P
R

再生エネ見直し 「原発回帰」は許されない

原発のない沖縄、琉球新報の社説

 政府は太陽光の発電抑制を柱とする再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の抜本見直し策を決めた。
 東京電力福島第1原発事故から3年9カ月。再生エネは脱原発の切り札として期待された。わずか2年で政策転換する理由は何か。再生エネを普及させる道はいくらでもあるはずだ。
 衆院選で原発・エネルギー政策は踏み込んだ議論にならなかった。自公で3分の2以上の議席を獲得した途端、安倍晋三首相は原発再稼働を急ぎ「この道しかない」とばかりに原発回帰を鮮明にしている。脱原発を求める多くの国民の声に耳を傾けない姿勢は数のおごりだ。時計の針を逆戻りさせてはならない。
 太陽光発電は出力が大きく変動する。電力会社は電気の周波数や電圧が乱れて電気の品質が悪くならないように、接続可能量に上限を設定している。
 だが別の道はある。ドイツは総電力の25%を再生エネが占める。太陽光と風力が中心だ。例えば再生エネの出力変動を調整する際、石炭火力より出力を柔軟に変えられるガス火力を使っている。先進事例を学べばいい。
 他にも道はある。揚水発電だ。電力に余裕があるときにポンプを使って標高の高い場所に水をくみ上げ、電力が不足した時、ためた水を標高の低い場所に流して水車を回して発電する。国内に40カ所以上あり、総出力は2600万キロワットと世界最大規模だ。しかし昨年は3%しか利用されていない。この「巨大蓄電池」を活用すればよい。
 蓄電池をうまく使う道もある。電力系統への接続を昼夜に分け、昼間発電した一部を蓄電し、ためた分を夜間売電する方法だ。
 太陽光に後ろ向きなら、さらに別の道がある。デンマークは2010年までの30年間に再生エネの割合を3%から20・2%までに伸ばした。再生エネの7割がバイオマス、2割が風力だ。太陽光は0・5%にすぎない。バイオマスや風力などの比率を高めることは十分可能だろう。
 このように道はいろいろある。当初の制度設計に不備があれば、持続可能なように前向きに見直せばいい。今回の制度見直しで電力会社が再生エネ事業者に発電量の抑制をしやすくした。これでは再生エネの導入機運は後退する。原発再稼働を望む電力会社の思惑に従えば国益を損ねてしまう。

  • 関連ワード
  • 投稿者:とりろんさん

    投稿日:

  • カテゴリ:身近なニュース  閲覧数:3377
  • 票数:6

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。


PR 本広告はポイント獲得対象外です

みんなのコメント コメント数:4

  • とりろんさん 2014/12/25 00:05:24

    またまたまたまたまた消されました。
    http://megalodon.jp/2014-1224-0322-29/www.pointtown.com/ptu/poitto/topic/5852799/view.do
    http://megalodon.jp/2014-1224-2004-05/www.pointtown.com/ptu/poitto/topic/5853066/view.do

    少し前に立てたもので紹介したように、原発はとても割高である。
    http://www.47news.jp/47topics/e/257032.php

    「原発再稼働を望む電力会社の思惑に従えば国益を損ねてしまう」のである。

    故意に「やらない」で「受け入れられません」。
    ダントツで再エネ後進国は、今も変わらずで、流れを止めようと躍起。

    安倍政権原発ムラ、田中俊一らは、「国益を損ねる」悪童である。いやまさに「国賊」であろう。

     彼らが一番「現実的」「合理的」に考えていない。


    2006年安倍は国会で「全電源喪失は起こりえない」と答弁。そして今、コアキャッチャーも2重の格納容器もない「安全基準」を「世界一」だと嘘をつく。

    揚水発電所は、原発とセットで造られたムダです。
    だからその数は原発と近いし、原発ゼロの中3%しか使われない。
    「安い原発」のコストにも入れられない。

    これをムダにして、再エネを阻むような「道はない」

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2014/12/25 12:34:29

    (´ー`).。o( そんなに揚水発電所が欲しいなら、間も無く電力の自由化が始まるのだから、太陽光発電主体の電力会社が自前で建設するか、既存の電力会社から買い取れば良いんじゃない?ひょっとすれば、バーゲン価格、1箇所5000億円ぐらいで売ってくれるかもよ! もっとも、水を汲み上げるのも、その水で発電するのも、効率100%とは行かないので、原価の高い太陽光発電の電気を相当無駄にし、安定電源の原価を押し上げることは必死。仮に揚水発電の効率を70%とし、不安定な太陽光の電気を1kWh30円とすれば、揚水発電との組み合わせで安定化した電気は、全て揚水発電揚を通したとして43円ほど。50%だけ揚水発電を通したとしても36円程になる。それに会社の利益や社員への給料、後、株主への高配当も忘れんでくれよ! 一体、消費者へ提供する電気の料金はいくらに成るんだろうね? 私なら既存の電力会社から電気を買うよ! ソフ●バンク電力なんか20年シバリなんかも有るかも知れんしな・・・)

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • とりろんさん 2014/12/26 18:08:05

    またまたまたまた「太陽光のみ」で矮小化きわめてしゃべくってるぶっ壊れウヨがいるな。

    困ったネエ、数千億もする揚水バシバシ造って、原発止まると使い道ねえってえのに、「安いゲンパツ」コストに全然入れてきてないってんだから、こういうのを詐欺といふ


    原発の電気「価格保証」に経産省意欲、利用者転嫁強い批判も(ロイター)
    http://sp.m.reuters.co.jp/news/newsBodyPI.php?url=http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0GL1G120140821

    コレ、マジにやり始めるって意欲マンマンの計算症国賊役人と誤用学者「選挙直後に」

      なんだよ、やっぱりたけえってわかってやってるやんけ

     問答無用で安くてあんぜーんだったのに、どうしちゃったのか
     コスト再計算するらしいが、ムラ経産の木っ端役人どもが、今度はどういう数字をはじき出しやがるのか、見ものである。視線の先は天下り先確保か

    政府はまず「原発は高コスト」と認めよ(東洋経済)http://sp.m.reuters.co.jp/news/newsBodyPI.php?url=http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0GL1G120140821

    原発電気やっぱり高い!電力自由化で売れなくなったら「消費者が差額負担」
    http://www.j-cast.com/tv/2014/09/11215605.html

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2014/12/26 18:18:47

    (´ー`).。o( 四の五の言わずに、再生エネルギー主体の新電力会社は、既存の電力会社ではなく、直接、一般消費者に売れば良いんじゃない! 固定価格買取制度は、もう要らんだろ?発電コスト、安いのだから。 何の文句が有るのかよう分からん。)

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
PR

身近なニュースの新着コメント

平日の昼間から、変なトピが湧いているな(4) NEW

TAKUMIさん2020/01/23 07:39:19

>23時以降に、ネットを閲覧すると、24時間前に閲覧したトピが数ページ

平日の昼間から、変なトピが湧いているな(4) NEW

二輪のたかさん2020/01/23 05:48:25

あなた、お馬鹿さんですか。

平日の昼間から、変なトピが湧いているな(4) NEW

T@K!さん2020/01/23 03:11:03

コウマンちゃんおはにょう〜

ホラフキンのおフランス旅行の真実(23) NEW

TAKUMIさん2020/01/23 02:29:16

>こりらっくママさん 2020/01/23 00:22:17

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る