P
R

02/01 「政府は助ける気があったのか」

「政府は助ける気があったのか」

>> 記事の本文を読む(別ウィンドウが開きます)
http://news.infoseek.co.jp/topics/society_n_journalist3

プロフィール画像
  • カテゴリ:総合  閲覧数:9988
  • 票数:13

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。


PR 本広告はポイント獲得対象外です

みんなのコメント コメント数:18

  • takamiさん 2015/02/01 22:27:27

    はあ

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • netaさん 2015/02/01 22:35:13

    親しい人が殺されて悲しく悔しい気持ちは分かる。が、この豊田直巳と言う人間はジャーナリストとして失格。悪いのは政府か?ジャーナリストとして批判すべき相手が違う。感情に流された発言しかできない記者などジャーナリストを名乗る資格はない。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • parmさん 2015/02/01 23:25:36

    助ける気がなかったわけないでしょう。
    救出活動逐一マスゴミに報告しながらなんてするわけないでしょうに…
    現地でどれほど困難な救出活動していたかくらいわかりそうなものだが…

    日本も既に10数年前からこのようなテロ集団による人質殺害、テロリズムに巻き込まれている。あまりにもセンセーショナルな映像がいとも簡単に目に飛込んでくるようになって初めてそのテロ行為の恐ろしさ理不尽さを理解したんだろうか。

    テロの恐ろしさから感情が混乱しているのかはわからないが非難する相手が本来向くはずのところに向かっていないような気がする…まさに思う壺。

    要求受け入れの先例がいかにテロリストらに事を行わせる動機付けとなったか。要求のむリスク毅然と事にあたるリスクどちらをとるか…

    到底受け入れられないテロ側の都合勝手をのめばその後どうなるか…

    いずれにせよ世界の狂気は日本をも巻き込んでいるそれは否定しようのない事実。日本政府には今まで以上に危機感を持って情報収集、安全対策を講じて欲しい。

    野党による今回の件での現政権の不手際指摘も必要だろうが闇雲な批判することだけに注力するとかは是非しないでもらいたい。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ロドムさん 2015/02/02 00:49:16

    ジャーナリストは自分たちが特別な存在だと勘違いしていないか?

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • 米押し達磨さん 2015/02/02 02:11:41

    見出しとリンク先の記事の整合性がないんだが…。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • らいじんさん 2015/02/02 02:50:50

    金払ったり死刑囚を釈放する必要はないよ。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • るーともさん 2015/02/02 03:02:12

    このスレのコメ主はバカばっか?
    お隣さんの不手際と分けが違うんだよな。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ミーさん 2015/02/02 07:46:20

    なんとも痛ましい

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント

PR

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る