P
R

やっぱり、訴えられた。

東京電力福島第一原発事故の対応を巡り、業務上過失致傷などの容疑で刑事告発されている事故当時の首相で民主党の菅直人・衆院議員(66)に対し、東京地検が12日に任意の事情聴取を要請したことが関係者への取材でわかった。

 菅氏側は聴取に応じず、週内にも「事故対応に問題はなかった」などと告発容疑を否認する意見書を提出する意向を伝えた。

 関係者によると、聴取に応じない理由は、政府首脳としての災害対応で捜査機関の聴取に応じる前例を作れば、今後の危機対応に悪影響を及ぼす恐れがあるためだという。

 地検は、同様の容疑で告発されている元経済産業相の海江田万里・民主党代表(64)と元官房長官の枝野幸男・衆院議員(49)にも同日までに聴取を要請した。2人も容疑を否認するとみられる。

 同事故では、原子炉建屋で水素爆発が起こり、建屋周辺で作業にあたっていた東電社員や自衛隊員ら10人以上が重軽傷を負ったほか、周辺住民も被曝(ひばく)した。告発では、2011年3月11日の東日本大震災直後から、事故対応の指揮を執った菅氏ら3人が対応を誤ったことが事故を招いたと指摘。特に、菅氏が事故翌日に同原発を視察したことが、放射性物質を含む蒸気を放出する「ベント」の作業の遅れにつながった疑いがあるとしている。検察当局は、当時の官邸内部の状況や3人の認識について確認するため、聴取を要請した。

 菅氏は自著で、視察前に東電がベントを行うことを了承しており、視察の際もベントを急ぐよう指示したと主張している。意見書でも同様の説明をするとみられる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130813-00000632-yom-soci

普通に考えれば、マニュアルにない勝手な行動によって事態を悪化させた訳だし、国会の証人喚問が無くても、こうなるとは思っていたけど、やっぱり訴えられたのだね!「業務上過失致傷」じゃ大した罪でもないけど。 いずれにしても、ただちに事情聴取には応じない模様である。

  • 投稿者:チロさん

    投稿日:

  • カテゴリ:  閲覧数:13401
  • 票数:3

    「一票!」とは

    「一票!」は、各トピックに用意されている機能です。
    トピックを読んで「おもしろい!」「なるほどぉ」「他の人にも読んでほしい」など、共感できたら「一票!」ボタンをおしてください。
    ユーザ登録不要・ログイン不要で使える機能なので、気軽にクリックできるのが特徴です。
    票数の集計結果は、今後、注目トピック等の指針として利用されます。
    サイトをみている人が、どのトピックに注目しているかを知るきっかけとして役立てていきます。

※誹謗中傷・不適当な書き込み等は、利用規約第10条に基づき、会員資格の取り消し等の処理を行なわせて頂く場合がございます。
※不適当な書き込みで誹謗中傷された本人、もしくは本人代理の方から削除依頼があった場合、状況確認のうえ削除手続きをとらせていただく場合がございます。


PR 本広告はポイント獲得対象外です

みんなのコメント コメント数:32

  • ジャックさん 2013/08/18 20:50:49

    >大問題を引き起こした最高責任者が、何も告発されない事の方が恐ろしいと思う。

    法律的に可能なんだろうか?
    官僚でもその時々でその部門(?)の責任者とか居ると思うけど
    告発されないよねぇ
    年金問題も実質使い込みみたいな所あるけど誰も責任取らされないよねぇ。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2013/08/18 20:56:51

    誰も責任を取らない悪い慣例に成っているね!

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • やっち@pmmoさん 2013/08/18 21:09:29

    二番目に知りたいことは、菅氏を告発した団体(?)は、東京電力についても告発したのか、ということです。(そういうニュースは目にしてないので、たぶんしてない?)
    私の印象だと、誰が悪いって東京電力の対応が最大の問題だったのでは? 東電を告発しないで菅氏を告発する理由は何かあるのか? ってところが疑問です。
    「ルールを守ったのかどうか」というご意見については、法律の素人としては断言めいたことはいえないのですが、そもそも原発事故に際して首相が守るべきルールというものがあったのかはよくわからない。東電の場合は「こういう事故が起こったらこういう風に対処する」というマニュアルがあってしかるべきで、ちゃんとしたマニュアルがなかったならそのこと自体が問題、ちゃんとしたマニュアルがあってそれに従わなかったならNGとはいえると思うんですが。
    告発者の人が何を問題として(菅氏ほかの人たちのどこが障害致傷罪にあたるとして)告発したかは、告発状が公開されてその道のプロが解説してくれると良く分かると思うんですが、現時点で私が入手できた情報だけでは告発に値する「ルール違反」を菅氏ほかがやったのかは不明です。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2013/08/18 21:28:21

