P
R

中国脅威論

「中国脅威論」はないです。尖閣諸島で中国の公船や軍艦がよく領海侵犯しますが、あれは日本が挑発しているからです。日本が軍事拡大をやめれば、中国は来なくなります。第一、尖閣問題の発端は日本ですから。2012年の国有化に中国は怒ってるんです。悪いのは日本です。

 中国が日本に攻め込む?馬鹿も休み休み言ってください。なんで中国が日本に攻め込むんですか?どういうメリットがあるんですか?帝国主義の時代じゃあるまいし、第一国際社会が許しません。え、クリミアはロシアに併合されたじゃないかって?…それはロシアでしょ。中国じゃありません。とにかく中国は来ません。

 え、南沙諸島のミスチーフ礁はフィリピンから米軍基地が撤退した後に侵略されたって?…それ、本当に因果関係ありますか?南沙諸島っていろんな国が領有権主張してますから。ミスチーフ礁だけが領土問題じゃないですよ?確かに占領はされていますけど、それは中国とフィリピン間の問題ですから。

 え、じゃあ尖閣諸島も占領されるかもしれないって?…まあ、いいじゃないですか。たかが島ですし。あんな小さな島のために戦争するんですか?尖閣諸島くらいあげたらいいじゃないですか。

 え、じゃあ沖縄に来ても何もしないのかって?沖縄に来るわけないでしょ、本気で言ってます?(笑)米軍基地がある限り来ません。でも、沖縄の住民の声も大切です。米軍基地があるから、凄惨な犯罪事件が起こるのです。この前もありましたよね、そういう事件。沖縄にとってベストな選択は、米軍基地を撤退させ、本土から独立することです。そういう声が沖縄で日に日に高まっています。何故だか分かりますか?沖縄には米軍基地が偏在しています。これは明らかに本土による沖縄の差別です。これも日本に原因があるんですよ。…え、地政学的な話じゃないかって?いや、差別ですよ。何言ってるんですか。

 とにかく中国は来ません。「中国脅威論」がないことが、お分かりいただけたでしょうか?



…わかるわけ、ないやろ(笑)

  • 投稿者:癸生川三郎さん

    投稿日:

  • カテゴリ:政治・経済  閲覧数:3553
  • 票数:6

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。

読み込み中...
PR 本広告はポイント獲得対象外です

【お知らせ】コメントへの返信機能がつきました。皆でコメントして盛り上がろう!

みんなのコメント コメント数:33

  • borrachoさん 2016/06/21 10:07:52

    >> 癸生川三郎さん

     癸生川三郎さん、
    いえ、久しぶりにニヤっと頬が緩むオチでした。面白かったです。
    楽しいトピ、ありがとうございました。

     中国は南シナ海に海上浮動式原発を建設予定ですが、これを東芝が入札して落札するとかそういうE難度のオチも歓迎ですけどね(ジョークですよ)

     中国の脅威に対抗するには日米同盟の堅持と強化、牽制として対ロシアへの経済協力の強化(サハリンのシェールガス開発には日本の資本と技術が不可欠です)、対中投資の中止あるいは減額(中国に進出している日本企業が拠点をアジアの他地域に移転するには二つの障壁があります。ひとつは引き上げる際に中国から膨大な違約金を求められること。もう一つはミャンマーにしろラオスにしろ政権安定が盤石でない限り、政情不安による操業停止が常に不安要因になること。前者に関しては高騰する人件費や操業コストを考えれば違約金を払っても中国から引き上げたほうが得になる。事実、移転が加速しています。また新たな対中投資額も併せて減り続けています。中国にとってはこれが一番の痛手です)くらいですかね・・。
     投資が減って企業の引き上げが加速してからは中国の対日強硬姿勢がやや軟化しています。


     それから、中国の脅威というより横暴は革新親中政党はもとより外務省のチャイナスクール[親中派)と自民党の親中派の系譜も抜きには語れないと思います。
    当時の小沢、橋本、加藤、二階パンダ、江の傭兵・・。


     為政者も、各界のリーダーも、市井の人々も一丸となって真に日本の国益と国際社会での地位を希求したのは日露戦争の時が最後だったんじゃなかろうかと。

     

