P
R

10/23 脳の働きが一番活性化する年齢

脳の働きが一番活性化する年齢

>> 記事の本文を読む(別ウィンドウが開きます)
http://news.infoseek.co.jp/topics/gendainet_283441

プロフィール画像
  • 投稿者:ポイントタウン事務局さん

    投稿日:

  • カテゴリ:総合  閲覧数:9367
  • 票数:11

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。


PR 本広告はポイント獲得対象外です

みんなのコメント コメント数:17

  • parmさん 2015/10/23 06:40:02

    器を作り上げる過程が抜けたり(入力されてないとか)それが完成されていても最大限に出力使用できるコンディショニングができなきゃ意味ないでしょ。てか現代社会で1〜3忠実に実践できる者なんて余裕のあるセレブか世捨て人くらいのもんだろ隠遁していりゃ脳活用も世間に還元はできんが。
    それより脳科学はこの後発脳形成論(いや恒常出力スタンバイ状態か?)を裏付けるデータとか示してんのか?シナプス・ニューロンって低年齢時に形成されるんじゃなかったけ。ハタチ過ぎりゃ毎日なん万という細胞が消滅してんでしょ。まあ生涯教育ってこととかで言えばどんどん刺激して軸索最大限に利用し豊富な経験値等との相乗効果で何歳になっても器質的に問題なけりゃ永遠にってのがこの脳という臓器だろうから諦めることはないか。
    再生は不可でも膨大な細胞、神経の組み合わせを利用しろってことか。そのためのコンディショニングのススメ記事かこれ?変質してしまうような環境で生活するのが宿命だからやっぱり落ちていってしまうんだろうな…

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • parmさん 2015/10/23 06:44:28

    最近の研究じゃ歳くってからも新たな脳細胞獲得とか再生とか確認されてんの?定説なんて時間とともに覆るもんなのか…遺伝子レベルで弄りゃどんなもんができることやら…

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • parmさん 2015/10/23 06:47:25

    2のパニックは容易に設定できそうだな。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • めとちゃんさん 2015/10/23 06:48:15

    ふーん

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ポイントたう〜んさん 2015/10/23 06:55:22

    わかる気がする

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • parmさん 2015/10/23 06:59:28

    生涯学習が持て囃されるわけだ。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • タートルさん 2015/10/23 07:04:43

    定年まじか迄生きていられるのかな?

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • いぬきちさん 2015/10/23 07:40:26

    がんばる

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • たつたつさん 2015/10/23 08:21:18

    そうなんや

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ken216216さん 2015/10/23 09:07:03

    まゆつば物ですね。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント

PR

総合の新着トピック

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る