10/23 英で習氏酷評「モラルどこに…」

英で習氏酷評「モラルどこに…」

>> 記事の本文を読む(別ウィンドウが開きます)
http://news.infoseek.co.jp/topics/23fujizak20151023004

プロフィール画像
  • カテゴリ:総合  閲覧数:9052
  • 票数:13

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。


PR 本広告はポイント獲得対象外です

みんなのコメント コメント数:15

  • トモマヤさん 2015/10/24 05:25:53

    英国どういう国?

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • あたぼうさん 2015/10/24 06:27:52

    イギリスも落ちぶれたのかな?情報部!頑張って!!!

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • まるさんさん 2015/10/24 07:10:18

    鐘でしか動けないんだから仕方ない、今頃アメリカで注文した旅客期30代を後悔しいるだろうな

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • 正論さん 2015/10/24 07:10:29

    後ろ盾も実績も無い砂上の通貨、人民元!中華思想の中国から投資を受け入れて工事に関わる労働者も受け入れてイギリスの中国化、自治区化を進めるのか・・・落ちたものだ!イギリス政府!

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • LOTさん 2015/10/24 07:15:42

    うらやましい。
    この女性記者みたいな人が日本のマスコミにもいれば・・・・・・
    いや、一人や二人いても潰されるだけですけどね。朝日・毎日・中日あたりだったら、普通に翌日クビになるでしょうし。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ken216216さん 2015/10/24 09:22:43

    厚顔無恥なチャンコロをよく知らないと!だからこんな質問をしてしまう。ある意味での瀬戸際外交を支那は取っていますから。でも、キャメロンもなりふり構わずだね。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • pieさん 2015/10/24 09:46:41

    なるほど

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ET2005さん 2015/10/24 10:22:51

    キャメロン恐るべし。経済建て直しの為なら、悪魔にでも魂を売る。悪魔とは習近平のことではなく、エリザベス女王お出迎えや中国の原子力発電所のことだ。
    近年の台風の風向きは台湾を突っ切って中国直関のケースが目立ってきた。近いうち、中国原発の台風や原発直下での地震によって、中国原発の品質管理の程が世界中に明らかになる。(時、既に遅しとならないことを祈る)
    習氏のエリザベス女王お出迎えはやりすぎに違いない。たぶん、小沢一郎がコーディネートした『習氏の天皇陛下との接見』を指して、日本もやったではないかと言う人がいるかも知れない。確かに、民主党の一時期、まったく無定見な振る舞いがあったが、魂までは触れさせていない。
    キャメロン氏はもはや首相でも議員でもなくなるに違いない。英国の歴史に(消すに消せない)最大の汚点を残した首相として、歴史の名を残すことになる。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント

PR

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る