P
R

★【ヘイターまとめ】 (笑)

 ◯纏められない様だから、手本を作った罠ー。

★【ナッスンを探せ】【SP】
https://www.pointtown.com/ptu/sma/mypage/pre_point_history.do#nassun-appear

★【アンニンのエブリディクイズ(ポトラ)】
問題 次のうち、余りが出る割り算はどれ?
 ⇒ 答え:155÷11

★【エルネ 面白検定クイズplus】
問題 ロマンティック・コメディ映画でヒットを飛ばしていたメグ・ライアン
   (「ロマンティック・コメディの女王」)に対して、
   「ロマンティック・コメディ」の帝王」と呼ばれた人物は?
 ⇒ 答え:ヒュー・グラント

★【エルネ アニメクイズ:漫画検定】
問題 2018年03月17日に休刊となった4コマ漫画誌は?
 ⇒ 答え:まんがタイムファミリー

★【各サイトのクロスワード(共通)】
▼ヨコのカギ      ▼タテのカギ
(1)ミエ        (1)ミセ
(3)チズ        (2)エキストラ
(4)セキガエ      (3)チエツク
(6)スリツパ      (5)ガリ
(8)ハト        (7)パンダ
(9)クン        (8)ハタ
(10)タラコ

★【ポトラ 詰将棋】
(持ち駒)
金×1 桂×2
答え:
●4三桂打
○同銀
●2三桂打
○同香
●2二金打

★【懸賞にゃんダフル 詰将棋】
(持ち駒)
銀×2
答え:
●4三銀打
○同銀
●3三銀打
○同銀
●2三馬

★【GetMoney 詰将棋】
(持ち駒)
金×1 銀×1
答え:
●3六銀打
○同香
●3五金打
○1四玉
●1三金

★【gooポイント 詰将棋】
(持ち駒)
金×1
答え:
●3三金打
○同角
●2一銀不成
○3一玉
●2三桂打

★【infoQ 詰将棋】
(持ち駒)
金×1 銀×1
答え:
●3二銀打
○同銀
●3一金打




プロフィール画像
  • 投稿者:foxさん

    投稿日:

  • カテゴリ:お笑い・バラエティ  閲覧数:1960
  • 票数:2

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。


PR 本広告はポイント獲得対象外です

みんなのコメント コメント数:14

  • ラビさん 2018/04/17 14:02:27

     先日、キンチョーでおなじみの大日本除虫菊のゴキブリ用殺虫剤「コックローチ」のなかで、パッケージに「ゴキブリ」のイラストがなくなるバーションを販売したら、えらく好評だというニュースがあった。

     確かに、世の中には、ゴキブリの姿を見るだけで恐怖でパニックになる人も多くいる。そういう方たちからすると、ゴキブリ退治のための商品にゴキブリの絵を付けるなど言語道断だ。実際、ネット上には「ようやく気付いてくれたか」という意見も散見される。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ラビさん 2018/04/17 14:03:10

    このニュースからも分かるように、最近のゴキブリ駆除のトレンドは、いかにして「ゴキブリ感」を消すかがキモとなっている。

     その代表が、業界最大手のアース製薬が2017年2月、「ゴキブリ退治の進化版」として発売してから人気となっている「ゴキプッシュプロ」だ。

     これは同社が実施した「印象調査」で、「ゴキブリは死骸であってもその姿を見たくない」という回答が多いことから発売されたもので、「すき間に潜むゴキブリ・トコジラミ 見ないで退治!」とパッケージにデカデカとうたわれていることからも分かるように、シュッとスプレーするだけで、ゴキブリ本体をまったく目にすることなく駆除できるというものだ。少し前にヒットしたフマキラーの「ゴキブリワンプッシュ」も同じ使い方だが、こちらは薬剤を浴びたゴキブリが興奮して、物陰からあらわれて死ぬという「追い出し効果」がある。それに対して「ゴキプッシュプロ」の場合、姿をあらわす間もなく物陰でそのまま死ぬのだ。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ラビさん 2018/04/17 14:03:44

     「素晴らしい! メーカーさん、そういうのじゃんじゃん開発してよ」というゴキブリ嫌いの方たちからの拍手喝采が聞こえてきそうだが、個人的にはこのトレンドはかなりヤバいと危惧している。

     「ゴキブリの姿を見ずに駆除」と聞くと、AIスピーカーのように「面倒なことは進歩したテクノロジーが代わりにやってくれます」みたいな明るい未来を連想する人も多いだろうが、この件に関してはそうとも言い難い。このコンセプトの製品が主流になると、メーカー、消費者双方にとってもかなりマズい事態を招く恐れがあるからだ。

     理由としては2つある。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ラビさん 2018/04/17 14:04:19

    1つめの理由「効果が分かりづらい」

     1つめの理由として「効果が分かりづらい」ことが挙げられる。

     「ゴキブリを見ないで退治」することは裏を返せば、ゴキブリの死骸が出ないので、本当に退治したかどうか確認のしようがないということだ。製品の品質やメーカーの技術力が疑わしいと言っているのではなく、消費者側に「殺した実感」がないので、効果に対して疑念を抱く恐れがあると申し上げているのだ。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ラビさん 2018/04/17 14:05:21

    例えば、「見ないで殺す」とうたう製品を使用して現実にゴキブリを退治したとしよう。が、使用した者はゴキブリを見るのも嫌な人なので、死骸を確認しないし、するつもりない。そんななかで、もし新たなゴキブリが侵入してきてカサカサしているのを目撃したら——。

     自分の住まいの衛生問題を棚に挙げて、「この製品はインチキだ!」と怒りに震える方もいらっしゃるのではないだろうか。

     そんなの考えすぎだって、と思うかもしれないが、これまで長きにわたって繰り返されてきた「ゴキブリVS. テクノロジー」という戦いの歴史を振り返れば、そのような消費者トラブルも珍しくない。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ラビさん 2018/04/17 14:06:15

