改ざんして沖縄で
     反対派が利用しています。(それも辺野古沖と云って)

     次の機会には、自然破壊(ジュゴン)の”沖縄の責任”についてを掲載します。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2019/04/15 20:08:39

    >> TAKUMIさん

    >でも、その場合、地元漁協の本音が出て「駆除しろ!」ってなってたかもね。,

    (´ー`).。o( 絶滅危惧種が駆除したくなる程増えたら、ある意味めでたい。今度は、沖縄の特産品になるかも? ),

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • TAKUMIさん 2019/04/19 05:43:26

    24時間以内に”記事URL”を出せると思うが、新たにジュゴンの情報が発表された。

    2015年から2017年に、先島諸島の多良間島や西表島で個体Aや個体Cが確認された。
    また、2018年には波照間島で個体Aと個体Cが確認された。

    これはどういう事だろうか?
    2012年に個体Cが辺野古西岸から居なくなって、そこに”もずく養殖”が始まった。
    辺野古埋立承認を当時の仲井眞県知事が発言したのが2013年12月27日。
    つまり、埋立承認の時点で個体Cはもう居なかった事になる。
    そして、2015年には西表島に個体Cは移動していた事になる。
    これは、ジュゴン(個体C)は”辺野古埋立工事”には関係なく、辺野古西岸で”もずく養殖”の為の準備で人間が出入りを重ねた結果、個体Cは避難をしたという事になる。

    また、個体Aは2015年には辺野古沖・嘉陽海岸沖から目撃されてないという”反対派”の今迄の反対理由はひっくり返された事になる。
    2015年には、個体Aは先島諸島に移動してるという事になる。

    個体Aは「2014年8月24日」に嘉陽沖で目撃・撮影されて以来、確認されていない。
    この撮影の際、撮影隊は海に入りジュゴンに接近した。
    これでビビってジュゴンが嘉陽沖から逃げたという可能性も出て来た。
    未だ嘉陽海岸浅瀬には”アマモ”が十分にあるが、その餌場を個体Aは捨てて逃げた。
    これは、撮影隊が原因で”餌場を捨て逃げた”と考えるのが妥当・・・
    (ジュゴンは容姿の割には泳ぎが得意ではない海獣だそうだ)

    とりあえず云える事は、沖縄県生息のジュゴン(個体Aと個体C)は、沖縄県内の海に生息していたという事。(西表島も波照間島も沖縄県)
    良かったね反対派さん、辺野古埋立が原因で居なくなったんじゃない様だし、”ジュゴンを守れ”と騒いでた事も良い結果だよね?

    それより、絶滅危惧種を保護するという観点からは、反対派も沖縄県も行動を起こしてないよね?
    朱鷺が絶滅した時、回復する為に人工ふ化を繰り返し、現在は数十羽を空に離した。
    自然を回復させようという行動だね。

    ジュゴンを守れと云って、近づいたり、餌場自体を奪ったのは沖縄県や住民だよね?
    責任は回避しちゃうのかな?

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • TAKUMIさん 2019/04/19 23:10:42

    これで「辺野古埋立反対」の理由に”ジュゴン”を使う事は困難になる反対派w

    先日死んだ個体Bの死因調査はなかなか進まないw

    絶滅危惧種の日本の天然記念物ジュゴンが死んだのに、沖縄県も反対派議員も
    全く動いていない様子w
    あれだけ「ジュゴンを守れ〜!」と騒いでいたんだから、死因調査ぐらいしろよw
    「埋立反対」にあれだけ利用していたのに・・・w

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • 絶対匿名さん 2019/04/20 00:56:23

    T@K! この暗号読める?

    ついでに、ええtoko来た!


このコメントに返信する

ニックネーム

コメント

PR

政治・経済の新着コメント

NHK職員はどうせ馬鹿しかいないんだから...(5) NEW

T@K!さん2019/11/21 18:54:00

生駒のタワゴトぴ全米がワロスww

NHK職員はどうせ馬鹿しかいないんだから...(5) NEW

gagaさん2019/11/21 14:47:54

受診料と公共放送についてご理解いただくために

NHK職員はどうせ馬鹿しかいないんだから...(5) NEW

TAKUMIさん2019/11/21 07:21:17

>ヤクザを使って、受信料をぼったくるクソ組織はいらない。

【続】立憲・海江田議員も、見事にブーメラ...(1) NEW

TAKUMIさん2019/11/21 07:12:26

>注目のパーティー収入と、支払いをした人数、ホテル側への支出は別表の通り。

「架空の宴会」、見積依頼は違法?(12) NEW

TAKUMIさん2019/11/21 06:51:36

>こりらっくママさん 2019/11/21 00:02:01

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る