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • とりろんさん 2016/06/21 10:56:13

    アベや手下のネトウヨ議員、嫌中韓の底辺ネトウヨと大差ない話ですね。
    「対話と圧力」の圧力しか考えられないで、対立ばかりをもくろみ、違憲靖国参拝に歴史修正で挑発しては、相手国の反日強硬武闘派と呼応するかのような関係悪化と、軍拡路線へ。
    細いパイプをつなぎとめているような議員に「親中」なんて簡単に決めつけてレッテルを張るような考え方ばかりしているから、外交手段をもってして経済関係も安全保障もろくに駆使できない「外交無能」の安倍政権のようになってしまうのでしょう。

    アーミテージなどは「知日派」であって「親日」なんて言わない。
    日本の政治家でも、ネトウヨが「売国」だのと弱い頭で騒ぐような人はそうそういない。
    安倍TPPのように国益を無視したような外交交渉のほうがよっぽどバイコク的だったりするね。

    「対中投資」の引き上げうんぬん、これもまたあきまへんな。結構な非現実的な話です。
    民間の投資はあくまで経済主体の自由判断のお話。
    超巨大市場でビジネスをしてもうけを出すために個々でしているのであり、
    さらには中国側からの対日投資もあり、互いに欠かせないのが現実。
    「うまみ」が減ったとすれば、各企業で進出や撤退を経済合理性で判断するものです。
    そうしたすでに互いに「切っても切れな」くなっているカネの流れを、安保の懸念のみで「絶交しよう」の「断交ダ!」なんてネトウヨの戯言レベルに陥らないようにしましょう。

    何も考えずに「親中」行為するなと議員外交を叩いたりして対立深め、経済がガタガタになっていても「日本の国益」すら無視してアホみたいに「断交」を叫んだりして、グングン増える社会保障費にあえぐこと必定なのに軍拡競争に走るのは愚の骨頂。

    自国の国益に適う「戦略的互恵」ってのがお足りない脳みその中でも空疎なのがアベ極右の底辺たちの愚かしいところ。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • とりろんさん 2016/06/21 11:19:07

    >為政者も、各界のリーダーも、市井の人々も一丸となって真に日本の国益と国際社会での地位を希求したのは日露戦争の時が最後だったんじゃなかろうかと。

    こういうことを言うのは、非現実的かつ完全に時代錯誤のノスタルジーに浸っているようにしか見えませんね。軍事力・戦争による「国際社会での地位希求」ですか? 富国強兵ねえ。
    戦争に活路を見出そうとするかの考えは、時代錯誤甚だしいですね。 あなたも「大日本人」みたいですね。

    ちなみに中国側にも、現実主義合理主義で穏健な人たちもいるわけですから、そうした人たちの発言力を外から弱めるようなことばかりする安倍自民党たちでは、あちら側の強硬派・覇権主義を唱える人たちが喜ぶばかりですね。

    ま、アベ自民自体が、それを狙っているんでしょうけどね。
    違憲集団的自衛権に軍拡、「非常事態」の人権制限などの壊憲をナチスの手口のより稚拙な手段とともにせんがため、なんでしょうけどね。

    ひとつ大事なことは、日本の「防衛力」(「アベ防衛軍」により「軍事力」の普通のオクニにされそうですが)を裏打ちするのは、何をおいても経済力、および国家財政の余裕にありますからね。
    アホノミクスはそっちのけで、外交手段によって、無駄な社会保障資源をくだらぬ軍拡競争なぞに使わなくて済むよう努力するべきであるのに、それら一切を欠いているのが安倍政権。

    二階俊博らは、ほっそいパイプを繋ぎ止めようとしているだけ、「ケンカ上等」のアホ極右党にあっては、だいぶん「マシ」でしょうね。
    外交とは、ネトウヨの単細胞が喚くような簡単な話ではないですからね。
    アメリカは、たとえ批判を強め、一側面で対立しているように見せても、きっちり自国の利益となるよう握手したり握手を拒否したり硬軟使い分けているからね。
    それに引き換え、頭カラッポの安倍政権と一部の外務官僚たちは、オノレの無能さを棚に上げ、「集団的自衛権」なぞを悲願にするとは、本当に売国的な奴らですね。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • とりろんさん 2016/06/21 11:32:48

