P
R

10/05 「中国の病弊」1位に信頼感の欠如

「中国の病弊」1位に信頼感の欠如

>> 記事の本文を読む(別ウィンドウが開きます)
http://news.infoseek.co.jp/topics/world_n_china4

プロフィール画像
  • カテゴリ:総合  閲覧数:4194
  • 票数:12

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。


PR 本広告はポイント獲得対象外です

みんなのコメント コメント数:7

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • chamaさん 2014/10/05 17:27:29

    中国の国民性や国柄がよく表れていますね。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • ken216216さん 2014/10/05 17:52:31

    今更という感があります。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • にかさん 2014/10/05 17:53:55

    これが中国四千年の歴史

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • 京山人さん 2014/10/05 18:21:56

    中国の機関紙が、自分自身の国を客観的に見直す分、まだ中国にも救いがあるかも。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • オトさん 2014/10/05 18:48:25

    sasugachuugoku

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • なんてねさん 2014/10/05 20:23:10

    中華人民共和国(中国共産党)は、中華人民の人格的欠点を自覚したから
    自由主義ではなくて、共産主義を選択したのに、
    金銭欲に目がくらんで、不用意に部分的自由主義を採用したもんだから
    古来からの中国人のわるいところに加えて、
    自由主義のわるいところまで
    (自由主義国以上に歪んだ形で)発現してしまった訳ですね。
    その様相は、台湾(中華民国)とはまるっきりちがって、まさに自業自得ですね。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
PR

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る