    2つめの理由は「ゴキブリの耐性」

     東芝側は「ゴキブリ退治ができて喜んでいる消費者も多い」(読売新聞 1970年9月19日)と反論したが、その必死の訴えも虚しく、こんな結末になってしまった。

     『ゴキブリ、東芝を“返り討ち” 「さっぱり取れない」取り器 公取委、回収を指示へ』(同紙)

     東芝ほどの大企業が満を持して世に放ったわけだから当然、ゴキブリを用いて何度も実証実験を繰り返したはずだ。にもかかわらず、このような事態を招いたのはひとえに、ゴキブリの死骸という「戦果」があまりにも少なかったからだ。つまり、「殺した実感」が乏しかったのだ。

     どんなに最新テクノロジーを駆使して、確かな機能がある製品であっても、ゴキブリの死骸という結果が目に見えないようであれば、ゴキトールと同じ事態を招く恐れがないとは言い切れないのである。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ラビさん 2018/04/17 14:07:28

     経験のある人もいるだろうが、ゴキブリにも個体差があり、殺虫剤をかけてすぐ死ぬものもいれば、しばらくピクピクとマヒするもののすぐに蘇って動き出すものもいる。そのため、一度死にかけて復活すると殺虫剤がきかなくなる、なんて都市伝説もあるほどだ。

     そのあたりの耐性について『日刊SPA!』に質問された、アース製薬の殺虫剤カテゴリーのブランドマネージャー、渡辺優一氏はこう述べている。

     「殺虫剤が中途半端にかかったとき、もともと強かった個体は生き残り、弱い個体は死にます。強いものが生き残って子孫を残すので、必然的に耐性が強いものしかいなくなります。例えば、殺虫剤を頻繁に使う飲食店などで生き残っているゴキブリは、遺伝子としてより耐性が強いものである可能性はありますね」(日刊SPA! 2017年6月5日)

     ならば、「見ないで殺す」というコンセプトはかなりマズい気がしないか。

     すき間にスプレーした薬剤がどんなに効果があっても、すべてのゴキブリを100%即死させられるとは限らない。なかには、瀕死状態に陥るだけの個体もいるだろう。それが目に見えるところにあらわれれば当然、トドメを刺せるわけだが、「見ないで殺す」をうたう製品には「追い出し効果」がないので、生死の境をさまよったゴキブリも物陰に潜んだまま。つまり、耐性の強いゴキブリが復活する時間と、子孫を残すチャンスを与えてしまう恐れがあるのだ。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ラビさん 2018/04/17 14:08:38

    ●「スーパーゴキブリ」が誕生する日

     そんなの考えすぎだと笑う人も多いかもしれない。確かに、各メーカーの製品はそのあたりの問題にもしっかりと向き合っており、例えば、ゴキプッシュプロでは効果が1週間継続するので、仮に生き延びた個体や巣があっても駆除できるという。だが、その一方で、ゴキブリは人類がまだ地球上に登場しない3億年前から今とほとんど変わらない姿でカサカサと動いていた「最強生物」という事実も忘れてはいけない。

     「地球上でいちばん昔から存在し、いちばん成功を収めた生物の部類」(『ゴキブリ大全』 著、デビット・ジョージ・ゴードン/青土社)に対して、「見ないで殺す」というのはあまりにも自分たちの力を過信しているように思えてならないのだ。

     少し前、アース製薬が「殺虫剤」という言葉を今後は使わないと宣言して、「虫ケア用品」という言葉を打ち出した。

     「殺」という響きは人体にも危険……。といった誤解を与えかねないし、実態としては「虫を殺さない商品も多い」ということで、いまの時代にそぐうイメージチェンジだとしたが、ネットではこの名称変更を茶化す人々も少なくなかった。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ma2さん 2018/04/17 18:49:25

    言葉遣いの悪い人ですね。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • foxさん 2018/04/18 00:51:17

    >> ラビさん

    ★己の琴よく解ってるジャン。

    【ラビヘイター】って、ゴキブリの様に嫌らしく増殖してる。
     さすがに、『コックローチ』も効かないし、
      他人の助言も、虫してるので質(タチ)が悪い。 (笑)

    ねこちゃん可哀そうだね。
     居場所曝されてるし、ドンキパクリの仲間と想われてる。

    ねこで釣って寄付要求したり、動画で稼いでるって、
     さる烏賊だね。

    サルは餌を貰えないと判ると、己で行動スルー罠ー。
     脅したり、商品パクったりとね。

    度が過ぎると排除の対象になるけど、
     てっぽうは打てないんだ罠ー。 (笑)
    ,

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント

PR

お笑い・バラエティの新着トピック

お笑い・バラエティの新着コメント

突然の事で「聞いてないよ〜}(6)

ゆうきちゃんさん2022/05/11 23:17:13

あと30年も生きれば、お迎えが来る。

突然の事で「聞いてないよ〜}(6)

一文字さん2022/05/11 16:26:22

ガキ使も終わって、コロナで熱湯風呂も入れなくなったからなあ

突然の事で「聞いてないよ〜}(6)

ニダさん2022/05/11 15:17:46

ヒヨコ ピヨピヨ  

突然の事で「聞いてないよ〜}(6)

ruriさん2022/05/11 15:15:31

生ききることって容易いことではないかもしれません。が、せっかく与えられた命。最近お友達が10年闘病の後、旅立ちました。68歳でした。

突然の事で「聞いてないよ〜}(6)

ぶれんさん2022/05/11 15:12:36

本当に悲しい。何があったのだろう

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る