    ザイトク玉三郎さん
    >尖閣諸島で中国の公船や軍艦がよく領海侵犯しますが
    「領海」侵犯は「よく」していませんよ。中国公船が通っていたのは「接続水域」という場所で、「公船」ばかりでしたので、よくお勉強しなさいね。

    「領海」に「軍艦」は、今回エスカレートした行為ですね。
    それにしても、外交無能のアベがすがるロシアの軍艦については?
    仲良しオトモダチのはずなのに、どうしていやがらせされるんでしょうね?
    やはり安倍は、無能外交オンチですね。英語力も情けないし。

    挑発しあう行為は互いに控え、一刻も早く偶発的な事態を避けるようにしましょう。
    関係改善の機運を盛り上げ、以前のような「棚上げ」で、日本が実効支配している現状を守ることです。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさんさん 2016/06/21 14:31:29

    >「領海」に「軍艦」は、今回エスカレートした行為ですね。
    >それにしても、外交無能のアベがすがるロシアの軍艦については?

    (´ー`).。o( 領有権を主張している国とそうでない国で、対応を変えるのは当然。 とり●ん家では、包丁を持って侵入してきた片言の日本語を喋る怪しい男と緊急避難の為に逃げ込んできた綺麗な娘さんとで、対応を変えないのかな? )

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • とりろんさん 2016/06/22 00:44:08

    >> techanさん

    国民じゃあねえよ、バカウヨ

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • techanさん 2016/06/22 01:02:07

    >国民じゃあねえよ、バカウヨ

    国民の意見なぞどうでもいいという事か。
    それでよく言論弾圧反対とか言えたものだな。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • とりろんさん 2016/06/22 01:36:16

    >> techanさん

    イカレてるな。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • borrachoさん 2016/06/22 09:27:23

    >> とりろんさん

     とりろんさん、こんにちは。

    >4〜6円の根拠はよくわからないですが、

    先週、EU残留派の議員が殺害されて以降、英国世論が残留支持に傾き円買いが加速しました。その数日分の上昇が4円〜だったと記憶していたためです。数字にいい加減な僕なので間違っていたら笑って許して<(_ _)>

    >良好な関係性を築いていきながらも、自国の主張は曲げずも「棚上げ」継続に落ち着くことが、実効支配続ける最良の道ですね。

    まったく同じ考えです。ただ、表面上の対立とは異なり、裏では経済界を中心に良好な関係性を続けている日中間であっても、短期的には経済的衝突が度々生じています。
    人工島建設(海底メタンハイドレ権益含む)やレアメタル輸出規制、現地企業の邦人社員の身柄拘束、新幹線技術のパクリとインドネシアへのダンピング的売り込み、受注、知的財産権無視etc・・。それこそお灸をすえる必要があります。もちろん政府主導で企業引き揚げなどは論外ですが、企業が最も経済的に利潤を追求しようとすれば自ずと対中投資はバブル崩壊懸念も織り込みで減り続けることは想像に難くありません。それが期せずして傲慢へのお灸となれば「良好な関係性」への布石となりませんか?

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント

PR

政治・経済の新着コメント

愈々日本の暗黒時代・・・(19) NEW

さっぱりきっとさん2018/09/20 02:26:38

「さっぱりきっと」さんも私も、昔は吸っていて今は辞めた人。

愈々日本の暗黒時代・・・(19) NEW

さっぱりきっとさん2018/09/20 02:01:53

投資の話だけど、株は底値で買うこともできないし、

愈々日本の暗黒時代・・・(19) NEW

転勤族さん2018/09/20 01:55:26

>鮭でガンになってる人もいる

愈々日本の暗黒時代・・・(19) NEW

転勤族さん2018/09/20 01:54:09

そこまで云ったら飲酒も同じ。。。。

愈々日本の暗黒時代・・・(19) NEW

さっぱりきっとさん2018/09/20 01:37:07

今日は眠れないので、もっと書くと

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る