P
R

02/09 ピケティを利用する残念な人々

ピケティを利用する残念な人々

>> 記事の本文を読む(別ウィンドウが開きます)
http://news.infoseek.co.jp/topics/business_n_abeministry

プロフィール画像
  • 投稿者:ポイントタウン事務局さん

    投稿日:

  • カテゴリ:経済・ビジネス  閲覧数:1717
  • 票数:1

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。


PR 本広告はポイント獲得対象外です

みんなのコメント コメント数:3

  • ベイキチさん 2015/02/09 13:37:46

    なるほどね

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • なんてねさん 2015/02/09 14:49:54

    理論的には富の創出の手助けをすることによって格差縮小に貢献するはずという能書きがあるにもかかわらず、
    「現実におきていることは、金持ちによる搾取の方がはるかに多い。」
    という「なんだ、本気で調べてみたら口先ばっかで、全部だましじゃねーかよ。」
    というのが証明されたというのがピケティの研究の神髄。
    「これからは本気で行動を精査しないとだまされる。だから注意しろ。」というのが教訓。
    で、じゃ、どこをどう注意すればいいの?というのが、悩ましいところで、
    ピケティのいう方法は一つの解であることは確かだけれど、
    やってみたところで(ぬけがけするやつらがひとりでもいれば損するばかり)
    うまくいかないのも、また確か。
    もっと実効のある方法が必要なんだけれども、
    それがまだ見つかっていない以上、
    政府みたいなところは「現状維持」しか方法がないのも仕方ない。
    それでも、現状の行き着く先は行き詰まりなのも知れ渡ってしまったのだから、
    国として新しい道を探す努力くらいはしてほしい。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • 原幌比令春さん 2015/02/09 16:31:27

    ピケティの200年のデータをそのまま日本に当てはめるのはどうなの?
    日本の格差はアメリカのように上位1%と残り99%ではないし、その1%の年収が日本の5倍くらいあるよね?

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
PR

経済・ビジネスの新着トピック

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る