    国会の証人喚問が行われなかった事だし、ぜひ裁判でハッキリさせて欲しいものだね!(裁判になるかどうか分らんが・・・)

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • やっち@pmmoさん 2013/08/18 21:32:02

    首相その他の政治家の「責任」は何だろう、と考えてみると、刑事被告人になることよりも、その後の選挙で支持されるかどうかが重要かなあ。この点、原発事故対応だけが原因かは分からないが、民主党はその後の選挙で惨敗してるので、政治家としての一定の責任はとらされてるのでは? もちろん、刑事罰に値する問題があったと裁判で確定したならこちらの責任もあるけど。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • とりろんさん 2013/08/18 22:42:01

    証言の場、場合によっては断罪?の場として、疑問があったのだけど、
    やっちさんの指摘されるようなところにまで、意識はありませんでした。
    政治家としての責任のとらされ方というのも、国民の審判がふさわしいという考えに賛成です。三権分立を考えても明らかでした。

    批判〜非難に至るまで巻き起こってるわけで、菅氏の言い分もあり、
    メディアの場含め、真相がゆがめられずに明らかになるべきだと思います。
    報道でさまざま検証されてきてます。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2013/08/19 04:05:58

    >メディアの場含め、真相がゆがめられずに明らかになるべきだと思います。

    最低限、偽証自体が罪になる裁判とか証人喚問で、真相を解明して欲しいものである。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • とりろんさん 2013/08/19 04:16:01

    まあ、偽証があっちゃあまずいのはありますわな。
    あれ、でも、国会で菅、枝野、海江田、細野あたりに、質疑かしてなかったか?

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • チロさん 2013/08/19 04:59:40

    証人喚問ではないので、偽証しても罪には問われないな。役人や東電関係者も守秘義務優先と言う事もある。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント
  • やっち@pmmoさん 2013/08/27 06:40:52

    こんな記事がありました。

    “事情聴取拒否”菅氏と検察、それぞれの事情
    http://president.jp/articles/-/10500

    マスコミの言うことを鵜呑みにするつもりはないけど、こういった可能性もあるのかなあ。告発から2年経ってから事情聴取の要請っていうのも、ちょっと違和感があるし...。

このコメントに返信する

ニックネーム

コメント

PR

の新着トピック

の新着コメント

以外やフランスが(1)

kiyoshiさん2020/07/08 19:09:08

花の国これからは夏になっても案外涼しいのでしょうか

もうやめてよ(2)

チロさん2020/07/02 22:43:59

(´ー`).。o( そもそも歴史的に過去のインフルエンザも人と豚と鶏が一緒に家で暮らす中国がルーツの事が多かったんじゃない! 本当に困った民族だよね...

もうやめてよ(2)

345kmのソラから見るさん2020/07/02 09:07:38

インフルエンザならもんだいない?

宦官て習う(2)

チロさん2020/06/30 20:19:08

(´ー`).。o( 宮中を牛耳っていた者も居るだろうが、日本の言えば徳川幕府の将軍の側用人みたいな感じだね! ところで、生殖器を切り落とすのは、遊牧...

宦官て習う(2)

いもさん2020/06/29 16:18:39

たまたまぶら下げて心は女です等とふざけたLGBTは見習うべき。

ポイット掲示板って?

ポイット掲示板はポイントタウン内の掲示板です。
ポイントサイトの話題はもちろん、日常生活に関するさまざまな話題で盛り上がりましょう!

掲示板に書き込むにはポイントサイト「ポイントタウン」への登録が必要です。

新規登録

PR

高額ポイントバック/独占サービスをピックアップ

P
R

ページトップへ戻る